shugou
23体分の原画ができました。
あと10体くらい用意したいです。
余裕があればそれぞれに差分もつけたいです……。
完成したらDLsite等で販売させていただくつもりです。

RPGには、倒したエネミーから素材を採取し、調理や錬金に使用する、といったスタイルのゲームが多いので、倒したときに素材にできそうなエネミーを優先的に作っていこうかと思います。
(キノコとか、魚とかですね)
ちなみに、人間タイプや、和風タイプのエネミーまで作り始めてしまうとキリが無くなるため、
とりあえず、第一弾としては欧風ファンタジーの怪物タイプに絞って作っています。
需要を伺いながらといった感じです。

原画は1000×1000pxで描いています。
ドット絵ではありませんが、うんと縮小するとドット絵っぽくなると思います。

最終的にはspineでアニメをつける予定なので、原画は、手足を真っすぐ伸ばした直立の状態を描いたほうが、後々楽なのでしょうが、そのキャラクターの躍動感が伝わってこないと描いててつまらないため、原画の段階で、ある程度ポーズをつけています。

ちなみに、もしアニメをつけた場合でも、アニメデータまでは収録できないので、png画像での収録という形にならざる負えないと思います。
spineの他にも、sprite studioや、Maya、Unity内ツールなど、人によって使用するアニメツールは違うので。
png画像のパターンであれば、ウディタやツクールやSRPGstudioでも使ってもらえそうです。

昆虫系のデザインは苦労します。
体の構造や、どういう動きをするのかを勉強するために、苦手な昆虫の写真を見ないといけないというのが地獄です。
蜘蛛の足とかは動かすとき大変そうです。
でも、一番デフォルメしがいがあるというか、完成した時に喜びが大きいのが昆虫系かもしれません。
早く動かしたくてうずうずしています。