智之ソフトのblog

ゲーム開発に関する情報や、素材をアップしていきます。

[新作]Fantasy モンスターイラスト素材集

DLsite提出用デザイン:表紙(560×420へ)
Fantasy モンスターイラスト素材集(DLsite販売ページへ)

アクションRPGを作りたい! けど素材がない!
そんな悩みに答えるために、アニメパターン画像付きのモンスターイラスト素材を作りました!
アクションRPGはもちろん、ラインディフェンスゲームなどの制作にも、ぜひお役立てください!
収録内容については、販売ページをご覧ください!

以下のGIFアニメはサンプルです。
(注:製品版や体験版にはGIFアニメ画像は付属しておりません。)

◆一つの動作に8コマ使った場合
sample8-Idlesample8-Walksample8-Hit
sample8-Skillsample8-Attack

◆一つの動作に4コマ使った場合
sample4-Idlesample4-Walksample4-Hit
sample4-Skillsample4-Attack
※画像をふんだんに使いすぎると、メモリを圧迫し、ゲームの動作が遅くなる要因になりますし、
ゲーム制作そのものも大変になってしまいますのでご注意ください。まずは簡単なものから!

~補足:画像サイズについて~
製品に収録されているアニメパターン画像(アトラスや、スプライトシートともいいます)のサイズは、
モンスターごと、さらにモーションごとにバラバラになっていますのでご注意ください。
画像の下辺中央が、モンスターの足元になるように揃えております。


~補足:縮小のコツ~
製品に収録されている画像を縮小するときは、
割り切れるような倍率で縮小することをお勧めします。

収録されている画像の縦と横の解像度。
Full Size PSD→80ピクセルの倍数。
Half Size→40ピクセルの倍数。
Quarter Size →20ピクセルの倍数。
size
例えばQuarter Sizeを、さらに縮小する場合
75%縮小だとちょうど15の倍数になりますが。
80%縮小だと割りきれなくなってしまい、
ゲームに組み込んだ時に表示ずれを起こす原因になります。

~その他~
気づいたことなどがありましたら、お気軽にご連絡いただければと思います。
(アニメをどうやってゲームに実装すればいいか、といったツールの使い方の質問にはお答えできません)

エネミー素材制作・進捗2

ZombieBird
BullSnake
SpiderFlower

原画は33体分描き終わり、最近は、このような感じでアニメをつけています。
アニメは、待機、走る、攻撃、スキル、ダメージ&ダウン、の5種類で、1つの動作につき8コマです。
完成まであと半月といったところです。

蛇をどういうモーションにするか悩みました。
蛇は本来シュルシュルとうねりながら移動しますが、だら~と長い画像になってもゲームには使えないので、適度に体を折り曲げてもらいつつ、なんとか正方形内に収まってもらいました。
ほかにも素材制作の過程で、動物や虫などの関節や、歩き方だとかに詳しくなっていってます(笑)

エネミー素材制作・進捗

shugou
23体分の原画ができました。
あと10体くらい用意したいです。
余裕があればそれぞれに差分もつけたいです……。
完成したらDLsite等で販売させていただくつもりです。

RPGには、倒したエネミーから素材を採取し、調理や錬金に使用する、といったスタイルのゲームが多いので、倒したときに素材にできそうなエネミーを優先的に作っていこうかと思います。
(キノコとか、魚とかですね)
ちなみに、人間タイプや、和風タイプのエネミーまで作り始めてしまうとキリが無くなるため、
とりあえず、第一弾としては欧風ファンタジーの怪物タイプに絞って作っています。
需要を伺いながらといった感じです。

原画は1000×1000pxで描いています。
ドット絵ではありませんが、うんと縮小するとドット絵っぽくなると思います。

最終的にはspineでアニメをつける予定なので、原画は、手足を真っすぐ伸ばした直立の状態を描いたほうが、後々楽なのでしょうが、そのキャラクターの躍動感が伝わってこないと描いててつまらないため、原画の段階で、ある程度ポーズをつけています。

ちなみに、もしアニメをつけた場合でも、アニメデータまでは収録できないので、png画像での収録という形にならざる負えないと思います。
spineの他にも、sprite studioや、Maya、Unity内ツールなど、人によって使用するアニメツールは違うので。
png画像のパターンであれば、ウディタやツクールやSRPGstudioでも使ってもらえそうです。

昆虫系のデザインは苦労します。
体の構造や、どういう動きをするのかを勉強するために、苦手な昆虫の写真を見ないといけないというのが地獄です。
蜘蛛の足とかは動かすとき大変そうです。
でも、一番デフォルメしがいがあるというか、完成した時に喜びが大きいのが昆虫系かもしれません。
早く動かしたくてうずうずしています。


プロフィール
■代表:tomono (twitter)
RPG制作を生業とする個人サークルです。
主な使用ツールはUnity、クリスタ、Live2d。

■連絡先
tomono77noriアットマークgmailドットコム

⇒素材の利用に関するQ&A
販売作品一覧
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog