ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:備忘録

 NTR作品紹介 年をまたいでやっと出来ました。結構気になっていたんですよね。
 ただ、忙しくて。現在『四十路おじさんたちが正義のヒロインをパコパコする話』の製品版の最終校正をおこなっていたり、仕事で来月から長期海外出張が決定したり。なかなか余裕のない日々が続いています。

 まぁ、そんなことよりNTRですよ!NTR!寝とったり、寝取られたり、感情移入する先は人によって千差万別あると思うんですが、自分のものだと思っていた相手が奪われる、青天の霹靂ですよね。私たちは日々厳しい日常の中で今あるものを維持しようと頑張っているわけですが、時にはもう全て奪われてもいいんじゃないか、とか、守れるはずがないんだ、とか絶望に浸りたくなる時もあると思います。そう言った自信の無さや絶望感がきっとこのNTR業界を支えているのだと密かに思っていたりいなかったり。

 っとまぁ、前置きはここまでで本題。 まず、自分の一番お勧めのサークル様『人生通行止め』様の作品を何点か。 まず最新作の『ホントノキモチ』 ホントノキモチ
最後のオチの部分のインパクトがサイッコーにエロいです。また、ヒロインに下着を選ばせるとかそういう鬼畜な
アイディアはこの作品の影響を受けていたりします。 同じく『人生通行止め』様の作品『ヒダマリノキオク』
ヒダマリノキオク
ヒロインが鬼畜方向にどんどん落ちていくのがたまらないです。それからタトゥーっていいなと思わせられた作品。1月現在セールで半額になってコインだけで変えますし、まだ試していない人はいかがでしょうか?

 『キミノオモイ』
 キミノオモイ
くどいようですが個々の作品の良さは寝取られたヒロインが徐々に寝取り男の色に染まっていくところです。服装のセンス、タトゥー、そして日サロまで。その過程を非常に緻密に描かれているのでとても尊敬できるサークル様です。

 それからPin-Pointの作品もどストライクなものが多いです。有名な作品が多いので知っている方も多いかもしれませんが、 『ケダモノたちの住む家で』 ケダモノ(家族)たちの住む家で~大嫌いな最低家族と彼女との寝取られ同居生活~
彼氏の見えない場所でスカートをめくらせる寝取り男や、同じ食卓を囲みながら愛撫など。背徳感満載です。徐々に主人公(寝取られ男)の居場所が家の中になくなっていき、救いであったヒロインも主人公の救いではなくなってしまう。いろいろ斬新なプレイを参考にさせていただいた作品です。今でも時々引っ張りだしてはシコシコおかずにさせてもらっています。

 『陰湿オタクにいかれる妹(彼女)』 陰湿オタクにイカれる妹(彼女)~大事なあの子が寝取られて~
少し古いですが寝取り男たちを彼との愛の巣に招き入れてケツ振りダンスを命じられるがままにするというシュチュエーションは私にかなりの衝撃を与えました。ひょっとするとこの作品が私のNTR属性の最初の作品だったのかもしれません。

 フルプライスの作品を1点 『彼女が見舞いに来ない理由』

 彼女が見舞いに来ない理由
これも少し古い作品です。NTRは単純にヒロインだけでなく寝取り男、寝取られ男の室が問われるという点で他のエロとはベクトルが逆なので面白いジャンルだといえると思います。つまり、普通の抜きゲーの場合は複数のヒロインがいてヒロインごとにエンディングが分かれているのですが、NTRゲーの場合はヒロインの数は相対的にすくなく、むしろ寝取り男の数だけエンディングがあります。一人のヒロインが色んな角度から堕ちていくというのはAVGの本質である選択肢によって運命が変わるというシステムを最大限生かしているとも思えます。

ちょっと無駄なことをかいてしまってすみません。
あと、今回少ししか紹介できなくてすみません。上司が呼んでいるんです(電話ガン無視中)。それでは今週の更新の時にまた会いましょう。

ブログランキングに徒然なるままに参加してみました。小説が十分にエロくておかずになった方はクリックしてください。有意なデータとして今後の創作活動に生かさせてもらいます。↓

どうも、昨日出張から帰国しました。出張中はずっとホテルも相部屋でエロ小説を書くどころかオナニーもままならないところでオジサン参っちゃったよ(笑)

