外伝

人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


ああん、ねえ、ほんとにぃ? はあ、ほんとにおばさんが祐介君の前で、あん、そのぅ、大人の女性のアソコ、広げて見せてあげなきゃいけないのぉ?」

 既に色っぽい透け透けのキャミソール姿になっている麻由美が、リビングのソファーにM字の恰好で座らされた状態で、恥ずかしそうに目の前の祐介に呟いた。

 そう、今日もまた先程から散々祐介に甘え倒され、その熟れ頃のいやらしい人妻の女体をたっぷりと弄ばれていた麻由美は、とうとう逡巡の戸惑いと受け身の姿勢を装いながらも、内心ここ数週間の期待と興奮に胸を高鳴らせて、ついに息子の友人の祐介との背徳の本番セックスに同意してしまっていたのだ。

「フフ、だってボクのオチン×ン、これまでおばさんにいっぱい見せてきたんだから、今日はおばさんがボクに大人の女のアソコじっくり見せてくれなきゃ不公平でしょ? さあ、おばさんが自分の指でいやらしく大人のアソコ開いてボクによく見せてよ! ねえ!」

 と、鼻息を荒くしてそう嘯いた祐介も既にその下半身を剥きだしにして、自慢の青臭いペニスを麻由美の目の前でこれ見よがしにギンギンに勃起させていた。

「はあん、そ、そんないやらしいことぉ……ううん、はあ、じゃあ、こ、こお? これでいい? あーん、恥ずかしい! おばさん、もう恥ずかしいわあ!」

 と、ここまでくれば祐介の破廉恥すぎるリクエストに逆らえるはずもなく、麻由美は興奮にそのバッチリと色っぽいメイクを施した顔を紅潮させながら、従順にその両指を駆使して、ノーブラノーパンのキャミソール姿の自身の熟れた下半身をパックリと開帳した。

「うわあ、す、凄いよ、おばさん! おばさんのいやらしい大人のアソコもう丸見えだよ! ああ、これがおばさんの人妻オマ×コ! ボク、興奮しちゃうよ!」

 感動したようにそう叫んで、祐介はまるで齧り付くように麻由美の熟れた卑猥な女性器に顔を近づけると、そのまま自分の勃起ペニスを眼前でパックリと口を広げた麻由美のそれへと押し当てていった。

「ああん! ううっ、ゆ、祐介君! はあああっ!」

 そしていよいよついに息子の友人のまだ○学生の魅惑の勃起ペニスの挿入を待ち望むかのように、麻由美はその指で己の女陰の卑猥な肉襞をじっと押し広げたまま、その場でうっとりと目を閉じていった。

 が、しかし果たして麻由美の内心打ち震えるような大いなる期待と興奮を裏切って、祐介の勃起ペニスは何故だか麻由美の剥き出しの淫裂をまるでじらすように何度も往復するだけだった。

「フフ、凄いよ、おばさん! おばさんの大人のオマ×コ、もうこんな濡れ濡れ! はあ、ボク、こうして擦りつけてるだけで気持ち良くなっちゃいそうだよ!」

 そんな意地悪な祐介の科白と態度に、麻由美はすっかり火照ってきている女体を切なく悶えさせながら、

「ああん、ゆ、祐介君? そ、そんな……ねえ、ほら、ここよ? あーん、わ、判るでしょ? おばさんのアソコ、もう祐介君の自由にしていいのよぉ? ね?」

 と、麻由美は浅ましくも自ら腰まで浮かせて、まだ○学生の少年にその挿入を間接的にアピールした。

「フフ、だけどこのままほんとに挿れちゃったら、おばさんの旦那さんや弘志にも悪いし……ああ、ボク、どうしよう? ねえ、おばさん、ボク、どうしよう?」

 と、同時に祐介は、ますますその麻由美の熱く潤う淫裂を己の勃起ペニスで深く大胆に抉りながら、麻由美の牝の本能を覚醒させるべく追い込んでいった。

「はあん! そ、そんな今更祐介君! ああん、お、おばさんにこんな恥ずかしい恰好までさせといて! いやあん、もう、はあ、はあ、ああっ、ううぅ!」

「フフ、そりゃボクだってここまできたらおばさんとセックスしたいよ! ボクのオチン×ンは美幸先生も大人の女を狂わせるっていつも褒めてくれてたし、実際美幸先生もいつもイキまくってからね! だからおばさんはどう? おばさんはどうしたいの? ねえ!」

