ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:レイプ

アイドル編の投稿済みの部分編集しました。

特に重要な変更点としてはヒロインが一人減りました。桃果を削りました。あと、まぁいろいろマイナーチェンジしています。


これは諸事情により絵師さんが変わったため、絵師さんの負担を減らすための措置です。これについての詳細はそのうちまた書かせていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


[岩亀征夫]


 さらに二週間ほどして、彼女たちのメジャーデビューの日。確かに未だに全国レベルで知名度が高いとはいえず、できたばかりのプロダクションでいきなり全国的な知名度を作り上げることもできなかった。とはいえ、ローカルCMを増やし交流イベントを増やしたおかげで市内では世代を問わず知られている自信があるし、県内でも人気はある方だ。もはやローカルベースの地下アイドルの枠組みを脱しようとしていると私は見ている。


 そして今日彼女たちのCDの全国発売の日。事前の予約状況は悪くなく、県内の今週のCD売上ランクに食い込むことが予想されている。これも彼女たちの笑顔と努力のおかげだ。今日はCDの売上を押し上げるために握手会を企画した。ファンたちと直接交流し、彼女たちの良さを知ってもらいそれをSNSを通じて拡散してもらう戦略だ。


「岩亀プロデューサーさん、よろしくお願いしまっす!」


 元気よくみかんちゃんが挨拶してくる。彼女がお礼を言ってくれたのでますます私は頑張ろうと思える。


「あんたもしっかりマネジメントしなよ、アタシも頑張るからさ」


 そういつものツンデレな感じでいちごちゃんが上から目線でプレッシャーをかけてくる。こういった気軽な関係は本当にいいものだ。彼女たちのために頑張らなければと思える。


 デビュー・ソングの『ドキドキ 恋のABC』を背景に赤と青のチェックの制服っぽい衣装の三人がメイクを受けていく。すでにだいぶなれているのかリラックスしているように見える彼女たちの今後が楽しみだ。すでに待機列が長すぎてさばくためにスタッフを増員しなければいけないと告げられる。その瞬間私は彼女たちの成功を確信した。


 やがて会場の時間が来る。何事もなく和気あいあいとした雰囲気で握手会が進んでいく。


 ハプニングが起きたのはちょうどイベントも半ばに差し掛かったあたりだった。みかんちゃんの握手列に並んでいた痩せ気味の男が握手しようと手を差し出したように見せかけて、次の瞬間、みかんちゃんの胸部に手を当てたのだ「やめてください!」というみかんちゃん。すぐに待機していた警備員が男の手を掴んで引き剥がす。男の側は「オレン色のエッチな下着を着ているみかんちゃ〜ん、これくらいいいよねぇ」などと気持ち悪いことを言っている。多少のハプニングは想定していたものの、肩を震わせているみかんちゃんを見た感じ明らかに想定を超えるショックを受けている。


 私は一度会場を閉じて休憩にする。 


 「大丈夫、みかんちゃん?」


 そう聞いた私にみかんちゃんが肩を微かに震わせながら涙目でこちらを見る。普段活発な彼女からは想像できないよう気落ちした感じだ。もちろん、こういったことは想定されているものだし、彼女たちも頭ではわかっているはずだ。しかし、実際に彼女たちを性的な目であからさまに見てくる男にあったことで衝撃を受けたのだろう。


 「これ、たべて元気をだそうか?」


 そういって終わった後でお祝いに渡そうと思っていたゴディバのチョコレートを差し出す。きちんと包装されてジュエリーのようにラッピングされているやつだ。


「すみません、でも食欲なくて…」

 
 そういって拒絶しようとするみかん。それでも私は勧める。そして、ただ彼女の肩を抱く。ピュアな一人のアイドルの心が、今心無い男の行動によって傷つけられているのだ。掘っておけるわけがない。

 その夜、いつもの時間、いつものスパムメールが届く。添付されている写真にはどことなく見覚えのある衣装の半裸の少女たちの下半身が映し出されていた。太ももにマジックで描かれた言葉はご丁寧にモザイクで読めないように潰されている。けれどもそれが淫らでインモラルな内容だということは容易に想像できる。


 その赤と白の衣装は、CDのジャケット撮影に使ったものだろうか。今日の握手会の彼女たちのうれしそうな顔が思い出される。そして目の前の淫らな写真。


 彼女たちからはあのあときちんと帰宅連絡があったからこんな写真は合成でしかない。それにもかかわらず私は何か胸騒ぎのようなものを感じた。おそらくそれはスパムメールのタイトルの『私をオマンコアイドルにシてください!』の『アイドル』という言葉に反応したのだろうが、どうにも気分が悪くて私はパソコンの横においてあった缶コーヒーを一気飲みした。まるで苦い思いをさらに苦い味で上書きして忘れようとでもするように。


