ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:不良

 そういえばコミックってブログで取り上げたことがなかった気がしましたので思いつくのをいくつか紹介させてもらいますね。
 まず『いまりあ』武田宏光先生の渾身の作で私が大三作にアイドルモノを入れるきっかけになった作品。彼女のアイドルが悪いプロデューサーさんと孤島で合宿してまんまと罠にかかってしまう話。同梱のほかストーリーも読み応えバッチリ。
いまりあ

1,188円

というか、人気すぎてフィギュアにまでなってたんですね。びっくりした
愛原ほなみ

12,688円

こちらも言わずと知れたNTR界の大先生、流れ一本先生の『僕の知らない彼女の淫貌』、体育会系の彼女が不良と大人たちの罠にハマってすっかりメスに目覚めてしまう話。前半と後半のギャップの表現が神がかっている。個人的には最初に庭でもうお腹いっぱいになるレベルで、むしろそのためだけに最近買い直した。
僕の知らない彼女の淫貌(カオ)

324円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「だ~か~ら~、コイツはもう彼氏じゃないんだってぇ」


 カオリ様が不服そうにおっしゃる。


「だって翔平先輩はカオリ先輩のことを便女って呼んでますよ。それにオレこの人の名前知らなっす」


「あちゃ~、カオリ間違っちゃったぁ。カオリはぁ翔平様の便女でしたぁ、キャハッ。全科目赤点取っちゃうオバカさんだからゆるしてほし~なぁ。


 じゃっ、ケイゴはそこに下半身出してそこに座って」


 そういってカオリ様がベッドの端を指差される。僕に拒否権はなかった、年下の少年の見ている前でオレはズボンとパンツを脱いだ。何より屈辱的なのは、そうして僕がズボンを自分でおろしている間、彼女は甲斐甲斐しく少年のベルトをカチャカチャ外し、スボンから男性器を引き出していたことだ。


 「ふふ、まだ何もしてないのに、カオリの格好だけで勃起しちゃった?」


カオリ様が軽蔑したような目で僕を見られる。


「え、マジっすか。それで勃起してるんすか」


 少年がわざとらしく言う。


「ほら、座りなさい」


カオリ様が左手にこの前の革性の黒いグローブをつけながら顎で指す。僕はとても見目な気持ちで、でも心の何処かでドキドキしながら言うとおりにする。


僕と少年の間にカオリ様が座られる。黒いグローブに覆われた左手がつんつんと僕のこかんのものをつつく。そして素手の右手が愛おしそげに優しく少年のペニスを握ってゆっくりと上下している。


「キャハッ、コーヘイ君の勃ってきた、勃ってきたぁ。カオリちょーうれしくてキュンキュンしちゃってるよぉ」


そう嬉しそうに僕には目もくれずに聞き慣れた声が聞き慣れない下品な言葉を吐き出し続ける。


「だって、カオリ先輩うまいんですもん。オレの気持ちいところ知ってるし」


「裏筋の上のところコリコリされるのが好きなんだよね」


まるで僕だけ蚊帳の外で二人がまるでカップルのように甘く卑猥な話をしあっている。


「さ、ケイゴ。みなさい!これが本当の男よ」


 数分してカオリ様が僕に呼びかける。彼女の指差す先には僕の倍以上あ理想なほど勃起した赤黒い男性器が指さされている。


「どう?これと比べてケイゴのはどうかしらね」


そうカオリ様が問いかける。僕は応えたくなかった。認めたくなかった。でもカオリ様の命令には応えなければならない。ほとんど悩む間もなく、僕の口は勝手に動いてしまっていた。この数週間、僕はカオリ様にそういう風に躾けられてしまっていたのだ。


「僕のは、ちいさいです…」


「そうよね、年上なのに体だけデカくておちんちんちっちゃいのがケイゴだもんね。


ってぇ、わけでぇケイゴのことは粗チン先輩って呼んであげてね、コーヘイ君!


 じゃぁじゃぁ、これから二人同時に手コキしま~す。そしてぇ最後までいかなかった方とカオリハメハメしちゃいま~す。


 コーヘイ君のぉ赤黒くて、ぶっといデカチンが勝つか、ケイゴの白くてまだ一度も女の子のオマンコを知らない惨めな粗チンが勝つか競争だよぉ」


そういってカオリ様が僕の粗末なものを握られる。


「コーヘイ君はぁ、進路どーすんの?」


そしてゆっくりと彼女の指が僕のものの上を優しく滑る。彼女は僕を見ていない、年下巨根の少年とだべっている。


「ああ、そこいいっす。


そうっすね、翔平先輩が推薦してくれるみたいなんでカオリ先輩と同じとこにしようかなっとか考えてます」


「へー、そうなんだ。ここ、がいいのよね?


 誰か後輩紹介しよっか?」


「えぇ、マジっすか。でもオレ先輩たちに開発済みのチームの女の子としかやったことないですし」


喋っている間に彼女の指の力が強まる。少年は平然と喋り続けているというのに僕はもう絶頂したくてたまらなかった。


「大丈夫大丈夫、カオリがぁい~っぱい練習させてあげるから。女の子の弱いところ全部教えてあげるから、コーヘイくんもマジメな女の子を調教してみたらいいって。マジメちゃんほど欲求不満なんだからぁ」


