ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:MC

すみません、ツイッターの方でちょこっと言っていたのですが最近あんまり調子が良くないので小説の方はしばらくおやすみさせていただきます。人からちょろっと頼まれ事で書いているものもいくつもたまっているのでご容赦を。音声作品の方も作りたいと思っているのでその準備 ...

夏の初め頃からリアルのほうが忙しかったのと気持ちが落ち込んでいてあんまりゲームとかできていないんですけれど、それでも久しぶりに思い出したので最近いいなと思ったものを幾つか。どうもエロ関連はリアルの生活環境の影響をもろに受けるのでこの数ヶ月はなんとなくエロ ...

続きですそして曲が終わると激しく踊って汗ばんだ白い肢体が駆け寄ってきて俺の隣りに座る。若い子のフェロモンなのだろうか、いい匂いがする。思わず彼女の首筋に吸い付く。項を抱きしめてそのまま絹のような肌をペロペロする。だが当然のことながら命令なしでは人形にす ...

マブラブの人形化、二次創作をしていきます。といってもアニメ版の方しか知らないので、原作的には違うという表現があるかもしれません。ご容赦ください。 注意)オリジナルキャラが出ます。注意)この物語はマブラブの二次創作であり、原作と著しく異なる描写や、原作ヘイト ...

マブラブの人形化、二次創作をしていきます。といってもアニメ版の方しか知らないので、原作的には違うという表現があるかもしれません。ご容赦ください。 注意)オリジナルキャラが出ます。注意)この物語はマブラブの二次創作であり、原作と著しく異なる描写や、原作ヘイト ...

今回から、マブラブの人形化、二次創作をしていきます。といってもアニメ版の方しか知らないので、原作的には違うという表現があるかもしれません。ご容赦ください。 注意)オリジナルキャラが出ます。注意)この物語はマブラブの二次創作であり、原作と著しく異なる描写や、 ...

皆さんこんにちは楽しいエロライフを送っていらっしゃるでしょうか。 私ことヘンタイオジサンはリアルがちょいちょい忙しくてツイッターでも低浮上だったり、いきなり浮上したかと思うと変なツイートをストレスと一緒に吐き出したりしてしまって大変申し訳なかったのですが ...

Twitterで流れてきてちょっと面白そうだなと思ったので『催眠下校』をプレイしてみた感想です。催眠下校691円このゲームは同人のMC系ゲームです。ゲームシステムはツクール。普段ツクール系のゲームはあまりしないのですが、エガラシナイ@シロイクロイ@Coelacansister#これ ...

忙しくてここのところあまりエロゲのレビューなどでキていなかったのですが、『筆柿ソフト』さんからの催眠系の新作が出るということでなんとか時間を作ってプレイしました。少し遅めのレビューでごめんなさい。催眠学園3年生6,480円 まず、シナリオがNATORI烏賊先生というこ ...

[岸和田翔平] 圭織が自分からオレの唇を吸いに来る。対面座位で思いっきり抱きついてだ。女子のくせに飾り気のない部屋、まぁ委員長らしいというか。そしてよく整えられたベッドの上でオレに抱き着きながら腰を振り始める。まだ、オレのチンコしかしらない圭織のマンコが ...

[三倉圭織] そして猥褻なメイドとなった私は翔平君の前にひざまずく。頭を下げるのには葛藤があった。つい数か月前までこの不良少年は私にとって軽蔑の対象であり、許し難い存在だったのだ。その前で頭を下げなければならない。躊躇する私に翔平君が『ほら、親はオレんち ...

6月22日[佐藤圭吾] 今日初めて俺はカオリの部屋に入る。ここまで毎日試験勉強は予備校の自習室で、時々俺の部屋だったがカオリの部屋に入ったことはなかった。昨日、すこし恥ずかしそうにもじもじしながら「気分転換に私の部屋…くる?」そういったカオリに心の中でオレは ...

6月6日 [三倉圭織]  放課後、ケイ君には先に帰ってもらった。金曜日は予備校の授業がないので普段はいつも二人で自習室で勉強している。  彼を心配させたくない。不良をしかりつけている女子っぽくない姿を見られたくない。いろいろ理由はあるけど、結局自分の心の後ろ ...

[岸和田翔平]   三倉圭織がオレの部屋にいる。強気な目でオレを下からにらみながら居心地が悪そうにしている。いままで授業なんかさぼったことがなさそうな優等生が授業をさぼってオレの部屋にいる。その事実がすでにこのバカなオンナがオレの手の届くところに落ちて ...

↑このページのトップヘ