昨年末にふとしたきっかけからアナニーを始め、まずはアナルの拡張から始め、エネマグラなどではなくディルドでアナニーをやりはじめたわけですが、ほぼやりはじめてから1ヶ月経過しました。


ディルドは

アラブS
  ↓
ソフティS

…ときて、

みちのく リア充シリーズ Mが入るようになりました。
ソフティは大きさはよかったのですがちょっと柔らかすぎて扱いにくい感じ。




みちのくMはいわゆる日本人の平均サイズといわれていますが、見た感じや手にしたときの手応えから自分に入れるには大きいのではないかと思ったんですが、いままでやってきて拡張されたのかたっぷりとローションを塗って何度か少し入れては抜いてやり直しを繰り返し…とやりつつ慎重にほぐしていくとスポッとカリが中へ吸い込まれる感じでうまくはいっていきました。

しかしやはりいままでと比較すると格段に大きいですね。
体の中に入って感じる圧迫感のようなものがいままでの比じゃないという感じがします。
みちのくのM程度でこれなのでこの上の世界というのを考えると何か恐ろしくなるものがあります。

ゆっくりとピストンさせるとカリが体内の壁をこすっているという感じが伝わってきてなんともいえない気持ちになり頭が爆発しそうになります。
やはりこの体の中をこすっている感触というのが「犯されている」というその気にさせられます。