ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:NTR

 

 ふぅーっと大きく息をつきながら今日の日報を書く。なんとか初日の授業をこなして、教育実習一日目が終わろうとしている。


「お疲れ様です、水城先生。初日はどうでしたか?」


 見上げると私の担当の岩田先生がいた。缶コーヒーを手渡される。


「はい、なんとか。大変でしたけど。とりあえず、担当のクラスの生徒の名前だけでも覚えていかないと」


「はは、そうですね。

 ああ、そういえば3年生に岸和田翔平という生徒がいるでしょ?」


 そんな生徒がいただろうか?そう少し考えて思いつく。金髪に髪を染めていて典型的な不良というタイプの少年だった気がする。


「はい、いると思いますが…?彼がどうかしたんですか?」


 見るからに不良という感じで、今日は初日だから見逃したけど、今後はきちんと叱っていこうと思っていた少年だ。


「いえいえ、どうということはないんですがね。岸和田君に関しては何があってもかかわらないほうがいいですよ」

「え、それってどういうことですか?」


思わず私は顔を上げて聞き返してしまう。明らかに不良を見逃せと言われているのだ。


「まぁ、そんなに深く考える必要はないんですけどね。まぁ少々問題児というか…」

「それはあの金髪を見ればわかりますけど、見逃したらますます増長するじゃないですか…」


 岩田先生は柔和な顔を曇らせて、ささやくように言った。


「あんまり大きな声では言えないんですけがね、岸和田君の実家は裏のあるところらしいのでね。学校としては、まぁ、その、距離をとっておきたいのですよ」


 正直に言って、岩田先生の困ったように顔つきに私は腹が立った。教師は生徒の出自など関係なく導いていかなければいけないし、きちんと模範を示して将来のためになるように導いていかなければいけない存在だ。そんな風に萎縮して恥ずかしくないのだろうか。


「岩田先生、お言葉ですが、本当にそれでいいんですか。彼は確かに校則違反の染髪をしていますし、他にも何か問題があるんでしょう?」


 相変わらず困ったような顔で岩田先生が手をふって答える。


「いや、まぁ、いいんですよ。深く考えなくて。それより日報を確認させていただいてよろしいでしょうか?」


 わざとらしく、話を変える岩田先生。私は苛立ちを押し付けるように手元の日報を黙って差し出した。


 それから数分後、私は帰宅する準備をしていた。そこで、持ってきたメモ帳が一つないことに気がついた。念のために、校舎の中を一応確認して帰ることにした。


 既に11月で校舎は真っ暗だった。いくつか、教室を見回ったところで私は三年の教室の一つに電気がついていることに気がついた。言ってみると誰かいるらしい。教室のドアが少しだけ空いていて、そこから中が覗けた。


 ちょうどさっき岩田先生と話に出た岸和田君がいた。教卓に座って誰かと喋っているようだった。いや、喋っているというのは違うのかもしれない。言葉というよりも、艶めかしい吐息のようなものが聞こえてきたからだ。


 「んん…ふぅ、翔平様ぁ、久しぶりすぎるよぉ」


 衣擦れの音がして、服を脱いでいるのだとわかる。私はより詳しく状況を確認するために教壇側の扉の方に足音を立てないように注意していく。立て付けが悪いのか、反対側の教室の扉も微かに開いていた。


 そして私は息を呑む。岸和田君と絡み合っていたのはクラスの風紀委員長でまじめその物といった感じだった三倉圭織さんだったからだ。校則通りきちんと切りそろえたショートヘア、特徴的な青いフレームの眼鏡。そして今日の昼間は厳しそうにクラスメートたちを見ていたのと同じ眼鏡越しに、蕩けたような熱っぽい表情で岸和田くんを見ている。

そんな恍惚とした表情の彼女は嫌がっているようには到底見えない。それどころか、今まさに、自分自身の手でブラウスを脱ぎ去って、私の目の前で床に放り投げたのだ。


 教卓に座っている岸和田君は傲慢そうな顔つきで足を大股開きにしていて、その下にちょうど見下されるように三倉さんがいた。それなのに、下から少年を見上げる風紀委員長の視線は蕩けきっていて、迷うことすらなく、少年のズボンのジッパーに向かう。何をしているのか、一瞬わからなかった。三倉圭織さんは口でジッパーをくわえて引き下ろすと、少年の足がじゃまになってきちんと見えないが、おそらく下だけで少年のペニスをズボンの中から引き出してみせたのだ。


