ヘンタイオジサンのR18SSワールド

このブログは成人向けコンテンツを含みます。18歳未満の方と現実と虚構の区別がつかない方はブラウザのバックボタンで戻ってください。またこのブログに掲載の小説に出てくる団体・個人およびすべての固有名詞は現実に存在するものとは全く関係がありませんことを御理解願います。また、当記事の『小説』カテゴリなどで行われている行為を現実で実行すると違法である可能性があることを強く注意喚起します。

カテゴリ: エロゲ感想

皆さんこんにちは楽しいエロライフを送っていらっしゃるでしょうか。
 私ことヘンタイオジサンはリアルがちょいちょい忙しくてツイッターでも低浮上だったり、いきなり浮上したかと思うと変なツイートをストレスと一緒に吐き出したりしてしまって大変申し訳なかったのですが、それも一応一段落がついたので、このあたりで久しぶりに最近いいなと思ったエロのまとめをしてみようかと思います。

今回のテーマは音声作品いわゆるボイスドラマです。
どうも疲れてくるとマゾ気味になる傾向が最近のオジサンにはあるみたいです(´・ω・`)
 そういうわけでボイス作品は程度の差はあれ、マゾ向けなのかなっとちょっと思うのですが、普通のズリネタと違って自分のオナニーのペースを他人にコントロールされている気がしてこれはこれで普通のエロCGやエロゲにはない感覚なのかなと思います。

まぁ、ともあれマゾ度には作品によって濃淡があるのですが…。
とりあえず、マゾ的な快感よりも寝取られる方に力点がある作品としては、

いつのまにか幼馴染がネトラレてました ~ごめんなさい。先輩の性奴隷になっちゃいました~  いつのまにか幼馴染がネトラレてました ~ごめんなさい。先輩の性奴隷になっちゃいました~
が結構良かったです。
寝取られ:★★★★☆
マゾ  :★☆☆☆☆
 ヒロインがどんどん従順にされていっちゃうネトラレの裏側がヒロインの声を通じて語られます。

 別れ話は突然に…(女子アナ編)~ダーリン、おチンチン、シゴきながら聞いていいよ~ 別れ話は突然に…(女子アナ編)~ダーリン、おチンチン、シゴきながら聞いていいよ~
寝取られ:★★★☆☆
マゾ   :★★☆☆☆
一方この作品は寝取られとマゾ感がちょうどいい感じでした。
耳元で浮気相手とのエッチの詳細を聞かされながら、敗北オナニーさせられる感じがかなり良かったです。ただ、浮気報告でお別れしてしまうので寝取られマソまではいかない感じです。
 選択
選択
寝取られ:★★★☆☆
 マゾ   :★★★☆☆
 はい、これはもう完全に寝取られマゾです。単純に浮気相手と比較されてい敗北するだけでなく、焦らされて射精管理までされてしまいます。ヒロインのドSな感じにドキドキしてしまいます。
 イジゲントリップ催眠
イジゲントリップ催眠
寝取られ:★☆☆☆☆
 マゾ   :★★★★☆
 寝取られマゾと言うわけではないですし、あんまり寝取られ要素は感じられない作品でしたが、代わりに催眠系の効果がすごい感じられてヒロインたちとともに自分自身もリアルに操られている感が一番感じられたのはこの作品です。疲れていたせいか、かなりの非日常感を味わえました。

番外編
 怪しい団体のマインドセッション催眠
怪しい団体のマインドセッション催眠
寝取られやマゾとはちょっと違いますがMC的な方向で良かったのはこの作品です。
あ、MCする側じゃなくてされる側なんですが(笑)。

どうでしたでしょうか?
寝取られ関連の音声作品はまだあまり多くなさそうなので頑張ればオジサンコンプリートしちゃえるかなとちょっと思ってしまう今日このごろです(クレカが死んじゃいますがw)。
マゾに目覚めつつあるあなたも、新しい寝取られ体験を楽しみたいあなたも、MCする側からされる側に転落願望のあるあなたも、音声作品というジャンルの扉を叩いてみるのも一興かもしれません。

私ヘンタイオジサンは叩いてしまって意外なほど楽しめましたので。

すごい作品が出てきました!ちょっといてもたってもいられなくてほぼプレイした直後、シャワーも浴びずにレビューかいています。作品はこちら↓
ハードエロに定評のあるPinPointさんの新作です。

・ストーリー
この作品、一言で言えば王女と女騎士の国辱プレイです。初めから王女はほぼ変態に目覚めかかっていて、もともともっていた変態性を敵国に見破られ、あれよあれよという間にどんどん愛する祖国を裏切るプレイに落ちていってしまいます。

