6月6日 [三倉圭織]  放課後、ケイ君には先に帰ってもらった。金曜日は予備校の授業がないので普段はいつも二人で自習室で勉強している。  彼を心配させたくない。不良をしかりつけている女子っぽくない姿を見られたくない。いろいろ理由はあるけど、結局自分の心の後ろ ...