「おお、ちゃんとできるな。エライ、エライ」


 そう岸和田君はまるでペットにあやすように三倉圭織さんの頭をワシャワシャ撫でる。


「だってぇ、カオリ、チームのオンナだからぁちゃ~んと毎晩練習してるんだよ~」


 わざとらしく語尾を下げただらしのない口調が圭織さんの口から出てくる。不良そのものといったその喋り方が彼女のきちんと切りそろえられた黒髪とミスマッチだ。


「んじゃぁ、他のところも忘れてねーか、確かめてやるよ。とりあえずくわえてみろよ」


 そう当然のように命令する岸和田君。その傲慢でひどく侮蔑的な口調を当然のように少女が受け入れる。わざとらしく少年の陰部によだれを垂らし、躊躇なくそのペニスの先端に舌を這わせる。


「んはぁ、ちゅぷっんん、しょ、しょーへいしゃまのぉ…んちゅちゅちゅ、あじだぁんん」


 卑猥な水音が廊下にまで漏れ聞こえてくる。それほど激しく少女が少年のペニスに舌を絡ませているのだ。

 私は困ってしまった。このタイミングで注意してしまっていいのだろうか。もちろん、学校で事に及ぶのは問題外だが、思春期の男女が恋愛をするのは肉体的にも普通のことなのも確かだ。それに、いま二人のじゃまをしたとして二人が冷静に私の忠告を受け取るとは到底思えない。


 「じゃぁ、そろそろ行くぜ」


 そう声が聞こえた。微かに風紀委員長の少女が頷いたようにみえる。次の瞬間、ゴリッと音が聞こえた気がするほどに少年が少女の頭をペニスに向かって押し込んだ。


「んぉっ、やっぱお前の喉マンいいな、また深く入るようになったんじゃね」


そう言って少女の頭を足でロックしながら腰に向けて押し付ける少年。あまりにアブノーマルなプレイに私は言葉を失ってしまっていた。圭織さんが窒息してしまうかもしれない。そう思って私は思わず扉をガラリと開けて止めに入った。


岸和田君はその瞬間、まるで私がそうするのがわかっていたかのようにこっちを向いてニヤリと笑った。まるで私を見下しているかのような生理的嫌悪感を催す邪悪な笑い。私の奥底がまるで蛇に睨まれたカエルのように恐怖に萎縮するのを感じてしまう。


それでも、私は教師だからと心のなかで自分に発破をかけて口を開く。


「コラッ、何をしているんだ。すぐにやめるんだ。そんな女の子をモノみたいに扱うなんて恥ずかしくないのか」


自分自身をこぶするために、それに私自身の体育教師像がそうだから、わざと男っぽい口調で言う。


「へぃ~へ~ぃ」


私を小馬鹿にしたように岸和田君が応え、さらにチェッと舌打ちまでして足を離す。三倉圭織さんはまるで固定されたように動かない。戸惑うように上目遣いで少年の指示を待っているようだった。


「あなた、圭織さんよね?大丈夫」


声をかけてもこちらを見向きもしない。


「おい、萎えちまったわ。やめだやめ」


そう岸和田くんが言う。即座に圭織さんがズルっと口から萎えかけた少年のものを吐き出した。その瞬間、私は驚いてしまった。というのも自分が思っていたより、遥かに長くて太くて赤黒い物体が風紀委員長の少女の喉奥に入っていたからだ。

ゼーゼーと息をつく圭織さんに私はかけよった。


「大丈夫なの?こんなに喉が詰まっちゃって」


 少女の背中を擦りながらあまりに無茶なプレイをした少年を睨みつける。まだ、少年のズボンは開きっぱなしで、赤黒い肉塊がプランプランとまるで私のことを鼻で笑うように揺れている、


「先生、なんでカオリの邪魔するんですか」


 けれど、私に対する言葉は以外なところから来た。私に背中を擦られ、未だに息が荒い圭織さんが、キッと私の方を睨んでいる。被害者の少女から思わぬ抗議を受けて私はたじろいでしまう。


「あなた、苦しくないの」


 かろうじて私が言えたのはそれくらいだ。


「苦しーけどさ。つっても、翔平様のデカチンポがズッポリ、カオリのノドに入っているのを感じるとさー、苦しいだけじゃなくて、なんつーかめっちゃ気持ちいいんだって。せんせーもやってみたらわかるって」


 まるで知性を感じさせない下品な喋り方。普段の彼女とはかけ離れすぎていてひどく違和感がある。正直、私はこの場をどう納めればいいのかわからなかったのだ。目の前の二人は不満顔で私を見ていて、私はどうすればいいかわからなかった。教室の時計を見ればもう八時過ぎだった。


