ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:枕営業

 お世話になっています。今年はコミケに行けそうもなくて割と落ち込んでいます。世界中どこにいってもエロ小説を書き続けるアホなおじさんです。

 いろいろあったけれどもなんとか発売にこぎつけられた新作『アイドルとか、婦警さんとか、バスケ部のキャプテンが四十路おじさんたちにハメハメ☆パコパコされちゃう話』のダウンロードは下記からお願いします。
DMM(キャンペーン期間中により20%OFF
DL.site.comアイドルとか、婦警さんとか、バスケ部のキャプテンとかが四十路おじさん達にハメハメパコパコされる話




そして毎回恒例のダウンロード数に応じたキャンペーンは下記の感じです。
 100ダウンロード突破!:「大人の」アイドル編エピローグ前半即座に公開
 150ダウンロード突破!!:「大人の」アイドル編エピローグ後半をその週の定期更新で公開←今ココ
 200ダウンロード突破!!!:一周年記念の特別次回作をその週の定期更新で繰り上げ公開
 250ダウンロード突破!!!!:以降のダウンロードの収益は全て次回作の挿絵に回します。(8月いっぱい)

 そういうわけで後編公開です。お楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「いちごちゃん、もう準備万態みたいですよー。ロリマン濡らしておねだりかわいいですねー。


 私はぁおバカアイドルの凪沙みかんっていいまーす!おバカすぎて、ユニットごと枕営業当たり前に裏アイドルに落としちゃいました。ごめんね、いちごちゃん!


 それにぃ、私、本当にガキだったと思います。芸能界とかアイドルのキラキラしたイメージだけで飛び込んでいって、シンデレラにでもなれるつもりだったんです。おバカでしょ?でも、大人になって分かっちゃったんです。アイドルって権力者とかお金持ちの皆様の慰み者の別名だって。


 ううん、別に後悔とかしてるわけじゃないんです。だって大好きなプロデューサーさんに出会えたから。これからは『アイドル』らしく表でキラキラしたイメージでブランド価値を上げつつ、夜はこっちのスペシャルゲストの皆様のおちんぽの恋人として楽しめたらいいなって思ってまーす。


 もちろん、大人のくせにそんなこともわからない岩亀プロデューサーって人もいるけど。彼は彼で私達のブランド価値を高めるために頑張ってくれたらいいかなって思います。時々は手コキくらいはご褒美でしてあげてもいいかな。でも、もちろんオマンコはプロデューサーさんとここにいらっしゃるゲストの皆さんだけですよ。私たちの深いところに皆様のお金と権力を注ぎ込んで宣伝して売っていっちゃう、それが私達アイドルユニット『ふるーつじゅーす』なんだから!


 じゃぁ、今日の新曲『ドキ☆ドキオマンコABC』行きまーす」


 二人がポーズをとって声をそろえる。オレが裏営業用に考えたキャッチコピーだ。

「「さぁ、私たちハメハメアイドル『ふるーつじゅーす』をた~ぷり絞ってくださいね」」


 大音量で曲がかかる。二人ともバイブ型マイクを構えて歌い始める。


『♪放課後、ふと目があったキミに恋をした』


 曲に合わせて二人が客席に向かってウィンクしながら投げキッスをして、客席を指差す。


『♪感じるかな?』


 さした指先を自分の胸に突き付けて、そのまま指先が下半身に降りて行って、それとともに強調するように二人で腰を前に突き出してがに股になる。マイクロミニのスカートが隠せるはずもなく、扇情的な黒のオープンショーツに彩られた少女たちの女性器が顕になる。そしてその淫らな部分の上部にある突起をリズムに乗せて人差し指でクリトリスをぐりぐりと押しつぶす。すでに歌の中につやっぽいものが混ざり始める。


