身体の敏感な部位、亀頭、唇、乳首などへの刺激によってドライオーガズムを迎えることができるのはすでによく知られているところですが、もちろんアナル自体も刺激によってドライオーガズムに達することが可能です。

会陰オナニーや乳首オナニーをマスターした経験者であれば十分可能と思いますのでアナルでのドライオーガズムにチャレンジしてみてもらいたいと思います。


アナニーというとどうしてもエネマグラやディルドなど何かアナルからものを挿入するというイメージが湧きますが、乳首オナニーでやることをアナルでやると思ってもらったほうがよいかと思います。
ゆっくりと柔らかく、丁寧にアナルを刺激することでドライオーガズムへと達することが可能ななります。

会陰オナニーの熟練者であればさほど開発に時間もかからないでしょうし、より開発が強化され快感が増加しますので特におすすめです。




風俗のメニューにアナル舐めなどとあったりと、アナル自体への刺激する方法はかなり古典的な方法だとは思いますが、アナニーを検索してもエネマグラのアフィサイトばっかりひっかかりそれ以外のアナルのオナニー話がみつけにくいのでちょっと目にしにくい内容の話題ではないかと思いました。