息子の友達

美母献上(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

「うひょ~、こりゃ思ってた以上にムチムチのデカパイでもう堪んねえぜ! へへ、やっぱ綺麗で色っぽい人妻熟女の生おっぱいはエロエロで凄えよな、おい!」

「ああ、これがオレらが昔っから憧れてた、祐太の美人母ちゃんのデカパイかよ! へへ、もう予想以上に若い男どもを勃起させちゃう大人の女の爆乳だよな!」

 二人は興奮したように口々にそう囃し立てると、まるで当然の権利といわんばかりに、なんの躊躇や遠慮もなくお母さんの両脇からそれぞれの手をいやらしく伸ばしていった。

「あっ、ああん! ううぅ、いやあ……ねえ、ダ、ダメよ、さっきはあたしのおっぱい見せるだけって約束だったでしょ? そ、そんな二人ともいきなり乱暴に……ううぅ、ダ、ダメよ、ああっ、ダメぇ、はあん!」

 もっとも鼻息を荒くした加藤と木村に両脇からその熟れきった無防備の巨乳を揉みくちゃにされながらも、お母さんは息子のボクに対する弱みからか、その身をやるせなく捩りながら控え目な抵抗しか出来なかった。

(ああっ、お、お母さん! そ、そんな苛めっ子のあいつらにいやらしく生のおっぱい揉みくちゃにされて

 ボクはもう喉がカラカラに乾き、心臓が張り裂けそうだった。

 が、この期に及んでも相変わらずボクの足はまるで石のように動かず、叫び声すら出せなかった。

「ああん、うふぅ、ねっ、もういいでしょ? 今日はもうこれで許してぇ……あ、あなたたちだってまだ学校のお勉強が大切な○校生の男の子たちなんだから……はああ、ああっ、ほ、ほんとはこんなずっと年上の大人のおばさんに、ああ、同級生のお母さんのおばさんにこんないやらしいことしちゃイケないことくらい、ううぅ、ほんとはよく判ってるんでしょ? ねえ、良い子たちだから、ほ、ほんとに今日はもう……ああ、ううっ、はああん!」

 と、お母さんはまるで発情した若い野良犬のように興奮して迫ってくる加藤たちをなんとか刺激しないよう控え目に抵抗しながら、その口元に張り付かせた大人の笑顔で説得を試みようとしたが、やはりそれも無駄な抵抗だった。

「へへ、今更ダメだよ、おばさん! ああ、やっぱすげえよ、このムチムチの爆乳おっぱい! オレ、こんなずっと年上の大人の女の、てか、人妻のおっぱい揉みまくったの初めて!」

「へへ、オレもオレも! ほら、大人のおばさんだって乳首コリコリすると色っぽい声上げてビクンって感じてんじゃん! 人妻のくせに、おばさんもほんとは嬉しいんだろ?」

 生意気な苛めっ子たちは口々にそう言うと、絶対的な弱みを握っている苛められっ子の母親であるお母さんの虚しい抵抗など歯牙にもかけず、まるで若い性欲を刺激する新しい玩具を手に入れたように、ボクの愛しいお母さんの豊満な乳房を好き勝手に弄んでいった。

「はああ、ううっ、そ、そんなあ……ああ、き、君たちはまだ○校生のくせにぃ、あふぅ、ああん、世間じゃまだまだ子供扱いのくせにぃ……お、大人で人妻のおばさんに向かって、そんなエッチで生意気なことぉ……はあ、もういやあ、ううぅ、ああっ!」

 そしてそんなやるせない精一杯の恨み言とは裏腹に、罪深くも無意識のうちにその成熟した女体を色っぽくくねらせ始めたお母さんを挟んで、加藤と木村は益々スケベそうな邪悪な笑顔を浮かべて素早く目配せをした。

 一瞬、ボクは嫌な予感がした。

「へへ、おばさんもさっきからゴチャゴチャとうるせえな! だったら子供かどうか、オレたちの〝これ〟見てから判断してみろよ!」

「へへ、そうだよ! オレらはもうおばさんが知ってるような、昔の可愛いイメージの中坊のオレたちじゃないんだぜ!」

 二人はそう言うが早いか、その場にすっくと立ち上がって、手早くそれぞれガチャガチャとベルトを外してズボンと下着を下ろし、各々の隆々と勃起した若いペニスをこれ見よがしにお母さんの目の前に突き出した。

「ああっ、キャッ! あ、あなたたち、そんな……!」

 咄嗟に両手で口元を覆い、お母さんは彼らの凶暴なまでに勃起しているそれらをじっと凝視し、思わず絶句した。

「へへ、ここまで勃起しちまったのは全部おばさんのせいなんだからさ、このビンビンの○校生チ×ポ鎮めるため、大人の女として責任取ってくれよな!」

「へへ、じゃねえとオレたちも気が変っちまうぜ。とりあえず今日は、そのおばさんの色っぽい大人の口でオレらのチ×ポしゃぶってくれよ!」

 それからそんな戸惑うお母さんに、二人はニヤリと笑って有無も言わせぬ口調で言い迫っていった。

「ああっ、だ、だけどそんな……大人で人妻のあたしが、母親のあたしが、まさか息子の同級生のまだ○校生の男の子たちのオチン×ンを!? ううっ、で、でもほんとにそんなことまで、あたしにさせたいの……?」

 お母さんは赤面して恥ずかしそうにその顔を伏せながら、それでも上目遣いに目の前の二本の若い勃起ペニスを逡巡するようにしっかりと見つめていた。

「ほらホラ、おばさんがフェラで気持ち良くしてくれりゃ、オレたちも今日はすっきりして帰るからさ!」

「そうだよ、これで祐太の万引きの件も苛めの件も、全部チャラでみんなハッピーになれるんだからさ!」

  そしていまや哀れなほど弱い立場のお母さんにダメ押しするかのように、二人は己の若いペニスをこれでもかといきり勃たせて言い迫り、やがてしばしの沈黙のあと、お母さんはそんな彼らを恨めしそうに見遣ってから、まるで覚悟を決めたように弱々しく呟いた。