『♪このピュアマンコからあふれる恋のラブジュース』


 人差し指でピースを作って愛液を救い上げて踊りながら舞台上にまき散らす。痙攣するように腰がうねり、普通のダンスではありえない淫靡な雰囲気を作り出していく。


『♪好きになっちゃたら止まらない』


 みかんが大きくがに股でマンコを広げるとその場所を強調するようにその陰部の上でいちごが歌っていたバイブの形をしたマイクをグリグリっと突っ込んでいく。すでに十分すぎるほどに濡れているらしいその場所はリズムに合わせて挿入されていくそのバイブをくわえ込んでいく。バイブの中のマイクギュチュチュチュっとまるで彼女たちの改造された持ち歌を更に淫猥に飾り立てようとデモするかのように双乳音を拾う。


『♪あっ…甘酸っぱい青春を捧げてくっ』


 少しずつ嬌声が歌に交じり合いながら、そのまま全身を震わせながら曲の合間に二人がキスしていく。あやしくピンク色の舌が絡まりあい、唾液がお互いの唇の間で糸を引く。下半身の方では今度は逆にみかんがいちごのマンコにバイブ型のマイクを挿入していく。


『♪溶っけちゃう前にぃ食べられたくて』


 膝立ちで性器を強調するように腰を突き出し、二人同時にスカートをつまみ上げ、カクカクと腰を振って店る。二人のアイドルマンコがスカートという覆いをはずされズッポリとシリコンの張り型をくわえ込んでオープンショーツの隙間からスポンサーの前に見せつけられる。


『♪エッチな言葉をささやいたよ


そしてそのまま、誘うような投げキッスを送り、


『♪さぁ、』


膝立ちの態勢から一気に後ろを向いてお尻を突き出す。


『エロ↑エロ↓ベッド上のラブのABCが始まるよ!』


 エロ↑エロ↓の言葉に合わせて腰をカクカクさせつつ、ラブの言葉とともに大きく腰をグラインドさせていく。そして二人は太もものローターのスイッチを入れる。先ほどのバイブ挿入で奥深くに押し込まれたローターがヴヴヴっと音を立てて振動し始める。その音をマイクが拾う。彼女たちの声が聴こえるはずもなく、ただローターの音が拾われ、カバーされるべく予め録音された歌が流されている。もちろん口パクはしているが、すでに快感にとろけかけている彼女たちの口パクは全く合っていない。そして客の方も、別に曲を楽しみに来ている客はいないのでどうでもいい。


『♪こんなにビッチな私の子宮を受け止めて!』


 そう叫んで二人が足を大きく開いて腰を高く上げた態勢でうつぶせになる。高く掲げられた彼女たちの陰部にはピンク色の男性器を模したバイブが深々と刺さり、悶える様に彼女たちの腰がかすかに揺れている。もちろんわざとスカートはまくり上げられていてそこには『ロリビッチ系アイド』『おバカビッチ系アイドル』とラベルされている。なにより、二人ともバイブの下に両手を組み合わせてハートマークを作っている。いまにも犯してほしいという感じがびんびんに伝わってくる絵面だ。だが、これで終わりではない。


「んんん、ひゃぁぁんん、ライブいいのぉぉ」


 二人は喘ぎながら、締めていた膣圧を徐々に緩めていく。ゴトンっとみかんのバイブが地面に落ち、続いて残りの二人の張型もボトンボトンと壇上におち、ぽっかりとあいたピンク色の肉穴がライトアップされる。


「肉便器アイドルのぉ、芸は、どうでしたかぁ?おチンポ元気になりましたかぁ?んはぁぁんん。じゃぁ、今からたーっぷり壇上に上がってきてオマンコしてくださーい」

リーダーのみかんが音頭を取って、それから残りの二人が声を合わせて宣言する。


 「「私達『ふるーつじゅーす』のオマンコはぁ、皆様のおチンポに服従中でーす!ヤりたくなったらいつでもアイドルマンコをパコパコしちゃってね♡私達、ハメドルですぅ!」」」

