今日投稿されたこの作品のレビュー(レビューの方々本当にありがとうございますm*・3・m)の中に、1-3アイアンメイデンの『敗北確定』の下りがありましたね。

このゲームのコンセプトは『人として、人外に抗うこと』です。

殆ど答えのような事を書いてしまうので、ネタバレ防止のために

もうダメだぁ…と諦めかけている人のみ、『続きを読む』からどうぞ…


あ、単純に「『檻から出る』を4回もできねーよ!」って人は
こちらではなくこの攻略記事を読んでくださいね。


このゲームの最初に、メイラが引用するあの言葉、あれは単純に
『悪魔ってのは恐ろしいから身を潜めてひっそりと暮らしなさい』

という意味ではなく、どちらかといえば

『だからこそ、心を強く持ち、悪魔に立ち向かいなさい。先人はそうやってきた。』
という意味だということです。


私もアレのテストプレイの時は、ちょっと自分で意地悪だなって思いました。
絶望的な状況、焦る気持ちで見てしまう、ずらっと並んだ選択可能な『エサになる』
あんなものを見てしまえば、その選択肢しか見えなくなるのも当然です。

でも、デバッガーで引っかかったのは一人だけでちょっとションボリした思い出があります。



つまり、私がなにを言いたいかというと

私自身が詰み状況のイベントを用意することはありません。

必ず、その中に突破口があります。

絶望せずに、冷静に、『屈服』以外になにができるのか探してみてください!


『悪魔に抗え、エサではなく、人であるために』
です…!

今回と同じパターンはないにしろ、今後も『一見詰みな絶望的状況』は用意していくつもりです。

抵抗を諦め、悪魔の誘惑に堕ちるのか、それとも抵抗を諦めず、突破口を探すのか
それは、最終的にはプレイヤー次第となります…。