154159801838515415985500961541598800189



新しい音楽との出会いはあまりない
それは別段音楽を探すこともないし、出会いそうな環境に身を置いていないこともある。
それでも外を出歩くときはウォークマンをもってイヤホンを耳にさして行く。
音楽を鳴らさなくともイヤホンは耳栓代わりになるので
自動車の行き交う音、人の声をある程度遮断してくれる。
ノイズキャンセリング対応なので、音量ゼロにすれば効果も得られる。

季節も変わり、風景や空気も変わった最近。
岩瀬敬吾のインスタントという曲を気に入っている。
これはyou tubeで今のアレンジで歌った曲を聞いて
アルバムで聞いたとき以上に心揺さぶられたからで、
しかしやはり、アルバムよりもyou tubeに上がっているアレンジの方がいい。
曲の静けさ、岩瀬敬吾の儚い声色。
サビ直前。

さぁ、 wake up. wake up. fly far.

と歌う。
多分fly far とは歌っていない。
歌詞には表記していない。
でもそう聞き取れて、とてもはっとした。
泣きそうなほど心が震えた。

無理で無駄で無意味だと感じてしまうけれど、
わかっているけれど、
それでも仕方ないんだ。
明日にならなければいいのにと思い願う昨日のままの意識で
「起きよう.....起きろ.....遠くへ飛べ」
と自分を諭す。
駄々をこねてももう昨日にとっての明日が今日なんだ。
その遠い明日である今日へ飛べ。
諦めながら、諦めていると知りながら、
日々後悔して、もう生まれ変わってしまいたいと思うほどでも
人として振舞って生きていかないといけない日々を行くために
諭すように、嘆くように、ささやくように、鼓舞する。

そう感じれた。
アルバムの原曲だと賑やかすぎてかすんでいた歌の空気感。
それが今のアレンジで前回に出ている。


岩瀬敬吾は暗喩が多い。
それは経験しなかった人が気づかない、もしくは気に留めないものが多い。
暗喩自体がそういうものでもあるし、そう表現されたものは
表現したいけれど、それはわかる人だけわかってもらえればいい、
できればこれをわかってくれる人が少ない方がいい。
その方が幸せなのだから。
という感じさえある。

だからこそ歳を取り、そして聞くと、今に気づくことが出てくる。
全ての曲に、なんてことはないけれど、刺さってくる曲、フレーズが出てくる。

歌自体、曲の雰囲気だけで歌詞を振り返らないものも多い。
その後を聞くか聞かないか、は曲調、刺さるフレーズ、歌い方だろう。
最後まで、そして繰り返して聞くようになって、
興味を引いて初めて歌詞を見て、或いは読む。
口ずさみ、歌ってみて、自分の言葉にすることで頭を使うようになり、
そして心に染み入っていく。

暗喩にするほどのこと。だから悲しいことが多い。
だから悲しい静かな気分になる。
曲によって自分の中から記憶や経験が思い起こされる。
だけれど少しだけ、向く向きだけが前に微修正される。
励ます内容なんてない。
ただ優しい曲、調子、声色で悲しいことを歌っている。
それが傷を労わってくれるような作用をする。

この秋の寂しさには丁度いいと思える。