「ちょっ、それ先輩が言うと説得力ありすぎっすよ」


そう二人が喋っている瞬間、僕は我慢ができなくなって絶頂に達しようとした。だが、絶頂の快感の代わりにかすかな痛みを感じた。


「ほら、勝手にイッたらダメだって。もう私の部屋ケイゴのうっすいザーメンで汚さないでよね。さっさと、ティッシュ取っておちんちん覆いなさいよ」


そしてカオリ様は僕の尿道口を親指できつく抑えてイケないようにした上でティッシュを指し示す。


「それでそれでぇ、コーヘイ君はぁどんな子が好みなの?こんど風紀委員の集合写真用意するねぇ~


僕はその声を聞きながら自分で広げたティッシュの中にピュルピュルっと射精した。自分の奥底から湧き上がってくる快感。それをさまたげるように少年が言う。


「粗チン先輩、ほんとに早いっすね。オレなんかまだまだこれからっすよ」


まるで、誇示するように先程から更に一回り大きく膨れた男性器を誇示してみせる。そして一方カオリ様は左手のグローブを脱ぎ捨てる。


「じゃぁ、ジャマなのがイッちゃったからぁカオリ達は本番いこっか」


「そっすね。って、うぉ、もう先輩ヌレヌレじゃないっすか!」


年下の少年が当然のようにカオリ様のショーツの中に手を突っ込んでいた。


「だってぇ、カオリ早くハメてほしかったんだもん」


 二人の腕が交差してそれぞれ相手の性器を愛撫しあっている。カオリ様の腰が媚びるようにうねって少年の指の動きに合わせる。そしてごく自然に二人の唇が重なる。初めよりも更に激しくジュルルっルルルっと唾液を交換し合う。そしてカオリ様が少年を押し倒す。


一瞬だけカオリ様が少年の唇を離しておっしゃられる。


「ケイゴ、負け犬はさっさとベッドを降りて。私はこれからコーヘイくんとエッチするから。見ててもいいしオナってもいいけど、部屋は汚さないでね。使用済みティッシュはそこのコンビニ袋に入れてもって帰ってね」


ピューッと少年が口笛を吹く。


「カオリ先輩きっつー。そこら中でオレらザーメン出しまくりなのに」


「あぁんん、カオリのぉ部屋と体はチームのザーメン処理せんよーだからぁ、はぁん、みんなのザー汁はうれしいよ?でもケイゴはチームのメンバーじゃないしぃ、ゴミって感じ。じゃぁ、入れるね」


「おう!


オレラのチームの団結力パネェッス」


カオリ様が少年の腰をハートマークがプリントされたソックスで包まれた足で挟んで固定するとショーツを寄せて男のものに向けてポジショニングし、腰を下ろしながら答える。


「だってぇ、んん・・・相変わらず、太いねっ…チームはみんな穴兄弟でぇ、竿姉妹だから…はぁぁんん、ラブラブだよぉ」


「ん、熱いっす。それに相変わらずの締り、これを知らないなんて粗チン先輩可愛そっすね」


「・・・うむんんん、奥まで来たぁぁ!


はぁ、はぁっ、も、もうあんなののことはいいからぁカオリのこと見てよぉ」


 そう言ってカオリ様が少年の唇に再び覆いかぶさる。下半身の方もはだけたスカートから女性器が丸見えで彼女の腰がカクカク淫らに上下していた。


「んはぁぁっ、いい、いいよぉ…ンチュップチュルチュルッパ」


喘ぎ声を上げながら腰を振るカオリ様、ふと彼女は僕の不躾な視線に気がついたのか右手ではだけていたスカートを直し、腰を振りながらも僕が見えないようにスカートを片手で押さえた。


「チュパッ‥はぁんああぁん、コーヘイ君、もう、き、気持ちいいのぉ」


「んん、ああ、オレもだぁ。カオリ先輩がキュウキュウって締め付けてくるのを感じるっす」


ぐちゃぐちゃと卑猥な音だけが聞こえてくるそしてその音を聞きながら僕は再び絶頂してしまっていた。


「はぁんんん、、し、子宮口コツンコツンってされてぇ、カオリイッちゃうよぉぉぉ」


「俺もとりあえず一発出したいっす」


「キテっ、キテぇ、カオリに男らしー濃厚ザーメンぶちまけてぇぇ!!」


 そして二人は深く抱きしめあうと愛おしげに同時に体を震わせた。そのままベッドの上に繋がったまま横たわるカップル。本当はあそこに僕が…いや、それはたぶん無理なのだ僕は粗チンだから。


「ケイゴぉ、喉乾いたから台所言ってチューハイ取ってきて」


カオリ様が思い出したように声をかける。僕だってこの家の構造を知る程度には出入りしていた。だから冷蔵庫の場所もわかる。


「あ、オレの好きなピーチ味じゃん」


オレがもって上がった酒の缶を見て少年が言う。


「ふふ、コーヘイ君が好きだからぁ、カオリも大好きになっちゃったの」


ベッドで横になったまま僕の渡した缶を受け取るとかおりさまはプシュッとプルタブを開ける。そしてまるで激しい交わりで失った水分を取り戻すかのようにごくごく飲まれる。彼女の白い喉が上下する。


「カオリせんぱ~い、オレに分けてくださいよぉ」


そう言いながらワシャワシャカオリ様の胸を揉みしだく中学生。その少年に口移しで酒を飲ませるカオリ様。かつてはあんなにルールに厳しかったのに、今では喜々としてそれを破っている。そしてその口移しでのませるだけで終わるはずもなく、二人の舌が交わり合う。チューハイがこぼれて彼女のデザインした下品なTシャツに新しいピンク色の染みを加える。