スタッフが壇上に上がれるように階段を設置する。いきり立った男たちが突進する。突進していない連中はすでにウェイトレスの学園生たちをハメている。


「さぁ、まずはオチンポ様にコンドームつけて差し上げますよぉ」


 はむっと、コンドームを口に加えると、すでにいきり立った男根にまるでフェラでもするかのように加えたコンドームを器用に口だけでかぶせていく。


「ふふ、あたしたちのプロデューサーとはちがって、男らしいおチンポ様ぁ。早くあたしのぷにマンコをズンッズンッってついてぇ」


 みかんの隣でいちごも同様に口でコンドームを付けている。大きな男性器がいちごの口に入ると強気ないちごの整った顔が無様にちんぽの形に変形する。


 そしてゴムを付け終わった男たちがみかんといちごの背後に立つと、淫らな衣装によって彩られた知り肉を掴んで一気に突き上げる。


「ひゃぁぁあぁんん、パパのと全然違うぅぅ…・あぁぁんん…」


 初めにハメられたのはいちごだった。しかもいきなり二本差しだ。中年男二人に体をまさぐられながら持ち上げられるような形でハメられている。むしろ背の低いいちごでは地面に足が届かない。それをあざ笑うように男たちが前後から突き上げて、挟むようにいちごを持ち上げる。いちごが男にしがみつくようにして腰を振る。早速後ろから攻める男がブラを押し上げてその小さな胸をいじりながら小さな体の彼女をもてあそぶように上下にゆすっている。


「ひゃぁぁぁぁん、深い深いぃぃ深いぃのぉぉお!お、おなかの中でェゴリゴリってこすってるのぉぉぉぉ、ダメなの、ひゃぁぁぁぁぁンン、あたしダメになっちゃのぉぉぉ!」


「いちごちゃん、パパとキスしようよ」


 前から攻めている男がいちごの顔にうねうねと舌を出しながら顔を寄せる。汚く下品なその行為も彼女は喜々として自らのかわいらしいいちご色の舌を突き出すようにして答える。よく見れば彼女の下腹は巨大な男のものを受け入れているせいでかすかにポッコリその部分が膨れてすらいる。


「んはぁぁんん…あむ、ひゃぁぁんん・・・ちゅぷんん、むんん、はぁぁんんんん…あたしのぉ、お腹におじさんたちのかったーいおチンポがぁぁぁぁんん・・・ず、ズーッポリはまってるのぉ…んん」


 目の前の中年男と濃厚な雌雄の交わりを交わしていくいちご。反対側の男がキスをねだると、そっちのほうを向いて言われるがままにすでに男のよだれだらけの顔で嬉々として舌を突き出すいちご。今度は前の男がいちごの小さくて白い耳を甘噛みする。


「んんむむむ、ひゃぁぁん、むむ…ちゅぱちゅっぷっつ…んはぁぁぁ、キスするとぉ気持ちいいよぉ、あぁん・・・あん…あん、、、、ん」


 そうしている間も止まることなく、前後からの突き上げが容赦なく彼女を責め立てる。体を痙攣させながら絶頂をむさぼり、そしてついに前の男が白濁液を彼女の未成熟な小さな体に吐き出す。


 さらに両側から脇をペロペロと舐められ、まな板の上の乳首をつままれ、そして叫ぶ。


「あぁぁぁぁっっっんんんん、あたしぃぃぃ、イッちゃうゥゥゥ」


 呼応して体を震わせながら、男のものを欲望を受け入れるいちご。もちろんコンドームに覆われているので男の白濁液がそのままいちごの子宮に注がれているわけではない。


 しかし、男がぬっぽり抜いた後には丸く男の形に変形したマンコが現れる。絶頂して敏感なままの彼女の体を省みることなく、ポッカリと空いたその物欲しげな肉穴に次の男が一物を突き立てる。体が地面につくことなく、まるでリレーのバトンのようにいちごの体が男たちの間でサンドイッチされながらまわされていく。前後から常に欲情を突き立てられながらも、必死で媚びた笑みを浮かべて笑いかけるいちご。