 ちょうどそこにあのクソ兄貴から電話が来る。突然重要な話があるからプロダクションに来るとか計画性のない話だ。私はイライラしながら了承する。確かに営業としてはいろいろな案件をとってくるが『ふるーつじゅーす』のイメージを壊しかねない危うい案件が少なくないし。そもそもアイドルたちのスケジューリングに全く注意を払っていない自己中っぷりだ。


 すでに夜更けすぎで気が進まないが私はその剣に関してせっかくの機会だからクソ兄貴に説教することにした。

[凪沙みかん]
<<?????>>

[塩豚太]


 蝶野からアイドルたちの調教が十分なところまで来たと連絡があった。俺は計画を最後のフェイズに推し進めるために征夫のところを訪れることにする。あのムカつく弟と顔を合わせるのは嫌だが、もうすぐ絶望に歪む姿が見れると思えば多少は我慢できる。


 さっきまで遊んでいた女子に車を運転させる。最近街で見つけた新入社員のオンナだ。都合よく処女だったので適当に催眠にかけて格安で俺の秘書にした。もともとはトップ企業のエリートだが、今では最低時給で俺のチンポのマネジメントと運転手代わりに使ってやっている。ま、飽きたら適当なジョーカーの支援企業ににでもねじ込むさ。


 車が征夫のプロダクションの前のビルに止まる。けれども車が止まる直前、ビルの路地裏に人が立っているのを俺は見逃さなかった。目深に被った帽子で顔を隠し、コートの襟を立てている。夏前だというのにあまりにも不自然で、何より重要なのはコートでかくれているものの、その体のラインは明らかに女性だということだ。車をもう一度発進させて、路地裏に回り込ませる。その人物は逃げようとするが、俺が声をかける。


「誰だ、お前。征夫のプロダクションの関係者か」


「いややや、あのぉ、そのぉ、関係者といいますか」


 目が泳ぎ明らかに戸惑っていることがわかる。埒が明かないと思い、俺は即座に指輪型の洗脳装置を起動させる。


 いつものように目の前でその女の目が光を失い、両腕がだらんと力を失って垂れる。俺は無造作に帽子を剥がす。パラリとショートカットの黒髪が帽子の下からあらわれる。目は光を失っているが、その釣り目がちな形やいかにも鼻っ柱の強そうな表情は俺の好みだ。こういう顔の女を屈服させるのは心が躍る。そして身長は俺より少し高いくらい。服の上から揉みしだいてみた感じでは胸はCカップよりちょい大きいぐらいだろうか。パンツスーツに季節外れのコートを着て変装だとでも思っているのだろうか。


「お前は誰だ。なぜここにいる」


 俺が尋問する。都合の良いことにここは路地裏だ。尋問しながら女のベルトをカチャカチャと外していく。


「・・・私は皐月空 咲希(さつきぞら さき)。…明朝新聞の芸能記者…です・・・」


 パンツスーツの下からベージュ色の味気のない下着が除く。


「へー、なんでここにいたんだ」


「…今日このプロダクションからデビューしたアイドルが…スポンサーと変なことになっているっ…ていうタレコミがあったから…新人の私が張り込んでいました・・・」


 早速情報が外部に漏れているとか油断も好きもあったもんじゃないね。まっ、俺が見つけちゃったからいいんだけどね。遠慮なくパンツスーツのズボンを引き下ろし、あらわになったシンプルなデザインのショーツを下ろす。手入れされていない下の毛が覗くく。


「処女?彼氏いる?ウヒッ」


「…いません。…処女です…」


全くためらわずに応える。なかなか若いのにこんなに即答できる女いないよね。折角のいい女が台無しだよ。じゃぁ、この女記者は征夫と一緒におもちゃにしよう、そうしよう。せっかくだから仕事するついでに女も上げてあげよう。


「じゃぁさ、せっかくだから俺がとくダネ取るのを手伝ってあげるよ、ウヒヒ。そのままついてきてね。スースーしても気にしないで。グヘヘへっ!」


 下着とパンツスーツのズボンを取り上げる。前面丸出しで皐月空がついてくる。流石に怪しすぎるのでトラブルが起きないようにコート出前を隠すように指示する。ビルの入り口で警備員に征夫に連絡するように言う。