「粗チン先輩、物欲しげにみてるっすよ」


唇を離して肩で息をしている彼女に少年が言う。


「童貞にお酒ははやいでしゅよ~」


バカにしたようにカオリ様が言う。僕は我慢できなくて言ってしまう。


「でも、未成年はだめだって」


呆れたようにため息を付いてカオリ様がおっしゃる。


「バカね。そんなのどうでもいいのよ。私が飲みたいんだから飲むのよ。ルールでがんじがらめになって生きててバカみたい。


あ、そんなことよりこっち来なさい」


そういってベッドに手招きされ、油性ペンをわたされる。


「ほら、シャツに書き加えて。『こーへい』って」


そしてTシャツにデザインされた陰茎に書かれている名前の一覧の末尾を指差す。すでに三つもこーへいと書かれているが、僕は彼女に服越しにでも触れることが嬉しくて微かに震える指で書いてしまった。


「ありがと。


でさでさぁ~コーヘイ君!次はどんな風にエッチする?ってか、今日まだ一度も口使ってないよね」


「ん~、そっすね。腹減ってきたから裸エプロンでなんか作ってくださいよ」


「じゃぁ、とびっきり甘い新妻プレイしよっ、あ・な・た」


 そういって二人は起き上がると台所へ向かった。


「私とコーヘイ君のエッチしたベッドの匂い嗅いでオナってもいいわよ。あ、でもちゃんとティッシュに出してね。飽きたら帰っていいから」


そうカオリ様は少年に体を絡ませながら階下へ降りていった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


次は2週間後ぐらいです

 寝取られマゾものいかがでしょうか。うまくかけているといいのですが‥。そもそも寝取られのジャンルのなかでも更にニッチな寝取られマゾですからね。ところでダウンロードが好調なので幾つか前から気になっていたのを使ってみました。

寝取られ幼馴染〜催眠肉棒中毒〜

1,123円

 丁寧に作られていて圧倒的なコストパフォーマンスでした。ネトラレしてんと寝取られる側視点を好きな時点で切り替えられるゲームシステムはまさに目からウロコでしたね。イラストも特に液体の描写がネットリしていて最高です。

寝取られ幼馴染〜春花と千夏〜

1,728円

 寝取られで妹で液体の描写が濃いののつながりではこっちはも最高でした。特に水色の髪のキャラが体育の教師にやられるのは本当に抜けました。強いオスに組み伏せられる的な描写は私の創作にかなりのインパクトを与えたと言っても過言ではありません。


 そう言い聞かせるようにカオリは俺に言った。そしてその金属製のものを取り上げると俺の勃起したその部分にはめようとする。だが、流石に勃起しているので俺のものはその中に収まらない。


「入らないね。じゃぁ、一回イッちゃおうっか?あ、そうだいいものがあるわ」


そういうなり、カオリは黒色のソックスを脱ぎ始める。


「男子はこういうの興奮するんでしょ?私聞いたよ」


一体誰から?でかかった言葉を俺は飲み込む脱ぎたてのソックスの足の裏の部分を俺の股間に巻きつけるようにする。ザラザラとした布地が刺激する。


「じゃぁ、今日は三こすり目まで頑張ってみよう?」


そう言ってゆっくりとソックス越しに俺の一物こする。


カオリの指の感触が布越しに感じられる。柔らかく握られている。


「いっか~い」


そう言いながら竿を大きく根本まで擦り上げる。


「にっか~い、がんばれ」


 そういった彼女の吐息が敏感な部分にかかって俺はびくっと震えた。


「よく頑張ったわね。さんか~い」


きゅっと彼女の握る力が強まる。その瞬間俺は絶頂してしまう。


「昨日よりは少し濃いかな。でも、男の子だったらもっと性をつけてくっさ~いザーメン作りなさいよ」


そう言って俺の股間を見下ろす彼女はどこか冷たかった。そしてテキパキと金玉の根元の部分に輪を通して、亀頭にさっきの蛇状の金属のカップをはさむ。そして根本の輪と南京錠で閉じる。


ガチャリという音がしてその部分は完全に金属の筒の中に押し込められてしまった。下向きに作られているせいで勃起ができないようになっている俺の一物。


「蛇さんかっこいいわね。じゃぁ、勉強しよ?」


そういって机を指差す。オレは貞操帯に覆われた下半身丸裸の状態で机につかされる。


「最近、あんまりあえてないわよね」


オレの向かいに座った彼女がそう普通に話しかけてくる。


「ああ、予備校も忙しいしな」


普通に返す俺。カオリは参考書ではなくファッション雑誌に目を這わせながら言う。


「毎週月曜日はウチで勉強しない?」


机の下で伸びてきた彼女の足の指が貞操帯の隙間からチョンっと俺の亀頭をつく。たったそれだけのことで反応する俺の股間。それなのに、金属製の貞操帯の重みから勃起できない。


「いいよ」


俺がいう。まるでよしよしするかのように彼女の足の指先が俺の亀頭を撫でる。勃起して膨らみかける俺の肉棒。それなのに下向きに付けられた貞操帯に阻まれて勃ち上がることはできない。それどころか金属部分に俺の肉が食い込んでいたい。


 

9月17日


あれ以来、一度も貞操帯は外してもらえていない。金属の隙間から用は足せるものの、金属の重みは深く俺のプライドを傷つける。いついかなる時でもその金属の重みを感じるたびに、彼女に認められない不能男だという気がしてしまうからだ。


そして体育などで着替えるときも一人でトイレに行って着替えざるを得ない。必然的に俺は一人行動が植えてきてしまった。そしてそんな俺をいつもカオリが見ている。目があうたびに満足そうに微笑むカオリに勃起を我慢させられて溜まっている俺はついつい反応してしまう。


「ふふ、なにかんがえてるの?ケイ君」


カオリが話しかけてきてくれる。放課後の屋上、二人でご飯を食べている。俺にもたれかかるカオリ、ふわりと香る香水の匂いとカオリの女の子の匂い。カッターシャツのボタンを幾つか外して俺の胸元をカオリが弄ってくる。まるで男子が女子の旨を揉むようにカオリが俺の胸を弄ってくる。