「今日はとりあえず、帰りな。でも明日詳しい話を聞くから」


 そう言って二人を追い出す。


「え~、邪魔するだけしてそりゃぁないわ~。カオリまだ気持ちいいこと何もしてないんだよ~。翔平様~、このあとカオリのウチに来てよ」

「こら、ふたりとも。帰りなさい!」


 そういって、二人の間に割って入る。このまま帰すとまた二人で再開し始めそうな雰囲気だった。


「おいおいカオリ、アズサちゃんがキレちゃうぜー。とりあえず今日は帰ろうぜ、まー楽しいことは明日してやっから、な?」

「え~、翔平様~、焦らし過ぎだよ~」


岸和田君が物分りがいいことに少しホッとしながら二人を送って、私は帰宅する。

自室のベッドでいつものSNSを開く。カズくんに今日のお仕事をシェアしないと。

 

久しぶりの空港からの投稿。

あと区切りが良くなかったので2話連続投稿です


プロローグ

 「んん、きてぇ…」


 薄暗いカズ君の部屋。カズ君の熱を感じる。初めての体の交わりからこれで3回目。


 カズ君、日無和真(ひなし かずま)君は私の彼氏だ。小学校の時からずっと同じ学校で、今も学部は違うけど、同じ大学に通っている。付き合い始めたのは大学に入った頃だった。ふたりとも中学高校とずっと水泳部で、思春期には喧嘩することもあったけど、同じ大学で同じ水泳サークルに入ったときから付き合い始めた。


 私より一回り小柄なカズ君の体が私の上で揺れる。水泳の選手でインターハイにもでた私と比べると少し華奢でかわいい。


そして私の中に入ってきている彼のものを感じて胸がキュンとする。体と体が交わりあってお互いの気持が一つになる。


「アズの中、温かいよ…」


「バカっ…」


カズ君の直接的な私は思わずそう言ってしまう。でもそれとともに私の感じている温かさが同じものだと感じてすこし嬉しくも思う。私の奥にきているカズ君の熱。それを感じながら私はカズ君の唇に自分の唇を重ね合わせる。


「チュっ…」


カズ君が唇を離したくないとチュチュっと吸い上げてくる。彼の柔らかな唇を感じながらカズ君の舌が私の舌と絡み合う。彼の優しくて穏やかな口づけ。お互いが相手のことを思いやりながらゆっくりと高まっていく感覚。カズ君がわたしの彼氏で良かったと思える。


「んん…ふぅんんん…ちゅぷっ」


下半身と上半身でお互いを感じながら抱き合う。彼のサラサラとした肌が私の上を滑る。


「んふぅ、カズくん…すきぃ」


彼の体を抱きしめながら言う。ゆっくりとした抽送、コンドーム越しに感じる彼の体温。


「僕もだよ、アズ」


そうささやきあいながら互いの体を重ね合う。ゆっくりと体を上下に湯足しながらお互いの体を感じ合う。そして、ついに彼の体が微かに震えて、絶頂したのを感じる。私はそのまま彼のことを抱きしめながら、クリトリスを彼の股間に押し付け柔らかい絶頂と性交のを感じる。きもちいいと心の底から思える感覚。


はぁはぁはぁっとお互いに浅く息をしながら視線を交わす。電気が消えている部屋の薄暗い部屋の中でカーテンの隙間からもれるかすかな光が互いの目に反射して愛しい相手がいるのだと感じられる。そして私はもう一度彼をを抱きしめた。さっきまでの体温をお互いに感じ合いって、セックスのあとの軽い倦怠感に身を委ねながら睡眠の海に落ちていく。ああ、できることならずっと彼を抱きしめていたい。


 

朝日がカーテンの隙間から漏れて、携帯のアラームの音で目が覚める。隣りにいる裸のカズくんをみて昨夜のことを思い出して少し恥ずかしくなる。でも悪い気分じゃない。おもわず、頬がほころぶ。


「んん、アズ。もう朝…?

何に恥ずかしそうにしてるのさ」


「なんでもないわ。それより服着てよ!」


 そういながらもぞもぞとお互いの体が触れる。思わず彼の裸の肉体が私と触れる。顔から火が出るほどに恥ずかしくて赤面するのがわかる。


「ああ、アズは本当にかわいいよ」

「コラ、恥ずかしいからガラでもないこと言わないでよ。エヘヘ、でもありがとう」


 カズ君の匂いの染み込んだベッドの上で添い寝して、ベッドサイドのランプの明かりでお互いを見つめ合う。これは特別なお泊り。だって、明日から私の教育実習期間が始まるから。