 そしてその祐介の最後の科白が引き金となり、麻由美自身もようやく祐介の挿入を焦らす意図を悟ったかのように、その場で長くも甘い切ない嘆息を洩らして、

ああっ、もう祐介君たら……はああ、い、挿れて! ねえ、早く挿れてぇ! うちの子のお友達の祐介君の、まだ○学生の祐介君の、ああ、可愛くて逞しい勃起オチン×ン! はあん、お、おばさんの大人のいやらしいアソコにぃ! おばさんのこのグチョグチョに濡れてる人妻オマ×コにぃ! お願い! ねえ!」

 と、美幸は自ら限界まで卑猥に広げた熟れた女陰の牝穴を祐介のペニスに押しつけながら、まるで泣き媚びるようにソファーの背凭れに崩れ落ちていった

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(DLsite版)

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(DMM版)

天然淫母さゆり【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

はあん、美味しい! すっごく美味しいわあ! チュパチュパ、ジュルジュル、雄大君と流也君のオチン×ン……ああ、うちの息子より若いまだ○校生のオチン×ン! うふぅん、レロレロ、チュパチュパ……あーん、ふふ、またもうこんなに大きくなってきたぁ!」
 そしてお母さんはパソコン画面越しのボクの目の前で、まるで陶酔したようにその頬を桜色に染め、雄大と流也にねっとりとWフェラのご奉仕を施していた。
 そう、あれからすぐに興奮した二人から乱暴に下着を剥がされボクのベッドの上に押し倒されると、正に準備運動代わりといった感じで、お母さんは少年たちに代わる代わる連続して中出しで犯されていたのだ。
 それからお掃除フェラの代わりと言わんばかりに、雄大と流也は自分たちの若い精液の残滓とお母さんの愛液に塗れたそれぞれのペニスをお母さんの口元に乱暴に突き出して、お母さんもまたそれがいつもの約束事であるかのように、一心不乱に嬉々としてその汚れた若いペニスを舐め上げていたのだ

「へへ、だけどさゆりはほんとに悪いビッチママだよな! 日曜の昼間、自分の家の、しかも可愛い一人息子の部屋で、こんなスケベなことしちゃうなんてさ!」
 と、不遜にニヤついた雄大が眼下のお母さんの豊満すぎる熟乳をいやらしく揉みこんでいった。

「うふふ、はああん! レロレロ、チュパチュパ……ええ、そうよ、あたしはとっても悪い人妻で、エッチでイケないママなのよぉ! ふふ、君たちもよく知ってるくせにぃ、ああん、ジュルジュル、チュパチュパ!」

「へへ、でもさゆりの息子が知ったらマジ倒れるぜ! 自分の綺麗で優しいママが自分の部屋で素っ裸になって、息子よか若い男のチ×ポ舐め回してるなんて!」
 と、スケベそうにニヤついた流也もこれまたお母さんのもう一方の巨大な乳房を乱暴に揉みあげていった。
「いやあん! ふふ、またそんなエッチなこと言って、ピチャピチャ、ジュルジュル……あーん、だけど今日はうちの子も夜まで帰ってこないし、このお部屋でもたっぷりとママのあたしのこと可愛がって頂戴ねえ……はあん、うふぅ、チュパチュパ、ジュプジュプ!」
 そう言って、お母さんは甘く淫靡な吐息を落としながらまるで媚びるように色っぽくシナを作ると、益々情熱的に二人の若いペニスにしゃぶりついていった。

 そしてそんな自分たちの母親とも変わらない年齢の、いやらしくも愛らしい人妻で母親のお母さんの言動に、ヤリタイ盛りの生意気少年たちも益々調子づいてきて、
「へへ、だったらオレの金玉も舐め回せよ、さゆり!」