 

「手が止まってるよ?私の作ってきたお弁当食べてくれないの?」


 カオリが甘く囁きながら体を寄せる。彼女の胸が俺に密着する。


「ほら、私のことは気にしなくていいわよ」


 そう言いながらクリクリと俺の乳首をつまみ上げる。


「あぁっ!」


 俺の声が漏れる。先週以来カオリの作ってくれる弁当を食べるのが日課になっていった。予備校に行っていないから時間だけはあるのといって誘ってくる彼女を俺が拒絶できるはずもなく、こうして毎日昼食を食べる。けれども、昼食のたびに体を近づけてスキンシップをしてくるカオリにおれは既に限界だった。もし貞操帯がなければ即座に絶頂しているような激しい誘惑だった。


「あ、そういえば、私進路決まったよ。推薦でS大学だって」


 そう俺の乳首を弄びながら彼女が口にした大学の名前は俺の第一志望校だった。もともとの彼女の成績と業績を考えれば不可能ではないものの決してかんたんではないであろう推薦。それを彼女はこともなげに言ってのけた。


「おめでとう」


 そういった俺の心はどこか虚ろだった。それなのに見通したようにカオリが言って微笑んだ。


「これで私はケイ君の応援に全力が出せるわね。あとね、翔平様もS大学だって、学校一に不良に負けないように頑張りなさい」


 たしかにそれは不思議だった。なんであの不良が‥そう言いかけたところでチャイムが鳴った。


 

放課後。カオリの家の玄関。


「ほら、ズボン脱いで」


そう言われて俺は聞き返す。


「なんで?」


「一緒におちんちん鍛えるんでしょ?おちんちん見せてくれないと手伝えないわ。親は出かけてるから大丈夫よ。あ、私に脱がせてほしいってこと?」


あまりにも当然のようにそういう彼女の気迫に押し負けて俺はその場でズボンを脱いで玄関にたたむ。


 いつものようにカオリのベッドの上にカオリと一緒に座る。


「少しは成長してるといいね」


 そう無邪気に微笑んでカオリは俺の股間に目をやる。彼女の視線を受けてむくむくと俺の股間が反応する。


「じゃぁ、貞操帯外してみるけどまだイッちゃわないでね」


そう言い放つと興味津々といった感じで彼女が俺の股を開かせて、その間に膝立ちになって俺の股間を見下ろしながら、カチャカチャと南京錠開けて半立状態のペニスを引き出す。


貞操帯を外す過程で彼女の指が何度か触れたその場所はすでにパンパンに膨れ上がっている。一週間ずっと勃起しっぱなしだったからしかたがない。


「少しは育ったかしら」


つんっつんとつつくカオリ。彼女が言葉を発するたびにその吐息が俺の亀頭にかかって今にも絶頂しそうになる。


「尿道の調子はどうかしら」


そう言いながら彼女の柔らかな指が俺の亀頭をペタペタと触る。


その瞬間だった。眼前のカオリの顔に向かっておれのペニスがビュルルルルっと射精してしまう。彼女の顔全体に半透明の俺の精子がぶちまけられる。


先程まで興味津々といった感じだったカオリの表情がにこやかに微笑む。


「私射精しないでっていったわよね?どうしてイッちゃったのかな?

ああ、私が彼女だからひょっとして甘えているのかしら?」


俺は言葉がなくて黙る。


カオリはいつものように俺のプレゼントしたハンカチで顔を拭く。


「なんとか言いなさいよ。私に甘えてたんでしょ?せっかくケイ君を男にしてあげようと思って頑張っている私に。もういいわ、ケイ君がきちんとした男になるまではケイ君は彼氏じゃないわ」

 

時が止まった気がした。俺は振られたのだろうか?


「ゴメン、カオリ。俺は…」


遮るようにカオリが俺の股間をぎりぎりと痛いほどに握りながら言う。


「敬語を使いなさい!


ケイ君は私の生徒よ。男になれるまでは私がケイゴの先生になってあげる。月曜日だけじゃないわ、二人だけのときはずっと生徒と先生の関係だから。わかった?ケイゴ」


「はい、分かりました。カオリ先生!」


 俺は振られたわけではないと理解して気持ちが緩んだせいか反射的に応えてしまった。


「自覚が足りないケイゴはまずどんなに自分が情けない存在か自覚する必要があるわね。これから私が言う言葉を繰り返しなさい。いままでケイゴの彼女として私が思ってきたことよ。


『佐藤圭吾は短小早漏です』」


 いきなりの急展開に俺が戸惑っているとペニスを握っているカオリが促すように爪を立てる。既に俺のものは彼女の白い手の中でふっくらと勃起してしまっていて、浮き上がった血管に向けて彼女が爪を立てると凄まじく痛い。


「佐藤圭吾は短小早漏です」


そのまま彼女の言葉を復唱し続ける。すこしでも拒否する素振りを見せれば彼女の爪が食い込む。


「佐藤圭吾は彼女を満足できない役立たずです」「佐藤圭吾は彼女の変化も気が付かないニブチンです」


「声が小さいわ!」もっと声を上げなさい。


「佐藤圭吾は男性失格です」「佐藤圭吾は虫けら以下の価値です」「佐藤圭吾のおちんちんは使い物になりません」「こんな人間の屑を男にしようとしてくださっているカオリ先生に感謝しています」「カオリ先生は佐藤圭吾にはもったいないです」


