「操魔の器」を発売からだいぶ経ってしまいましたが、ようやく次回作を表に出せるくらいの形が出来てきたので発表致します。
次回作は「卵の鍵」です。まだロゴないけど。

image_20190210_204931
奥地に隠れ潜むように暮らす一族。
彼らの元にとある知らせが伝えられます。
それはかつて奪われた一族の宝を、掟を破って抜け出したアンジュが見つけ出したというものでした。

image_20190210_222455

村の宝、卵の鍵は一族が代々受け継いできたもの。
かつて世界を揺るがした魔王の卵を制御できるものだとも伝えられています。
アンジュはその卵の鍵を取り戻す代わりに、宝の扱いも一族のあり方も自らに一任するように要求してきたのでした。
今までの掟を重んじる長老は、彼女に任せれば宝を世間に出すような事態になると判断。
アンジュ以外の者の手で卵の鍵を取り戻そうと考えます。

image_20190210_222416

しかしながら外の世界とろくに接点を持たない一族の者たちには、一人を除いて旅慣れている者などいません。
主人公であるセラフィナは、その除かれる一人。
本来は宝を扱う役目を負う者であり、同時にアンジュ以上に掟破りを繰り返して何度も各地を旅してきた問題児でもあります。
やむなく、長老は彼女に卵の鍵の奪還を任せ、セラフィナは現在卵の鍵があるという商業都市・ミラドへ向かいます。
そのミラドでは、大体的なオークションがあるという話なのでした……

image_20190210_202538


というわけで今回のゲームは、オークションに掛けられる「卵の鍵」を回収するためのお金集めをすることになります。
その前段階としてオークションの期日までの居住権を確保したり、オークションが行われる上流階級の居住区へ入る権利を確保したり、色々ありますが最終的なクリア条件はお金の話です。
戦闘もありますが。

image_20190210_202556

今回はクエストという形で普通にやればダンジョンに行く機会が多く、普通のRPGのようなマップを作るとエロ関係ないダンジョンマップを何度も歩く羽目になるので、前作から一転してマップの類を全カット。
基本は前に進む選択肢を選ぶだけで、その中で発生するバトルやらHな罠やらを突破して進めるお手軽なダンジョンシステムです。敗北して監禁されたりすると多少の変化はありますが。
MVはマウスにも反応するので、マップを削ればマウスだけで動かせるというのもあります。
あと個人的にツクールMVの歩行グラ嫌い

image_20190210_194831

戦闘は花開く魔種+操魔の器を合わせた感じ。
ダンジョンマップは削っていますが戦闘は今までと代わりなく、戦闘エロは今まで以上の分量のものになる予定です。
また画面サイズそのものも今までよりも大きく取っているので、千羅万象様の画像を楽しんで頂けるかと。
image_20190210_234128

設定上は主人公がそこそこ強く、アンナさんのような汚染ブーストもフォーティのようなステルスもなしに戦える身なので、戦闘エロを除けば戦闘そのものは前作と違ってオーソドックスになる……はず。
まあエロ攻撃の時点であんまりオーソドックスじゃないですが。
ちなみにゲーム中で最強状態の主人公をそれぞれ比較した場合、設定的にはミーナ>セラフィナ≧アンナ>フォーティーくらい。
ただし胸はセラフィナが最強

image_20190210_232857

今回のゲームにおいて気を遣うのは、戦闘そのものよりも限られた期日でいかに条件を満たすか、という部分が主になります。
普通にやればダンジョンに行く機会が多くとは書きましたが、Hイベに関してはクエスト以外のものも多く、普通にやらなければクエストにほぼ行かなくてもクリア条件は満たせる予定です。
Hシーンの全体構成もだいたい花開く魔種+操魔の器になるんじゃないかと思います。モンスター化などは今回は設定的に無理ですし、妊娠時の行動範囲も花開く魔種に比べて狭くはなると思いますが。

40Elset

今回の舞台は人が集まる場所ですので、過去作キャラがかなり出ます。
ただエロがあるのは今回初出のセラフィナとアンジュだけですのでそれはご了承下さい。

発売については上手く行けば今年の末……ですが、正直なところ今の時点であまり上手くいっていないので今年の年末と来年初頭で半々くらいと思って下さい。
ギリギリ間に合う形で滑り込ませた場合に、販売サイトからの反応が色々と遅れるのも面倒なことになるので…