女騎士のアンナはそういう意味では完全にとばっちりで、初めは王女エリーゼの裏切りによりハメられて醜態を晒していくんですが、徐々に負け癖がついてどんどん快楽に負けています。

国旗に小便をしたり、敵国をたたえたりさすがこういう快楽に落ちて理性を失っていく作品に定評のあるOZさんのシナリオと、プレイ中はもう股間がギンギンに唸ってしまいました。

・CG
CGは着エロにうるさい私でもほぼ満足のいく様々なプレイです。特に王女様のブタコスチュームは最高ですし、騎士団長のポニテをツインテにする演出なんかもツボをついてくるのでライターとしてもとておもとても参考になりました!強いて言えば、もともとの騎士団長の服装のエロ改造があればもっと嬉しかったかもしれません。初めのキャラデザを見たときから、どんな風にエロくなるかなっと結構気になっていたので‥。

・声優
とはいえ、それぐらいは批判材料にならないくらいの良作です。
そして声優さん達。はじめから最後までほぼアヘっているこの作品、第二のみさくら語かというくらい喉を酷使して熱演されていらっしゃってほんとうに頭が下がりますし(ムスコの頭は上がりますが)、純粋にスゴイなと思ってしまいました。普段そんなに声優さんの演技を気にする方ではないんですが、今回はそんな私でも純粋にスゴイと思える熱演でした。(あとヒロインたちの国の国家をエロ替え歌にして歌ったり、本当に最高です!)

・寝取られについて
この作品は寝取られ作品ではないです。ただし、ネトラレ作品として楽しむことも可能です(もちろん個人の好みにスゴイ依存しますが)。
それはヒロインたちの王国の国民に感情移入することです。目の前で敵国の兵士に媚を売って、売国活動に励む国のトップ達。彼女たちを尊敬していた国民の立場に感情移入すればもはやこれはネトラレですよ。悪い男達に淫乱化させられた彼女みたいなものです(流石に飛躍し過ぎかな)。

とにかく、すくなくとも今年の上半期で一番私の股間が熱く滾った作品になる可能性が大です(もちろん他の作品も素晴らしいものはたくさんあったのですが、とにかくこの作品がどストライクだったのでこうイワせていただきます)
ゴールデンウィークは淫乱裏切り王女と肉体改造アヘ顔弱小騎士でキマリ!


Twitterで流れてきてちょっと面白そうだなと思ったので『催眠下校』をプレイしてみた感想です。


このゲームは同人のMC系ゲームです。ゲームシステムはツクール。普段ツクール系のゲームはあまりしないのですが、
が流れてきて、ストライクっぽかったので衝動的にプレイ。

結論から言えば荒削りだけどツボは押さえていて面白かったです(何をただの同人エロ作家の分際で同業者に上から目線で言っているのかという感じですが…)。

いい点は常識変換や匂いフェチなんかがすごい押さえられていてツボにはまるプレイがかなり多かったこと、キャラクターの主観が徐々に侵食されていく(正確な表現ではないですが、ネタバレしないためにあえてこう書きますね)のがヒロインの主観を通して体感できてとてもエキサイティングでした。最近ずっとヒロイン視点のエロを書いているのでヒロイン視点から書いたものは色々参考になって楽しかったです。

あと、少し気になった点は序盤の行動がどうしていいのかわからないのとゲームのインターフェイスがツクール系に慣れていないとわかりづらいかもしれません(キーボード操作なので)。でもこれは単純に私がツクール系のゲーム慣れしていないから感じたことな気がします。

それから、イラスの表情の崩壊がやや極端な気がします。このあたりは個人の受け方次第なので、是非サンプルイラストなんかを参考にしてみてください。(でも適切なレベルのアヘ顔ってとても難しいんですよ!?前作絵師のラファエルさんにも何度も調整していただきましたし…。いつもいつも無理言って本当にスミマセン!)

あとは結末がややホラーで、背筋がゾクゾクっとしました。これは作者さんの狙い通りだと思うんですけど、自分的にはちょっと意外で操作している自分が操られているようなちょっと変な感覚を味わいました(単純に40時間近い旅行の直後にプレイして判断力が落ちてたからかもしれませんが…)。

全体としてはプライスの割にかなり楽しめたと思います。ヒロインが匂いフェチや汚いのが好きだと錯覚させていったり、ちょっとしたホラーとMCの境界が曖昧だったり、自分的にはいろいろ刺激を受けることができて楽しかったです。

よろしければ


忙しくてここのところあまりエロゲのレビューなどでキていなかったのですが、『筆柿ソフト』さんからの催眠系の新作が出るということでなんとか時間を作ってプレイしました。少し遅めのレビューでごめんなさい。