 彼女に言葉を発する余裕はない。彼女の口からは絶えず艶っぽい嬌声がもれ、男たちの胸板に顔をうずめ、その小さい足で男の腰にコアラのようにしがみつき続ける。


 いつの間にか彼女のジャケットははがされ、上半身にはずらされてひものように微乳の上に引っかかっている黒い下着だけしかない。そこに使用済みコンドームがひっかけられてぶら下げられている。


 あまりの連続絶頂にすぐにいちごはまともな声すら発せられなくなる。


 かろうじて言葉を発せているのはリーダーのみかんだけだ。


「ひゃぁぁんん、おチンポ様たーくさん、ありがとうございましゅぅ!…んはぁぁんん、ご、ゴムつけてあげるよー」


 はむっと、加えたゴムを手際よく口でつけていく。その間も下半身の方は止まらず、赤と白のチェックのスカートをひらひらさせながら先ほどのダンスで披露した腰使いでジュッポジュッポとみだらな音を立てながら激しく男のものを絞り上げていく。


「ぷはぁぁ、が、我慢するのはいいけどぉ…ひゃぁぁんん…、出すときはぁ、はぁん…中で出したほうがぁ、お得だよー」


 ゴムを口でつけただけで達してしまった男にみかんがアドバイスする。そしてそのまま手でしごくように手で勃起を優しく回復させてやり、また別のコンドームをつけてやると、


「んはぁ、私たちのぉ、んんはぁ…プロデューサーの名前がね、岩亀征夫っていうんだけど、私はぁこっちの亀ちゃんのほうがいいなー…あぁぁんん。


 もっと突き上げちゃってぇ、私も腰振るから…ひゃぁぁんんん…イイのぉ、イイのぉ!激しくしてぇ!」


 すでに彼女のスカートのベルトにぶら下げられた使用済みコンドームの数は二けたを超え、彼女自身汗とザーメンと愛液まみれになりながら男たちと交わっている。そして時折コンドームに吐き出された男たちの下卑た欲望汁をその十代の元気な顔でジュルジュル下品な音を立てながらさもおいしそうに飲み込んでいく。彼女自身が言うように、その様はまさにアホビッチアイドルだった。いまだに元気に男たちのものを加えこみ、奉仕し、笑顔でサービスしている。性的なものへの嫌悪感はなく、ただいたすら快楽をむさぼりあっている。


 終わらない夜の宴はまだ始まったばかりだ。


 祝!100ダウンロード突破っといいつつも、実は少し自信ないです。
 というのも私は昨日日本を発って、今は多分まだ飛行機の中な気がします。ちなみに東南アジアの某空港で8時間位の乗り換え待ちの時間があるので、その時にチェックできているかもしれませんが…。

 というわけで、すこし自身がないのですが。一応予約投稿で準備しておきました。ちなみに来週末の金曜日の150ダウンロード突破記念も念の為に予約投稿が設定されてたりはしますが、流石にそれまでにはチェックできる…はず。

 そういうわけで好評発売中の『アイドルとか、婦警さんとか、バスケ部のキャプテンが四十路おじさんたちにハメハメ☆パコパコされちゃう話』のダウンロードは下記からお願いします。
DMM(キャンペーン期間中により20%OFF
DL.site.comアイドルとか、婦警さんとか、バスケ部のキャプテンとかが四十路おじさん達にハメハメパコパコされる話





 そして毎回恒例のダウンロード数に応じたキャンペーンは下記の感じです。
 100ダウンロード突破!:「大人の」アイドル編エピローグ前半公開←今ココ!
 150ダウンロード突破!!:「大人の」アイドル編エピローグ後半公開
 200ダウンロード突破!!!:一周年記念の特別次回作を即時繰り上げ公開
 250ダウンロード突破!!!!:以降のダウンロードの収益は全て次回作の挿絵に回します。(8月いっぱい)

 それではアイドル編エピローグ前半をお楽しみください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エピローグ:淫乱!裏ライブ!