「わ、判ったわ……だけど絶対うちの子には内緒よ。そう、絶対祐太には……ううぅ、お、おばさんが君たちの若くて元気なそのオチン×ン……ああ、このお口で気持ち良くしてあげるわ」


~美母献上(DLsite版)
~美母献上(DMM版)

人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


ああん、ねえ、ほんとにぃ? はあ、ほんとにおばさんが祐介君の前で、あん、そのぅ、大人の女性のアソコ、広げて見せてあげなきゃいけないのぉ?」

 既に色っぽい透け透けのキャミソール姿になっている麻由美が、リビングのソファーにM字の恰好で座らされた状態で、恥ずかしそうに目の前の祐介に呟いた。

 そう、今日もまた先程から散々祐介に甘え倒され、その熟れ頃のいやらしい人妻の女体をたっぷりと弄ばれていた麻由美は、とうとう逡巡の戸惑いと受け身の姿勢を装いながらも、内心ここ数週間の期待と興奮に胸を高鳴らせて、ついに息子の友人の祐介との背徳の本番セックスに同意してしまっていたのだ。

「フフ、だってボクのオチン×ン、これまでおばさんにいっぱい見せてきたんだから、今日はおばさんがボクに大人の女のアソコじっくり見せてくれなきゃ不公平でしょ? さあ、おばさんが自分の指でいやらしく大人のアソコ開いてボクによく見せてよ! ねえ!」

 と、鼻息を荒くしてそう嘯いた祐介も既にその下半身を剥きだしにして、自慢の青臭いペニスを麻由美の目の前でこれ見よがしにギンギンに勃起させていた。

「はあん、そ、そんないやらしいことぉ……ううん、はあ、じゃあ、こ、こお? これでいい? あーん、恥ずかしい! おばさん、もう恥ずかしいわあ!」

 と、ここまでくれば祐介の破廉恥すぎるリクエストに逆らえるはずもなく、麻由美は興奮にそのバッチリと色っぽいメイクを施した顔を紅潮させながら、従順にその両指を駆使して、ノーブラノーパンのキャミソール姿の自身の熟れた下半身をパックリと開帳した。

「うわあ、す、凄いよ、おばさん! おばさんのいやらしい大人のアソコもう丸見えだよ! ああ、これがおばさんの人妻オマ×コ! ボク、興奮しちゃうよ!」

 感動したようにそう叫んで、祐介はまるで齧り付くように麻由美の熟れた卑猥な女性器に顔を近づけると、そのまま自分の勃起ペニスを眼前でパックリと口を広げた麻由美のそれへと押し当てていった。

「ああん! ううっ、ゆ、祐介君! はあああっ!」

 そしていよいよついに息子の友人のまだ○学生の魅惑の勃起ペニスの挿入を待ち望むかのように、麻由美はその指で己の女陰の卑猥な肉襞をじっと押し広げたまま、その場でうっとりと目を閉じていった。

 が、しかし果たして麻由美の内心打ち震えるような大いなる期待と興奮を裏切って、祐介の勃起ペニスは何故だか麻由美の剥き出しの淫裂をまるでじらすように何度も往復するだけだった。

「フフ、凄いよ、おばさん! おばさんの大人のオマ×コ、もうこんな濡れ濡れ! はあ、ボク、こうして擦りつけてるだけで気持ち良くなっちゃいそうだよ!」

 そんな意地悪な祐介の科白と態度に、麻由美はすっかり火照ってきている女体を切なく悶えさせながら、

「ああん、ゆ、祐介君? そ、そんな……ねえ、ほら、ここよ? あーん、わ、判るでしょ? おばさんのアソコ、もう祐介君の自由にしていいのよぉ? ね?」

 と、麻由美は浅ましくも自ら腰まで浮かせて、まだ○学生の少年にその挿入を間接的にアピールした。

「フフ、だけどこのままほんとに挿れちゃったら、おばさんの旦那さんや弘志にも悪いし……ああ、ボク、どうしよう? ねえ、おばさん、ボク、どうしよう?」

 と、同時に祐介は、ますますその麻由美の熱く潤う淫裂を己の勃起ペニスで深く大胆に抉りながら、麻由美の牝の本能を覚醒させるべく追い込んでいった。

「はあん! そ、そんな今更祐介君! ああん、お、おばさんにこんな恥ずかしい恰好までさせといて! いやあん、もう、はあ、はあ、ああっ、ううぅ!」

「フフ、そりゃボクだってここまできたらおばさんとセックスしたいよ! ボクのオチン×ンは美幸先生も大人の女を狂わせるっていつも褒めてくれてたし、実際美幸先生もいつもイキまくってからね! だからおばさんはどう? おばさんはどうしたいの? ねえ!」

 そしてその祐介の最後の科白が引き金となり、麻由美自身もようやく祐介の挿入を焦らす意図を悟ったかのように、その場で長くも甘い切ない嘆息を洩らして、

ああっ、もう祐介君たら……はああ、い、挿れて! ねえ、早く挿れてぇ! うちの子のお友達の祐介君の、まだ○学生の祐介君の、ああ、可愛くて逞しい勃起オチン×ン! はあん、お、おばさんの大人のいやらしいアソコにぃ! おばさんのこのグチョグチョに濡れてる人妻オマ×コにぃ! お願い! ねえ!」

 と、美幸は自ら限界まで卑猥に広げた熟れた女陰の牝穴を祐介のペニスに押しつけながら、まるで泣き媚びるようにソファーの背凭れに崩れ落ちていった

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(DLsite版)

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(DMM版)

