エンプーサ2-a









チャプター1の最後のボス、エンプーサの攻略法です。
その直前のアイアンメイデンさんが鬼畜過ぎて少し影が薄いですが、対策が万全でなければ苦戦は必至です。
逆に対策がバッチリ出来ていれば、そこまで危険でも無かったりします。


まだそこまで行っていない方、自力で攻略法を見つけたい方以外は

『続き』からどうぞ。
●エンプーサの攻撃はほぼ『物理』


エンプーサは鎌を使った攻撃を主体に攻撃してきます。
非物質攻撃(魔法・誘惑・快感)属性は、誘惑の視姦と魔法のサイ・アイスくらいです。
なので、『シルフストーム』が大活躍します。(それでも回避率は確率ですけど)
出来るだけ強化段階を3段階目まで上げましょう(回避確率が50%→70%に跳ね上がります)
慈悲ルートなら、それまでに仲良くなったバーゲストやランパスの友好度を上げて
キズナイベントを見たあとに宝箱からSPをもらいましょう。

魔法の習得は矢印キー←でやり直せる事を忘れずに。



●エンプーサの弱点を知る

回避70%の『シルフストーム』を使う戦法ならば、残ったSPで攻撃魔法を取るのがいいです。
おそらくLv1~2しか取れないと思いますが、彼女は魔法全般が弱点なので問題はありません。
一回彼女に負けたのなら、全書に基本の詳細情報が載っているはずです。
その中に弱点の『詳細』も書いてあるので、キチンと把握しましょう。
(これは今後結構有効な確認法)




●エンプーサのホールド攻撃


エンプーサには『予備動作』のあるホールド攻撃と、ないホールド攻撃があります。
予備動作のないホールド攻撃は、そのまま1ターン経過してしまうとフェラが始まり即死です。
これを回避するには捕まった状態で『拘束(身体)』を解除し続ける必要があります。
3回『蹴り飛ばす』で拘束を逃れれば、相手がスタンして動かなくなるので、その間に回復しましょう。
このホールド技に備えて、気力は常に出血含めず45以上を維持するか、
ハーブティーや古ぼけたリングを装備して
自然回復も利用して蹴り飛ばし続けられるようにするのが望ましいです。



余談ですが、このホールド攻撃はどちらもシルフストームの影響を受けます。
予備動作ありの方は受けた時点で即死なので怖いですが、無しの方への保険としてシルフストームを常にかけておく、というのは戦略的に大いにアリです。


●出血対策にガントレット

エンプーサの攻撃を受けると、高確率で出血します。
これは抵抗力と気力が毎ターン8%減少する、という厄介なものです。
下手をすればハーブティーの自然回復も上回るので、思わぬ事故に繋がる可能性もあります。
シルフストームを発動しておけばほとんど避けれてしまいますが、それでも確実ではありません。
そこでアクセに、チャプター1-1の休憩所に(鍵かけて)置かれているガントレットを装備すると
滅多なことでは出血しなくなるので便利です。

ちなみにあの暗号が解けなかった場合も、百鬼さんが高額で売っていますので買ってもいいです。
ただし、古ぼけたリングを装備して『ハーブティーと併用して自然回復量で上回ってやるぞオラン!!』戦法も大いにアリなので、そこは自身のプレイスタイルに合わせてください。


エンプーサ戦は『シルフストーム』『弱点魔法』さえ把握していれば、そう難しい相手ではないはずです。

今苦戦している方も、諦めずに是非ともがんばって頂きたい。
それがこのゲームのコンセプトの、悪魔に『抵抗する』ということなのですから…


要望が多いようであれば、メイデンさん前半戦もこういう形でまとめてみようかと思います。

それでは、また。