[凪沙みかん]


 ドキドキしてる。ライブの前だからなのか、さっき蝶野様にハメていただいたばかりでまだ興奮が冷めやらないからかはわからない。でも、まだ心臓がドキドキ高鳴っている。あの後、すぐに下着を履いてスタイリストさんを呼んで衣装を直した。


 たぶん外から見たらわからないと思う。例えば、こうして開場前にきているお客さんに向けて手を振りながら、笑顔を振りまきながら、ショーツが子宮から垂れてきた蝶野様のザーメンで濡れているとか。こうして手を振っている手袋にかすかに残るシミがザーメンだとか。ファンのみんなを裏切るようなことをしているのに、それに感じちゃっている自分がいるとか。


 そして何よりファンのみんなの前にいるのに、蝶野様に言われるがままに着けたままのローター。小さなピンク色のものが私のオマンコに今も入っている。バイブみたいに動けなくなるようなはげしさはない。けど、まるで私の体が蝶野様のものだって強調するようにかすかに音を立てながら震え続けている。


 だから、緊張して赤くなっているように見える私の顔は実際は興奮のせいで。背徳感と羞恥心の入り混じった気持ちのせいで全然、これから始まるライブに緊張なんかしていない。かすかに指先から漂う気がする蝶野さんのザーメンの匂いに鼻をヒクヒクさせながら、このライブの後にあるスポンサー様へのシークレットライブに胸をふくらませてしまっている。まるでこれから行われる私達のライブがどうでもいいかのように。裏ライブの価値を上げるためのスパイスでしかないように。


 こんなはずじゃなかったはずなのに、いつの間にか私は裏切ることに慣れてしまっていて。いつの間にか裏切ることが快感で。そしていつの間にか私はハメドルになっちゃっていた。



[岩亀征夫]


「ファンのみんさーん、こんばんわー!今日は私たちのライブに来てくれて本当にありがとうございまーす!こんな広い会場初めてなのでちょっと緊張しちゃってるよー!」


 ステージの上でみかんちゃんが大きな声で元気いっぱい挨拶している。一体どんな気持ちで彼女はああしてステージに立っているのだろうか。前は私も彼女たちが純粋に歌って踊って元気を分けてくれているのだと信じていたが、この一周間を経てもう信じられなくなりつつある。あのステージ上の笑顔の陰でいったいどんな卑猥なことを蝶野とやっているというのだろうか。


 手元にあるスマフォの画面にはアダルトサイトが表示されている。彼女たちのプロデュースを始めて以来しっこいほどに勧誘メールを送ってきていたあの会員制アダルトサイトだ。そこではいま、まさにライブの生中継が表示されている。ただ、表示されているとはいっても、カメラはどうやらステージ上に上向きで置かれているらしい。ほとんど『ふるーつじゅーす』の二人の顔は見えない。代わりに彼女たちがステージ上でアクティブの歌って踊っていると時たまスカートの中が見えるのだ。しかもわざわざ上向きのスポットライトがカメラとともに埋め込まれているらしく鮮明に見える。


 そしてカメラに映し出される彼女たちのショーツには真っ赤な太字で下から見える様に文字が書かれている。


『スポンサー様売約済みアイドル!

シークレットライブでオマンコできます♪』


 そしてその画面恥にはシークレットライブまであと5時間とカウントダウンされている。5時間ということは、ほぼライブが終わって一時間後だ。ちょうどその時間には私の打ち上げが企画されていたはずだった。だが、彼女たちはきっと来ないのだろう。悲しさと寂しさの中で私のすべてを捧げたアイドルたちがそこでどんな目にあってしまうのかを想像して私はなぜか勃起してしまっていた。


「じゃー、今日初披露の新曲『ドキ☆ドキ恋のABC』いっきまーす!」


 そういって私の作ったライブのプログラム通りに彼女たちが歌っていく。



♪放課後、ふと目があったキミに恋をした

聞こえるかな?