天然淫母さゆり【完全版】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

 場所はいつものラブホテルの一室だった。

 もっとも部屋の照明はいつもよりも抑え目で薄暗く、大きなベッドの前方部分のサイドランプだけが、淫靡で幻想的な淡いピンク色の光を放っていた。

 そしてその隣に、胸元が大胆に開いた真っ赤ないやらしい透け透けシースルーのキャミソールを着たお母さんのしどけない姿があった。

 きっとまたずっと年下の○校生である本田たちを悦ばせるため、お母さん自ら持参してきてやったのだろう、もちろんそれは息子のボクなどが見たこともないような、ただひたすら血気盛んな年若い少年たちの性欲を刺激する卑猥で扇情的な代物だった。

お母さんはベッドの前方に独りで座らされ、既にその顔を羞恥の桜色に染めながら、両手でそれぞれ自分の豊満な乳房とムッチリとした太ももを弄っていた。

 視覚的には、正にそんないやらしい姿のお母さんが単独アップでフィーチャーされており、なるほど本田たちの言う通り、背徳的且つ官能的な成熟した人妻による浮気告白動画といった趣だった。

 またカメラも舐めるように移動とズームを繰り返し、そんなお母さんの熟れきった女体を捉えていた。

へへ、マジかよ、さゆりママ! これでもう浮気告白した人数八人目だぞ!」

へへ、しかもここまでみんな、さゆりママよかずっと年下の若い男ばっか!」

 先ほどからずっとこんな調子でお母さんの告白は続いていたのであろう、カメラ脇から本田と林のスケベそうな囃し声が聞こえてきた。

いやあん、もうまたそんなエッチに囃し立ててぇ……たまたまよぉ、たまたま、そのぉ、うふぅん、元気でエッチな若い男の子たちと縁があったって言うかぁ……はああん」

 そう言って、お母さんは鼻から甘い吐息を洩らしながら、その場で更に色っぽくシナを作って見せた。

「フフ、嘘つけ! 元々さゆりママが、元気でエッチで生意気な若いフレッシュチ×ポが大好きなんだろ?」

「フフ、そうだよな! まったく人妻で母親のくせにいやらしすぎるぜ! そんで、先月バイトの送別会の帰りに3Pしてやったっていう○校三年生たちがその次の浮気相手だったのかよ? ほら、正直に言えよ」

「あーん……そ、それは、うふぅ……さっき話したバイトリーダーの大学生の男の子がいるでしょ? その子のお友達で熟女好きっていうのぉ? ああん、自分のお母さんくらい年上の巨乳の人妻とヤリたがってる子がいるから、どうしてもってお願いされちゃってぇ……だ、だからぁ、はあぁ、そ、その子のお友達の男の子とも何回かラブホテルで……いやあぁ、ううぅ、あたしもう恥ずかしいわあ」

 そこまで言うと、お母さんは心底恥ずかしそうに、自分の熟れた女体を両手で弄りながら身悶えていった。

「それで浮気相手の友達にもヤラせてやったのかよ!」

「そんなお上品な顔してなんかすげえことしてんな!」

 まだ○校生の自分たちの前で人妻のお母さんにオナニーをさせながらの浮気告白をねだっておいて、本田たちはあらためて興奮したように感嘆の声を上げた。

「いやあぁん、そんなこと言わないでぇえ……ああっ、そ、そうよぉ、あたしぃ……この熟れた人妻の身体で、このエッチなお母さんの身体でぇ、若い男の子たちにいっぱいエッチなご奉仕して可愛がってもらってきたのよぉ……はああぁん、しゅ、主人には内緒でぇ、む、息子にも隠れてぇ……あーん! いやああ、ううっ!」

 それからお母さんはまるでその自分の告白に昂ってきたように、その豊満な乳房を強く揉みしだきながら、ついに太ももを弄っていた片手をキャミソールとセットの透け透けのパンティーの中にもどかしく挿し込んでいった。

「フフ、だけどさゆりママのいままでの浮気相手で一番若いのって、息子と同い年のオレたちなんだろ?」

「フフ、だったらまだヤッたことない、オレたちよか年下のガキどもはどうよ? もっと興奮すんじゃね?」

 それぞれそう言って、本田と林はそんないやらしく身悶えるお母さんに言い迫った。

「はあああん! そ、そうよぉ、む、息子と同い年の○校生の君たちが一番年下の浮気相手で、こんなにも興奮しちゃうのにぃ……あああん、う、うちの息子や君たちより年下の子たちとなんてぇ、いやあん、もうそんなこと想像するだけでエッチすぎるわああ~!」

 お母さんは身悶えるようにそう切なく喘いで、ますます淫乱に自分の熟れ火照った女体を弄っていった。

「へへ、嘘つけ! ほんとはもう想像して興奮してんだろ? その人妻オマ×コもう濡れ濡れなんだろ!」

「へへ、ほんとはヤリたいんだろ? 自分の息子よりもっと年下の生意気なガキどもにも、その熟れ熟れムチムチの人妻熟女ボディ、ヤラれまくりたいんだろ!」

 いまや二人もすっかり興奮してきた様子で、そんな不埒な想像に悶える人妻で母親のお母さんをますます追いつめていった。

「ううっ、はあぁ、そ、そんないやらしいことぉ……いやっ、そ、そうよぉお! あ、あたし、ヤ、ヤリたいっ、ヤラれたいわあ! 自分の息子よりも年下の生意気な坊やたちにも! こ、この熟れた人妻の身体ぁ、このエッチなお母さんの身体ぁ、もういっぱいヤラれまくりたいわああ! はああっ、ああぁ~ん!」

 お母さんはもう我慢できないという感じで身悶えてそう叫ぶと、その喉を淫靡に震わせながら天井を仰いでいった―。

~天然淫母さゆり【完全版】(DLsite版)
~天然淫母さゆり【完全版】(DMM版)

人妻寝取られ参観日(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

 そしていよいよ恵美子も興が乗ってきたように、その瞳をしっとりと潤ませながらその頬も色っぽく上気させ、全身を弄っていた両手をそのまま自分の豊満な乳房やムッチリとした太ももに悩ましげに伸ばしていった。

 同時に、図らずもそれはまるで成熟した大人の女の自慰行為の場面のようで、まだ○学生の一輝は初めて見る恵美子のそんな浅ましい姿に思わずゴクリと唾を飲み込んだ。

「ねえっ、おばさん! おばさんはそんなにエッチで恥ずかしい人妻で母親なら、もしかして今日の参観日に来てたときからずっと興奮しちゃってたの!?

