ママ

寝取られ派遣ママ【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

 加えてそれらの姿なき発言者たちが揃ってまだ年若い性欲を持て余した今時の少年たちかと想像すれば、どこかで本来のその寛容な母性も溢れだし、同時にそれに伴う逆説的な性的興奮も煽られてくるのだった。
ああん、もういやあん! うふふ、みんなまたそんなエッチなことぉ……ええ、そうよ、おばさん、こう見えても普段は普通の専業主婦で、○学生の一人息子の優しいママなんだからぁ……え~? うふぅん、こんなおばさんのおっぱいが見てみたいって? ああ、もうそんな一斉におっぱい見せろってぇ……はあん、もうおばさん、ああ、人妻なのに困っちゃうわあ!』
 と、千佳子はモニターの前でより一層官能的にその熟れた女体をくねらせ、初体験の生配信デビューながらも、正に晴翔に命じられた通り開き直りの本能的な〝女神〟としての役割を見事に果たしていた。
 同時にそんな千佳子の痴態をいやらしくニヤニヤと笑いながらスマホを構えて見守っている晴翔たちからも、「ホラ、おっぱい!」「早くおっぱいサービスしろ!」などと一斉に囃したてられ、千佳子はもはやある種の催眠的な高揚状態にも陥っていた。
はあん、ううぅ、そ、それじゃあ……は~い! ああ、ど、どおぉ? これがエッチな人妻の、はあん、いやらしい大人の女のおっぱいよぉ~! いやあん、ブラのサイズ? ああ、Fカップぅ、あん、Fカップよぉ……ええ、母乳よ、うちの可愛い息子はこのママのおっぱいで育てたのよ……ああ、だけど今はって? うふぅん、そ、そうね、いつも浮気してる若い男の子たちに、はあ、このいやらしいママのおっぱい、もうたっぷり揉まれたり吸われたりしちゃってるわぁ~!』
 と、千佳子は思い切ったようにその両肩の薄布をずらしてモニターの前にそのたわわに熟れ実った迫力の生乳房を露呈させると、尚も一層興奮してきたように自らの両手でそれを悩ましげに揉みしだいていった。
(ああん、もうあたしったら人妻なのに、○学生のママなのに、なんていやらしいことしてるの!? ああ、ネットの向こうの顔も人数も判らない若い男の子たち相手にぃ! はあ、こんなのまるで変態の痴女みたいじゃない!? いやん、で、でもどうしてあたし、もうこんな興奮してるの? ああん、熱い、もう熱いわあ!)
 そして千佳子のその身悶えるような内心の叫びにも一切構わず、相変わらず洪水のようにモニターに寄せられる挑発と扇動の声はますます過激になっていった。
ええ、そ、そうよ、おばさん、人妻で○学生のママだけど、ああ、もういっぱい若い男の子たちと浮気しちゃってるのよ……はあん、そう、上は大学生から下は息子と同い年の○学生までぇ……ええ、エッチなの! おばさん、とってもエッチな人妻なのぉ~! だ、だって今日もまだ○校生の生意気な坊やたちに、はあ、さっきまでここでいっぱいこの熟れた人妻の体可愛がって貰ってたんですものぉ~! あはああん!』
 と、千佳子はいまや自縄自縛の自分の浅ましすぎる痴態に陶酔しきってきたように、切なくも甘い劣情の吐息を吐きだしながら無意識のうちに片手を己のノーパンの下腹部に伸ばしていきながら身悶え続けた。
あーん、フェラチオ? はあん、ええ、大好きよぉ! 顔射やごっくんもOKかって? ええ、若い男の子ならいつでもOKよぉ……ああ、ええ、そうね、主人や息子には悪いけど、おばさん、若い子たちにはもう中出しさせまくっちゃってるわあ……いやあん、ああ、え~っ? こ、今度はおばさんのアソコ見せろって!? ああ、もうみんなどこまでエッチなのぉ~!』
 と、千佳子は思わず大きくその身を仰け反らせながら、既にどこかで覚悟もしていたような嬌声を上げた。
 同時に背後からはもはや今更有無を言わせないような、晴翔たちからのそれを促す囃し声も聞こえてきた。
ああ、いやあ、うう、そ、そんなあ……はあん、で、でも、いいわあ! ええ、見せてあげるぅ、今日は特別、こんなおばさんのアソコで良かったら見せてあげるわあ……!』
 そして千佳子もその顔を真っ赤にして興奮で声を上ずらせながら、モニターの前で自ら淫らにM字の恰好を取り、その既に濡れそぼっている女陰を指で開いて、
『ああん! ほ、ほら、これでいい? ああ、エッチな若い坊やたち、これが大人の女のいやらしいアソコよぉ……いやあん、おばさんのアソコもう濡れちゃってるだなんてぇ……ああ、そう、だ、だっておばさんも、もう興奮して感じてきちゃってるんだものぉ~!』
 と、千佳子はれっきとした人妻で母親でもある身上で、あまりにも大それた己の淫業を省みて、その白い喉を淫靡に震わせながら思わず天井を仰いでいった。
(ああ、そんな、とうとうあたし……初めての生配信でこんないやらしいことまでぇ! はあ、あなた、亮ちゃん、ほんとにご免なさい! だ、だけどあたし、ほんとはこんないやらしい人妻だったの! ああ、そう、こんなエッチでふしだらなママだったのよぉ~!)