 教育実習に集中しなければいけないという気持ちもあるし、不純異性交遊なんていくら先生だとはいえしちゃいけないんだと思う。それに多分忙しくなるからいままでとちがって簡単に会えなくなると思うから。


 だから教育実習が始まる前に体を重ねておきたかったと言うのは私だけじゃなくてカズ君の希望でもあった。もちろん週末とか、SNSを通じてつながっているというのは当然だけど、こうして別の方法でもつながっていたいと思うから。だから、普段しないのに、こうして肌を重ねたかった。

「教育実習始まっても日曜日はデートしような」


 そうスーツに着替える私の背中越しにカズ君が言う。


 「アズ、先生みたいだね」


 そう、着替えた私に向かってカズ君が言ってくれる。


「そうかな?そうだと嬉しいんだけど」

「大丈夫大丈夫。アズは自分で思っているよりもずっとしっかりしているんだから。自信持ちなよ」


カズ君が私のネクタイを直しながらそう言ってくれる。


「なんだか、こうしてると夫婦みたいだね」


 そう私が言うとカズ君が照れ隠しにポンポンと肩をたたいてくれる。


「じゃぁ、そうなるために教育実習頑張ってきなよ。アズサ先生!」

「も~。恥ずかしいよ。

でも、じゃぁ行く前にカズ君の元気を分けてほしいよ」

 わざとらしく唇を突き出してみせる。カズ君が一瞬戸惑ってポリポリと頬をかいたあとで

「アズサ先生は仕方ないな~」

 といってチュッと唇を重ねてくれる。その温かいぬくもりを感じて、私はよし頑張ろうっと思う。

トップ1




















来週から次回作の連載を開始します。
時間とアイディアの様子を見ながらすすめてる感じです。初めて彼氏とのイチャラブセックスを書いたら思った以上に大変だったり、あいかわらす色々チャレンジしています。

ご都合主義少なめなので普段の作品より堕ちる過程が丁寧だと思います。その分堕ちるまでの過程と堕ちた後のギャップを楽しんでいただければと思います。

一応このページをテイザーサイトとして来月ぐらいからCGなど公開していきます。絵師さんと色々相談して相変わらずエロエロなイラストを準備していただいています。CGの枚数は予算を見ながらですが(笑)

注意)オリジナルキャラが出ます。
注意)この物語はISの二次創作であり、原作と著しく異なる描写や、原作ヘイトと取られかねないシーンが多数あります。
注意)寝取られマゾ(寝取られ男が寝取られた女子に調教される)、シーメール(男性の女性化)といった描写があります。
注意)基本即落ちです。調教過程の描写はほぼありません。
注意)人種間描写が存在します。差別的描写が存在しますが、これは作者の思想などを反映させたものではなく、純粋に作品の完成度を高める道具としてのみ利用しています。
希望)同好の志はツイッターで絡んでもらえるとすごい嬉しいです。
上記をご了承の上でスクロールしてお進みください。










 放課後、俺は職員室に行った。ジャマルのやり方はあまりにひどすぎる。現状を変えられる人物を俺は一人しか知らない。
「千冬姉、あ、織斑先生。すこし話があるんだけ」

 織斑千冬。最強のIS操縦者で俺の姉。学園では厳しいけれども信頼されている教師だ。

「一夏か、何だ?」

 俺は教室でのジャマルの振る舞いや女子たちの現状、学園の風紀が極端に乱されていることなどを説明した。すると千冬姉が夜俺達の部屋に来てジャマルを説得することになった。

 放課後、珍しくジャマルが部屋にいた。パソコンで女子たちのハメ撮りを見ているようだった。そのパソコンから燃え聞こえてくる嬌声を俺は集中できないのに無理して宿題しようとしていた。