新章突入です。リクエスト通り塩豚の話です。パソコンが思いっきり壊れて泣きそうです。そういうわけでストックがなくなってしまったので書き直しています。ついでなので今後のストーリー展開などリクエストありましたらコメント欄にでも書いてください。書き直すついでに可能ならシーン挿入していきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ある夜のこと、俺は獲物を求めて街を歩いていた。獲物はすでにこの近くにいることはわかっている。悪の秘密結社ジョーカーの幹部としてこの街に君臨している俺にとってたいていの情報は簡単に手に入る。市民たちが頼りにすべき正義のヒロインたちはジョーカーの軍門に下った。

ぐへへへ、、そう俺はいつもの笑いを漏らしながら街を徘徊する。実際不審者そのものだ。けれども、だからなんだ。この街で俺に逆らうやつがいたら、そいつは俺の獲物になるだろう。

「失礼ですが、身分証を確認してもよろしいですか?」

丁寧だが断固たる声が聞こえた。キタっ、獲物が罠にかかった瞬間だった。キリッとした顔立ち、並の男よりも身長の高いモデルのようなスタイル。警官の服装の下に隠れた肢体に俺は舌なめずりする。最近配属されたばかりの新人婦警、大学時代はミスコンの上位入賞者だったとか。

「うひっ、まずわぁ、警察手帳を見せてくださいよぉ」

わざとらしく言う。婦警は一瞬柳眉を逆立てて苛立ちを垣間見せるも、すぐに警察手帳を提示する。彼女はこれから起こることになんの非もない。ただ、この町に赴任したことが彼女の不幸なのだ。新人婦警に警らを命じた上司は今頃署で一杯やりながら援交女子高生と一発やっているだろう。すでにジョーカーはこの街の警察組織の奥深くにまで入り込んでいる。殆どの男性警察官は弱みを握られるか、餌に食いついた。流石にババアはいらないので適当に圧力をかけて市外に追い出す予定だ。そして食べごろの婦警達は俺のおもちゃとなる。

如月美景(きさらぎ みかげ)と名前の読めるその警察手帳を確認しながら、俺は指元の大きめの指輪を操作する。ジョーカーの首魁、ドクター・ゲスオが作り上げた指輪型の洗脳装置がピカッと光る。ショートのさっぱりとした髪が光を反射させる。

そして女は意識を失った。俺のように、あらかじめきかないように改造された人間以外、この光を見た人間全てを催眠状態に落とすという恐るべき指輪だ。
その場で目を見開いたまま直立不動でマネキンのように立ち尽くすスタイルのいい婦警。まるでそれは警察の制服のディスプレイのようにさえ見える。

「ぐふっ、ついてきて」

俺は当然のようにその警官に命令して路地裏の薄暗い場所にすすむ。視点の定まらない婦警は素直にコクリとうなずいておぼつかなげについてくる。先ほどまでの確信に満ちたような振る舞いとは大違いだ。

まぁ、勿論俺くらいになれば通りの真ん中でレイプしようがおそらくもみ消せるだろう。しかし俺はセオリーは守る男。きちんと暗がりに連れ込まないとね、ウヒヒ。

そして人気のない、寂しい路地裏。俺はまず、その制服の下に隠された形の良い胸を思いっきり揉みしだく。

「名前は」

そして確認のために名前を聞く。

「きさらぎ…みかげ…」

微かに反応しながら女が答える。俺は思った以上にボリュームがありそうなロケット型の生意気な胸を揉みながら更に重ねて聞く。

「年は?」

「22歳…です…」

これも知っている情報だ。何より新人婦警を写真の中から選んだのは俺だ。胸だけではもったいないので俺は制服の下のヒップを撫で回す。怪人になって以来女に不自由しない日々が続いているが、たまにはこういう痴漢プレイも悪くはない。それが自分では取り締まる側の人間だと信じ込んでいるバカなメスだとなお楽しい。白い肌が薄暗い路地裏で輝いてさえ見える。そこに俺は加齢臭のする涎を垂らし、下で伸ばす。白い肌の上を透明な液体が広がる、けれども彼女は気づかない。

「処女か?」

俺ははやる気持ちを抑えて問う。

「…いいえ」

簡潔だがはっきりとしたその答えは今までの問いと違い明らかに俺の期待したものと違った。俺の計画ではコイツは俺専用に仕込む予定だったのに、すでに中古だったのだ。衝撃を抑えながら俺はさらに問う。