~寝取られ派遣ママ【外伝】(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ【外伝】(DMM版)

寝取られ派遣ママ【完全版】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています
 

 千佳子と晴翔が大通りのコーヒーショップを出てからおよそ十五分後

 中○生の息子を持つ平凡な専業主婦である千佳子と、そんな千佳子とつい三十分ほど前に初めて顔を合わせたばかりの、正にその息子ほど年の離れたまだ○校生の晴翔はラブホテルの一室にいた。

 いや、正確に言えば世間の常識を超えた千佳子と晴翔の大きな歳の差カップルは、いまだにまだホテルの一室のエントランス、つまりは靴を脱ぐためだけの狭い玄関入口にどういう訳だか二人して留まっていた。

 何故ならば

 部屋へと続く手狭な玄関入口の壁にニヤついて立ち尽くす晴翔の目の前には、まるで主人にかしずく召使いのように、上品なアンサンブルのスーツ姿の千佳子がその膝をついてしゃがみ込んでいたからである。

 そしてそんな千佳子をニヤニヤといやらしく見下ろしている晴翔のジーンズの前方は全開となっており、その下着も乱暴にずり下がった状態になっていた。

 そう、部屋に入るなりまだ○校生の晴翔から強引にせがまれ、熟れた人妻の千佳子はそんな年若い我が儘なご主人様に命じられるがまま、従順にその場に膝をついていきり勃った若いペニスにいやらしく舌を這わせながら、早速のフェラチオ奉仕で晴翔を愉しませてやっていたのだ。

「……んむぅう、はぁああ……ううぅん、レロレロ~……チュパ、あはぁん……むふぅ、チュプチュプ~」

「はあ~、いいよ、千佳子ママ……千佳子ママの大人の女のフェラチオ、すっげえあったくて気持ちいいよ!」

 晴翔は思わず惚けたような吐息を洩らすと、自分よりも二回りも年上の美貌の人妻をニヤニヤと見下ろしながら満足そうに唸った。

「……むちゅ~、チュパッ……うふふ、もう晴翔君はイケない子ね。お部屋に入ったと思ったら、いきなりおばさんのおっぱい鷲掴みにしてきて自分のオチン×ンしゃぶれだなんてぇ……うふっ、ああん、酷いわぁ」

