大分更新が空いてしまいましたね・・・。

でも、制作は進んでます!





cienで逢魔プランに加入して下さっている方にはお馴染みですが、次回作からは「戦闘の自動化」要素が強くなります。

プレイヤーの戦略は戦闘前の装備の組み方に重きが置かれ、戦闘中は操作が少なくなります。

これは「戦闘中のストレスの緩和」のためです。





現状では、新しくなった戦闘コマンドは動画の通り4つだけ!


逃走 逃げます。これはいつも通り。

練気 まだ未定ですが、恐らくは休息的なコマンドになります。

会話 妖魔に話しかける事が出来ます。 イベントは様々。
   ただし、限られた条件下でないと会話できません。
   条件は妖魔によって違います。

決戦 戦闘を早く終えたい時のコマンドです。
   選択すると、オートにするか即敗北にするか更に選べます。



また、その他の要素として・・・
こんな事も変わる予定です。


戦闘が終わると気力意志力が全回復

一度戦う度に、精力レベルが5下がる。

一日に連続で戦うとどんどん辛くなる。

敗北イベントに入る前に、強制的に精力を満タンにさせられる。
無理やり増加させられたレベル分だけ、ステータスの「正気度」が削られてしまいます。
レベルが減った状態で負けると、その分きついデスペナを受けてしまうという感じです。
精神力を無理やり精液に変換されてるイメージでしょうか。

これを実装した理由は、せっかく吸われるんだからたっぷり吸われたいな・・・
という個人的な趣味のためです。

もちろん、空撃ち系のイベントも別に用意する予定です。







・・・という感じです。

勿論制作途中なので、後で大幅に変更されるかも・・・!


次回は狐系のイベントを中心に公開できるように頑張ります!






あと、皆に忘れられる前に・・・
そろそろやっておきたい、人気投票!


前回と同じく、全キャラクターの人気投票を多分、近日中に行います!

人気上位のキャラクターは、次回作で優遇されるかもしれません。

また、できれば・・・追加イベントも作りたい・・・のですが・・・
とある事情で、既に委託サイトで販売中のおふだRの方に追加イベントを盛っていくのは避ける方針になりました。
理由は、近々・・・多分ご報告します。

なので、無料で公開中の「まほろば娼館」の方でのイベント追加を考えております。

いつになるか分かりませんので、生暖かく見守って頂ければ幸いです・・・。


返信が必要そうなコメントにお答えします。



名も無きダンナくん
211.1.200.86
macのeasywineで動かしていたのですが
体験版は問題なく動いたのに製品版だと階段を登った後、右のエリアに移動した瞬間に落ちてしまいます。また、クリア済みデータを起動させようとしても落ちてしまいます。
何か原因は分かりますでしょうか?
返信お待ちしています。

残念ながら、ツクールVXace自体がMAC非対応です。
委託サイトにある動作環境通りのPCでお楽しみ下さい。

前作でも、MACで動作させるとある段階で終了してしまうようでした。
稀にソフトによっては問題なく動いたようですが、こればっかりは何とも・・・


名も無きダンナくん
111.101.17.14
えーとつまり、
装備品のスロットを複数用意して、スロットに番号つけて優先順位を設定、
「気力120以下で休息」みたいな行動アイテムを複数装備して、
BASICのプログラミングみたいにオート行動をプログラミングする。

ということですか?

そこまで複雑ではありません。
敵の術を完封できる装備を選んでおく・・・という感じです。
前作同様、おふだもありますし、敵の行動パターンによって有利なステータス配分などが出来る予定です。
それを読んで必勝レシピを作るって感じです。

名も無きダンナくん
61.120.165.71
まだ購入していないのですが獣系(前作でいうと狐娘)はいますか?

残念ながら、狐だけです。




返信が追い付かないほどコメントを溜めてしまいました・・・
申し訳ございません!

バグ報告、痛み入ります!
次回の修正で直します・・・
致命的なものは大分直ったはずなので、まだしばらく様子見です。

そして、沢山のレビュー、励ましのお言葉!
勿論全部読んでおります!
本当に作って良かったです。
前作からのプレイヤー諸兄にも、おおむね楽しんで頂けていて嬉しいです。
今作は節操なく要素を入れまくってしまったので、かなり不安と後悔もありました。
ですが、お値段以上のクオリティはあるとの感想多数!
次はもう少し欲張ります。



ではまた次回!

次こそ、早いうちに更新したいです。












10 


 新しいキャラクターも描き上がりました。
   実は、彼女の名前はすでに「おふだR」に登場済みらしい・・・。