 それからギュッと自分のスマホを握り締めた一輝が、すっかり興奮したように恵美子に言い迫ってきた。

「あーん、一輝君たらぁ……うふぅん、ええ、でも、そ、そうね! だってぇ、うちの子の教室には、おばさんの大好きな元気な若い坊やたちがいっぱいいるんですものぉ! ああん、それに休み時間にはおばさんのこのおっぱいやお尻、チラチラとエッチな目で見てくる男の子たちもいたんですものぉ! はあ、ああっ、ううぅ、お、おばさんだって、うちの子には悪いけどそんなのもう興奮しちゃうわあ! いやあん!」

 と、恵美子はますます淫らにその女体を身悶えさせながら、まるで目の前の一輝に見せつけるかのように、片手で己の乳房を揉みしだき、もう一方の手をついにその熟れ濡れた恥ずかしい女陰の上にあてがった。

「ええ~っ!? だ、誰? ねえ、お、おばさんのこと、エッチな目で見てた奴らって一体誰なの!?

 途端に滑稽なくらい慌てたように、一輝は自分の前で痴態を晒し続ける友母の恵美子に問い質した。

「ああん、そ、そんなあ……うふぅん、ええ、そう、野球部の田村君やバスケ部の片岡君たち? あーん、ほら、前に一輝君と一緒にうちに遊びに来たでしょ? だからおばさんもよく覚えてるの! ああ、すっごく元気が良くて、女の子にもモテそうないい子たちよね? はあん、おまけにこんな人妻のおばさんでも、ううぅ、エッチな目で見てくれてぇ……やっぱりおばさんだって、もう、あん、もう興奮しちゃうわあ!」

 身悶えながらふしだらにそう陶酔の嬌声を上げて、恵美子はまるで男を誘い込む淫乱な情婦のように、下唇を艶めかしくその赤い舌でチロチロと濡らして見せた。

 そして恵美子にしてみればもはや自分の女としての魅力を持って挑発する対象は、カメラの向こうの夫ではなく、いつの間にか眼前の一輝に入れ替わっていた。

 そう、いまや恥ずかしいくらい興奮して濡れそぼっているこの熟れた女体の火照りを鎮めてくれるのは、正に目の前で鼻息を荒くしている若い牡しかいないのだから

「ううっ、クソぉ、あいつら!」

 同時に一輝はそう短く叫び、握っていた録画中のスマホを乱暴にベッドの脇に投げ置くと、次の瞬間、目の前の恵美子を強引に押し倒してその女体の上に覆い被さっていった。

「ああん! キャッ、か、一輝君!?

 と、思わず恵美子も切なそうに短くそう叫んで、そのまま一輝の為すがままにベッドの上に押し倒されていった。

 そう、まだ年若いながらも一輝は立派に女を抱ける能力を持つ一人の牡として、目の前で発情している牝が他の男に性的な興味を示すことに対し、異常な興奮と嫉妬を覚えもはや我慢が出来なくなっていたのだ。
  実際、一輝の青臭いペニスはこれまで散々恵美子とまぐわってきた中でも、最高と言っても良いくらいに激しく隆々と勃起していた。

 そしてそれはこれまでも何人もの若い男の子たちを自らの熟れた女体で興奮させ、究極の快楽に導いてきた恵美子ならではの、成熟した牝としてのナチュラルな淫計でもあったのだ

~人妻寝取られ参観日(DLsite版)
~人妻寝取られ参観日(DMM版)

寝取られ自撮り浮気妻~浮気相手は息子の友達の童貞少年編(体験版

※本編シーンよりランダムに一部を抜粋しています

●(ベッドで恥ずかしがる一輝の股間を覗き込んで)

(はしゃいで)うふふ、あーん、もう一輝君たらぁ、
そんな恥ずかしがらないでぇ❤
ほうら、一輝君のオチンチン、
ちゃんとおばさんによく見せてぇ❤

●一輝『……だ、だって、ボクも恥ずかしいよ!』

うふ、もぉ、さっきはお友達のママのおばさんの体ぁ、
あっという間にぜ~んぶ裸にしてぇ、
このおっぱいにむしゃぶりついてたくせにぃ……

ふふ、今更恥ずかしがっちゃダ~メぇ❤
ねっ、ほら、早く手をどけて、
大人のおばさんに、一輝君の可愛いオチンチンよく見せてぇ❤

●一輝『だ、だったら……こ、これでいい?(手を除ける)』

(うっとりと)……ああん、そう、はあ、す、凄いわあ!❤
ああ、綺麗、ほんとに綺麗なオチンチンねえ……
ああん、おまけにもう、こんなに固く勃起してくれてぇ……

うふぅん、はあ、凄いわあ、一輝くぅん❤
もう皮も剥けそうで、先っちょもピクピクしてるぅ❤
はあん、こ、これが童貞坊やのオチンチンなのね❤
ねっ、おばさんにこの素敵なオチンチン触らせて!❤

●一輝『(ペニスを握られ)ううっ、おばさん! 
でも、カメラの前でボクとこんなことしてほんとにおじさんは怒らない?』

え? カメラの前で一輝君とこんなことして、
ほんとにうちの主人が怒らないかって?
あーん、うふふ、いいのよ、そんなの気にしないで……

うちの主人はね、こうやって愛する奥さんのあたしが、
まるで自分の息子みたいな年頃の若い男の子たちと、
いっぱいエッチなことすればするほど興奮しちゃう、
うふ、変態おじさんなんだからぁ……❤

ああ、ねっ、それより、一輝君のこのオチンチン、
もうこんなビンビンに固くなって、熱くなってるわよ?❤
ねえ、こうやっておばさんの手でシコシコされると、
すっごく気持ちイイでしょ?❤

●一輝『うん! ああ、お、おばさん、気持ちイイよ!』

うふぅん、可愛いわあ!❤
ねっ、まだ童貞の一輝君は、
いつもこうやって独りでオチンチンシコシコしてるのぉ?