 千佳子はどこか恨めしそうに、それでいて息子ほど歳も離れた晴翔にどこか媚びるように嬉しそうに微笑みながら、その綺麗にマニュキュアの載った手の中に脈打つ若いペニスをしっかりと握り締めながら答えた。

(あーん! ほんとにイケない坊やだわ。まだ○校生のくせに、自分の母親くらいの大人の女をいきなり膝まずかせて若いオチン×ンしゃぶらせるなんてぇ……ああん、でもそんなエッチな生意気坊やのオチン×ン喜んでおしゃぶりしてあげちゃうあたしって……)

「へへ、だってさ、さっき初めて千佳子ママ見たときから、オレもう我慢できなかったんだもん! ホテルくる前からもう勃っちゃって歩きにくかったよ」

 晴翔は悪びれずにそう言うと、もはや遠慮もなく自分の母親と同じくらいの歳の千佳子の色っぽい唇に、ビンビンに勃起した若いペニスを押しつけた。

「んぐぅ~チュポッ……うふっ、もう晴翔君たらホテル入る前からおばさんのおっぱいやお尻触って悪戯するんですものぉ……ふふ、おばさんもすごく恥ずかしかったわぁ……うふぅん、もうエッチな男の子ぉ!」

 千佳子はわざと拗ねたように言って、スケベそうに自分を見下ろしている晴翔を更に満足させるように、従順な上目遣いでその目を見つめ返した。

「へへ、だって千佳子ママの身体エロエロなんだもん。マジおっぱいとかもすげえデカいし!」

 そう言って、晴翔は当然の権利とばかりに両手を千佳子のV字のセーターの中に滑り込ませると、その熟れた豊満な乳房を好き放題にいやらしく弄り始めた。

「あん! 晴翔君たらぁ……うふん、チュパチュパ~」

「ねっ、千佳子ママ! このムチムチのデカパイなんセンチ? ねっ、なにカップなの?」

「え~、うふふ、おばさんのおっぱい? あん、レロレロ~……おばさんのおっぱいはねぇ、うふっ、九十五センチのFカップよぉ……あ~ん!」

「す、すげえ! マジ揉みごたえある! オレの彼女よか全然デカイしフェラも超上手いよ! ああ、なんでも言うこと聞いてくれる千佳子ママってもう最高!」

 大きく足を開いて千佳子に股間を押しつけながら、晴翔は思わず感嘆の声を上げた。

「ムチュぅ~……ああん、まだ若い晴翔君に気に入ってもらえてよかったわぁ。おばさんもとっても嬉しい。今日はいっぱいおばさんにエッチなことしてねえ……う~ん、ジュルジュルッチュパ~!」

 千佳子はそんな若い牡からの称賛の悦びに身悶えるように、また熱っぽく目の前にそびえる若いペニスにむしゃぶりついていった。

 実際、自分自身でも興奮してきているのがよく判る。

 普段は平凡な専業主婦である自分がつい三十分前に会ったばかりの男子○校生とラブホテルにやってきた上、即座にそのはち切れんばかりの若いペニスを咥えさせられた挙句、自ら媚びるようにその熟れた女体を少年に差し出しているのだ。

(あーん、あたしは主人も息子もいる人妻で母親のくせになんていやらしいことしてるの!? 二回りも年下のまだ○校生のオチン×ン舐めさせられながら、そんな子にいっぱいエッチなことしてっておねだりしちゃうなんてぇ……ああ、あたしはなんて淫らでエッチな女なの……!)