このピュアハートからあふれる恋の鼓動

好きになっちゃったら止まらない

甘酸っぱい青春が焦げていく

溶けちゃう前にキミに食べて欲しくて

魔法のコトバをキミにささやいたよ

さぁ、

ドキ↑ドキ↓ 放課後あとの恋のABCが始まるよ!

こんなにも愛しい私のハートを受け止めて!♪



 私が彼女たちの清純なイメージを入れようと何度も作詞家と会いながら決めた歌詞だ。それを彼女たちはかわいらしく踊りながら表現していく。私の期待した通りの振り付けで。このライブのすべてがうまくいっているのになぜか全くうれしくない。何か、もう私は彼女たちの笑顔が信じられなくなりつつあった。



 ライブが終わる。その一時間後、結局二人ともどこかに行ったっきり戻ってはこなかった。誰もいない事務所のデスクチェアに腰かけて、私はパソコンで例のサイトにアクセスする。


 するとどこかのパーティー会場らしき場所が映し出される。すでにある程度客は来ているのだろうが、カメラに彼らの姿は映らないように配置されているらしい。照明は薄暗くあたりはうかがえない。


 突然舞台の上がライトアップされる。そこに立っているのは見覚えのあるクソ兄貴だった。グロテスクな肥満体をライトにさらし、奇怪なほど巨大な一物をリクルートスーツの若い女性にかしずくようになめさせている。しかも、左右には学園生と見える制服姿の若い女子二人を侍らせている。


 その姿を見た瞬間私の中で何かがつながった。すべてはあの鬼畜兄貴の陰謀だったのだ。


「悪の秘密結社ジョーカーのサポーターの紳士の皆さん、今日は来てくれてありがとう。俺はジョーカーのこの街の支部長、塩豚太っていうんだ、うぇっへっへっへ」


 贅肉ののった腹を揺らしながら気持ち悪い笑い声を漏らす。


「まず、スペシャルゲストの皆さんはね、飲み食いし放題だよ。ウェイトレスの女の子のブラウスに今日のメニューがプリントされてるからね、呼び止めてみてあげるといいよ、イひひひ」


 そういいながら隣に侍っていた眼鏡姿の女の子の胸をわしわしもむ。カメラの位置からでは見えないが、何か細かい字が胸のあたりに書かれているようだ。


「それから、フードはテイクアウトできないけどね、ウェイトレスの女の子はテイクアウトできるから。ちなみにウェイトレスの女の子達は全員性化学園の現役学園生だからね。テイクアウトの方法は簡単、スカートをめくるじゃん?そしたら女の子の右太ももに名前とQRコードがはってあるからね、スマホのアプリで読み込んでくれたら女の子のスリーサイズから性感帯まで全部丸見えになっちゃう説明ページが有って予約状況までわかっちゃうから、試してみてね、ぐふふ」


 そういいながら隣の少女のスカートをめくって見せる。確かに、太ももには『一条亜矢子』という名前とQRコードがちらっと見えた。


「それから、秘密結社ジョーカーはこの街の支配をより盤石にすべく頑張っているから支援よろしくね。次の市会議員選挙ではジョーカー公認のオマンコ議員で過半数狙っちゃうよ、うひっ。表でフェミニズム促進、裏で絶対服従超楽しいじゃん。


 あとねぇ…」


 クズ兄貴がにやりと笑う。私は無意識に嫌な気がしておぞけを感じる。


「これから、『ふるーつじゅーす』のシークレットライブなんだけどさ。彼女たちをプロデュースした俺の弟の岩亀征夫に拍手してあげてよ。何も知らずに便所アイドルを頑張ってプロデュースしてくれてるからね、うへへへ」