ああん、ねえ、教えてぇ❤
一輝君はずっとおばさんでエッチなこと想像して、
この可愛くて逞しいオチンチン握ってたんでしょ?

●一輝『そ、そうだよ! ボク、
いつもおばさんのエッチな姿想像してオナニーしてたんだ!』

あーん、おばさん、嬉しい!❤
こんなずっと年上の人妻のおばさんが、
一輝君みたいな若い男の子の、
オナニーのオカズにされてたなんてぇ❤
おばさん、もう興奮しちゃうわあ!❤

(いやらしく囁き)ほら、どお? これ? 
自分でするより気持ちイイでしょ?
こうやって、ああん、シコシコ、シコシコ❤
はあ、ああ、もうピンク色の亀頭もパンパンで、
我慢汁もどんどん溢れてきてるわよぉ!❤

ああん、ほら、ねえ、皮も剥けてきたぁ❤
ほら、こうやって、先っちょのお汁で亀頭をヌルヌルにしてぇ……
ねえ、また、シコシコ、シコシコ❤ 
うふぅ、どお? 気持ちイイ? ああ、はあん!!❤

●一輝『あっ、おばさん! そんなされると、ううっ!(と射精)』

(驚き)えっ!? キャッ、あっ、あっ、か、一輝君!?

(まったりと)あーん、うふふ……
ああ、そう、出ちゃったわねえ……❤
若い男の子の精子ぃ、凄い勢いでピュッピュッってぇ……❤

うふふ、ごめんなさいね
おばさんも興奮して、つい力入っちゃったあ❤
うふ、でもホラ、一輝君のオチンチン、まだ固いまんまよぉ?❤
おばさんの手の中で、ほら、まだピクピクしてるぅ!❤

だったら、おばさんが一輝君の精子ぃ、
ぜ~んぶお口で吸い出してあげるぅ……!!❤



~寝取られ自撮り浮気妻・浮気相手は息子の友達の童貞少年編(DLsite版)
~寝取られ自撮り浮気妻・浮気相手は息子の友達の童貞少年編(DMM版)
※音声体験版は各販売サイト様でもご用意しています

天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん3(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

「はあん、うふ……ええ、そう、いいわあ。ああぁ、お久しぶりの若い坊やたちぃ、うふぅん、今日はこのおばさんに一体どんなエッチなことしてほしいのぉ?」

 お母さんはわざといやらしい口ぶりで熱っぽくそう言うと、まるで自ら誘うように色っぽい眼差しを揃ってニヤつく少年たちに投げかけた。

 そしてそんなお母さんの両耳に、本田と林が更にニヤニヤと笑いながら何事かを吹き込んだ。

 するとその途端、

「ええっ!? そ、そんないやらしいこと……ほ、本気で○校生の息子もいる母親のあたしにさせたいの?」

 お母さんは一瞬でその顔を羞恥の桜色に染めながらも、既に両手で自身の熟れた女体を弄り始め、どこかでもう興奮してきているような様子だった。

「へへ、翔太も翼も喜べよ! いまからこのお上品なさゆりママが、息子みてえなオレたちの前でムチムチの人妻熟女ストリップショー見せてくれるんだと!」

「へへ、しかも今日は特別、PTAの口煩いおばさん連中みたく、大人としてエッチで生意気なクソガキのオレたちを叱りながら一枚一枚脱いでくれるんだと!」

 それから本田たちはいやらしくそう捲し立てると、まだ○学生の翔太たちをも巻き込んで、まるで恥ずかしがるお母さんを煽るかのように、「ほら、脱~げ! 脱~げ!」とその場で一斉に下卑たコールを始めた。

 クローゼットの扉越しに、そんないきなりの窮地に陥ったお母さんのあまりに破廉恥な状況を見つめながら、ボクは思わず興奮してゴクリと唾を飲み込んだ。

 そう、何故ならこのお母さんの大人の女性の矜持と母性を抉るような〝羞恥プレイ〟こそ、先日息子のボクが本田たちにリクエストしておいたものだったからだ。

ううん、もおぉ、はあ~、わ、判ったわあ……お、大人のおばさんが、ああ、みんなのエッチなお母さんがぁ、君たちみたいなほんとにエッチで生意気な悪い男の子たちを叱りながら……はあぁん、じ、自分でお洋服、ううっ、もう全部脱いじゃうわあ、ああん!」

 そしてお母さんはその身を色っぽく捩りながら切ない吐息を洩らすと、やはり既にどこか興奮してきているように、まずは肩に羽織っていた薄手のカーデガンをはらりと脱ぎ捨てた。

 同時にぴったりとした熟れた豊満な身体のラインも眩しい、肉感的なノースリーブの白いサマードレス姿になったお母さんに、その場を取り囲む○校生と○学生たちは一斉にいやらしくも下品な歓声を上げた。

ううぅ、ああぁ、ほ、ほんとに悪い坊やたちね……き、君たちはまだ○校生や○学生のくせに、はあ~、お、大人のおばさんにこんな、こんなエッチなことまでやらせてぇ……ほんとにいけない子たちよぉ!」