「いつ誰とヤッたんだ」

「…一週間前に…彼氏の…御笠公也(みかさ きみや)さんと」

くそっ、一週間遅かった。どいつもこいつもサカりやがって、婦警のくせに股開き過ぎだろうが。俺に犯されるまで閉じていられないとか、とんだ尻軽だ。
俺は怒りを押さえていろいろ暗示をかける。俺を裏切ったからには相応の罰をこのカップルには与えないといけない。お前らの人生はこのキモデブハゲ中年のでっぷりしたメタボな掌の上にあるってことをおもいっきりわからせてやる。


そして一通り暗示をかけた後、俺は女を起こす。すぐに美景は目を覚ます。

「あれ、ここは…」

一瞬戸惑ったようだが、すぐに俺の顔をみて、美景がかなりきつい声色で命令する。

「こら、不審者じゃない!すぐにその場でズボンを下ろしなしなさい。抵抗は無駄よ」

しかしその口から出てきた命令は常識とは大いに異なる。

「ええ~、俺はまだ何もしていないのに」

すかさず、俺はわざとらしく反抗の意思を見せる。美景は更にきつい口調で俺に命令する。

「つべこべ言ってないで、今すぐ脱ぎなさい。精子確認を実施するわ」

そう、身分証明書の代わりにザーメンで対象の素性を確認するのが新しく植え付けられた彼女の常識なのだ。俺はわざとらしく渋るふりをしながらのろのろ
とジャージを下ろす。黄ばんだ白ブリーフがあらわになる。メスガキどもと乱交してから、汚れたまま着たせいだろうか。ひどい悪臭を放っている。

「く、なんて強烈な臭い!ますます怪しいわ!!はやくその汚いものを下におろしなさい。逆らったら公務執行妨害で逮捕します」
そう鋭く言って俺を睨みつける。俺は相変わらずのろのろと焦らすような感じでそれを下ろす。間髪入れずに、美景がその白手で包まれた細く長い指でもにゅもにゅと俺の局部を撫で回す。

まぁ、正直くすぐったいだけだ。金玉にこびりついていた愛液や精液が白手にポロポロとくっついたく。一週間前に初めてエッチを覚えたこの女に手コキなんてできるはずがない。そこで俺はわざとらしく言う。

「早く終わらせてくださいよ~、婦警さん」

キッっと俺を睨み殺さんばかりに見ると。

「あなたが協力しないからよ。早く勃たせなさい」

そう命令してきた。俺はガチギレ寸前のこの婦警の顔おもしろいなっと下らないことを考えながらさらに煽るように言う。

「婦警さんが脅しつけるせいで萎えちゃったんですよぅ、ウヒッ。

これじゃぁ立てられましぇーん、ウヒッ」

プルプルと美景が怒りに震えている。俺の局部を撫でる手に力が入りそうで怖い。まぁ、暗示下でそんなこと不可能なんだけどね。もう、この身の程知らずのメス猫は俺に危害を加えることは考えることすらできないんだから。

「くっ、どうしろと言うんだ」

怒りをかみ殺しているのが明らかな声色できいてくる。昔の怪人になる前の俺だったら目の前でこんなにキレられたらとっくにすくみあがって即謝罪していただろう。しかし、今の俺は違う、余裕で更に煽ってやる。

「謝ってくださいよぉ、おチンポを脅しつけてごめんなさいってね、ぐふっ」

「き、貴様ぁ、どこまでバカにすれば気が済むんだ」

俺よりも随分背の高いスラっとした警官が目の前で面白いほど怒り心頭だ。

「でも、じゃないと協力できませんよ、ウヒッ」

「く、くそぉ。きっ、貴様の性器を、お、脅て申し訳なかった」

よし、遂に折れた。当然だがこんなレベルで終わらせるつもりは毛頭ない。

「そんなんじゃ、誠意が感じられませんねぇ。もっと、きちんと謝ってくださいよ。『おチンポを脅しつけてごめんなさい、お願いですから勃起させてください』ってね。それにそんな立ったままの上から目線でほんとに謝罪する気あるんですかぁ?チンポに謝るんだったらチンポと同じ目線が当然じゃないですかぁ」

チッと舌打ちが聞こえる。けれども彼女に選択肢はない。のろのろとしゃがみ込む美景。おれは胴長短足で背が低いので美景が股間のところに目線を下げるにはほぼ座り込まなければいけない。