 その瞬間にこみ上げるものを感じて私はトイレにダッシュする。スマホがクズ兄貴の顔を映している。


 やはり、クズ兄貴は最低だ。はじめっから私を苦しめる目的ですべて仕組んでいたのだ。私に好きなアイドルを選ばせ、一流企業をやめさせ、すべて捧げさせて、そして奪った。あの人間のクズはそんなことをたくらんでいて、そしてまんまとやりおおせたのだ。しかも本来だったら私が自分の成果に酔いしれている彼女たちのメジャーデビュー後初のライブという状況で。


 トイレの中で必死になって私は110番する。これは明確な犯罪行為だ。けれども、つながった先から聞こえてきたのは録音らしいくぐもった聞きなれた声だった。


「岩亀クン、通報なんかしちゃダメだよ。パソコンで私たちの演技見てほしいな♪そしたらまた岩亀クンのちっちゃいおちんちんぴゅぴゅってしてあげるからね」


 壁一枚を隔てて、事務机のうえのパソコンからトイレの中まで静かなオフィスに響き渡っている声が聞こえている。ほとんど、私を絶望させるために。



[蝶野静史]

 ステージの照明が堕ちて、塩豚のおっさんが舞台からさる。どうせあのまま皐月空とかいう記者としけ込むか、最近はまっているらしい次の獲物で遊ぶんだろう。あのおっさんは独占欲強すぎっからな。どんなにブランド化してもアイドルとか興味ないんだろう。


 ステージが整えられて再び照明がつく。照らし出されるステージセットは今日のライブのミニチュアという感じだ。

そして今日のステージ衣装をイメージしたユニフォームの三人が現れる。といってもあくまでもイメージしたという程度のもので本質は全然違う。


 ショーツがぎりぎり隠れる程度のスカート丈、ブラウスは薄くてすけすけで、その下に黒い下着を着ているのが丸見えだ。そしてその上から赤と白のステージ衣装のジャケットを羽織っている。


「スポンサー様のみなさま、こんばんわー!今日は私たちのパコハメライブに来てくれて本当にありがとー!こんな沢山の男の人に囲まれてすっごい興奮しちゃってるよー!」


 ピンクバイブ型のマイクに向かってみかんがMCを務めながらピラリとスカートをめくって見せる。すると黒いオープンショーツ越しにピンク色の剃毛済みのマン肉が客の前にさらされ、さらにそこには何かおもちゃが刺さっているらしくコードが太ももに巻きつけられたコントローラーらしきものに向かって伸びている。


「あ、そうだ!今日のイベントは蝶野様の経営するバタフライコンドームの提供でおおくりしまーす!だから、私たちとハメハメするときはこの極薄コンドームしないとだめだよ!ちなみにウェイトレスの女の子たちは生中だしおっけーだからどんどんハメハメしちゃってね。


 じゃー初ライブのコメントをいちごちゃん、どーぞ!」


 いちごが逆に体をそらせて、マンコを前に突き出すようなセクシーポーズでしゃべる。黒いセクシーオープンショーツがまるみえだが、さらにその上マイクを持っていないほうの指でマンコを開いて見せる。


「スポンサー様、ロリビッチ系アイドルの赤井いちご!普段ファンの前ではドSだけど、スポンサーのおチンポの前では即落ちしちゃうドM奴隷なの。見えるかしら、もう濡れ濡れに興奮したあたしのオ・マ・ン・コ。ライブの間中皆様に犯されることだけ考えてやばいぐらい興奮しちゃったんだから。


 だからみんなぁ、今日はアタシのロリマンに赤ちゃんのもとぴゅっぴゅってしてロリキツマン体験してね!」

 わざとらしくいつものピースを決めるいちご。



このページのトップヘ