 そしてそんなずっと年上の人妻で母親の千佳子の心情を知ってか知らぬか、晴翔は千佳子の豊満な乳房をいやらしくこねくり回しながら鼻息を荒くしていた。

「ねっ、千佳子ママ、オレのチ×ポどう? こんな若いチ×ポしゃぶったことないでしょ? ねっ、どう?」

 晴翔は明らかに興奮している様子で、まだ年若い自分の言いなりになっている熟れた人妻の口の中で、まるで自分の若さを誇示するかのようにその猛るペニスを振るってみせた。

「ジュルジュル~チュポッ……あん! いいわあ……晴翔君のオチン×ン、とっても固くて素敵よ~! おばさんクラクラしてきちゃうわあ」

「じゃあさ、千佳子ママの旦那さんと比べてどう? ねっ、どうなの?」

「うふぅん、ああん……言わせたいのぉ? 晴翔君のママくらいの歳の大人の女に……こんなずっと年上の結婚してるおばさんにぃ……そんなことエッチなこと言わせたいのぉ……?」

 千佳子は思わず切なそうに晴翔の顔を見上げ、色っぽい仕草で拗ねるように、また媚びるように呟いた。

 同時に内心千佳子は、まだ年若い晴翔の牡としての本能と対抗意識に感嘆してあらためて興奮した。

(ああ、自分よりもずっと年上の人妻の夫と比べてほしがるなんて! こんなまだ若い男の子でも立派に牡としての対抗心があるのね! だけどこんなビンビンに勃起した若いオチン×ン見せつけられちゃうと……人妻のあたしだってぇ……)

「ねっ、どうなの? 旦那さんと比べてどうなの!」

そんな内心淫らに身悶える人妻に向かって、晴翔はその顔を輝かせながら追い打ちをかけた。

「ああん、そっ、そうね……うちの主人と比べたら、若い晴翔君のオチン×ンのほうが……おっきくて、固くてぇ……うふぅん、すぐにビンビンに勃起してくれてぇ……晴翔君のオチン×ンのほうがうちの主人より……うふっ、ずっとずっと素敵だわぁ……ああ、いやあぁん!」

 千佳子は一段と激しく脈打つ晴翔の若い勃起ペニスをうっとりとしごきながら、自分をいやらしく見下ろしている少年に向かって、まるで酔ったようにその顔を紅潮させて淫らな嬌声を上げた―。

~寝取られ派遣ママ【完全版】(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ【完全版】(DMM版)

人妻寝取られ参観日(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

 そしていよいよ恵美子も興が乗ってきたように、その瞳をしっとりと潤ませながらその頬も色っぽく上気させ、全身を弄っていた両手をそのまま自分の豊満な乳房やムッチリとした太ももに悩ましげに伸ばしていった。

 同時に、図らずもそれはまるで成熟した大人の女の自慰行為の場面のようで、まだ○学生の一輝は初めて見る恵美子のそんな浅ましい姿に思わずゴクリと唾を飲み込んだ。

「ねえっ、おばさん! おばさんはそんなにエッチで恥ずかしい人妻で母親なら、もしかして今日の参観日に来てたときからずっと興奮しちゃってたの!?

 それからギュッと自分のスマホを握り締めた一輝が、すっかり興奮したように恵美子に言い迫ってきた。

「あーん、一輝君たらぁ……うふぅん、ええ、でも、そ、そうね! だってぇ、うちの子の教室には、おばさんの大好きな元気な若い坊やたちがいっぱいいるんですものぉ! ああん、それに休み時間にはおばさんのこのおっぱいやお尻、チラチラとエッチな目で見てくる男の子たちもいたんですものぉ! はあ、ああっ、ううぅ、お、おばさんだって、うちの子には悪いけどそんなのもう興奮しちゃうわあ! いやあん!」

 と、恵美子はますます淫らにその女体を身悶えさせながら、まるで目の前の一輝に見せつけるかのように、片手で己の乳房を揉みしだき、もう一方の手をついにその熟れ濡れた恥ずかしい女陰の上にあてがった。

「ええ~っ!? だ、誰? ねえ、お、おばさんのこと、エッチな目で見てた奴らって一体誰なの!?