 そこに千冬姉が扉をノックしてはいってきた。ジャマルの奴は相変わらずハメ撮りの音声を流しっぱなしだ。千冬姉がつかつかと俺の方にくる。

「一夏、お前には失望したぞ!」

 そしてパーンと音がした。何が起こったのか一瞬わからなかった。そして次の瞬間、頬に熱を感じる。千冬姉にビンタされたのだ。

「何をするんだよ…」

 わけがわからないままそういった。

「影からチクるなど、全く男らしくない。見損なったぞ!」

 そう、俺を怒鳴りつけつ千冬姉。ジャマルのパソコンからはハメ撮りの嬌声が相変わらず流れっぱなしなのは無視しているようだった。

「チフユ、それくらいでいいって。イチカは童貞短小で俺に敵わないからって卑屈になってるんだって」

 そう言いながらこちらに来たジャマルが千冬姉の豊満な胸を我が物顔で揉みしだいてみせる。

「ああ、わかっているんだがな、我が弟ながら情けなくてな。ジャマル様に逆らう愚か者め」

 ジャマルのセクハラをすべて受け入れて、メスの顔を晒す。千冬姉。そこで俺は初めて千冬姉の肌から、今朝箒がつけていた香水と同じニオイがすることに気がついた。

「ってワケだぜ、イチカ。残念だったな、チフユはココで最初の俺のプッシーホールってわけだ。ホラ、見せてやれよ」

 言われるがままに千冬姉がスーツを脱いでいく。するとその下からこの前箒が奴隷宣言したときに来ていたのと同じ星条旗柄のビキニが現れた。

 俺の見ている前で背後から千冬姉を抱きしめ股間に指を這わせながら、ジャマルが命令する。

「オレ達のファーストインプレッションをイチカにレクチャーしてやれよ!」

「ああ、あれは半年ほど前のことだった。…んん、出張でアメリカにぃ、行ったときに路地裏でジャマル様達の黒人グループにレイプされてしまったんだ。集団で、銃を突きつけられて無理やりだった。人生が変わる体験だった。

 嫌だったのに、このグレートディックで奥を突かれると逆らえないんだ。私の中のメスがジャマル様に服従したがるんだ。気がつけば、出張などどうでも良くなってジャマル様のこのブラックコックに毎日貫かれていた。もう、このチンポなしではイキていけないんだ。

ジャマル様のぉこのデカチンが、私をぉ、んん、メスに変えてしまったのだ。はぁんん、抱きしめられてるとぉキュンキュンするんだぁ」

 そう言いながら千冬姉がレイプ魔の男の唇をついばみ、そのズボンの大きな膨らみを白い指でマッサージしているのが見える。

「ほら、チフユ。アレやってよ、アレ、イチカの見ている前でさ」

「ああ、お前の頼みならもちろんだ。イチカ、そこで見ておけよ。」

 そう言ってチフユ姉がジャマルから離れると、床に額を擦り付けて土下座をしてきた。

「Master Jamal, please permit serving your great dick, please!」

 プリーズと床に額を付けながら卑屈な表情で懇願する千冬姉。そこに、俺が尊敬した姉の姿は欠片も残っていなかった。

「Oh!Japanese DOGEZA、HAHAHA」

 ジャマルのやつが下品に笑って、千冬姉に近づいていくと、その黒髪に足を載せる。グリグリと地面に顔を押し付けられながらもプリーズを連呼する千冬姉、あまりにも俺の知っている彼女からはかけ離れた姿に俺は目の前が暗くなる気がした。

「オッケー、まずはそのデカパイでオレのグレートなディックを慰めろよ」

 そのジャマルの言葉に待っていましたとばかりに飛び上がる千冬姉。彼女のきれいな黒髪にくっきりとジャマルの足型がついているのが見える。それなのに、それを払うことさえせずに、ジャマルの股間に吸い付くように千冬姉の顔が向いてまるで犬のように口でズボンのジッパーを咥えて下ろすと、丁寧にジャマルのオレのものとは比べ物にならない圧倒的威容を誇る黒い肉棒をまるで宝石でも扱うかのように丁寧に引き出してみせる。

「んほ、この匂い。私はこのチンカスの匂いがかぎたくてジャマル様を学園に入学させたんだぁ」

 クンクンと鼻を鳴らしてその肉棒に舌を這わせる千冬姉。そして次の瞬間、星条旗柄のビキニによって彩られたたわわな胸の谷間にジャマルの巨大な肉の銃を通して、両サイドから圧迫しながらしごき始めたのだ。

「そう、そう。

チフユはナイスなプッシーパピーだな。この学園はヴァージンガールがたくさんでサイコーだぜ。
イチカ、オレはなISなんて操縦できないし、興味もないんだわ。でも、コイツがどんなにメスガキどもをレイプしてもいいからっつって懇願するから来てやったんだぜ」

 衝撃の事実に俺は空いた口が塞がらなかった。千冬姉が全てを裏切ってこのクズのような男に尽くしていた、だと!とっさに言葉が出なかった。

「HAHAHA!イチカ、マヌケヅラだぜ。Don't you know? お前がISの練習をしていた時、オレはチフユのナイスボデイに乗ってたんだぜ、HEHEHE!」