 とお母さんは声を上ずらせながらも、両手を回して背中のジッパーを下ろすと、しどけなくも悩ましげにその熟れきった女体をくねらせながら、着ていたサマードレスを足元にスルリと落としていった。

はあん、い、いくら若いからってもう調子に乗って、お、大人を大人とも思わずに、まるで自分たちのママくらいの熟れた人妻まで、ああ、そのヤリたい盛りの若い性欲の対象にするなんてぇ……こ、こんなこと、世間じゃ絶対に許されないことなのよぉ!」

 そしてお母さんは今日のこの日のために密かに用意していたのだろう、目の前の若い彼らの性欲と征服欲を直球で刺激するようなゴージャスで扇情的な透け透けシースルーの下着姿で、今度はひたすら恥ずかしそうに、その既に半分以上は露出している豊満な乳房を包んだブラジャーのホックを自らの指で外していった。

ああぁ、そ、それなのに、き、君たちは今日も、人妻で、ああ、○校生の息子までいる母親のあたしのこのいやしく熟れた身体を、わ、若いオチン×ンで苛めるまくるつもりなんでしょ? ひ、人妻が、あたしが若いオチン×ンに逆らえないの知ってて、エッチなお母さんのこの熟れた身体をぉ……あーん、ねえっ!?

 お母さんは顔を真っ赤にしてその瞳を潤ませながら、もはやすっかり興奮して声を震わせていた。

 同時に片手で押さえていたブラジャーをどこか媚びるように、そしてまるで見せつけるかのように、ハラリと足元に落として、相変わらずその重量感たっぷりの魅惑的に熟れた生の乳房をついに露呈させた。

 途端、お母さんを取り囲んでいた少年たちは好色などよめきと歓声を上げ、お母さんはそのまま崩れ落ちるように彼らの足元にその身を投げ出していった。

「へへ、どんなに偉そうなこと言っちゃっても、やっぱりもう我慢できねえんだろ、さゆりママ!」

「へへ、大人で人妻で母親のさゆりママは、もう自分の息子みてえな若いチ×ポたちの奴隷だもんな!」

 そう嘯きながら、四人の少年たちはそんな浅ましくも扇情的な人妻のお母さんの姿を、まるで値踏みするようにニヤニヤと揃って見下ろしていた。

「ああっ、そ、そうよ! あたし、ずっと主人と一緒でもう我慢できなかったのぉ! ねっ、なんでもするから早く犯してぇ、この熟れたいやらしいママの身体、君たちの若いオチン×ンでぇ! ねえ、早くぅうん!」

そしてお母さんは、本当に息子のボクの目の前で、若い彼らの足元に哀れに縋りついていった

~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん3(DLsite版)
~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん3(DMM版)

天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん2(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


 お母さんはベッドの前方に独りで座らされ、既にその顔を羞恥の桜色に染めながら、両手でそれぞれ自分の豊満な乳房とムッチリとした太ももを弄っていた。

 視覚的には、正にそんないやらしい姿のお母さんが単独アップでフィーチャーされており、なるほど本田たちの言う通り、背徳的且つ官能的な成熟した人妻による浮気告白動画といった趣だった。

 またカメラも舐めるように移動とズームを繰り返し、そんなお母さんの熟れきった女体を捉えていた。

へへ、マジかよ、さゆりママ! これでもう浮気告白した人数八人目だぞ!」

へへ、しかもここまでみんな、さゆりママよかずっと年下の若い男ばっか!」

 先ほどからずっとこんな調子でお母さんの告白は続いていたのであろう、カメラ脇から本田と林のスケベそうな囃し声が聞こえてきた。

いやあん、もうまたそんなエッチに囃し立ててぇ……たまたまよぉ、たまたま、そのぉ、うふぅん、元気でエッチな若い男の子たちと縁があったって言うかぁ……はああん」

 そう言って、お母さんは鼻から甘い吐息を洩らしながら、その場で更に色っぽくシナを作って見せた。

「フフ、嘘つけ! 元々さゆりママが、元気でエッチで生意気な若いフレッシュチ×ポが大好きなんだろ?」

「フフ、そうだよな! まったく人妻で母親のくせにいやらしすぎるぜ! そんで、先月バイトの送別会の帰りに3Pしてやったっていう○校三年生たちがその次の浮気相手だったのかよ? ほら、正直に言えよ」

「あーん……そ、それは、うふぅ……さっき話したバイトリーダーの大学生の男の子がいるでしょ? その子のお友達で熟女好きっていうのぉ? ああん、自分のお母さんくらい年上の巨乳の人妻とヤリたがってる子がいるから、どうしてもってお願いされちゃってぇ……だ、だからぁ、はあぁ、そ、その子のお友達の男の子とも何回かラブホテルで……いやあぁ、ううぅ、あたしもう恥ずかしいわあ」

 そこまで言うと、お母さんは心底恥ずかしそうに、自分の熟れた女体を両手で弄りながら身悶えていった。

「それで浮気相手の友達にもヤラせてやったのかよ!」

「そんなお上品な顔してなんかすげえことしてんな!」

 まだ○校生の自分たちの前で人妻のお母さんにオナニーをさせながらの浮気告白をねだっておいて、本田たちはあらためて興奮したように感嘆の声を上げた。

「いやあぁん、そんなこと言わないでぇえ……ああっ、そ、そうよぉ、あたしぃ……この熟れた人妻の身体で、このエッチなお母さんの身体でぇ、若い男の子たちにいっぱいエッチなご奉仕して可愛がってもらってきたのよぉ……はああぁん、しゅ、主人には内緒でぇ、む、息子にも隠れてぇ……あーん! いやああ、ううっ!」

