ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

タグ:ゲーム

Twitterで流れてきてちょっと面白そうだなと思ったので『催眠下校』をプレイしてみた感想です。


このゲームは同人のMC系ゲームです。ゲームシステムはツクール。普段ツクール系のゲームはあまりしないのですが、
が流れてきて、ストライクっぽかったので衝動的にプレイ。

結論から言えば荒削りだけどツボは押さえていて面白かったです(何をただの同人エロ作家の分際で同業者に上から目線で言っているのかという感じですが…)。

いい点は常識変換や匂いフェチなんかがすごい押さえられていてツボにはまるプレイがかなり多かったこと、キャラクターの主観が徐々に侵食されていく(正確な表現ではないですが、ネタバレしないためにあえてこう書きますね)のがヒロインの主観を通して体感できてとてもエキサイティングでした。最近ずっとヒロイン視点のエロを書いているのでヒロイン視点から書いたものは色々参考になって楽しかったです。

あと、少し気になった点は序盤の行動がどうしていいのかわからないのとゲームのインターフェイスがツクール系に慣れていないとわかりづらいかもしれません(キーボード操作なので)。でもこれは単純に私がツクール系のゲーム慣れしていないから感じたことな気がします。

それから、イラスの表情の崩壊がやや極端な気がします。このあたりは個人の受け方次第なので、是非サンプルイラストなんかを参考にしてみてください。(でも適切なレベルのアヘ顔ってとても難しいんですよ!?前作絵師のラファエルさんにも何度も調整していただきましたし…。いつもいつも無理言って本当にスミマセン!)

あとは結末がややホラーで、背筋がゾクゾクっとしました。これは作者さんの狙い通りだと思うんですけど、自分的にはちょっと意外で操作している自分が操られているようなちょっと変な感覚を味わいました(単純に40時間近い旅行の直後にプレイして判断力が落ちてたからかもしれませんが…)。

全体としてはプライスの割にかなり楽しめたと思います。ヒロインが匂いフェチや汚いのが好きだと錯覚させていったり、ちょっとしたホラーとMCの境界が曖昧だったり、自分的にはいろいろ刺激を受けることができて楽しかったです。

よろしければ


皆さんこんにちは。
たまたま時間ができたので備忘録代わりに少し書いてみようかなと思いました。本当は昨日火曜日に当行の準備を指定たのですが初めてのHTMLタグで随分手間取ってしまいましたw

次回作の3大要素は『MC』『ヒロピン』『NTR』です。それぞれ私個人的にも思い入れがあるジャンルなので、自分のエロ人生を注ぎ込んでいければと思っています。

あんまり自分の過去にプレイしたゲームとかって見なおすことはないんですが、この機会にいろいろアイディアを得られないかとパソコンやら記憶の奥のほうを漁っていた今日このごろ。そういうわけで過去にプレイしてエロくて私に、あるいは作品自体に強く影響を与えてくれた作品たちを備忘録代わりにまとめることを思いついたのです。


今回は『MC(Mind Controle)』でまとめていこうかなっと思います。よるのおかず探しにどうぞ。
MCとは早い話、催眠とか洗脳でヒロインを思い通りにしたいというジャンルです。私たちの社会の基盤をなす『自由意志』を奪い去って冒涜することによって背徳的快感に溺れるという禁断のジャンルだと私は理解しています。


MCは私にとってかなり昔からツボだったジャンルです。私が最初に買ったエロゲとして記憶に残っているのがこちら、『操心術2』。『操心術』シリーズの中で多分一番MCとしてツボをついていると思います。 操心術2plus
絵のタッチに多少癖がありますがMCとして最高レベルに多様なシチュエーションがあるのは確かです。例えば弁護士のヒロインが六法全書をエロいものだと思い込まされてオナニーしながら刑法の条文を読むのとかヤヴァイエロかったです。

催眠学園DVD with 催眠術
 こちらは私の買ったエロゲ2作目です。塗やキャラデザはどちらかと言えばこちらが私の好みです。この作品の『村越』という鬼畜主人公は最高です。それ以来私が妄想するときの主人公のモデルとなりました。もちろん、小説の中に出てくる『塩豚太』もかなり影響を受けています。ちなみに学園まるごと催眠系はいろいろでていますがやはりこれにまさるのはないかなっと思います。あとは家を則って娘と奥さんに旦那さんを罵倒させながら奉仕させてその姿を旦那さんに撮らせるとか、許婚を奪った上で結婚させてベッドの隣で本来の旦那さんにオナニーさせるとか。今思うといろいろ原点ですね。改めて見返すと若干絵柄が古いですが…。
 どうでもいいですが一つだけあるトルゥーエンドでエロを期待していたのにとんだ純愛を見せつけられて勃起したまま感動して泣いてしまってどうしようもなくなったのはいい思い出。

裏・催眠術2
村越でいえばこれもツボでした。『催眠術2』のファンディスクのような位置づけですが村越が主人公ではない『催眠術2』よりも村越が主人公のルートが用意されているこっちのほうがツボでした。特に催眠をかけた状態でヒロインがあがく姿を見て楽しむというサイコな喜びを教えてくれた最高にファンキーな作品。

擬態催眠 こちらも同じく村越の出演作品。触手にはさほどの思い入れはないものの寝取りと催眠を取り入れて陰湿に攻めまくる姿は催眠エロのまさしく巨塔だと思います。                   

催眠術Re 村越の最新作。個人的には最近ありがちなシュチュエーションに頼りすぎてて変態的なシチュエーションが不足しているなと思う今日このごろですが、この最新作は絵柄が良かったです。あと、真面目な先生が突然SMの女王様になると宣言して教室でプレイ開始というのはなかなかに面白い発想だと思いました。でも、この体育教師の話をもっと掘り下げておもちゃにして欲しかった…。サバサバした男まさり系のヒロインと村越のからみがもっとあればいいのにと思います。(まぁ、完全に個人の趣味ですが....

監獄戦艦~非道の洗脳改造航海~  すこし毛色がかわって有名な『監獄戦艦』シリーズ。ヒロピンでもあるんですが、どちらかと言えば催眠よりなので。シリーズの中でも第一作が至高だと思います。現在連載中の小説も影響受けているのですが、昼は通常のきついキャラで夜は洗脳モードのエロエロというギャップは一口でまさに二度おいしいエロの相乗効果を生み出しています。
 それから最後にヒロインの人格をデバイスの中に詰め込んで物理的に切り離してしまうというアイディアも天才的だと思います。ただ、せっかくのシステムなのですからたまには元の人格に戻して弄ぶというような使い方があってもいいな~と思います。
 Black Lilithのエロゲはどれもツボは抑えているんですが、堕ちた後が大好きな自分的には少し物足りない感はあります。落ちて終わりみたいなかんじがありますから。

女捜査官催眠調教 痴女に変えられた私

こちらは小説です。婦警さんってエロいなって思い始めた作品。いろいろ読んでいた割にはエロ小説でツボってるのってどちらかと言えばヒロインピンチが多いんですね。書籍のサイトを覗きながらどれもこれも読んだことがあるんですがそこまで私のツボにはまらないんですよね。

小説に関連して、言わずと知れた超大御所の催眠小説のサイト。もし今まで覗いたことがなかったとしたら人生の半分損しています。

E=MC2

また時間があればこういう風に今まで影響を受けたり小説の参考になっている作品をリスト化したいなと思います。うまくいけば来週、再来週は忙しくて無理だと思いますので。

このページのトップヘ