女装オナニーはあと片付けが面倒だったり、結局コトに及ぶと脱いでしまったり邪魔になったり、汚す危険がつきものですが、会陰オナニーの場合着衣したままで気持ちよくなれ、下着やストッキングをつけたままでもOKなため女装オナニーとしてはかなり理想的ではないかと思います。
服のチカラはあなどれないものがあり、例えばぺったんこの胸の上にブラをしていたとしてもその上に着る着衣の生地の感触は強く手に伝わってくるので中身がスカスカでもそれらしく感じられるというものです。
また肌に伝わる生地の感触も重要でちょっとした動きにつられてなびくスカートや肌に伝わってくるブラウスの感触などはより一層強いなりきり感を与えてくれ強く感情移入できることうけあいです。

コスプレ衣装も安く買えるので何かしら手元にあると活用の幅が広がるのではないでしょうか。
11月に入るとコス専門店がセールし12月のクリスマス用のセールが始まるのでこの時期買いやすいかもしれません。
各衣装について簡単にポイントを偏った視点から解説してみたいと思います。


■アニメコスプレ

中華系のコス衣装が低価格で手に入りやすいですがいろいろな意味でキャラに対する思い入れの強さが試される気がします。
コスプレとしてみた場合ウイッグ必須といえそうですが、地毛を押さえつけて冠るものなので会陰オナニーの最中にうっとうしくなりがちな気がします。

■メイド系

着ているだけでご奉仕したくなりいつもより甘えた気分に浸らせてくれるパワーコスチューム。
有名メイド店クラスの仕立てのよいものとなると値がはりますがコスプレレベルのものであれば2000円程度からとずいぶんと安く手に入ります。
安さから飛びつきやすく数を集めたくなりますが保管に意外と場所をとりやすくヘッドドレスやニーソ、はてはサービストレイなど小物に凝りだしやすい危険性があります。
注意点としてはフリルが豪勢で生地がしっかりしたものは着ていて暑く、エプロンを背中でリボン結びにするタイプはベッドで仰向けになると背中に当たって邪魔になりやすいことでしょうか。
よく売られているのは女性用のSML程度ですがコスチューム専門店ではサイズ展開が豊富で重宝すると思います。

■事務服/ナース/ワークウェア系

ナースウェアやOL事務服など専門店の通販を利用すると本物が買えるのでなりきり度は抜群です。
最近では飲食店系、おしゃれカフェ系のものも手に入りやすくなっているのでお気に入りのものがあるなら揃えるのも面白いと思います。
しかし難点があるとすれば仕事用の服は耐久性や仕事で要求される仕様を満たすことが優先なため布地がごつめだったりし着心地や触り心地があまりよくないこともあるので思い入れがないとつまらなく感じる可能性が高いです。

■セーラー服

コスプレ用のものは2000円程度からとずいぶんと安く手に入りますが生地が薄いことがほとんどでしっかりしたものは上着だけで1万円はするので上下であわせるとなるとそれなりの出費になってきます。
上着も本物は結構厚手で固い生地ですが基本的に低価格のものは生地がかなり薄めですがデザインは今風だったりします。古典的で襟が大きいセーラー服は結構やぼったい感じになりますが、コスプレ系のものは細身、襟がタイトな感じですっきり見えやすくスカート丈が短めな感じがします。
生地が薄いということはパジャマ代わりにもできるのでそういう使いかたもアリかと思います。

■いわゆるJK

実用性が高く揃えやすい、選ぶ楽しさもあり抜群のおすすめ度。
ブラウス・スカート・タイ一式あわせたコスプレ用のものも安くありますが、気に入ったものを単品で買っても結構リーズナブルです。単品だとブラウスの襟も丸か角か選べますしね。
シャツは本物の通学用のものと手頃なプリーツスカートと組み合わせてリボンかタイをあわせれば即JKになれるのでコストパフォーマンスに優れています。
好みでカーディガンやベストを組み合わせたり、ソックスも紺のリブ編みにするかルーズソックスかまたはニーソなど気分・好みによって着回しに凝れるのもポイントでタイの色を選んだりと自分なりのお気に入りを追求しやすいです。あとはローファーがあれば完璧。
悩みどころはブレザーで質と価格は比例し本物は高価でドライクリーニング。学校指定クラスのものは2万円以上のクラスになりコスプレ用のものは仕立ても値段なりで生地が薄めで写真写りを考慮してか紺色の色味の青が強くでやすくウエストが細めのシルエットのものが多いように思います。
細かいところをいうとコスプレ系のプリーツスカートは丈40cm程度で生地が薄く膝が見えるライン、本物のプリーツスカートはアジャスター付きで生地が厚め丈60cm以上で膝下ラインとなります。