 途端に滑稽なくらい慌てたように、一輝は自分の前で痴態を晒し続ける友母の恵美子に問い質した。

「ああん、そ、そんなあ……うふぅん、ええ、そう、野球部の田村君やバスケ部の片岡君たち? あーん、ほら、前に一輝君と一緒にうちに遊びに来たでしょ? だからおばさんもよく覚えてるの! ああ、すっごく元気が良くて、女の子にもモテそうないい子たちよね? はあん、おまけにこんな人妻のおばさんでも、ううぅ、エッチな目で見てくれてぇ……やっぱりおばさんだって、もう、あん、もう興奮しちゃうわあ!」

 身悶えながらふしだらにそう陶酔の嬌声を上げて、恵美子はまるで男を誘い込む淫乱な情婦のように、下唇を艶めかしくその赤い舌でチロチロと濡らして見せた。

 そして恵美子にしてみればもはや自分の女としての魅力を持って挑発する対象は、カメラの向こうの夫ではなく、いつの間にか眼前の一輝に入れ替わっていた。

 そう、いまや恥ずかしいくらい興奮して濡れそぼっているこの熟れた女体の火照りを鎮めてくれるのは、正に目の前で鼻息を荒くしている若い牡しかいないのだから

「ううっ、クソぉ、あいつら!」

 同時に一輝はそう短く叫び、握っていた録画中のスマホを乱暴にベッドの脇に投げ置くと、次の瞬間、目の前の恵美子を強引に押し倒してその女体の上に覆い被さっていった。

「ああん! キャッ、か、一輝君!?

 と、思わず恵美子も切なそうに短くそう叫んで、そのまま一輝の為すがままにベッドの上に押し倒されていった。

 そう、まだ年若いながらも一輝は立派に女を抱ける能力を持つ一人の牡として、目の前で発情している牝が他の男に性的な興味を示すことに対し、異常な興奮と嫉妬を覚えもはや我慢が出来なくなっていたのだ。
  実際、一輝の青臭いペニスはこれまで散々恵美子とまぐわってきた中でも、最高と言っても良いくらいに激しく隆々と勃起していた。

 そしてそれはこれまでも何人もの若い男の子たちを自らの熟れた女体で興奮させ、究極の快楽に導いてきた恵美子ならではの、成熟した牝としてのナチュラルな淫計でもあったのだ

~人妻寝取られ参観日(DLsite版)
~人妻寝取られ参観日(DMM版)

寝取られ派遣ママ~牝母に群がる少年たち(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

はあぁん、いやあ、ほ、ほんとに映す気なの? ああ、人妻なのにぃ、ママなのにぃ……こんなあたしのいやらしい姿、みんなほんとに撮っちゃう気なのぉ~?」 

 部屋の片隅にあるベッドの上に、ただ独り所在なく座らされていた千佳子が、その熟れた女体を弄りながら緊張したように声を上ずらせた。

 ベッドの周りでは、既に下着姿の晴翔たち○校生が、それぞれニヤつきながら携帯電話のカメラをその被写体である千佳子に向けていた。

 そして千佳子の真正面には、大学生の沖田が何故だか本格的なビデオカメラを片手に余裕の笑みを浮かべていた。

「フフ、嫌なら別に部屋に帰ってもいいんだぜ。だけど、千佳子ママはもう若いチ×ポの淫乱奴隷ママなんだろ? なんでもオレたちの言うこと聞くために、今夜は旦那や息子を裏切ってここまで来たんだよな? そう、人妻のくせに、母親のくせに、千佳子ママは自分の意思で若いチ×ポにヤラれまくるためにさ!」