 そういうわけで夜10時ぐらいに帰宅してエロいもの焦ってたら前からマークしていた作品がかなりエロかったので忘れないうちにメモしておきます。
  おかげで今日の出社は完全に寝不足でしたよ。一週間近くオナ禁していたってのもありますが『搾り取られた』感はありました。廉価なCG集でこれはヤヴァイ。

ぼくのおさななじみのCG集

いくつかのシチュエーションは特にツボで次回作で使おうと思っていたのと丸かぶりのものもあり、しかもCG集なのに文章もかなり気を使っている感ありました。例えば、
『よーしよしよし。
まだステイだからな。
我慢しろよ裕子~』

『はぁっ、はぁっ、はぁっ、はぁっ』
『…うっは。
こいつマジで待てしてますよ。
三橋さん、どんだけこいつしこんだんスカ』

三橋はこの場にいて、この光景を見ている。
裕子が誰か他の男のチンコをしゃぶるのを、眺めて…いるのか?
そして厳密には裕子はまだ男のチンポをしゃぶってはいなかった。
両手に持ったチンポを目の前に、大きく口を開けたまま、目の前の男の、おそらく顔の方を見上げている。
…開いた口元からはよだれを垂らしながらそうしている裕子はまるで、『おあずけ』をされた犬みたいで…
ニヤけた三橋の声が聞こえてくる。
『…よ~し、そろそろいくぞ~裕子~…。
――まてまてまてまて……GO!』

『……!』
『はむっ……!
んっ、じゅるるっ、んむっ、ちゅぶっ、ちゅれろっ……!』

三橋の合図と同時、裕子が目の前のチンポにしゃぶりついた。
両手で握ったチンポに舌をすべらせつつ、掌で竿をしごき、なでつける。
時にはタマまでやわやわともみながら、切なげな吐息を漏らして目の前のチンポを丹念に舐め上げていく。
『あ、…ああっ……あああ……』
おあづけけ『みたい』じゃない。
裕子はいま、本当におあずけをさせられていたんだ。

『ぼくのおさななじみCG集』2015年12月15日ダウンロード版JPEG画像.解像度1024_768.
bokuno_1024_05_06~bokuno_1024_05_08

 ここまででCGたった2枚半ですよ。引用の文章だけでも私の息子が暴れかけています。それにCGも美麗で差分も多く。申し分のない作品だと思います。私自身この表現力は学ばなければいイケない部分が多々あると痛感させられましたw

 問題点を敢えて言おうとするなら、主人公の視点で進めることで寝取られを強調しているものの、肝心の主人公のヒロインに対する執着があんまり感じられなかったのと、堕ちる過程のシーンがもう少し有ってヒロインがどんなふうに調教されていったのかいろいろ見せられたらよかったように思います。調教シーンでもヒロインは既にかなり従順になっていますし。まぁ、私は墜ちた後重視派なので十分に楽しめました。上の引用シーンからかなりねちっこい堕ちたヒロインが輪姦されるシーンが始まります。

ではでは、そんなんで、明後日の更新でお会いできると嬉しいです。

皆さんこんにちは。
たまたま時間ができたので備忘録代わりに少し書いてみようかなと思いました。本当は昨日火曜日に当行の準備を指定たのですが初めてのHTMLタグで随分手間取ってしまいましたw

次回作の3大要素は『MC』『ヒロピン』『NTR』です。それぞれ私個人的にも思い入れがあるジャンルなので、自分のエロ人生を注ぎ込んでいければと思っています。

あんまり自分の過去にプレイしたゲームとかって見なおすことはないんですが、この機会にいろいろアイディアを得られないかとパソコンやら記憶の奥のほうを漁っていた今日このごろ。そういうわけで過去にプレイしてエロくて私に、あるいは作品自体に強く影響を与えてくれた作品たちを備忘録代わりにまとめることを思いついたのです。


今回は『MC(Mind Controle)』でまとめていこうかなっと思います。よるのおかず探しにどうぞ。
MCとは早い話、催眠とか洗脳でヒロインを思い通りにしたいというジャンルです。私たちの社会の基盤をなす『自由意志』を奪い去って冒涜することによって背徳的快感に溺れるという禁断のジャンルだと私は理解しています。


