智之ソフトのblog

ゲーム開発に関する情報や、素材をアップしていきます。

エネミー素材制作・進捗

shugou
23体分の原画ができました。
あと10体くらい用意したいです。
余裕があればそれぞれに差分もつけたいです……。
完成したらDLsite等で販売させていただくつもりです。

RPGには、倒したエネミーから素材を採取し、調理や錬金に使用する、といったスタイルのゲームが多いので、倒したときに素材にできそうなエネミーを優先的に作っていこうかと思います。
(キノコとか、魚とかですね)
ちなみに、人間タイプや、和風タイプのエネミーまで作り始めてしまうとキリが無くなるため、
とりあえず、第一弾としては欧風ファンタジーの怪物タイプに絞って作っています。
需要を伺いながらといった感じです。

原画は1000×1000pxで描いています。
ドット絵ではありませんが、うんと縮小するとドット絵っぽくなると思います。

最終的にはspineでアニメをつける予定なので、原画は、手足を真っすぐ伸ばした直立の状態を描いたほうが、後々楽なのでしょうが、そのキャラクターの躍動感が伝わってこないと描いててつまらないため、原画の段階で、ある程度ポーズをつけています。

ちなみに、もしアニメをつけた場合でも、アニメデータまでは収録できないので、png画像での収録という形にならざる負えないと思います。
spineの他にも、sprite studioや、Maya、Unity内ツールなど、人によって使用するアニメツールは違うので。
png画像のパターンであれば、ウディタやツクールやSRPGstudioでも使ってもらえそうです。

昆虫系のデザインは苦労します。
体の構造や、どういう動きをするのかを勉強するために、苦手な昆虫の写真を見ないといけないというのが地獄です。
蜘蛛の足とかは動かすとき大変そうです。
でも、一番デフォルメしがいがあるというか、完成した時に喜びが大きいのが昆虫系かもしれません。
早く動かしたくてうずうずしています。


最近の活動

長らく放置してしまいました。
「バトルアックスは乙女のたしなみ」をリリース後、
すぐに次回作の構想に取り掛かったのですが、
プロットを書いては没、書いては没……を永遠と繰り返し続け、
「これなら行けそう」というアイデアが出ないまま今に至ります。

個人で高い評価を得るゲームを作るのは難しいことですが、
それでもapp storeやsteamでは、たまに個人製作のヒット作を見かけます。
……できるはずなのです。
アイデアのピースをピタリとはめることさえできれば。

それがままならない自分の頭の固さにうなだれておりましたが、
とりあえず、ゲーム作品の制作は一旦諦め、新たに素材作品を作ることにしました。

今作っているのは、サイドビューRPG用のキャラクター素材です。
リリースは、うまくいけば2か月後~3か月後になると思います。
※探り探り作っているので、確約はできません。

ブログ紹介用

腕や足、表情など、各種パーツはバラバラのレイヤーに描かれ、動かすことを想定しています。
また、アクションゲームに対応するべく、完全に真横からのパースで作っています。

とりあえずは、サンプル画像のような、軽めのデフォルメで制作していますが、
後から、ドットライクゲーム向けの、もっとコミカルにアレンジしたバージョンも作るかもしれません。

(フリー素材)ファンタジーのモブキャラ立ち絵

パッケージ
名前もないような、村人だとかのキャラクターの立ち絵素材です。
モブなので、なるべく主張を抑えたデザインを心掛けたつもりです。
貴方のゲーム制作にお役立てくだされば幸いです。

Dropboxからダウンロード
※利用規約はReadMeに記述されております。
※Vol1とありますが、vol2の制作は未定です。

■以下は素晴らしい立ち絵素材を公開or販売されているサイト様へのリンクです。
・三日月アルペジオ様 http://roughsketch.en-grey.com/
・わたおきば様 https://wataokiba.net/
・ゆうひな様 https://blog.goo.ne.jp/akarise
・gamematerialstore様 https://gamematerialstore.hatenablog.com/
プロフィール
■代表:tomono (twitter)
RPG制作を生業とする個人サークルです。
主な使用ツールはUnity、クリスタ、Live2d。

■連絡先
tomono77noriアットマークgmailドットコム

⇒素材の利用に関するQ&A
販売作品一覧
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog