憂ばかり続いていたので、澪を書いてみた。
『学園アイドルの失態』でおもらしショーツを穿いたまま授業を受けることになった澪が、お腹を冷やしてしまうお話。

授業中の教室内で、どうしても下痢を我慢できなくなった澪は……?

【けいおん・澪1】学園アイドルの失態に

【けいおん・澪2】失態の連鎖に
 


(うぅ……お腹痛い……!?)


 ゴロ、ギュルルルルルル…………。


 6時間目の授業中のことだった。
 澪は黒髪に覆われた背中を丸めながらお腹を押さえていた。
 不運なことに、急にお腹が痛くなってきてしまったのだ。

 おもらしショーツを履きつづけているのがまずかったのだろうか?
 お腹からは腸が捻れそうな痛みを伴った音が響いてきた。


 昼休みにおもらししてしまったショーツは、実はまだ履きつづけている。
 しっとりと密着してくるショーツは、最初こそは温かかったけど、時間が経つにつれて冷えてきて、お腹にピタッと密着して澪を苦しめていた。


 もわり……。
 スカートの裾から湿ったアンモニア臭が立ち上ってきて、澪の羞恥心をかき立てる。
 それに痒さもつらくなってきた。


 ゴロ……コロコロコロ……
 ギュルル!!



「はうっ」
 背筋を伝い落ちる滝のような冷や汗もショーツに染みこんでいるようだった。
 生乾きのショーツはいっこうに乾燥する気配はなく、デリケートゾーンを痒みかぶれさせているのだ。
 ショーツの中に手を入れて掻きむしりたいところだったけど、そんなことを授業中に許されるわけがなかった。
 ただ、机の木目を数えて、


 タラリ……
 肉の狭間の秘裂を、汗が流れ落ちていくとお尻の方へと吸収されていった。
 お尻を浮かしてみると尿と汗でグチョグチョになっていた。


(早く、早く早く、授業終わってくれよぉ……)


 腹痛の波が押し寄せては引いていき、
 安心したころになると再び押し寄せてくる。

 だけど、その痛みが段々と大きくなっているし、
 澪自身の体力も削られているのは明らかなことだった。

(う、うそ……)
 早く授業が終わればいいのにと思いながら時計を見てみると、まだ授業が始まって10分しか経ってなかった。
 トイレに行くには、まだまだこの腹痛と闘わなければいけないと言うことだ。
 
キュルッ!
 ゴポポポ!!


(はう!!)


 腸内で気泡が詰まったのか。
 お腹が破裂しそうな痛みが走った。

(お、おなら……?)
 気泡が腸内で暴れ回るたびに激痛が生み出される。
 それはじわじわと澪の体力を蝕んでいき……。

 ちょっとでも出しておかないと、授業を無事に終えることができるかどうか……。

(ちょっとだけ、ちょっとだけだから……)

 慎重にお尻の力を抜いていく。
 音が出ないように慎重に……。




(あっ、で、出ちゃう……)




 おならを出せば、ちょっとは楽になるだろうか?
 もしかしたら臭いでばれてしまうかもしれないけど、『ミ』を出してしまうよりは数倍マシだ。
 そんな思いで肛門を緩めていき……


 ビチュ!


「んあぁ!!」
 気体とは違う、明らかに熱い感触。
 音が出なかったのが、せめてもの救いだった。
 短い噴射音は、ショーツの中で消えてくれた。
 だけど、内側には取り返しのつかない、熱くて粘度の低い液体が張りついていた。


 完全な水溶便だった。
 ちびってしまった。
 授業中だというのに、うんちをちびってしまった。

 おもらしして秘裂が浮き上がっているショーツが、ヒクンッ! イビツに痙攣すると、クロッチの内側に、薄い黄土色の水溶便の染みが滲み出してくる。

 
「あ、ああぁ……」



 むわ……。
 玉子が腐った匂いが、スカートの内側から溢れ出してきた。
 もう、残された体力は僅かだった。



 時計の針は進まない……。

失態の連鎖2につづく!
 
大決壊! シリーズ発売中☆
スマホでも読めます!
大決壊! 01~ないしょの成長日記~