「んん、ちゅぷじゅっぷ、んぷちゅ、はぁん。ああ、ジャマルは満点だぞ、イチカ。まぁ、お前の粗末なものでは同じことはできないだろうがな」

「Oho!,チフユのBoobsは気持ちいいぜ、豊胸手術の予約はしたんだろうな?」

「ああ、んちゅぷ…もちろんだぁ。んふぁ、お前の言ったとおり…ふぁんん…Gカップのおっぱいマンコに改造してもらうぞ」

「っつーわけだ。ほら、チフユ、Do Fuck!」

 まるで犬に命令するようにジャマルがそういって、千冬姉の胸からペニスを抜いて、ベッドの上に横になる。悩ましげに腰を揺らしながら千冬姉がまるで追いかけるようにジャマルの上になる。

「チフユのケツに肉がついてきたな」

「ああ、お前がデカケツの方がエロいと言うからな、鍛錬をやめて肉をつけているんだぞ」

 そう言いながら二人の唇が重なり合い、ジュルジュルと千冬姉がジャマルの唾液を吸い上げる。まるで千冬姉は意思などないかのようにすべてジャマルの言うがままになっている。

「一夏、よく見ておけ。お前の姉がどんなにファックテクニックがあるかをな。

 そういって腰を落とす千冬姉。

「ふぉぉぉおぉぉぉ、キテるぅぅぅ。ジャマル様のビッグディックがぁぁぁぁぁ!私のファッキンプッシーをヒットしてるぅぅ!」

 そう言いながら千冬姉が腰をグラインドする。既に十分に濡れそぼっていたらしい、彼女の陰部からは愛液が飛び散る。

「Ohoo! Cooom onnn, penis! Dick,hitting my fucking puuusyyy」

 俺の位置からだと千冬姉の尻がジャマルの上で激しく上下しているのが見て取れる。赤と青の千冬姉らしくない派手なデザインの水着が愛液と汗に濡れてへばりついている。

 いつの間にか俺は自分の一物が勃起しているのに気がついた。絶望の中で、まるですがるような心持ちでそれをズボンから引き出して扱き上げる。千冬姉の中にズッポリとハマっている黒い肉棒と比べると俺のそれは病的に白くて頼りなく感じられた。

「ふあぁぁん!ザーメン、プリーズ!私のぉ、ビッチガバマンにぃぃ、お前の子種を仕込んでほしいんだぁぁ、ジャマル様あぁぁ!!」

 そう叫ぶ千冬姉の顔を見ながら俺は絶頂に達してしまった。ジャマルより遅く勃起して早くしぼんでしまった自分のムスコを見ながら、俺は絶望的な気持ちで自分の男としてのプライドがしぼんでいくのを感じた。

「Oh! I'll do extersy now! Oho!」

「So, good your dick that kss my hert! Commoonnn! Your Baby seeds!」

英語で絡み合う二人。俺のムスコはピクリともしない。そして火山のように黒くて硬いジャマルのものが爆発する。千冬姉の中からまだ半勃ち状態を維持しながらジャマルのものがすっぽりと抜けてくる。
その白濁液をこぼれないように手で抑えながら千冬姉が不格好ながに股でこっちにくる。

「さぁ、一夏、ジャマル様のスーパーザーメンを飲んで、貴様も少しは男らしくなるんだな」

 お久しぶりです。寒くなってきましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。オジサンは忙しすぎてオナニーできなかったり、ストレスから欲望を止められずに徹夜でシコったりおろかな人生を送っています。寝取られマゾもついに第六話に突入しました。こここでせっかくですから寝取られマゾの良作を幾つか紹介させてください。(でも)寝取られマゾ好きの方はもう既に知っているのではないかと思いますが。いつか時間ができたらきちんとまとめますね。

 まずオジサンが寝取られマゾに興奮したきっかけのその名も『ネトラレマゾヒスト氏』のノベルから。貞操帯とか女装とか、とにかくこれでもかと貶めてきます。とくにこの著者の作品は 寝とり男>寝とり男の奥さん(いる場合)>寝取られ彼女>主人公 の序列がとてもクリアでその部分がすごく…股間にキます。




 それから最近良かったのが『僕はマゾです』氏の
転職したら、女上司がガチサドだった。

777円


です。というかよく考えたらこれ寝取られマゾじゃなくて普通にマゾでした。なんか徐々にオジサンの性癖の変遷が露わにされていますが…。それはともかく公衆の面前で執拗に笑い者にしてくるドSヒロインが好きならあたりなはず。

 性癖とともに話がだいぶそれてしまいました(汗
では寝取られマゾ6話お楽しみください。
-------------------------------------------

  あの日以来カオリ様は完全に僕の前で隠すことさえしなくなりました。学校の中でも不良たちのオモチャにされて、それを嬉しそうに話すのだ。授業をサボって校舎裏で風紀指導をしてきたとか、コーヘイ様と中学生をカツアゲしたとかそんなことも楽しそうに話しているカオリ様のお声を聞いているだけで僕は何故か興奮してしまう。そんな僕は完全にカオリ様は彼らの都合のいいオモチャだった。

