あるま企画

●毎月15日、30日に更新
●「マリア派の人びと ~サキュバスリゾートからの脱出~」発売しました!

【開発状況】『ディクテリオンの人狼』⑪




OPアビー書き直し









管理人です。

現在、ゲームの根幹となる推理パートに用いるシステムの作成がほぼ作業が完了しました。
バグ取りもほとんど終わり、動作も確認済です。
残りの作業は、プロローグ等のストーリー部分とHシーンのみとなりました。
これからの作業は、ストーリーの打ち込みと、またひたすらHシーンの絵を仕上げて場面を作っていく作業になると思います。 

今作のHシーンは、色々な体位やポーズに挑戦しています。
画像はプロローグにて使用する予定のものです。
あのHな町娘が最初にちょい役で出てくる予定です。

これからは、テストプレイを開始してバグがないか確認するのと並行し、
体験版の制作に入っていきます。
体験版では、最初の村ステージを遊べる予定です。

できれば来週の月曜日には体験版の申請を出したいと考えています。
何とか間に合うように、各イベントとHシーン制作をがんばっていきます。


今週の報告は以上となります。


 ※本文の画像・内容は開発途中であるため、
 仕様の変更・修正が行われる可能性があります。
 ご了承ください。

【開発状況】『ディクテリオンの人狼』⑩

asdasdブログ
asdasda










管理人です。

開発状況記事も早いもので10回目となりました。
現在は、ゲーム内システムの構築を行っています。

システム自体は開発初期にある程度の構想とテストができていたので、
実際にゲーム内に組み込んで動作するかを確認していました。

画像は実際に管理人がゲームで遊んでみたものです。
人狼娘をHして探すことが目的ですが、
主人公は呪いのためにHできる回数に制限があります。
仕様上、全ての女の子と総当たりでHできないため、
ある程度は情報から絞り込んでいく設計にしていましたが、
ほどほどの難易度に落ち着いてくれて良かったと思っています(管理人主観です)

同時に致命的なバグ取りも一応は終了しました。
今後は、各ステージ用にシステムをコピー・編集し、
きちんと動作するか確認する作業になると思います。
その後、ストーリー、Hシーン、チュートリアル(TIPS)を作成し、一通り完成の見込みです。
月末までに、体験版用のデータのひな形が完成できればと思います。


今週の報告は以上となります。


 ※本文の画像・内容は開発途中であるため、
 仕様の変更・修正が行われる可能性があります。
 ご了承ください。
 

【開発状況】『ディクテリオンの人狼』⑨

ぶろぐぶろぐ2burogu3









管理人です。

先週から、RPGツクールMV内でのイベントの組み立てを行っています。
『ディクテリオンの人狼』では、
人狼ゲームをする際に取るメモをゲーム内で確認できるようにしようと思っています。

1枚目の画像は、メニュー画面です。
推理メモの確認は、

①女の子別推理ボード
②日別推理ボード

の二つに分かれており、
ゲーム時に何度も見ることになると思います。
この二つのボードで推理を重ねながら、人狼娘を割り出していきます。


2枚目の画像は、女の子別推理ボードのテスト画面です。
人狼ゲームにおける占い師、霊能力者による結果を表示します。
ディクテリオンでは、両者は、女の子が人間か魔物娘かを教えてくれるため、
教えてくれた結果が確認できるようになっています。

人狼ゲームでは、如何にして本物の占い師を見つけるかが鍵になりますが、
その点はディクテリオンでも同様です。
ディクテリオンでは、最初に女の子の人数の振り分けを知ることができます。
画像の場合、人間は4人しかいないので、
5人目の人間報告があった時点で、その占い師は偽物となります。

こういったTIPSのようなものは、
またゲーム内のチュートリアルでも参照できるようにできればと思います。

3枚目の画像は、日(数)別推理ボードです。
ここでは、主人公より先に売春宿の女の子を予約する「愛の猟人」が、
誰を指名する予定か、また誰を指名したかを確認することができます。
また、下段には、「どの占い師に、何日目にその女の子を占わせたか」を知ることができます(開発中です)。

愛の猟人は、妖狐娘と猫又娘を合計3回指名すると、妖気にあてられ体調不良を起こします。
画像だと、例えばダウンしてる①番のギークと④番のプリーザーは、
倒れ寸前にそれぞれFとGを最後に指名しているため、
FとGは妖狐娘か猫又娘で確定となります。
一方で、Hを2回も指名しているのにピンピンしている⑥番のジョックスを見ると、
Hは妖狐娘でも猫又娘でもない可能性があります。
ですが、これはあくまで可能性であるため、もちろん当てはまるとは限りません。
(実際、このテストプレイでHは妖狐娘でした)

こうして二つのボードを見比べながら
人狼娘に的を絞ってHしていくゲームになります。

製作に関しては、これまで特に大きな問題もなくシステムの構築が進んでいます。
この一週間の間で全てのシステムを完成させ、
ゲームの一連の流れを作成するところまでいけると思っています。

その後は、最初の村ステージが遊べる体験版の完成を急ぎたいと思います。
ゴールデンウィーク前後には体験版の申請を出したいと考えています。

また、非常に心苦しいのですが、
簡単なテストプレイを重ねる間に、
先週お伝えしたゲーム仕様から、少しばかり変更もさせていただいております。
体験版では完全な仕様で遊んでいただけると思いますので、
それまでこちらのブログで紹介させていただいている記事や内容は、
大体の雰囲気を掴んでいただく程度にご覧いただけたらと思います。


今週の報告は以上となります。


 ※本文の内容は開発途中であるため、
 変更・修正が行われる可能性があります。
 ご了承ください。





 
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog