200px-Virtual-Boy-Setども、mr.Bonesです。
Internet Archive: Wayback MachineというWebの魚拓を保存しているサイトがあるのですが、そこで昔私がやっていたホームページが保存されていたのでそれを発掘してきました。

 と言うわけで、今回は私の大好きなハード「バーチャルボーイ」の紹介です。皆さんちゃんと付いてきて下さいね。(笑)


VIRTUALBOY

テーブルトップ型のゲームマシン。従来のテレビ画面に代わるデュアルディスプレイシステムにより、鮮やかな完全立体表現を実現している。(任天堂のWebより抜粋)

VB・仕様
CPUNEC V810(32bit RISC) *1
サウンドPSGステレオ音声 *2
発色LED4階調モノクロ *3
解像度384x224 *4
電源単3アルカリ乾電池6本(約7時間)。もしくはFC、SFC共用ACアダプター(HVC-002)
外形寸法217(幅)×254(奥行き)×110mm(高さ) *ただし脚部は除く
質量760g *電池は除く
備考スプライト回転・拡大・縮小機能あり *5
発売日1995年7月21日 *6
希望小売価格15,000円(税別) *7


解説

*1) PSやSSと同等の32bitCPUです。しかもPC-FXと同じCPUというのが未来を暗示して不吉です。(傍目にはGAMEBOY位の性能にしか見えませんけどね。)スペックの割にパッとしない姿にセガ系ハードの悲哀と重なるものを感じるのは私だけでしょうか。

*2) 康価なノートパソコンのような音割れを想像していたのですが、なかなか音はクリアーでいいです。

*3) 素人目にぱっとしない印象を与えるのはこのモノクロ発色のせいでしょう。しかし目の疲れやコスト、電池駆動させたときの電池の持ちなどを考えればこれでよかったのかもしれません。

*4) 受け売りでは目の前に50インチ相当の仮想立体像を実現!だそうですが、残念ながらそんな風には見えません。

*5) 拡大・縮小機能アリということでメガドライブよりは上です。(笑) しかしポリゴン表示機能がないのは残念。

*6) 94年11月22日のセガサターン、同12月3日 プレイステーションがすでに発売されており、大半のユーザーはアウト・オブ・眼中でした。

*7)当初は 300万台の出荷を見込んだ任天堂ですが、結局売れたのは12万台程度。発売の半年後には本体980円、ソフト10円という店が続出。

VITUALBOYと横井軍平氏

光線銃やゲームボーイの生みの親として知られる故・横井軍平氏の自信作であったバーチャルボーイはわずか半年足らずで事実上消滅した。マーケティングの面から言えば、大失敗といっていいだろう。しかし売れたからいいハードやいいゲームでありその逆も真であるとは必ずしも言えないのである。
 生前の横井氏の著書やインタビューで頻繁に登場するのが"枯れた技術の水平思考"というキーワードである。これは句を過ぎて値段の安くなった技術を組み合わせて新しいモノを作るという考え方である。今や少し前のワークステーションをも凌駕する家庭用ゲーム機で秒間なんたらフレームという3D壁画のポリゲー(ポリゴンのゲームね)がもてはやされる一方で、ゲームボーイやワンダースワン(両方とも横井氏が深く関わっている)といったけっして高性能とは言えないゲーム機が共存しているのもまた事実なのである。

 月並みではあるが、ゲーム機の命運はハードの性能ではなく良質なソフトに依存する。ポケモンで息を吹き返したゲームボーイがその典型である。しかし95年の7月当時、ポリゴン万能主義を主軸とする次世代機戦争の渦中においては大半のユーザー同様、メーカーや業界人もバーチャルボーイは視界の外であった。最終的に国内で19本(海外で3本)というソフトの少なさがそれを物語っている。生み出した任天堂すら次に控えた64bit機(Nintendo64)の開発に専念し、バーチャルボーイにはわずか5本しかソフトを出していない。しかもその中には任天堂のハードの横井氏に対するソフトの宮本氏の作品は1本もなかったのである・・・。

翌 96年、横井氏は任天堂を退社し株式会社コトを設立。氏の新たな展開が期待されるさなか、97年10月交通事故で死去。

そして1999年3月4日、横井氏(株式会社コト)協力のもと開発が進められていたバンダイの携帯ゲーム機"ワンダースワン"、同時発売ソフト"GUNPEY"が発売。現在ワンダースワンはゲームボーイと双璧をなす携帯ゲーム機として順調に展開されている。(注:2000年当時に執筆した記事です。)


VIRTUALBOY 発売ソフト一覧
タイトルメーカー値段発売日
マリオズテニス任天堂490095.7/21
ギャラクティックピンボール任天堂490095.7/21
テレロボクサー任天堂490095.7/21
レッドアラームT&Eソフト490095.7/21
とびだせ!パニポンハドソン490095.7/21
T&EヴァーチャルゴルフT&Eソフト650095.8/11
バーチャルプロ野球'95ケムコ548095.8/11
バーティカルフォースハドソン490095.8/12
V-テトリスBPS498095.8/25
スペーススカッシュココナッツジャパンエンターテインメント498095.9/28
マリオクラッシュ任天堂490095.9/28
ジャック・ブラザーズの迷路でヒーホー!アトラス498095.9/29
バーチャルフィッシングパック・イン・ビデオ580095.10/6
インマウスの館アイマックス490095.10/13
スペースインベーダータイトー498095.12/1
VBワリオランド アワゾンの秘宝任天堂490095.12/1
バーチャルLABJ・ウィング550095.12/8
バーチャルボウリングアテナ580095.12/22
SDガンダム ディメンションウォーバンダイ580095.12/22

正月一発目のネタとしては、胃もたれするようなネタだったかもしれませんが、本年も当Blogを宜しくお願いします。