催眠学園3年生

6,480円


まず、シナリオがNATORI烏賊先生ということで、さすがの安定感と痒いところにきちんと手が届く王道のMCストーリーです。既に他のレビューサイトなどでも書かれていることですが仲良しの親友同士のヒロインが催眠の結果、主人公に対する感情と親友に対する感情を交換されて行くところはまさにさすがという感じでした。
 あとはキツイ女教師に催眠でラブラブっていうのも良かったです。何より氷上先生声と体がエロすぎぃ。このあたりは本当にエロかったです。

ときに目立ったバグや問題などはありませんが、しいて言えば、フルプライスより少し安いため分量がちょっと少なめな印象でした。ロープライスとフルプライスの間(フルプライスより)でこの分量は人によってはすこし少なめに感じる人もいるのかなと思いました。個人的にはせっかく催眠で暴れられるのだから、もっと学校を巻き込んでヘンタイ常識書き換えプレイとか、キャラクターの家族を巻き込んでの寝取りプレイ(ちなみにヒロインの内2人は三者面談として母親をまきこんだエッチシーンが1つずつあります)がもっとあったらよかったかなとは思いますが、フルプライスでもないですし全体のクオリティは十分に満足のできる感じでした。

おしらせ
 次回作を5月末に出せるように頑張っていたのですが、多分6月末まで延長することになりそうです。絵師さんがエロイラストを描いているのが(エロに対して理解のない)家族に知られて、強制的に就職することになったみたいです。次回作に関しては新しい環境のなかでできる範囲で継続して描いていただけるということで進めてはいるのですが、どれくらい忙しくなるのかわからないということでしばらく制作状況が不透明になりそうです。

 私も家族の一部にはサポートしてもらってるのですが、殆どの家族にはエロを書いていることは秘密にしていますのでなかなかこのあたりのことは不安ですし、他人事にも思えませんのでできるだけコンタクトを密にしながらラファエルさんを支えつつすすめていければと思っています。製作期間が伸びた分、シナリオ量とかを増やすことを検討しています。あとはおまけとか。

 相変わらず書きたいことは多いのですが、時間と精力が慢性的に足りていません。こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。

 時間とお金に余裕ができたので『ウィザード リンクス』プレイしました。

 結論から言えばすっごくよかったです。フルプライスの価値は十分にあります。まぁ、『筆柿ソフト』ですしね、外れるほうが少ないかも。

 全体についてレビューしている方はほかにもたくさんいるみたいなのでここではMCとNTRに絞ってレビューしていきますね。

 あ、その前に簡単にストーリーをおさらいしておきましょう。(画像は公式サイトからの転載です)
 物語は悪魔を狩る魔法使いのリディアとエレナの親子が街に来るところから始まります。ひょんなことから神代蛍と神代ひかるの親子は魔法使いたちと家族ぐるみの付き合いをすることになって…まぁ、当然それで終わるはずなく悪魔たちがいろいろちょっかいを出してきます。
ex12bex12b
 MC的には基本的に直接暗示状態でえっちいことをさせるのは少な目。それよりも本人たちの意思を捻じ曲げたり誤認させたりする系がおおいです。それと、魔法使いたちは杖の中に宿る魔女たちの力を借りて戦っているという設定なのですが、この魔女たちがチョロイのなんの。そういうわけでコスチュームとか適当なことを言いながらどんどんエロく変えてったり、使い魔を勝手に開放したりまさに獅子身中の虫ってやつです。見方に裏切られてるヒロインほど哀れでエロイのってないですよね。

ex03b
 エロコスチュームで戦わされたり、条件づけされて敵の前で小便をもらしたり、最終的には誤認で悪魔のしもべに落ちたりといった感じです。あと、神代家のほうは常識を捻じ曲げられて親子での近親相姦が多めです。結構オネショタ。







NTR的にはお父さんが時々出てくるんですがもう少し多くてもよかったかなっと。基本的に汁男優扱いでちんぽを罵倒されて終わるんですが、後半で出てくる射精管理の下りなんかは結構使えました。娘に射精管理されて、娘の友人に罵倒されるとか、なかなかエロい。

 射精管理といえば最近買った『寝取られ妻との性生活』というCG集がすごいエロかったです。寝取られというか、むしろ寝取り男が出てこないので、寝取り男のためにマゾ調教される主人公の話なんですが、射精管理されて早漏化されていくみじめな気分を味わいました。オジサンどんどん最近M化してきてるけど、疲れているのかな。
寝取られ妻との性生活 -浮気相手の為に夫を壊す悪女-

いつか余裕替え来たら単純に寝取られるだけじゃなくて寝取られマゾに調教されてしまう系の小説も書きたいです。

このページのトップヘ