 更に何度も喉が枯れるほどにこれらの言葉を叫ぶことを強制させられる。酸欠になってフラフラな状態でやっと息を整えるための時間が俺に与えられた。

大変申し訳ありませんが、ここ以降はダウンロード販売になります。ちなみにここまでで全体の三分の一程度。
頒布サイトは以下の通りです。

DMM(20%オフセール中)様
DLsite.com様

→目次は下の方にあります。

ダウンロード販売での変更点は以下の通り。
(1)本編(14万字以上、ページ数は480ページ程度)
(2)美麗な挿絵が付きます。しかも16枚+α
(3)シーン展開ごとに扉絵を挿入。美麗な立ち
絵(6枚)によって不良に染められていくヒロインをお楽しみください。
(4)主人公視点でおまけCG集(37枚)がつきます。

(5)ブログ上で限定コンテンツを公開…の予定でしたがあまりにしょぼすぎたのでダウンロード数に応じた公開コンテンツに格下げします。
(本当はもう少し大掛かりのものでしたが挿絵の枚数がCG集を作成できるレベルだったので特典としてそっちをつけましたのでご容赦ください)
                                                                                                                                       
目次(ちなみに後半に行くに連れて一章あたりのボリュームが上がります)
一: ちょっくら風紀員長の三倉ハメてくるわ
二:圭織がそろそろ我慢できなくなって言いなりなんだがww
三:風紀委員長って言っても所詮雌だぜ。スク水で自分から腰振らせてやったぜ
四:これが普段厳しい風位委員長のアヘ顔だぜ!ちなみにマンコはキツキツだ
五:ぷぷぷぷ、鉄の風紀委員長がエロメイドコスでオレのことを翔平様っとか呼んでんだけど
↑↑↑ここまでがブログで公開ずみになります↑↑↑

↓↓↓ここからダウンロード版のコンテンツになります↓↓↓
六:圭織はもうオレにラブラブだからさ、エロエロデートにいっちゃうぜ
七:ついにクスリなしでもカオリがおねだりし始めたわっw。風紀委員長チョれぇ
八:風紀委員長直々に持ちモノ検査をするらしいぜ(性的に)!
九:カオリとデートしたいやついるか?誰でもいいぜ口マンコもつかっていいぜ
十:カオリを放置したら彼氏の童貞食べ立てたんだけど、しかも満足できてないらしいww
十一:はい、始まりましたよヤリ合宿、男女ともしっぽりじゅっぽり仲良くなろうぜ!
十二:すっかりカオリのやつバカになったな。これからはチームの共用便器な
十三:そろそろオレは飽きてきたからお前ら好きにしていいぞ
一四:カオリっちの進路を決めてやったぜ。オレってば超優しい

すぐに見たいシュチュエーションが見つかる便利な索引付き
計487ページ

おまけCG集37ページ
                                                                                                                                                 
恒例のプロモーションとして、
頒布サイトでのダウンロードの合計が
150で特典として用意していた限定ページ(1)を公開
200で特典として用意していた限定ページ(2)を公開
250でツイッター上でリクエストのあった寝取られマゾの要素を含むアフターストーリーを公開
寝取られた彼女ー風紀委員長三倉圭織ー

[岸和田翔平]

 圭織が自分からオレの唇を吸いに来る。対面座位で思いっきり抱きついてだ。女子のくせに飾り気のない部屋、まぁ委員長らしいというか。そしてよく整えられたベッドの上でオレに抱き着きながら腰を振り始める。まだ、オレのチンコしかしらない圭織のマンコがすでにきゅうきゅうしめつけてうねっている。

 入れる時もすでにだいぶ濡れていたし、本人が知ってか知らずか、体のほうはどんどん淫乱に開発されてきている。はじめっからオナニー好きの変態委員長だし、そんなもんかもしれないが。

「おら、エロメイドだろ。もっと腰振れや!お前が素直にオレのメイドになれば親の喜ぶぜ」

「はいぃぃ!なりますっ!エロメイドになりましゅぅぅ!」

 軽くこつんと下から突き上げてやるだけで嬌声を挙げて声が裏返るエロメイド。抵抗する素振りさえない。おもしれぇな。普段お堅い委員長の変態コスプレプレイ。マサにビデオにとられているのも忘れて腰をオレの上で振っている女。膣肉がうねり、オレのちんこを抱きしめる。すでに十分すぎるほどに濡れそぼったそこから愛液が垂れてオレの竿をコーティングするばかりか彼女自身のきれいに整頓された純白のシーツにシミをつける。

「メイドだし、オレのことは様付けな!」

「ひゃぁぁいぃ、翔平様ぁぁ」

 みっともないほどに快感に崩れた顔で圭織が言う。次あったら絶対吹き出しちまうだろう。こんな顔で翔平様ぁってよがってた女がくそ真面目に説教かますとか笑えすぎてへそで茶がわくってレベルじゃねえ。

「はぁぁぁんんん、しゅごい、しゅごいぃぃ、キモチいいい!」

 下から突き上げる。面白いように声を上げる圭織。じゅっぷじゅぽとこいつの部屋が男女の交わりの音で満たされて、叫ぶような喘ぎ声が部屋を満たす。

 腰を止めて圭織が動けないように強く抱きしめる。快感を求めてもぞもぞする圭織。

「足をオレの腰にまわせ、子宮口でオレのチンコ味わうんだ。すごいのしてやっから」

 頭を軽くなでながら言ってやる。素直にオレの腰に圭織の太ももが絡む。俗にいう大しゅきホールドってやつだ。そのままオレは圭織をベッドに押し倒しす。

「え、ひゃぁぁぁぁぁぁ、な、なにこれぇぇぇぇ!」

 ベッドに押し付けるようにしながら子宮口めがけて一気に突き上げる。自分のベッドの上でオレのことを見上げる圭織、快感の表情はあきらかだ。オレのチンポのサイズに広がりつつある圭織の肉穴にさらにボルチオの快感まで徐々にしつけてやるのだ。

「ふ、深い、ちょっとぉぉぉぉぉ、深しゅぎるにょぉぉぉぉぉ!!」

 ろれつが回らないほどに快感を叫ぶ圭織。オレは構わずつき続ける。それにもかかわらずオレの腰に回された彼女の足がほどかれる気配は全くない。それどころかさらに深くくわえようとするかのように締め付けが増す始末だ。

「子宮でオレのチンコ感じてっか?」

激しく抱き上げた体勢で突き上げながら聞いてやる。

「ひゃぁぁい、し、子宮にごりゅごりゅってぇ、入ってきてるにょぉぉ!