「へへ、オレのアナルも! ケツの穴にご奉仕しろ!」

 などと口々にもはやなんの遠慮もなく、大人のお母さんに自分たちへの性的快楽奉仕の命を下していった。

 同時に本来はそんな二人の保護者のような立場のお母さんも、性欲旺盛で生意気盛りの二人からのあまりに不遜で破廉恥すぎる命令をまるで喜ぶかのように、

「あーん、いいわよお! うふふ、エッチで生意気な坊やたちの感じるところ、今日もママがいっぱい舐め舐めペロペロしてあげるぅ! はあん、うちの子のお部屋でも、このエッチなママにたっぷりご奉仕させてぇ、ねっ!」

 と、すっかり若いペニスに魅入られたような嬉しそうな嬌声を上げ、そのまま偉そうに大きく股を広げた少年たちの股間の下に、まるで発情した牝犬のごとく四つん這いになって従順に潜り込んでいった。

 そしてたっぷりとそんなお母さんに快楽奉仕をさせた後、二人はまたぞろ鼻息を荒くして、お母さんを乱暴にボクのベッドへと押し倒していったのだった
 
~天然淫母さゆり【外伝】(DLsite版)
~天然淫母さゆり【外伝】(DMM版)

寝取られ派遣ママ【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

 加えてそれらの姿なき発言者たちが揃ってまだ年若い性欲を持て余した今時の少年たちかと想像すれば、どこかで本来のその寛容な母性も溢れだし、同時にそれに伴う逆説的な性的興奮も煽られてくるのだった。
ああん、もういやあん! うふふ、みんなまたそんなエッチなことぉ……ええ、そうよ、おばさん、こう見えても普段は普通の専業主婦で、○学生の一人息子の優しいママなんだからぁ……え~? うふぅん、こんなおばさんのおっぱいが見てみたいって? ああ、もうそんな一斉におっぱい見せろってぇ……はあん、もうおばさん、ああ、人妻なのに困っちゃうわあ!』
 と、千佳子はモニターの前でより一層官能的にその熟れた女体をくねらせ、初体験の生配信デビューながらも、正に晴翔に命じられた通り開き直りの本能的な〝女神〟としての役割を見事に果たしていた。
 同時にそんな千佳子の痴態をいやらしくニヤニヤと笑いながらスマホを構えて見守っている晴翔たちからも、「ホラ、おっぱい!」「早くおっぱいサービスしろ!」などと一斉に囃したてられ、千佳子はもはやある種の催眠的な高揚状態にも陥っていた。
はあん、ううぅ、そ、それじゃあ……は~い! ああ、ど、どおぉ? これがエッチな人妻の、はあん、いやらしい大人の女のおっぱいよぉ~! いやあん、ブラのサイズ? ああ、Fカップぅ、あん、Fカップよぉ……ええ、母乳よ、うちの可愛い息子はこのママのおっぱいで育てたのよ……ああ、だけど今はって? うふぅん、そ、そうね、いつも浮気してる若い男の子たちに、はあ、このいやらしいママのおっぱい、もうたっぷり揉まれたり吸われたりしちゃってるわぁ~!』
 と、千佳子は思い切ったようにその両肩の薄布をずらしてモニターの前にそのたわわに熟れ実った迫力の生乳房を露呈させると、尚も一層興奮してきたように自らの両手でそれを悩ましげに揉みしだいていった。
(ああん、もうあたしったら人妻なのに、○学生のママなのに、なんていやらしいことしてるの!? ああ、ネットの向こうの顔も人数も判らない若い男の子たち相手にぃ! はあ、こんなのまるで変態の痴女みたいじゃない!? いやん、で、でもどうしてあたし、もうこんな興奮してるの? ああん、熱い、もう熱いわあ!)
 そして千佳子のその身悶えるような内心の叫びにも一切構わず、相変わらず洪水のようにモニターに寄せられる挑発と扇動の声はますます過激になっていった。
ええ、そ、そうよ、おばさん、人妻で○学生のママだけど、ああ、もういっぱい若い男の子たちと浮気しちゃってるのよ……はあん、そう、上は大学生から下は息子と同い年の○学生までぇ……ええ、エッチなの! おばさん、とってもエッチな人妻なのぉ~! だ、だって今日もまだ○校生の生意気な坊やたちに、はあ、さっきまでここでいっぱいこの熟れた人妻の体可愛がって貰ってたんですものぉ~! あはああん!』
 と、千佳子はいまや自縄自縛の自分の浅ましすぎる痴態に陶酔しきってきたように、切なくも甘い劣情の吐息を吐きだしながら無意識のうちに片手を己のノーパンの下腹部に伸ばしていきながら身悶え続けた。
あーん、フェラチオ? はあん、ええ、大好きよぉ! 顔射やごっくんもOKかって? ええ、若い男の子ならいつでもOKよぉ……ああ、ええ、そうね、主人や息子には悪いけど、おばさん、若い子たちにはもう中出しさせまくっちゃってるわあ……いやあん、ああ、え~っ? こ、今度はおばさんのアソコ見せろって!? ああ、もうみんなどこまでエッチなのぉ~!』
 と、千佳子は思わず大きくその身を仰け反らせながら、既にどこかで覚悟もしていたような嬌声を上げた。
 同時に背後からはもはや今更有無を言わせないような、晴翔たちからのそれを促す囃し声も聞こえてきた。
ああ、いやあ、うう、そ、そんなあ……はあん、で、でも、いいわあ! ええ、見せてあげるぅ、今日は特別、こんなおばさんのアソコで良かったら見せてあげるわあ……!』
 そして千佳子もその顔を真っ赤にして興奮で声を上ずらせながら、モニターの前で自ら淫らにM字の恰好を取り、その既に濡れそぼっている女陰を指で開いて、
『ああん! ほ、ほら、これでいい? ああ、エッチな若い坊やたち、これが大人の女のいやらしいアソコよぉ……いやあん、おばさんのアソコもう濡れちゃってるだなんてぇ……ああ、そう、だ、だっておばさんも、もう興奮して感じてきちゃってるんだものぉ~!』
 と、千佳子はれっきとした人妻で母親でもある身上で、あまりにも大それた己の淫業を省みて、その白い喉を淫靡に震わせながら思わず天井を仰いでいった。
(ああ、そんな、とうとうあたし……初めての生配信でこんないやらしいことまでぇ! はあ、あなた、亮ちゃん、ほんとにご免なさい! だ、だけどあたし、ほんとはこんないやらしい人妻だったの! ああ、そう、こんなエッチでふしだらなママだったのよぉ~!)