「お、おチンポを脅してすまなかった、頼むから勃起させてくれ」

いかにも、イヤイヤという感じのお願いではあったが、仕方ないね。まぁ、さっきまで思いっきり上から見下してきた女が下から睨みつけてる。上から見下すって気持ちいいいね。まぁ、そういうわけで多少は面白かったのでヒントをあげる。

「じゃぁ、細長い部分、竿を握って上下にしごいてあげて。優しくね。繊細な部位なんだから」

そう指摘してやる。もううんざりしたのか諦めたのか美景は無言で改造して普通よりもかなり太く長く、しかもコブ付きのグロテスクな俺の竿を白手に包まれたなめらかな指でしごき始めた。うんうん、下手な手コキとはいえ自分より地位も身長も高い女をしゃがませて奉仕させるのってやっぱり気持ちいよね。

「そうそう、でももうすこし強い刺激でも大丈夫だよ、グヘヘへ」

竿を握る圧力が少しだけ強まり、俺のムスコが固くなり始める。先走り液が美景の白い手袋を汚し始める。

「開いている方の手で玉袋をマッサージしてくださいよ」

「仕方がないな」

勃起し始めたので多少癇癪がおさまってきたのか素直に言うことを効き始める婦警さん。まぁ、普通に考えれば人影のない路地裏で不審者に手コキする痴女なんだけどね。素直すぎてつまらなくなった俺は更に命令する。

「舌でおしっこの出る穴をくりくりしてよ」

手が止まる。下の方から怒りに満ちた目が俺を見上げる。

「貴様、おとなしくしていれば図に乗ってきて。これはあくまでも聴取なのよ。私はあなたの彼女でもなければデリヘル嬢でもないの」

まぁ、将来的には俺専用デリヘル婦警さんになってもらうけどね、ウヒッ。まぁ、今のところは納得させてあげるか。美景の常識を書き換えたのは俺なんだから、当然俺がいうことが正しいんだってね。

「でも、婦警さんどうやって精子から身分を証明するんですか」

「それは勿論味に決まっているでしょ」

当然という顔で応える美景に俺は笑いをこらえながら諭す。

「じゃぁ、舌先でおしっこの穴を刺激すれば、もしかしたらこびりついている精液の味で射精しなくても身分が証明できるかもしれないじゃないですか」

美景のきつい顔が緩む。

「確かにその可能性はあるわね。わかったわ」

そして手コキと金玉マッサージに咥えてチロチロと真っ赤な婦警さんの舌が鈴口を刺激し始める。うーん、ざらざらとした舌の感触が悪くないね。いつの間にか俺のムスコは完全に勃起していた。

「そろそろ射精しそうです。零さないようにくわえ込んでください、ぐふふ」

そう俺は当然のように婦警さん言う。

「そうだな」

そして間違った常識に絡め取られた美景はその整った顔を俺の汗臭い臭気を放つ股間に埋める。当然俺は、その頭を握ると俺のムスコを婦警さんの喉奥に叩きつける。苦しそうに逃れようとするが、当然話すはずがない。俺のちんげが美景の整った顔にあたってチクチクとする。
俺の女達ならきちんとイラマチオを受け入れて更に舌を絡めて快感を増幅させてくるだろう。まぁ、このメスはまだ慣れていないから仕方がない。おいおいしつけていってやろう。 

そう結論づけて、俺はとりあえず一発美景の喉奥に発射してやった。まぁ、勿論この程度の軽い射精で満足できるはずはないけどね。

「うぐっ、ゲホッホっ…」

手を話すとむせながら美景が股間から顔を遠ざける。

「どうですか、俺の精子は。きちんと分析してくださいね」

そういって口の中でクチュクチュ転がすように促す。小さく頷いた美景は真剣な表情で俺のザーメンを口内に広げる。ちなみに俺はどんな味だったら犯罪者とかは指定していないので完全にこの後の結論は美景次第ということになる。

「この味は確かに変質者の味だ、任意同行をお願いする」

まぁ、完全に決めつけだね。間違っちゃいないけど。

「え~、どうしようかなぁ。俺行くところあるし、警察署とか怖いし」

「ああ、それは大丈夫だ。変質者の場合は容疑者のプライバシーに考慮して警察署ではなく担当する警察官の私宅で取り調べを行うことになっている。どうか、私の家まで来てくれないだろうか」

「仕方ないですねぇ」

そうして俺は新人婦警さんのお家にお持ち帰りされることになった。まぁ、まだコイツには相応の罰を受けてもらってないけどね。
続きを読む

このページのトップヘ