2016年がVR元年などとよばれていろいろとVR系のコンテンツやアプリがリリースされるようになりました。
個人的に面白いなと思ったのはTSのVRアプリです。
ただ単にアニメ調のキャラの目線で鏡に写った姿を見ながら着替えをするという単純なものですが、とうとうこういうものもでてくるようになったのかと感心しました。
賢明なこのブログの読者さんなら「ああ…あれね」とおわかりになるかと思います。

しかし肝心のアプリが私のスマホではNO GYROの表示がでてしまいうまく動かなかったんですけどね…レビューを見るとそのような方もちらほらいるようなので互換性の問題があるようです。


他にVR系のゲームアプリなどチェックしてみたりはするのですが、結局のところやはり絵のよしあしやコンテンツそのものの良し悪しが没入感や面白味に直結している感じがします。
VR的な目新しさも時間が立つとユーザの目も肥えてくるのでこの先いろいろと工夫をこらしてクオリティの高いものがいろいろと出てくるのではないかと思うと成長に期待できる分野かなと思います。