どうもこの言葉が前から聞いて引っかかってました。
新約聖書の一文に入っているようです。簡単に説明すると「復讐は神がやるから、あなたは親切にしなさい」と
ここで意味を間違えて人が手を下すと人誅になるんじゃないのか。映画でそういうタイトルがあったようでそれのせいで間違った意味が広がったとか。
なんでこんなこと書くの?って思われそうですけど、いや、まさかなっていう感じがあったので。

そんなことよりもやっぱり自分の作品が他の人よりも見られてないのがおかしい!って思う反面、自分から見た場合と他人から見た場合ではまるで違うわけですから。
ここで「こんなに自分は頑張ってる、でも他の人はそんなでもないのに反応があるよ、どうしてだ?」とキーッってなったりするのはダメです。
自分のことしか見てないってなるようです。

が、正直それは当てはまるのか?って思うところもあります。
なんか自分の場合は多くの人に見てくれて、それでちょっとでも「こんな絵を描くのか」って思われたいっていう思考があるからでしょう。
そう考えると自分本位ではありますし、やっぱり自分が未熟かーってなりました。
そう考えると、評価なんて気にしない、見てくれる人が少なくても気にしないが正解で淡々と自分の世界を作っていくのが正しいんだってなります。

この動画のコメント欄を見てたら、「あ、分かる」っていうものが載ってました。
耳が寂しいと思いつつも前に見た大愚和尚の動画がトップページに載ってたので。
https://www.youtube.com/watch?v=X7wW3jp3gTU&t=796s

自分も楽しんで作って、見てくれる人が少しでも楽しんだり、何かを感じてくれるように絵を描いたり作品を作り続けようと思います。
単に人気取りではなくて、真に描きたい!って思うものだけを本気でやっていきましょう。
もう建前とかで安請け合いはあんまりしません。うちの子描いて!って言われても食指が動かないなら時間を貰います。

クッパ姫とかなんかそんなのが今は大量に絵が量産されてるように感じますが、純粋に描こうという気持ちと人気取りが混ざってて、そういうのを見ると個人的には複雑ですね。
ツイッターとかで量産されていた時期はTLは一切見ませんでした。裏の感情が気になったので見てて辛い。
誰かはエロいかどうかだからそんなのは気にしないと言いましたが、自分は表面じゃなくてその裏にある感情の方が気になります。
人ですから、何かしら裏には感情がありますよ。「これ描いたら反応があるかも」とかそういった類の。

めんどくせぇやつだな!って思われても、自分は好き嫌いは主張してこういう奴だが、それでも構わん!っていう人だけ見ればいいよって思います。
良いところも悪いところも出していこうと思っています。