 それからお母さんはまるでその自分の告白に昂ってきたように、その豊満な乳房を強く揉みしだきながら、ついに太ももを弄っていた片手をキャミソールとセットの透け透けのパンティーの中にもどかしく挿し込んでいった。

「フフ、だけどさゆりママのいままでの浮気相手で一番若いのって、息子と同い年のオレたちなんだろ?」

「フフ、だったらまだヤッたことない、オレたちよか年下のガキどもはどうよ? もっと興奮すんじゃね?」

 それぞれそう言って、本田と林はそんないやらしく身悶えるお母さんに言い迫った。

「はあああん! そ、そうよぉ、む、息子と同い年の○校生の君たちが一番年下の浮気相手で、こんなにも興奮しちゃうのにぃ……あああん、う、うちの息子や君たちより年下の子たちとなんてぇ、いやあん、もうそんなこと想像するだけでエッチすぎるわああ~!」

 お母さんは身悶えるようにそう切なく喘いで、ますます淫乱に自分の熟れ火照った女体を弄っていった。

「へへ、嘘つけ! ほんとはもう想像して興奮してんだろ? その人妻オマ×コもう濡れ濡れなんだろ!」

「へへ、ほんとはヤリたいんだろ? 自分の息子よりもっと年下の生意気なガキどもやまだ童貞のガキどもにも、その熟れ熟れムチムチの人妻熟女ボディ、ヤラれまくりたいんだろ!」

 いまや二人もすっかり興奮してきた様子で、そんな不埒な想像に悶える人妻で母親のお母さんをますます追いつめていった。

「ううっ、はあぁ、そ、そんないやらしいことぉ……いやっ、そ、そうよぉお! あ、あたし、ヤ、ヤリたいっ、ヤラれたいわあ! 自分の息子よりも年下の生意気な坊やたちにも! まだ童貞の可愛い坊やたちにも! こ、この熟れた人妻の身体ぁ、このエッチなお母さんの身体ぁ、もういっぱいヤラれまくりたいわああ! はああっ、ああぁ~ん!」

 お母さんはもう我慢できないという感じで身悶えてそう叫ぶと、その喉を淫靡に震わせながら天井を仰いでいった

~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん2(DLsite版)
~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん2(DMM版)

天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


 場所は昨日と同じ、ファミレスの手狭な倉庫だった。

 隠しカメラのアングルも昨日とほぼ同じ位置。

ああん、休憩時間にこんなとこ呼び出してぇ、もうまたなのぉ、君たちは……うふぅん、もうまだ○校生のくせにほんとにエッチな坊やたちねえ、ふふ」

 お母さんは店の倉庫という場所柄、控え目な声音でそう甘ったるく囁くと、その場で切なく身悶えていた。

 そして昨日と同じく、またもや本田と林はその顔を一段とスケベそうに輝かせ、制服の上からお母さんの無防備な熟れた女体を好き放題に弄っていた。

「へへ、だって昨日は超興奮したんだもん! ねっ、さゆりママ、今日の下着の色は? 今日はどんなブラジャーしてんのぉ~?」

 と、本田は大胆にもお母さんの制服の胸元をいやらしい手つきで大きく開いて覗き込んだ。

「おっ! 美味しそうなムチムチの巨乳発見! しかも紫のフリフリ透け透けのエッチブラじゃん! へへ、人妻のくせになんかイヤらしいぞ~、さゆりママ!」

 と、同じく大きく開かれたお母さんの胸元を覗き込んだ林も下品に囃し立てた。

「いやん、もう~!……うふふ、もうダメよ、バイト中にそんなエッチな悪戯ばっかりしちゃ……おばさんだって恥ずかしいわぁ、ふふ」

 お母さんは思わず胸元を抑えて身を捩って見せたが、その声音には二人の不埒なセクハラを責める感情など微塵もなく、むしろお母さん自身どこか悦んでいる風にも思えた。
「でもさあ、こんな熟れ熟れムチムチのエロエロボディしてて、いままで若い学生バイトたちにも散々口説かれまくったろ?」

「そうだよ! おまけに若い学生バイトたちにはニコニコセクハラもさせ放題で、絶対ヤラれまくってるって」

 二人はニヤニヤとそれぞれ言いながら、その手で馴れ馴れしくもいやらしくお母さんの豊満な胸やお尻を好き勝手に弄んでいた。

「あーん、ふふ、そ、そんなことぉ……あん、うちのバイトの大学生や○校生の若い男の子が、自分のママみたいなこんなおばさんとぉ? うふふ、いやあん、そんなことエッチすぎるわぁ

