新年明けてから初めての投稿になります。
色々とあり更新が遅れて申し訳ありません……

前回の投稿から2ヶ月ほど経ちましたので、現在の進捗をご報告できたらと思います。
前回はキャラクターの立ち絵や背景のラフを作成しておりましたが、今回はダンジョンやシステム周りを作成致しました。



~基本的なゲームの流れ~
「それは夢と幻の現代魔法」では、主に拠点とダンジョンを行き来して物語が進んでいきます。
退魔士であるリンとニーナは事件の解決のために、魔物が徘徊するダンジョンを調査します。
そのダンジョンの最奥で、待ち構えている強力なボスを倒すことで、次のダンジョンへ行けるようになります。
最終的にいくつものダンジョンをクリアし、事件を引き起こしている黒幕を倒すことがこのゲームの目的となります。



~システム説明:モードチェンジ~

基本はオーソドックスなRPGですが、ダンジョン探索に一工夫かかっているような感じでございます。
大きなシステムとして搭載したのが、「モードチェンジ」というシステム。

具体的には、ダンジョンや街中探索時、「モード」を切り替えることによって、同じものを調べたり、話しかけたりした場合でも、反応が変わるというシステムになります。
20180117a20180117b20180117c20180117d







通常モード
基本的なモードです。物を調べたり、人に話しかけて情報を得たりすることができます。

魔法モード
魔法を使用するモードです。鍵のかかった扉を強引に開けたり、魔法の能力でしかできないことを行います。

決闘モード
相手に戦いをふっかけるモードです。特定のNPCに対し、バトルを申し込むことができます。勝つことによるメリットこそあれ、負けることによるデメリットはありません。



そして、エロゲゆえに、これはなくてはならないモード……

淫乱モード
発情状態のモードです。特定のNPCに身体を売ったりしてしまいます。

淫乱モード以外のモードについては、初期状態からモードチェンジを行うことが可能です。
淫乱モードのみ、特定の条件を満たすことによって切り替えることができるようになります。

以上が、このゲームの探索時における大きなシステム、「モードチェンジ」の説明となります。



~システム説明:服ビリ~
バトルで特定の攻撃を受けると、衣服が破れるシステムです。
破れた衣服は「ソーイングセット」というアイテムを使うことで何度でも直すことができます。
2017y12m28d_224007684b2017y12m28d_224007684







~ダンジョン説明~
「それは夢と幻の現代魔法」では、現代をモデルにしたダンジョンを探索します。
西洋ファンタジーゲームでよく見かける草原や洞窟、森、といったステージではなく、「廃ビル」や「廃港」、「研究所」、「地下道」など、現代的なマップを歩き回ることになります。
魔法と魔物が存在する街が舞台のこのゲームでは、ダンジョン内で危険な魔物が徘徊しています。
彼らに負ければ、リン達は容赦されることなく陵辱されてしまいます。

廃ビル
リンが最初に調査するダンジョンです。魔物が住み着いている影響で空間が歪み、おかしな部屋の構造や仕掛けが生まれてしまっています。とはいえ、そこは廃ビル。もろい部分に魔法をぶっ放して強引に進める場所が数多くあります。出現する敵はスライム。知能は低いですが、衣服を溶かす攻撃をしてきます。
20180209a20180209b20180209c20180209d







廃港
今はもう使われていない古い港。チンピラや素行の悪い者達が遊び場として使っており、入り組んでいることもあいまって、無法地帯となってしまっている。出現する敵は触手、スライム。
20180209e20180209f20180209g20180209h







研究所
かつて非合法な実験が行われていたといわれる研究所。警察も知らない施設や出来事があるこの街では、こういった場所が数多く存在する。地下に大きく伸びており、外からの見た目とは裏腹に、中はとてつもなく広い。「裏社会」や「夢現都市の闇」、と呼ばれる、犯罪集団や秘密組織の取引場所として使われており、その危険度はチンピラ集団の比ではない。



今月までの進捗はこんなところです。
体験版では研究所ステージまで遊べる予定であります。
研究所ステージは港ステージが作り終わってから作りますのでもう少々お待ちください……。
細かな進捗はツイッターで行っております。


===
twitter→https://twitter.com/feb_milk
特設サイト→https://painyansoft.jimdo.com/