ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:風紀員長

「あ、しばらくセンセーはブラ禁止ね。ショーツはいいってさ」そう言いながら私の恥丘をつーっと撫でる。ゾクゾクっと背筋に走る。「あれ、センセー期待してた?少し濡れてね?」割れ目に指の先を突っ込んでそう下品に笑う少女。「そんなわけないでしょ、いい加減にして」っ ...

二日目続き「口で何つっても、体の方はどんどん発情してんじゃねーか。なぁ、保健のセンセイ」  そう言いながら乳首をつねりあげる少年。一方三倉さんがその影からカチャカチャとカッターの刃を見せつけるように出してみせる。 「ほらほら、センセイのオマンコは何色っか ...

[岸和田翔平] 圭織が自分からオレの唇を吸いに来る。対面座位で思いっきり抱きついてだ。女子のくせに飾り気のない部屋、まぁ委員長らしいというか。そしてよく整えられたベッドの上でオレに抱き着きながら腰を振り始める。まだ、オレのチンコしかしらない圭織のマンコが ...

↑このページのトップヘ