前回の続きです。
まず、反省点その1ですが、ニーズに沿った作品ではない
ということです。
今の流行りは耳舐めとか両耳からのバイノーラルとか
そういうのですが、本作品はどちらでもないです。
なのであんまり反響もよろしくなかったのではないかと思います。
続きます。