素直に描くのが、一番ストレスが無く楽に作業できる、私の場合。

経験した事なども一部含まれていたりする。

私は駄目人間なので、やりたくない事は、なるべくやりたくないのです。

例えば「シングルマザー愛未(第一話)」で、愛未が下着姿になったところで肝出武が興奮し我を忘れて襲いかかるという話の筋でもう六枚ほど描けば、多分売り上げは相当違っていたと思う。

しかし私は、初作なので疲れていたし、とにかくネット同人に投稿するという経験がしてみたいという願望も我慢できないし、未熟な若い男が女の下着姿におののく姿を描いてみたいという願望も有り、それら一切我慢できないので、ああいう形で出したのだった。

私の願望の産物である。
それでいいと思った。