MCは私にとってかなり昔からツボだったジャンルです。私が最初に買ったエロゲとして記憶に残っているのがこちら、『操心術2』。『操心術』シリーズの中で多分一番MCとしてツボをついていると思います。 操心術2plus
絵のタッチに多少癖がありますがMCとして最高レベルに多様なシチュエーションがあるのは確かです。例えば弁護士のヒロインが六法全書をエロいものだと思い込まされてオナニーしながら刑法の条文を読むのとかヤヴァイエロかったです。

催眠学園DVD with 催眠術
 こちらは私の買ったエロゲ2作目です。塗やキャラデザはどちらかと言えばこちらが私の好みです。この作品の『村越』という鬼畜主人公は最高です。それ以来私が妄想するときの主人公のモデルとなりました。もちろん、小説の中に出てくる『塩豚太』もかなり影響を受けています。ちなみに学園まるごと催眠系はいろいろでていますがやはりこれにまさるのはないかなっと思います。あとは家を則って娘と奥さんに旦那さんを罵倒させながら奉仕させてその姿を旦那さんに撮らせるとか、許婚を奪った上で結婚させてベッドの隣で本来の旦那さんにオナニーさせるとか。今思うといろいろ原点ですね。改めて見返すと若干絵柄が古いですが…。
 どうでもいいですが一つだけあるトルゥーエンドでエロを期待していたのにとんだ純愛を見せつけられて勃起したまま感動して泣いてしまってどうしようもなくなったのはいい思い出。

裏・催眠術2
村越でいえばこれもツボでした。『催眠術2』のファンディスクのような位置づけですが村越が主人公ではない『催眠術2』よりも村越が主人公のルートが用意されているこっちのほうがツボでした。特に催眠をかけた状態でヒロインがあがく姿を見て楽しむというサイコな喜びを教えてくれた最高にファンキーな作品。

擬態催眠 こちらも同じく村越の出演作品。触手にはさほどの思い入れはないものの寝取りと催眠を取り入れて陰湿に攻めまくる姿は催眠エロのまさしく巨塔だと思います。                   

催眠術Re 村越の最新作。個人的には最近ありがちなシュチュエーションに頼りすぎてて変態的なシチュエーションが不足しているなと思う今日このごろですが、この最新作は絵柄が良かったです。あと、真面目な先生が突然SMの女王様になると宣言して教室でプレイ開始というのはなかなかに面白い発想だと思いました。でも、この体育教師の話をもっと掘り下げておもちゃにして欲しかった…。サバサバした男まさり系のヒロインと村越のからみがもっとあればいいのにと思います。(まぁ、完全に個人の趣味ですが....

監獄戦艦~非道の洗脳改造航海~  すこし毛色がかわって有名な『監獄戦艦』シリーズ。ヒロピンでもあるんですが、どちらかと言えば催眠よりなので。シリーズの中でも第一作が至高だと思います。現在連載中の小説も影響受けているのですが、昼は通常のきついキャラで夜は洗脳モードのエロエロというギャップは一口でまさに二度おいしいエロの相乗効果を生み出しています。
 それから最後にヒロインの人格をデバイスの中に詰め込んで物理的に切り離してしまうというアイディアも天才的だと思います。ただ、せっかくのシステムなのですからたまには元の人格に戻して弄ぶというような使い方があってもいいな~と思います。
 Black Lilithのエロゲはどれもツボは抑えているんですが、堕ちた後が大好きな自分的には少し物足りない感はあります。落ちて終わりみたいなかんじがありますから。

女捜査官催眠調教 痴女に変えられた私

こちらは小説です。婦警さんってエロいなって思い始めた作品。いろいろ読んでいた割にはエロ小説でツボってるのってどちらかと言えばヒロインピンチが多いんですね。書籍のサイトを覗きながらどれもこれも読んだことがあるんですがそこまで私のツボにはまらないんですよね。

小説に関連して、言わずと知れた超大御所の催眠小説のサイト。もし今まで覗いたことがなかったとしたら人生の半分損しています。

E=MC2

また時間があればこういう風に今まで影響を受けたり小説の参考になっている作品をリスト化したいなと思います。うまくいけば来週、再来週は忙しくて無理だと思いますので。

このページのトップヘ