 そしてそんな状態でも僕はもう何も言えない。あの日以来決定的に僕達の関係は変わってしまったから。コーヘイ様のおちんぽ様と比べられて辱められた日から、僕はカオリ様の都合のいいオモチャに成り下がってしまったのだ。

 そして翌週の日曜日、僕はカオリ様のお宅の前で待っていた。クリーニングしたての学校の制服で。もう何人も下品な格好の女子たちといかにも不良な男子達がカオリ様のお家に我が物顔で入っていったが僕はカオリ様の許可なく三倉家へは入れないのだ。一方目の前の家の鍵はかかっていないようだった。

 そしてカオリ様から入ってくるようにメールがあります。

玄関を開けると、顔見知りのカオリ様のお母様がいた。ただ、一瞬わからないほど濃く化粧をしてハイレグのきつい水着を着ている。しかもその水着の股間には切れ込みが入っていて陰部が丸見えなのだ。首には『借金漬けバカ熟女』っと雑な字で書かれたプレートがかかっている。

「おじゃまします」

そう目をそらしながら言うと、おばさんが笑顔でいう。まるで自分の行動が当然のように。

「チームヤリ部屋三倉家へようこそ!うちの娘のペットなのよね。さぁ、まずは服を脱いで」

そう、おばさんが言ってニコッと笑いかける。カオリ様のお家で僕は服を着ることが禁止されていることはおばさんにも知られてしまっているようだった。僕はまだなれないながらも、その場所で服に手をかけて脱いでいく。おばさんがグラマラスな体を卑猥なプレートをぶら下げて僕のことを値踏みするように見ている。羞恥心を覚えながらもなんとか僕はすべて脱ぎ終えることができた。

「こっちへどうぞ」

そしてそう言われて通されたのはリビングだった。ただ、そこは僕の知っている三倉家のリビングとは大きく違っていた。赤地にピンク色のハートをたくさんあしらった下品でケバケバしい壁紙。キッチンまでぶち抜いて作られた大きな空間には大きめのソファが置かれ、まるで飾るようにバイブやローションなどの大人のおもちゃやコスプレ衣装が部屋中に置かれている。

「「「おお、きたきた。今日の主役!」」」

不良達が歓声を上げる男五人に女五人というところだろうか。女子はみんななぜかメイド服らしきものを着ている。らしきと言ったのは、あまりにもきわどすぎて、それが何なのか僕にはよくわからなかったからです。申し訳程度に胸を黒いフリフリの付いた服で覆っているものの、かえって乳房を強調しているようにも見えます。当然へそは丸見えで、マイクロミニのスカートは下着をほとんど隠せていません。ただ、かろうじてフリフリの小さなエプロンが下着を隠していますが、不良達はみんな女子のからだを好き放題しているのでほとんど意味をなしていません。肘まである長いシルクのグローブと膝まである白いニーソックスが余計に猥褻さを際立たせていまう。

「来たわね、ケイゴ。じゃぁまず皆様の前で自己紹介しなさい」

そうカオリ様がおっしゃいます。カオリ様はこの前の中学生の隣りに座って、僕よりも幾分身長の低いその少年に体を預けていらっしゃいました。

 僕は、この一週間学校でカオリ様に毎朝屋上で叫ばされていた自己紹介をしなければなりません。カオリ様をめちゃくちゃに変えてしまった不良たちの前で恥ずかしい自己紹介をしなければいけないのです。

「不良の皆様!

僕は、カオリ様の彼氏だったケイゴといいます。翔平様とそのお友達の不良様方にカオリ様を寝取っていただきましたので、今はカオリ様のペットのケイゴです。不良様方も気軽に『ケイゴ』とお呼びください」

 まともに勉強もしていなそうな不良達に敬語を使って接しなければいけないのは屈辱的すぎて足が震えてしまいます。

「まじで、こんなのがカオリちゃんの彼氏なわけ?ギャハハハ」

不良のうちの一人がそう言います。中学生に体を預けたカオリ様がいいます。

「ちがうってぇ、カオリの『元』カレなんだってぇ。いまは、ペットなんだから。カオリはチームのにくく便器で忙しいからぁ、彼氏とかいないのぉ~」

「マジで?オレ委員長の彼氏に立候補しよっかな?」

「いいよ~。チームのみんなだったらカオリいつでもウェルカムなんだから。いっしょにラブパコセックスしよ。あ、でもケイゴはダメだよ。チームのメンバーじゃないから。

 ってか、自己紹介まだ途中じゃん。続けなよ」

 ちゅっと媚びるようにコーヘイの口を吸いながらカオリ様がおっしゃいます。

「僕は皆様のチームの性処理奴隷のカオリ様のペットです。だからぁ、僕のことは皆様の便利なパシリとしてお気軽にご利用ください。と、得意なのは不良様とカオリ様のエッチのためのベッドメイキングです…。よろしければお邪魔しませんから、隣でお二人の激しいエッチをみながら寂しくオナニーさせていただければうれしいです」