しゅごいぃぃ!しゅごいぃぃにょぉぉ!も、もうイっちゃうのぉぉぉぉぉ!」

「おら、イケよぉぉ」

 オレの言葉とともにエロメイドのマン肉がエクスタシーの快感にうねる。だが、おれはその程度で止めない。さらにオレという男を圭織の中に刻み込むようにぐりぐりと子宮口を亀頭で押しつぶすかのように念入りに刺激してやる。すると圭織の奴は懇願するように快感にうるんだ目でオレのことを見上げて背中に手をまわして抱きしめてきやがった。

 そのままさらに子宮そのものを圧迫するように腰を振ってチンコを風紀委員長マンコの奥深くに突き立てる。

「ひゃぁは、やめっ、まだぁぁ、び、びんきゃんにゃんだかりゃぁぁぁ!」

 もはや何を言っているかわからない委員長サマ。明日中間試験だぜ。彼氏はこのビッチとキスするために今頃必死で勉強してるってのに、こいつは浮気した上薬キメエッチで喘ぎまくっている。あ、またイキやがった。

 絶頂の快感に敏感になっているために何度も連続してイキ続ける圭織。オレとキスしながら意味をなさないほどにヨガリまくって、魚みたいにパクパク口を開けて快感をむさぼっている。ベッドの上の圭織、ってかまな板の上のコイ?

「ひゃぁぁぁぁんんん!やびゃいにょぉぉぉぉぉ、よしゅぎりゅうううううう!ひゃぁんはあぁんんんんっ!」

「そろそろオレもイクぜ。ご主人様のザーメンほしいだろ?」

「あひゃぁんん、ひゃい、ほしいでしゅぅぅ!

翔平しゃまのザーメン、わ、私のおくにくだしゃぃぃ!」

 は、ついにおねだりしやがった。パコパコ不良チンポに屈服して風紀委員長も子宮開きやがったってわけだ。学園の風紀はオレのザーメン垂らしながら守りますってか。

 とどめを刺すようにストロークの幅を大きくする。圭織が普段勉強している優等生な部屋にパンパンっと肉と肉がぶつかり合う隠微な音が響く。さっきから潮を吹きまくっている圭織のマンコのせいですでにベッドはシミだらけで。激しい交わりの結果さっきまでしわ一つなかったシーツはは無残なほどにしわくちゃだ。

 「やぁ、ペニスおおきくなってりゅのぉぉ!」

 圭織がそう叫ぶとともにオレのチンコが破裂したように熱い子種汁を宿敵の奥底に注ぎ込む。

「ひゃぁぁぁぁんんん!あ、熱いの来てりゅうううううぅぅぅぅ!だめなのにぃぃ、また中だしされちゃったにょぉぉ!」

 そういいながらも、その顔はいやそうではない。快感に蕩けていてすっかりメスらしい顔だ。つながったままオレは圭織を優しく抱いてやる。適当に頭を撫でてやれば主人に褒められる犬みたいな満足げな顔さえする。

「ああ、よかったぜ。圭織」

「はい、私もです。翔平様」

 普段の厳しい声とはかけ離れた優し声だ。オスに向けて発せられるメスの声だ。

「お前の親のことは心配すんな。生活のレベルも下がらせねぇ」

 そう圭織を抱き寄せて優しくささやきながらベッドサイドの充電器に刺さっていた圭織のスマホを取り上げる。触ると電源が入ってデートの時にとったらしいバカな彼氏とのデートの時の写真がロック画面に浮かび上がる。

「これ、暗証番号は?」

 そう圭織の頭をなでながら言う。彼氏との写真を見せられて圭織のマンコがピクリとうねる。

「0916です…」

 ためらいがちにいうところを見ると彼氏の誕生日ってところか。パセシーも量は減らしたとはいえまだ残ってるだろうし素直なもんだ。オレはロック画面を解除するとカメラを起動する。

「ほら、エロメイド。笑顔でピースしろ」

「ひゃぃぃぃ」

 つながったまま硬さを取り戻しつつあるチンコで奥のほうをかいてやるとすぐに快感にこわれた顔でピースする圭織。事後の写真がばっちり圭織の待ち受け画面になる。彼氏とのツーショットのロック画面を開くと別の男との事後のツーショットが表示されるっていうなかなか粋な趣向だ。

「この待ち受け画面の限りお前んちオレが面倒みてやっから、変えるんじゃねえぞ」

 そういいながら腰ふりをゆっくり再開してやる。

「んんんん、わかりましたぁ!変えないわぁん!」

 健気にもそう答える圭織。明日当たり、こいつどうすんのかね。薬抜けたら自己嫌悪やばいだろうな。まぁ、オレの知ったこっちゃねぇが。そのままオレは再びオレの快楽をむさぼるべく腰振りを徐々に強めていく。明日の試験はザーメン貯めたまま受けさせてやろう。一晩たっぷりハメてな。

