皆さまお疲れ様です。
気温がいきなり高くなったり戻ったり、温度差が激しく体調に気を付けたい時期ですね。

先週の製作経過ですが、チュートリアルのHシーン手前までのほぼ全ての部分が完成できました。
スクリプトと睨めっこする細かな作業が続きますが、一つ一つミスを潰して思い通りに動作するように仕上げていくのは、その都度に達成感があって面白いですね。

例のごとく、ネタバレになる部分には一部モザイクを入れてますが、完成させた物の中でステータス画面的なものがこちら。

170417-menu

昨年に発売した「痴漢の衝動」は、ゲームを構成する要素を出来る限り少なくして作業時間を減らし製作期間を早める、というのが開発テーマの一つでした。
そのため、全体のボリュームは少なくゲーム性も乏しく、その分は複雑に変化するテキストとグラフィック差分でカバーしているのですが、そういう風に作っているとはいえやはり物足りないのは事実でした。

本作では一般的なシミュレーションゲームのように様々な数値や要素も取り入れて、一ゲーマーとして納得のいくまで隅々まで手を加えていこうと思っています。
基本システムも大凡出来上がってきて手応えを感じており、今後の作業はまだまだありますが着実に進めていきたいですね。