 お母さんは息子のボクと同い年の二人の○校生の大胆なセクハラをもはや咎める意思もなく、どこか愉しそうに、そしてどこか嬉しそうに甘ったるく囁いた。

「へへ、だってさゆりママの旦那って単身赴任中なんでしょ? 毎日若くて元気なスケベ学生バイトたちに囲まれて、もう絶対浮気してるよね? ねっ!」
「へへ、だよな。この熟れ熟れムチムチのいやらしい人妻熟女ボディ、性欲ギンギンでビンビンの若い学生バイトたち相手にもうバンバン使いまくりでしょ? ねっ!」
 二人はそう言って、更に大胆にお母さんの熟れた女体を両側から密着して挟み込むように言い迫った。
「ああん、ふふ、もう許してぇ~……うふぅん、あたしはこう見えてもれっきとした人妻で、おうちに帰れば君たちと同い年の一人息子の優しいお母さんなのよぉ……だからそんなこと言っちゃダ~メぇ。はあぁん、もうエッチな坊やたちなんだからぁ
 お母さんは赤面してくすぐったそうにその場でその身を捩じると、無意識のうちに二人の密着した身体を受け止めるようにその両手を広げていった。
「へへ、だから余計興奮するんじゃん! 大体いくら仕事の教育係とはいえ、自分の息子と同い年のまだ○校生の生意気なガキどもに、こんな好き勝手にエッチなことさせてくれる人妻なんていねえし!」
 と、本田は興奮した様子で制服の上からお母さんの巨乳を思いきり鷲掴みにしていった。
「へへ、そうだよ。それに仕事頑張ったら、オレたちもっとさゆりママにエッチに甘えてもいいんだろ? だったら明日で丁度バイトの研修も終わるし、明日はオレたちともっと付き合ってくれよ~!」
 と、林も興奮してついにお母さんのスカートを捲り上げ、剥き出しになったそのムッチリとした太ももに手を伸ばしていった。
「ああっ! ううぅ、そ、そんなこと言われたってぇ……はあぁん、いやぁ、こ、こんなおばさんに、き、君たちはまだ○校生のくせにぃ、ダ、ダメよぉ……」
 お母さんはそれぞれ自分の乳房と太ももを大胆に弄ってくる二人の手に自らの両手を重ね合わせ、切なそうに、それでいて色っぽく唇を濡らしながら呟いた。
「へへ、いいじゃん! 明日はオレらの研修の打ち上げってことで。それにオレたち、まださゆりママの口から肝心の浮気の告白聞いてねえもん!」
「へへ、さゆりママの息子には残業とか適当に言っときゃ良いだろ? なあ、さゆりママは若い学生バイトたちみんなのエッチで優しいママなんだろ~?」
 そう言って、二人はますますその手をいやらしくお母さんの熟れた女体に這わせながら迫っていった

~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん(DLsite版)
~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん(DMM版)

人妻由紀子と少年たち3(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


「ええ、そうだったわね。わ、判ったわ……聡君も健司君も、ほんとにエッチな男の子なんだから……」

 そう言って、由紀子はその場にゆっくりと膝をついて、既に大きく前をはだけているブラウスを脱ぎ去った。

 少年たちは一旦由紀子から離れてその正面に回り込み、ニヤついた顔を興奮で更に輝かせながら、人妻でも母親でもある由紀子の生ストリップを固唾を飲んで見守った。

「まだ中○生のくせに、大人のおばさんの身体をこんなに好き放題エッチに弄んで

 そう言って、由紀子は今度はミニスカートの脇のホックを外し、ゆっくりと膝下までずり下げた。

「あっ、おばさん、パンツ丸見え!」

「すげぇー、おばさんの黒のスケスケパンツ、エッチすぎ!」

 少年たちは各々無邪気に歓声を上げ、露出した由紀子の下半身にクギ付けになった。

「おまけに自分たちの前で裸になって、生のおっぱいチューチューさせろだなんて

 と、由紀子は手早くスカートをその足から抜き取った。

 少年たちの落ち着かない好奇な視線が、遠慮もなくほとんど裸同然の由紀子の真っ白い肌に突き刺さる。

「もう、おばさんだってほんとは若い男の子相手に恥ずかしいのよ

 由紀子は恥じらうようにそんな少年たちを上目づかいに見やりながら、ついに両手を背中に回してブラジャーのホックに手を掛けた。

(ああ、聡君と健司君にあたしのパンティーじっと見られちゃってるぅ。今日は他の若い男の子たちも大好きな黒のパンティーだったわ。この子たち、あたしがもうアソコ濡らしちゃってるのに気づくかしら? まだ中○生の男の子たち相手に感じさせられちゃった、いやらしい友達のママのはしたなさに気づいちゃうかしら?)

 由紀子自身、いまにも自分に飛びかかってきそうな勢いの少年たちの前で言い知れぬ興奮を覚えていた。

れっきとした人妻で母親でもある自分が、ついに息子の友達の少年たちの前でも、これまでも散々年若い少年たちを興奮させ、また彼らの自由にさせてきたこの熟れた裸体を晒すときがやってきたのだ。

「だけどほんとに約束よ……今日のことは絶対三人だけの秘密にしてね。いい? 約束よ」

 由紀子はホックを外したブラジャーで胸の前を覆い隠しながら、少年たちに拗ねるように呟いて恥ずかしそうに微笑んだ。

「判ってるさ!」

「絶対約束だよ!」

 聡と健司は今更という風に力強く頷いて、それぞれ目を輝かせて待ちかねた由紀子の生の乳房の出現を待った。

「フフ、やっぱりいい子たちね……おばさん、素直な若い男の子って大好きよぉ」

 やや上ずった声でそう言うと、由紀子は少年たちの顔色を窺うように色っぽくハラリとその胸元からブラジャーを滑り落とした。

 同時に、「あっ!」とその豊満すぎる乳房に気圧されたように少年たちが短く叫んだ。

彼らにしてみれば、小学生の頃からずっと憧れ求めてきた魅惑的な由紀子の爆乳とようやく対面できたのだ。

「はーい、これがあなたたちがずっと見たがってた、お友達のママの生おっぱいよ! フフ、どう? いやん、そんなにジロジロ見ないでぇ。若い女の子と違って少し垂れてきちゃってるけど……こんなおばさんのおっぱいでよかったら、二人ともお好きなだけチューチューして頂戴」

 最後は瞳を潤ませながら少年たちに向かって甘ったるく囁くと、由紀子はもう好きにしてといわんばかりにゆっくりとそのまま仰向けに身体を横たえた。

 そしてそんな由紀子を前にして、聡と健司は素早く目を合わせてニヤリと頷き合うと、まるでまだ中○生の自分たちを誘うかのように甘い香りを漂わしている、熟れきったメロンのように美味しそうな両の乳房にむしゃぶりついていった。

~人妻由紀子と少年たち3(DLsite版)
~人妻由紀子と少年たち3(DMM版)

サークルプロフィール
作品一覧
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
同人ダウンロード


記事検索
メッセージ
姉妹サークルプロフィール
  
Adult Novels Search
               正しいH小説の薦め

淫声

セクシーボイス
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog