mr.BonesのBlog

古い光栄ゲームが大好きなおっさんゲーマーのblog

DTV・DLAN・ホームシアター・オーディオ

CurioSound(キュリオサウンド)でハイレゾ再生

ども、mr.Bonesです。
最近CDをFLAC形式で取込み、TuneBrowserで再生するのがマイ・トレンドだったりします。
どうせならハイレゾ再生したいといろいろ調べていたら、デジオンが開発した「CurioSound(キュリオサウンド)」というプレーヤーを発見。なんとCD等の16bit/44.1kHzデータを再生する際に、疑似的にハイレゾ化(24bit/96khz)できる機能を搭載しているのだ。ってことで早速ポチってインストール。

リアルタイムにハイレゾ変換して再生してみた。
うーん、音飛びがするというか途切れ途切れでちゃんと再生できない。しょうがないのでハイレゾ変換保存して再生することに。変換に1曲5分ぐらいかかり完了。

2017.08.20追記
Bluetooth接続だと遅延で使い物になりませんでしたが、光デジタル端子で有線接続したらリアルタイムにハイレゾ変換しても聞けるようになりました。


加古隆作曲の映像の20世紀メインテーマ「パリは燃えているか」を疑似ハイレゾで堪能。
音のつながりが滑らかで高音がよく通る感じ。(説明が下手でスマン)

ただUIが使いにくい。
apple1




・複数フォルダのライブラリに非対応。1フォルダを指定してそのフォルダ以下のファイルがライブラリ化される。
・ジャンル毎に階層化されない。アーティスト、アルバム名の順。
・プレイリストに非対応(2017.8.16現在)

なので、CurioSoundでハイレゾ化->TuneBrowserで再生という形に落ち着きました。

お気に入りのアーティストのハイレゾ音源が手に入らないので自前で疑似ハイレゾ化してみたいという人は一度お試しあれ。

ヤマハ サウンドバー・YAS-107を購入

ども、mr.Bonesです。
自室で使っているTV・・・というか三菱電機 VISEO MDT242WG-SBというディスプレーなのですが音がイマイチです。というわけでサウンドバーの導入を検討していたのですが、この度ヤマハのYAS-107という機種を購入しました。早速レビューしたいと思います。

yas_107






【デザイン】
スピーカーカバーのような素材で全体が覆われており、好き嫌いが分かれるかも。あと埃がつきやすいので掃除が大変です。

【高音の音質】
ヤマハらしい「綺麗な音」です。また台詞も明瞭で聞き取りやすいです。

【低音の音質】
思ってた以上に低音が出ます。ただ少しボワついている。映画を見るのにはいいんですが、音楽鑑賞には厳しいかもしれない。

【機能性】
各種表示が本体の上部にあるため、テレビを見ている状態だと確認ができないのが玉にきずです。

【入出力端子】
HDMI入出力(出力はARC対応)
サブウーハー出力端子
光デジタル音声入力
3.5mmジャック入力
Blutooth入力(モバイルデバイスによる制御あり)
オーディオマニア的には同軸ケーブル端子がないのが残念。

【サイズ】
MDT242WG-SBの前方に置いていますが、24インチディスプレーとの比較だとデカい(長い)です。
高さは53mmですのでほとんどのテレビで干渉しないと思います。

【総評】
以前はAVアンプとちゃんとしたスピーカーで5.1ch環境を構築していたので、あまり感動はありませんでしたが設置スペースの問題があり、3万でこの環境が整うのであれば十分及第点はつけられる出来です。

以上です。

DMR-UBZ2020とPOWER DVD Ultra13でDLNAを組む

ども、mr.Bonesです。

自宅のブルーレイレコーダーDMR-BWT3100がHDD不良で壊れたので新しくDMR-UBZ2020という機種を買いました。無線LANが標準搭載されているのでDLNAを組もうというのが今回の企画です。

1. まずPC側のDLNAサーバー兼クライアントとしてPOWER DVD Ultra13をインストール。
2.ホームメディア(DLNA)->ホームメディアコントローラーがこのプレーヤーをコントロールするのを許可するをチェック。
3.ホームメディア(DLNA)->ホームメディアデバイスとマイメディアを共有->POWER DVDのライブラリ コンテンツを他のホームメディアコンピューター/デバイスにストリーミングするをチェックする
PowerDVD1








