紙本

2016年12月29日

冬コミ新刊は「乱丁お詫びおまけ漫画2P」ペーパー付ですorz

表題の通り、冬コミ新刊は多分
小説のオチの直前に、その小説の元ネタ的漫画(いつか小説化しようと考えていたネタを漫画にしておいたヤツ)が挿入されている」という、
いい話ぶちこわしな乱丁(ページ指定の間違い)が発生していると思われます。

で、その辺は「そういう仕様です」と言い張って頒布させて頂きますが、どちら様もご笑納頂ければ幸いで御座います。
orz。

このエントリーをはてなブックマークに追加
RG28701 at 15:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年12月26日

#C91 冬コミお品書きです

osinagaki サークル銭さん家の冬コミ持ち込み作品は、こんな感じになります。
  • 新刊
    • 小説+4コマ本「嘘吐き女房と胃弱の殿様」(戦国・真田家)
    • 動画DVD「別所線今昔(仮称)」(鉄道)
  • 既刊
    • 4コマ漫画本「眞田井戸で逢いましょう」(戦国・真田家)
    • 小説本「真田源三郎の休日」(戦国・真田家)
    • 小説本「桃の木は残った」(三国志・TRPG)
  • グッズ類
    • 2頭身な真田家の皆様の缶バッチ各種
    • 真田紐と日本刀チャームで作った根付けストラップ
    • 天然石で作った「真田家の皆さんイメージ天然石ブレスレット」各種
    • レジンアクセサリ
  • そのほか何かあるかも……


このエントリーをはてなブックマークに追加
RG28701 at 22:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年09月07日

夏コミ新刊(?)の薄い本、こっそり通販してます。



このエントリーをはてなブックマークに追加
RG28701 at 12:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年09月03日

『月刊群雛』2015年09月号発売中です。

掲載作家は毎号一般公募。
巧拙問わず(もちろんしっかり校正済み)、ジャンル不問(まるで福袋)、早い者勝ち(意欲溢れる作家陣)という前代未聞の電子雑誌『月刊群雛』。


その『月刊群雛』第20号(2015年09月号)に、拙作を掲載して頂いております。

書名:
『月刊群雛 (GunSu) 2015年 09月号 ~インディーズ作家を応援するマガジン~』
定価:
オンデマンド印刷版 1560円(送料・消費税別)
電子版 450円(消費税別)
体裁:
電子版 EPUB(リフロー形式)およびBCCKS独自形式
オンデマンド印刷版 10インチ(W148×H192mm)/192ページ
発売日:
2015年8月25日(毎月最終火曜日発売)

≪ 概要 ≫

ゲストコラム以外に珠玉の八篇を収録。

●波野發作『オルガニゼイション』〈連載第3回〉

雨の中出会った猫と謎の新商品の体験談

神光寺かをり『のこり香』〈読切〉

その昔出会った「気に喰わぬヤツ」の顔は?

●神楽坂らせん(文)×しんいち(イラスト)『あいどる・とーく』〈読切〉

スーパーアイドルの裏側に潜む秘密の闇

●くろま『リアリストの苦悩』〈連載第2回〉

旧友との再会と、忘れようとしていた過去

●きうり『奥羽根本線 新町踏切』〈読切〉

写し出された悲劇の未来は変えられるか?

●幸田玲『夏のかけら』〈連載第1回〉

亡くした恋人の思い出と新たな出会い

●西野由季子『実録!パリJapan Expo』〈読切〉

日本コンテンツ海外進出の現場レポ

●神谷依緒『天体の指先』〈表紙イラスト〉

空に浮かぶ月をつまんでみせる少女と猫

制作スタッフ:0.9Gravitation/宮比のん/原田晶文/晴海まどか/西野由季子/竹元かつみ/鷹野凌


販売ストア
BCCKS オンデマンド印刷版:1560円
BCCKS 電子版:450円 (SOCIAL DRM)
楽天Kobo:450円
BOOK☆WALKER:450円
ブックパス:450円・読み放題
Reader Store:450円
Kindleストア:450円

なにとぞ、よしなに。

このエントリーをはてなブックマークに追加
RG28701 at 09:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月28日

「真田源三郎の休日」の紙書籍版が完売したので、電子書籍化しようと考えています。

「真田源三郎の休日」の紙書籍版が完売したので、電子書籍化しようと考えています。
とりあえずPDFにして、DLSite.comで配信という形になるかと思われますです。
表紙は下のような感じで。
(「絵師さんCF2zoA_UgAQ6SwBにお願いする予算がないのなら、自分で描けばいいじゃない」という強がりなんだか自棄なんだか判らない心情の産物)

このエントリーをはてなブックマークに追加
RG28701 at 16:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)