ノード

3DCGはモデルをつくるとか、それに動きをつけるなどの作業は楽しいのですが、ソフトを扱えるようになるまでの習得する過程がかなりしんどいです。
マニュアルは一度読んだだけではまず理解できません。
機械翻訳を通したような変な日本語だったり、意味不明な専門用語の羅列だったり、時には英語だったり。
これを噛み砕くのに一苦労し、自分なりにまとめたマニュアルをつくるのも時間がかかってぐったりします。
実際にやってみても予期せぬエラーにみまわれるだとか見えない壁にぶち当たって先に進めなくなるのは日常茶飯事で、それはもうフラストレーションがたまります。
こんな状態が続くと精神的に限界がきてブチ切れます。
ゲームに逃げます。
やるのは地球防衛軍2。
落ち着いたらまた再開しますが、やはりどうにもならずにうがあああああ!
「こんなもんもう二度とやるか!」と怒りにまかせてソフトをアンインストール!
布団に倒れ込んでじたばたしているうちに寝てしまう。
こんな調子です。
自分はこのブチ切れ→アンインストール→再インストールのサイクルを数か月周期で繰り返し、現在三回目のチャレンジになります。

なので涼しい顔で3Dアニメつくってるプロはほんとにすごいと思います。
ジョジョOPやアルペジオやシドニアやGGXrdなどの3Dポリゴンを駆使した作品、ああいうのは自分から見ると異次元のレベルです。
最も驚嘆すべきなのは限られたスケジュールの中で質、量ともにしっかりしたものを生み出してることです。
いったい何年やればあんなことができるようになるのか……
こっちはツールの扱いに習熟するのが手いっぱいでエロシチュや乳ゆれの追及どころではありません。

愚痴っててもしょうがない。少しずつでも前進していけ。
ということで最近ようやくノードというものに手を出し始めました。
これは何かと言うとフォトショなどでいうレイヤーの概念を図表に置き換え、アイコン的なものをつなげて合成していく機能です。
2D絵描きソフトと同じように、地肌の色、テカリ、陰影など絵の構成要素を細かく分解し、個別に調整しながら重ね合わせることは3Dでもできますが、ノードを使えば通常よりもさらに複雑で多彩な表現ができるので、実写風からセルアニメ調、淡いグラデーションのイラスト風まで様々な質感を作り出すことができます。
もちろん使いこなせればの話ですが。

チュートリアルなどを見てやってますがまだよくわかってません。
node node2

英語

自分は格闘ゲームはやらないのですが、人がやってるのを見るのは好きで動画サイトなどでよく見ます。
いわゆる動画勢というやつです。
先日カプコンカップという格闘ゲームの大会があり、その配信を生で見ました。
内容はというと、誰も予想できないような劇的な展開で、敗者復活から勝ち上がった日本のももち選手が見事優勝し、賞金の3万ドルを手にしました。
ラスボス級の世界の強豪たちを次々に撃破していく姿はとても頼もしく、息をするのも忘れるくらい見入ってしまいました。
スポーツなどでよく「息詰まる熱戦」と言いますが、
このときも「あれ、なんか胸が苦しい…」と感じることがありました。
ハラハラしすぎて実際に呼吸してませんでした。
こういう時は深呼吸が大事だなと思いました。

話は変わりますが英語の実況解説を見てて痛感するのは本場の英語と日本人の考える英語の発音が全く違うということです。
behindがバハインド、antiがエンティに聞こえます。
3DCGは有用な情報が英語ばかりなので、英語がわからないとつらいです。
特に今使っているBlenderというツールは完全な日本語マニュアルというものがなく、チュートリアル動画もほとんど英語。
読んで理解し、聴いても理解できるように毎日少しずつ英語を勉強しています。
自分の処理能力を超えると発狂しそうになるので少しずつ。
今回は
not gonna
ナッガナ
~するつもりはない
というフレーズを覚えました。

It's not gonna kill.
needs more.

ももち vs Ryan Hart戦(Losers)の勝負が決まる瞬間で聞こえた実況のセリフです。
かなりいいかげんなヒアリングだと思いますがこんな感じに聞こえました。
まだ死なないはずだ、もうちょい要る(ダメージが)
殺しきるには少し足りない
みたいな意味でしょうか。

画像は昔練習でつくった岩男
 untitled2untitled3


ごあいさつ

はじめまして。
同人サークル ドスケルベロスと申します。
ドスケベなエロスを提供しようとの思いを込めてこの名前にしました。
梅麻呂さんやダブルソフトクリームさんみたいな巨乳3D作品をつくっていこうと思っています。

製作中だった作品(スイカパインちゃん)がようやく出ました。
本来はストーリーのあるもう少し長い作品の予定だったのですが、経験と技量の無さにより途中で無理と判断。
さらにハードソフトのトラブルにより製作が困難となり一時はお蔵入りも考えました。
しかしすでに声優さんから超高クオリティの音声をいただいており、これを世に出せぬまま埋没させてしまうのはもったいないとの思いから、使える素材を無理やり使いまわしてあのような形になりました。
作品タイトルと手抜きパッケージ画像はゆるしてください。
あれをつくったのは心身ともに消耗しきってボロ雑巾のようになっていた時なのであまり覚えてませんほんとごめんなさい。

実際に創作活動をやってみて痛感したことは、
・思うのとやるのとでは大違い
・絶対に計画通りにはいかない
・途中のセーブデータは残しておかなければならない
・声優さんや販売サイトのサポートの方のあたたかさ
です。

未だに3DCGソフトの使い方もよくわかっておらず、照明も物理シミュレーションもこれから勉強ですが、3Dの偉大な先輩方に負けないようがんばります。 
作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
記事検索
  • RSS
  • Dlsite blog