6月24日

 中間試験一日目が終わる。憂鬱な一日目だった。結局昨日は朝方まで翔平君が私の部屋にいた。パセシーの効果はもちろん途中で切れていたけれど、私はケイ君を裏切って翔平君に媚びてしまった。お父さんのためっだって言い訳することもできるけれども、それでも私が彼の上であられもなくよがってしまったことの言い訳にはならない。

「カオリ!数学どうだった?」

 そうケイ君が聞いてきた。たぶんうまくいったのだろう。ほめてほしいとでも言いたげな明るい表情。数学はケイ君の苦手科目のはずだから、そんな顔ができるまでにずいぶん頑張ったのだろう。そう思えば思うほど、私の気分は重くなってしまう。

「あ、ごめん。俺、カオリの気持ち考えられてなかった…」

 私の表情が陰ったのを察してか、ケイ君が気遣ってくれる。その気遣いが余計に私を傷つけているとも知らずに。たぶん、ケイ君とは別れたほうがいいんだと思う。こんなに裏切り続けたままではいけない。こんなにもまっすぐ私のをことを思いやってくれるケイ君を裏切り続けられない。この試験が終わったら、すべて話して別れようと思う。

「ううん、大丈夫だよ!ケイ君こそ、頑張ったじゃない。数学苦手だったわよね?」

「ああ、でもカオリの『ご褒美』がほしかったから…」

 恥ずかしそうに頬をかきながら言うケイ君。ずいぶん遠いところにいる気がする。厳しいだけでクラスで面倒くさい優等生とみなされていた私のことを好きと言ってくれたケイ君。それまでは自分を守るために厳しくしすぎていたのがケイ君と付き合い始めてから徐々にクラスの中でもみんなとうまくやれるようになった気がする。どんなにきついことを言っても素直に私のことを見てくれているケイ君…。

 そしてただのキスのためにそんなに頑張ってしまうケイ君を見てかわいいと思ってしまう。そしてすぐに絶望する。翔平君に会う前の私にとってキスは、たとえそれがただ唇を重ねるだけの子供っぽいものだったとしても一大イベントだったはずなのだ。今のケイ君がその行為を若干緊張して神経質に考えているように。

 それなのに今の私にとってその行為は子供っぽくて、物足りないものに成り下がってしまっている。たった二月半でこんなにも変えられてしまったのかと私は絶望する。私自身の一番奥底はきちんと守っているつもりでいたのに…。

「そうね。がんばりましょう!」

 無理に明るく言う違和感。そんなことでこんなにも喜んでくれるんだったらいますぐにでもケイ君にあげたかった。でも、そんな安売りを彼はきっと許さないだろうと思う。彼の知らないところでどんどん私の価値が貶められていってるというのに。

[三倉圭織]

 そして猥褻なメイドとなった私は翔平君の前にひざまずく。頭を下げるのには葛藤があった。つい数か月前までこの不良少年は私にとって軽蔑の対象であり、許し難い存在だったのだ。その前で頭を下げなければならない。躊躇する私に翔平君が『ほら、親はオレんちにいるんだぜ。助けるためには喜んで土下座して懇願するのが孝行娘ってやつじゃねぇの?』っと怒鳴りつける。こんな頭の悪そうな奴に説教じみたことをされる…。それだけでも震えるほどに腹立たしい。それに屈辱だけではない、どうしようもない状況で卑屈にも卑劣な男に屈しようとしている自分に対する自己嫌悪の念、それも私の心を締め上げる。

 それでも、仕方ないのだ。宿敵に対してひざまずいた私の頭に翔平君の靴下に覆われたごつごつした男性の足がのせられる。まるで私を試しているかのようにぐりぐりと我が物顔で私のベッドに座りながら私の頭を地面に押し付ける。私はひたすらその屈辱に耐える。いまはこの男の横暴に犬のように耐えるしかないのだ。

「翔平君に…ご奉仕…したいです」

 喉から声を絞り出す。

「よーし、この前教えた通り口でやれ」

 そう冷たい声が上から降ってくる。ただ私は淡々と翔平君のベルトをカチャカチャ外し、黒のボクサーパンツを引き下ろす。私の部屋に広がる圧倒的なオス臭さ。まるで私の部屋を塗り替えようとしているようにさえ感じられてしまう。右手を翔平君の熱く脈打つその部分に添える。自然と前回言われた通りに左手が自分の敏感な部分に伸びる。

「んはぁんん…」

 口から意図しない艶めかしい吐息がこぼれてしまう。その部分はまるでついさっきまでオナニーしていたように濡れて敏感になっていたのだ。

「圭織、感じてんだろ?お前は結局そういうやつなんだよ。嫌いな男に命令されてマンコぐしょぐしょにしてるマゾメス犬なのさ」

 先ほどとは打って変わって優しい声で私の頭をなでながらそういう翔平君。

「女ってのはそういうもんなんだから、お前は別に悩む必要ないんだぜ。むしろ、そんなお前は最っ高にエロいメスだからな誇っていいぜ」

 男らしい掌が私の頭をくしゃくしゃとその力を誇示するように乱暴になでる。その指の一本一本から私に翔平君の熱がうつってくる。

 あまりにも乱暴で自分勝手な意見。それなのになぜか私の中から感情的な反発はほとんど生まれてこない。頭では最低だとわかっているのに、心ではそうなんだと受け入れてしまっている気がする。それどころか、私の下半身の奥底が男らしいその指先に反応してさえいる。

 無意識に私は翔平君のあまりにグロテスクな赤黒い肉棒に顔を近づけて、右手で上下していた。私が手を上下するたびに翔平君がどんどん硬く大きくなっていく、オス臭さは私の鼻先でますます豊潤に香り、フェロモンだけで私を脅しつけようとしているようにさえ感じられる。

