ずいぶんと会陰オナニーの快感に慣れてから久しいですが、快感の度合いが増すというか快感を得るという行為の自然さがとてもスムーズになってきました。

これは以前にも書いたとおりのことですが、胸やおしり、ふとももといったところからペッティングを始めていき自然とドライ状態に突入しイクことが可能ですので、普通に女の子になったんじゃないかと思えるほどです。


まだ空き缶でトレーニングしているような段階の人には想像がつきにくいかもしれませんが、
トレーニング次第でそのレベルに達することは可能です。
そのためには習熟度合いに応じて段階を踏んだトレーニングがかかせません。
もし段階を超えて会得できるとしたらそれは才能とよべるものかもしれません。
いままでドライオーガズムにまつわる習得について誰かは可能で誰かができないといった話がつきもので、中には10年やってもできないという人がいることも珍しくありません。
このあたりのできる/できない論は習熟度合いを無視したトレーニングによる問題ではないかと思います。


『男の娘のための イキまくり 会陰オナニー即習読本』ではまったくの初心者でも段階に応じたチュートリアルをこなすことで習熟の度合いを高められるよう工夫しています。



<a href="http://www.dlsite.com/maniax/dlaf/=/link/work/aid/blog_RG30989/id/RJ161748.html" target="_blank"><img src="//img.dlsite.jp/modpub/images2/work/doujin/RJ162000/RJ161748_img_sam.jpg" alt="男の娘のための イキまくり 会陰オナニー即習読本" title="男の娘のための イキまくり 会陰オナニー即習読本" border="0" class="target_type" /></a>