~寝取られ派遣ママ【外伝】(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ【外伝】(DMM版)

人妻由紀子と少年たち【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています
 

「フフ、それじゃあエッチな○学生のご主人様、今度は熟れた人妻のこういうサービスは如何ですかぁ?」

 と、妖艶な大人の女の微笑みを浮かべて、由紀子は既に露出させているボリューム満点の豊満すぎる熟れ乳房に、自らその手に握った翔太の勃起ペニスを心底愛しそうにグイグイと押しつけていった。

「おおっ、由紀子ママ! へへ、ああ、おっぱいに!」

「フフ、ああん、ご主人様、どおですか? おばさんのこのエッチなおっぱいサービスぅ、若い男の子たちにはいつもすっごく喜んで頂いてるんですよ。はあん、ほら、こうしてご主人様の若いオチン×ンの先っぽをエッチなママの乳首にグルグルくっ付けてぇ……ああ、それからママのこの大っきなおっぱいでムギュムギュと挟み込んでぇ……ああん、フフ、ご主人様のオチン×ンからまたエッチな我慢汁がい~っぱいですわあ!」

 と、由紀子は茶目っけたっぷりにわざと芝居がかったような扇情的な科白と喋り方で、そのたわわに熟れ実った両の乳房をプルンプルンといやらしく揺らしながら、翔太の童貞ペニスを子持ちの人妻特有の卑猥な乳輪と乳首でたっぷりと刺激したあと、その深い深い胸の谷間に大事そうに挟み込んでいった。

(うはぁ! ああっ、由紀子ママ! すげえ、由紀子ママのおっぱい超気持ちイイ! あっ、そうだ! これってたしかパイズリっていうんだろ!? へへ、オレってばまだ中坊のくせに、マジでこんなずっと年上の綺麗な人妻にパイズリまでヤラせちゃってるんだ!)