 一方私の左手はすでにショーツの中に入っていて親指で軽く尖突をつぶしながら、中指の第一関節を軽く淫口にいれて刺激している。まるで今すぐにでも男根を受け入れたいと自己主張するような湿った淫らな私の秘所。

 「んんん…あっ・・・・んはぁぁぁ」

 私の口から艶めかしい声が漏れ、その吐息が鼻先の巨大で男を主張する翔平君にかかって、彼をヒクヒクさせる。普段私が生活し、勉強しているその場所で、私のベッドにどっかりと座った異性に奉仕している。その異常性がますます私を駆り立て、そしてその私の後ろめたさを受け入れるかのように彼の手が優しく私の頭をなでて、彼が嗤っているのを感じる。

 「風紀委員長、口に含め」

 金髪の不良少年がそういう。まるでパセシーの支配下にあるように私は素直に命令に従ってしまっていた。考えるより早く、口が開いて彼の肉棒を咥えていたのだ。何より恐ろしいのは私が心のどこかでそれを待ち望んでいたとでもいうように、さらに一段と切なくなってしまったのだ。

 けれども、そんな私の心の葛藤を押し流しでもするように下半身は熱くたぎり、さらなる快感が私の脳の底でスパークする。ちくちく翔平君の陰毛が私の頬を刺激する。それほど深く咥えこんでいたのだ。喉奥は息が苦しいが、それさえもどこかうれしい気がしてしまう。『舌を絡めろ』といわれれば、やはり考えるより早くそうしてしまう。

 「マンズリしながら、ケツ振ってやがるぞ。気が付いてんのか、おい」

 そう声をかけられる。もちろん私は気が付いていないけれども、たぶんそうなってしまうのは当然だと感じて自分で納得してしまう。そして、その言葉にこたえる様に今まで履いたことのないマイクロミニのフレアスカートで下品に飾られたお尻を上下に振って答えてしまう。

 「おっし、イイ感じだな。じゃ、そのままオレのチンポをお前の肉穴でしごけ」

 少しだけ語勢を強めて翔平君が言う。それだけで私は言われた通り動いてしまう。不本意ながらも私はちょっとした物足りなさを感じてしまっていた、あれほど熱心にしゃぶっていたその血管の浮き出てテラテラ先走りと私の唾液にみがかれたグロテスクな肉槍を口から離してしまう、そのことに。そして立ち上がる。まるですくんでしまったかのようにいつからか私の目は翔平君の目にくぎ付けになっていた。少しでも彼の感情の機微を読み取ろうと卑屈なまでに彼の目を見る私。それなのに翔平君は私のことを軽蔑しながら見下したように見て、舐めつくような笑顔を貼り付けている。

 私が立ち上がる。

「では、入れさせていただきます」

 突然挿入するのもまずいと思い、出てきた言葉はなぜか敬語だった。金髪の軽薄そうな男は酷薄そうな笑顔で相変わらず私の挙動を観察している。まるで値踏みでもするように。

 私は立ち上がって彼の目を見つめたまま一歩前に出る。私は立っていて彼は座っている。それなのに私は委縮してしまって翔平君よりずっとちっぽけな存在に感じてしまっていた。そんな小さな私に突きつけられた巨大な肉槍。それに左手を添える。右手は下着をずらして、自ら彼氏のものではないペニスが私の中に挿入できるようにしている。

 そこでやっと私は気が付いた。まだ私はパセシーを吸わされたわけではない。それなのになぜ嬉々としてこの軽蔑すべき男に従っているのだろうか。逡巡している私を翔平君が太くて低い声で怒鳴りつける。

「早くしろよ!」

 たったその一言で私の葛藤はどこかへ吹き飛んでしまい、くちゅりと音を立てて、私の腰が下ろされて彼の先走りに濡れたおちんちんと私のすでに熟しきったほどに濡れた陰部が接触する。まだ触れただけだ。それなのに熱が下からまるで私の子宮を焦がすかのようにせりあがってくる。その男の熱で焦がされた私はさらに腰を下ろしていく。 

 すでに幾度も咥えこんでしまった不良のペニス。初めての痛みの記憶さえなくて、私はただこの行為を理性の上で軽蔑しながらも気持ちいいことだと感覚的に認識してしまっている。私の奥底に容赦なく刺さってくる異物感。そういえば初めてクスリなしでエッチしているなっと思う。本来ならクスリがはいっていないにもかかわらずこんなに感じてしまっていることに絶望しなければいけないことだと思う。それほどまでに私は翔平君にもてあそばれてしまってるってことなのだから。

 それなのにそんな感情はこれっぽっちも湧き上がってこなくて、下半身の翔平君の分身の太さを感じてしまっている自分がいる。

「やりゃぁできるじゃねーか、圭織!」

 そういってご褒美といわんばかりに私の頭をくしゃくしゃと撫でる。まるで芸のできた犬にするように。そんな乱暴で雑なねぎらい方に私はなぜか喜びを覚えてしまっていた。このままではいけない、そう理性が警鐘を鳴らそうとした瞬間、あのかぐわしい香りのタバコが私の口に突っ込まれた。

「ほら、ご褒美だぜ!これがほしかったんだろ」

 そういってライターで火をつける。甘い香りと、そしてニコチンが私の口の中に広がる。

『オレの言うことを聞くと三倉は楽しい』『オレの言うことを聞くと三倉は楽しい』・・・・・

 耳元で聞きなれた翔平君の聞きなれた言葉が繰り返される。この言葉を聞くとなにか解放される気がする。翔平君の言うことを聞いていいんだって思ってしまう。頭ではまだ彼が不良で私が風紀委員長だって理解しているのに…。

このページのトップヘ