何度か同じような話題をしたような気がしますが、きた快感の感度・質とも向上がありました。
最近マジで女の子になりたいと思っていますが、快感の感度においてはたぶん普通の女の子以上です。
空き缶の会陰オナニーはまだまだ序の口です。まだもっと上があります。

快感の向上の前段階で気持ちいいのは確かなのだけれども、なんともいえない不満がありなんとなくまだこの上の快感にいきついていないのではないかという漠然とした思いがありました。
結果的にそのような気付きがあったことでさらなる快感の向上に結びついたのではないかと思います。

具体的には自分の快感のツボをよく観察しより深く女の子になりきる‥といったところでしょうか。
より深いところで快感を捉えて認識する必要があります。

まず会陰オナニーで快感を得る第一段階は、まず快感のスイッチを切り替えることを覚えることですが、その後は快感のツボを探し当てそこを鍛えていくような作業が必要になってきます。
ある種の筋トレに近いものがあり、実際問題として会陰オナニーはある種の深層の筋肉(インナーマッスル)を鍛えて快感を得ているといってもいいでしょう。





会陰オナニーをもっとよく知りたいという方は拙著『会陰オナニー即習読本』をご覧ください。