 翔太は由紀子の従順で肉感的な女体によって、己のいきり立つ青臭いペニスと共にそんな生意気な自尊心まで大いに刺激され、

「へへ、す、すげえよ! 由紀子ママのエッチなパイズリ! ああ、オレ、もう堪んねえ! はあ、ああっ!」

と、更にどんどんそのペニスの先から透明な我慢汁を大量に放出しながら、満足そうに歓喜と悦楽の声を上げ続けた。

「いやあん! フフ、翔太君たらもうパイズリなんて言葉も知ってるのぉ? ウフフ、やっぱり翔太君はとってもエッチでオマセな○学生なのねえ……ほうら、どお? ママのおっぱい温ったかいでしょ? ああん、ほら、翔太君のエッチな我慢汁でヌルヌルになったママのおっぱいで挟まれると、オチン×ンもうすっごく気持ちイイでしょ? あーん、ねえ、ホラ、ねっ!」 

 と、由紀子もそんな年若い翔太を更に興奮させようと、その熟れた女体を官能的にくねらせながら、またすっかり熱くなって激しく勃起している翔太のペニスをその豊満な胸の狭間でリズミカルに扱いていった。

 そして由紀子はそのまま顔を傾けると、その真っ白な肌も眩しい巨大な両の乳房から覗く翔太の我慢汁でツルツルに光った剥き出しの可愛い亀頭部分に、淫らに湿った色っぽい唇を被せて吸い上げていった。

「うふぅん、はあ、ジュプジュプ! チュパチュパ! ああん、ジュルジュル! チュパチュパ! うーん、はあ、チュプチュプ! ジュプジュプジュプププ~!」

 もはや由紀子もまるで若いペニスに淫乱奉仕する自分自身にすっかり陶酔したような牝の顔つきで、完全にパイズリ射精の仕上げモードに入っていた。

 が、そうなるとやはりというか当然というか、まだ童貞の翔太にはもう辛抱も堪らなかった。

「うわああ! ああっ、ゆ、由紀子ママ! オレ!」

 翔太は短くそう叫ぶと、再びかくもあっさりと大量の青臭い精子をそのまま噴き出していった。

 同時に、またもや既に予測も出来ていたのであろう、由紀子は「ううっ、うぐぅ、うふぅん」と嬉しそうに色っぽく鼻を鳴らして、そのまま笑顔で己の口内に勢いよく噴き上げてくる若い樹液を美味しそうにジュルジュルと卑猥な音を立てて飲み込んでいった

「ウフフ、あーん、翔太君、またいっぱい出たわねえ」

 それから由紀子はその口元にはみ出した翔太の精液の残滓を、そのマニキュアの載った綺麗な指先を使って優雅に舐め拭いながら、二度目の射精を終え目の前で荒い息を吐いている翔太に向かって優しく微笑んだ。

はあ、はあ、はあ……へへ、ああ、由紀子ママ! オレ、またまたすっげえ気持ち良かったよ!」

 と、翔太もそんな由紀子にさすがに少し照れたような、それでいて早くもまたなにかいやらしいことを企むような無邪気でスケベそうな笑顔を向けた。

「ウフフ、あらあら、ヤリタイ盛りのお若い翔太様はまだまだとってもエッチなお顔なさってるのねえ……フフ、だったら大人で人妻のおばさんに、うふぅん、今度はどんなエッチなご命令をして下さるのかしら?」

 そう意味深に言って、由紀子はどこか物欲しそうに誘うような大人の女の媚びた笑みを浮かべ、またシナを作って悩ましげなポーズで熱っぽく翔太を見つめた。

 そう、翔太の次の科白はもう判っているはずなのに。

 そしてそんな由紀子に、翔太もやんちゃで生意気な少年の目を一層輝かせながら当然のように言い放った。

「へへ、だったら今度は由紀子ママの大人のオマ×コで、オレのこといっぱい気持ち良くしてよ! ねっ!」


~人妻由紀子と少年たち【外伝】(DLsite版)
~人妻由紀子と少年たち【外伝】(DMM版)
サークルプロフィール
作品一覧
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
同人ダウンロード


記事検索
メッセージ
姉妹サークルプロフィール
  
Adult Novels Search
               正しいH小説の薦め

淫声

セクシーボイス
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog