ヌーブラも最近ではとても安価に入手できるものもあり手頃な製品となりました。
最近のものでは盛りタイプで本体の厚みが数センチあるようなものもあり、これはなかなか使えます。

おすすめは少し大きめのサイズを購入することで実際に胸につけてみるとピッタリとフィットし心地よい一体感が得られます。
しばらくつけていると装着感や重みにも慣れてきて動きもしっかりと追従し、まるで自分の身体の一部のような感覚に浸れ、これをつけて乳首オナニーのように胸を愛撫すると本当に女の子になったような気分にひたれてすごく気持ちがよいです。
ヌーブラ程度でかなり気持ちよくなれるということは実際に生乳があるとさぞかし…と思ってしまいますが、日常生活を男で過ごす必要がある場合はなかなか難しいので簡単に取り外しができるということは最大のメリットであるといえるでしょう。
しかし胸を揉んで快感を得るというのは実際にはかなり熟練者向けで乳首の開発が既に十分に進んでいないと胸を揉んでドライに達することは難しいと思われます。

ドライに達することができないと揉んで少しエロい気分になれる程度だったり、うまくいっても勃起して射精だけで終わるかと思います。
まだドライ未経験の素人なんだけど…という方はぜひ拙著『会陰オナニー即習読本』を参考にドライオーガズム探求の道へと足を踏み入れてみて欲しいと思います。