ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:洗脳

お疲れ様です。なんとかマスターアップを終えました。それから、Ci-enを登録したので、よければチェックしてくださればありがたいです。https://ci-en.jp/mypage/activity☆☆☆☆☆☆☆☆☆ その夜。騎士団の宿営地でアルトリカが寝静まった後で彼女のテントに人とオークが ...

Ci-en登録しました。フォローしていただければ飛び上がって悦びます。https://ci-en.jp/creator/1166本作は『国姦』を意識した作品です。・国姦とは ヒロインがただ敵に屈するだけではなく、ヒロインの周囲の人間、国、友人、部下の価値観が邪悪な敵によって犯され根こそぎ ...

↓各画像はクリックすると大きいサイズが表示されます↓ ...

 「んぐっんはぁ…や、やめろぉぉぉんんん…ぐはっんんん」 触手を一生懸命口から吐き出して叫ぼうとするアルトリカの口に触手が遠慮なく侵入してくる。そしてそれとともに処女膜を確かめるように擦り上げていたあの凶暴な形をした触手が侵入を開始した。途端にアルトリカ ...

第8章 触手に敗北した薔薇騎士団長  一方そのころ、アルトリカは一人で山中にある洞窟を目指していた。普通の常識があれば騎士団長が一人だけ分かれて他の場所に行くことなどあり得るはずがない。だが、アルトリカもその他の騎士たちも既にティムポーの洗脳によって変え ...

 異変は集落に入ったときに来た。通常なら集落だろうがまずは馬に乗ったまま侵入し、殺せるものは殺す。そして火をいかけてあぶり出して出てきたオークたちを殲滅するのがいつもの方法だった。 それなのに、集落に入った瞬間、マリアージュは激しく馬から降りなければなら ...

どうも体調が良くないです。風邪を引いたみたいです。みなさんも気をつけてください。リンク一覧に催眠!ピカッとハウスさんのリンクを追加させていただきました。大量のMC二次創作SSは要チェックです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「ユリシア様のお小さいお腹越 ...

 シスター・レーアがオークに仕える娼婦シスター・レーアになってからひと月ほどが経った。ゆっくりと、ただし着実にティムポー教団は辺境の山々に散らばる孤立した貧しい村々に広がっていった。アルテア教団の地域的な寄合などを利用すれば造作もないことであった。 しか ...

今週も霧がよくなかった、というかこの話にエッチシーンがなかったので2話連続更新です☆。次話は30分後の午後10時に投稿される予定です。ちなみに、この話はエッチシーンはないですがメインヒロインが全員出ることになる最初の話なので結構重要だったりします。・・・・・・・ ...

プロローグのシーンの人間サイドから。えろはなしです。すみません。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・[ジャンヌ・アルトリカ視点] 一千の騎兵たちが私とともに山を駆る。戦うためではない。駆逐するためだ。村人たちの平穏を脅かし女を犯す憎むべきケダモノ、オーク ...

 いい感じに切ることができなかったので、今週は2話連続更新です。2話目は30分後に投稿予定です。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  その聖職者というよりも娼婦に近い恰好でレーアが改まった表情で村の女たちに向く。「今週、私は新たな神に会いました。私たちを導き ...

久しぶりの出先からの更新です。今更自分のブログのトップページからしてきわどいことに気がつきました。まぁ、変えませんが(でももう少し軽いヘッダー画像との差し替えはその内したいんですが)それでは第三話お楽しみください。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「 ...

アンケートありがとうございました。2つのアンケートを合計して男の娘は『あり』が75%『なし』が25%という結果が出ました。この結果を踏まええて男の娘とのセックスシーンの最小化や、男の娘が出るシーンには別に注意喚起をするなどの配慮をしていく予定です。それでは今週 ...

タイトルは『オークファンタジー』にします。サブタイトルは未定。私にしては珍しくロリ回です。巻末にちょっとしたアンケートがあるのでツイッターのアカウントに回答していただければと思います。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ だが俺は優しいので笑顔で微笑んで ...

↑このページのトップヘ