4.DIGA DMR-UBZ2020を立ち上げる。初期設定/リモコン設定->ネットワーク通信設定に入る。
5.お部屋ジャンプリンク(DLNA)/スカパー!Link(録画)設定を選択。お部屋ジャンプリンク機能を「入」に。アクセス許可方法「自動」。機器一覧を開き、PCのMACアドレスが表示されていることを確認する。
diga1






6.リモコンの機器一覧ボタンを押してお部屋ジャンプリンクをクリック。先ほど設定したPCが一覧で表示されていることを確認。クリックする。フォルダの一覧が表示されるので任意のフォルダを開く。PCの動画が表示されることを確認。これでPC側をDLNAサーバーとして使う設定は終了。
diga2






7.次にPOWER DVD Ultra13を立ち上げてホームメディア(DLNA)->DLNAデバイスリストを更新をクリック。DMR-UBZ2020が一覧に表示される。
8.DMR-UBZ2020をクリックすると録画された番組の一覧が表示されます。
以上で終了です。

昔はIPとか自分で登録しないといけなかったりしたのですが、今は全部自動で一覧が出るので思ったより簡単でした。

それでは。

今更ながらfriio(フリーオ)のWin7 64Bit設定覚え書き

ども、mr.Bonesです。
3連休で実家に帰ってたのですが、一時期話題になった地デジチューナーfriio(フリーオ)をサルベージしてきました。というわけで、今回は今更ながらfriio(フリーオ)のWin7 64 Bit設定覚え書きです。

1.まずフリーオ公式サイトでドライバ類を落とします。
  ・friio-driver-latest.zip ・・・ フリーオドライバー(32,64ビット対応)
  ・friio-latest.zip ・・・ ビューアーソフト
  ・BonDriver_Friio-3.1.zip ・・・ BonDriver互換ドライバーDLL      
2.次に視聴用の非公式ソフトTVTestを落とします。
 (Win7ではフリーオのViewerはまともに動かないため。)
 (既にサイトが消滅しているのでInternet Archive経由で落とします。)
  ・TVTest_0.7.23.zip ・・・ TVTest ver.0.7.23
3.フリーオ関係ファイル置き場よりup0985.zip(BonDriver_Friio_Wrapper)を落とします。
4.USB端子にフリーオを差す。ドライバ類がプラグ&プレイで認識する。
   friio USB 2.0 Digital TV Receiverだけ認識しないので、 friio-driver-latest.zip を解凍してインストールする。このとき事前にamd64フォルダの中身を一階層上のフォルダ(friiodtv2.inf があるディレクトリ)に移動しておくことを忘れずに。
5.TVTest_0.7.23.zip を解凍。出来たフォルダ仮にttとする。
 ttフォルダにup0985.zipを解凍した中からBonDriver_Friio_Wrapper.dllを配置する。
 ttフォルダにBonDriver_Friioというフォルダを作り、BonDriver_Friio-3.1.zip を解凍してBonDriver_Friio.dllを配置する。
6.TVTest.exe を起動
 tt設定
 



 ドライバ :BonDriver_Friio_Wrapper.dll
 デコーダ :任意のデコーダ
 レンダラ : EVR
 カードリーダ : スマートカードリーダ 
 (フリーオのUSBをさして一旦B-CASカードを抜いて挿し直さないと認識されない。)
 でOKを押す。
7.「チャンネルスキャンを行いますか?」 → 「はい」
8. スキャン完了後「OK」を押す。
以上で完了です。
録画廃人の人はTvRockの設定とかするんだろうけど私は視聴できればいいのでこれで終了です。

アクセスカウンター(UU)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスカウンター(PV)
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

サークルプロフィール
サークル作品一覧
最新記事
記事検索
最新コメント
Blog管理人にメールする



















ブログランキング・にほんブログ村へ




アクセスランキング
  • RSS
  • Dlsite blog