 途中あまりにもあまりなことに口ごもる。すぐにカオリ様にきつく睨まれてしまい、僕は全て言ってしまう。

「ってゆーわけでぇ、カオリのペットはチームのペットで~す。もし、なんか反抗的なこと言ったりしたりしたらカオリに教えてね。きつーいお仕置きをカオリシちゃうんだから。

あ、コーヘイ君、後輩になるキミに先輩からプレゼントだよ。ハイ♪」

 カオリ様がスカートを捲って股間を指差してみせる。既に湿っていることがわかるピンク色のマイクロミニのひもショーツ。

「お~、何すか。何すか」

 そう言って無遠慮にカオリのショーツの中に腕を突っ込む少年。わざとらしく探し回るように少年の指がカオリ様のショーツの布の下をもぞもぞ動く。

「んんっ、な、なんだと思うぅ?

ふぁぁんん・・・もう少しぃ、奥の方も」

「先輩相変わらず発情しすぎっすよ!オレもうとっくに見つけちゃってるんすけど」

「コーヘイ君、ネタばらししないでよぉ。いっそコーヘイ君のわる~いおチンポでカオリのマンコの中探してくれても良かったのにぃ」

 その少年がカオリ様のショーツの中から手を出すとそこには見覚えのある鍵が握られていた。

「それ、ケイゴのテイソータイの鍵ね。可愛い後輩に先輩からパシリをプレゼントしちゃいまーす!お礼に中出しキメてほしーな」

「マジすか、先輩。コイツ先輩の元カレっしょ?いいんすか」

少年がニヤニヤしながら我が物顔でカオリ様の胸を揉みしだく。

「今は、カオリチームのオンナだし、ケイゴなんかただのペットだしなんでもないわよ。あんなちっさいおちんちんよりコーヘイくんの中房デカチンポにカオリラブラブだしぃ」

「仕方ないっすねぇ。先輩が相変わらずエロすぎっから、オレもそろそろ限界っすよ」

「えへへ、じゃぁ、コーヘイくんのデカチンポを出しちゃうわね。

ほら、ケイゴもちゃんと見てなさいよ。あなたのとはぜんっぜんちがうコーヘイ君のもの」

そういうとカオリ様は少年のベルトをカチャカチャと外し、慣れた手つきで年下の少年の僕よりも一回り大きな性器を引き出す。そして僕の知っている彼女とはぜんぜん違う口角をあげた下品な顔でその赤黒い肉棒に頬ずりさえしてみせたのだった。

「ほんっと、あっつくて力強いコーヘイ君のおチンポ…♡」

「先輩のものも勃ってんじゃないっすか?てーそーたいん中ではちきれそっすね」

 そうその少年が笑う。僕のその部分は既に滾っていて金属製の檻の中で一生懸命自由になろうともがいていた。

「ケイゴったらすっかりマゾになっちゃって、笑えるっしょ。カオリが調教したんだよ~、褒めて褒めて」

「先輩すごいっすね、マジで。自分の元カノをマゾ調教して差し出すとか、オレならクズすぎてゼッテーできねーっす!しかもその元カレの前で年下の中房にケツ振るとか」

 カオリ様が少年の前で四つん這いになって腰をカクカク振って誘いかけている。

「ケイゴがチンポ小さくて早漏の最低男だからいけないの、カオリは悪くないわ。ってかはじめからこんなのじゃなくてチームの誰かと付き合えばよかったのぉ」

「委員長マジビッチっす…。

うぉっ!パンツどろろじゃないっすか」

「だからぁ、コーヘー君の後輩チンポ早くほしいのぉ」

 浅ましく年下の不良の前で腰を振りたくるカオリ様。その姿を見て僕の下半身は我慢できないほどにいきり立ち、貞操帯に食い込む。

「カオリ様あ、もう我慢できなです。お願いしますから、鍵ぉ」

そう懇願する僕の言葉は容易く無視されてしまう。

最終話はたぶん半月後くらい







このページのトップヘ