 そう言って、沖田はまるで試すかのように千佳子にニヤリと笑いかけた。

 そうなのだ。

 可愛い一人息子の家庭教師として、この沖田というまだ二十歳の大学生と知り合い、その若い肉体に溺れていったことがすべての始まりだったのだ―。

 そして千佳子はそんな沖田に向かって、心底恥ずかしそうに、それでいてどこか妖艶に媚びるようにコクリと小さく頷いた。

「へへ、おいお前ら、千佳子ママのお許しが出たぞ! 今夜はいっぱいこの千佳子ママのいやらしい姿カメラに撮って、そんで好きなだけ犯しまくってやれ!」

 沖田のその声に、少年たちは一斉にいやらしい歓声を上げ、既にスケスケのランジェリー姿で男を誘うようにしどけなく佇んでいる千佳子を携帯のムービーカメラで納め始めた。

「ホラ、千佳子ママももっとサービスして! こいつらの若いチ×ポ勃起させるように、もっと誘うようにエロエロなポーズで自分の身体弄ってみてよ!」

 と、沖田も手にしたビデオカメラを回し始めた。

「あーん! そ、そんなあ……うふぅん、はああん、ううぅ、こ、こう? こういう風にぃ? うふぅ、ああ……いやあぁん」

 千佳子は恥ずかしそうにそう呟くと、その豊満な乳房とムッチリと脂の乗った太ももの奥に続くノーパンの女陰に、自らいやらしく両手を伸ばしていった。

「へへ、いいぜ、千佳子ママ! それじゃ念願の若いチ×ポにヤラれまくる前に、このオレがエロいインタビューしてやるよ……そこの綺麗な奥さん、お名前は?」

 沖田もカメラを回しながら興奮したような声を上げ、まるで素人熟女モノのAVのような質問をしてきた。

「……ええぇ? うっ、うう……はあん、あ、麻生……ち、千佳子ですぅ……うふぅ」

「奥さん、ほんとにいやらしい恰好ですね~。お幾つなんですか?」

「……ああ、さ、三十ぅ……九歳ですぅ……はああぁ」

「ご家族は? もちろん結婚してるんでしょ?」

「……えっ、ええ……は、八歳年上のサラリーマンの夫と、ちゅ、中○生の一人息子がぁ……ああん!」

 そして沖田の浴びせかける質問に答えながらも、千佳子は本能的に両手でその熟れた乳房と女陰を弄りながらいやらしく身悶えていた。

 まるで本当に素人熟女モノのAV撮影に立ち合っているかのような錯覚と興奮に、まだ年若い少年たちは揃って息を飲み、それぞれ携帯のカメラを向けながら熟れた人妻の公開オナニーショーを見守っていた。

「奥さんは若い男が、それも息子ほど歳の離れた若い子たちのチ×ポが大好きなんですよね?」

 沖田はすっかりAV撮影者に成りきって、なおも執拗にカメラを回しながら千佳子に質問を投げかけた。

「……あは~ん! いやあ、そ、そうですぅ……あ、あたし、若い男の子がぁ、あん、息子みたいな若い子たちのオチン×ンが……うふ、大好きなんですぅ……」

「いつもそのお口で若いザーメン飲んであげてるんですよね? 息子みたいな若い子たち相手に、人妻で母親のくせに中出しもサセ放題なんですよね?」

「……うううぅ、ああ、そう、飲んでますぅ、若い子たちの濃厚なザーメンミルクぅ、いつもたっぷりぃ……はああん、な、中出しもしてもらってますぅ、息子みたいな若い子たちに中出しされるの、あ、あたし大好きなんですぅ、もうそれが幸せなんですぅ~! ああん、いやっ、もうダメぇ~!」

~寝取られ派遣ママ・牝母に群がる少年たち(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ・牝母に群がる少年たち(DMM版)

寝取られ派遣ママ~私は年下坊やの玩具妻(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

「いやぁん、もうまたそんなエッチな命令してぇ……」

 千佳子は思わず恥ずかしそうに呟きながらも、既にすっかり自分の熟れた女体に夢中になってその若い性欲を剥き出している男子○校生たちを更に悦ばせるように、色っぽくその場でシナを作って見せた。

「へへ、王様ゲームの命令だからしょうがないじゃん! ねっ、興奮するからさ、人妻の千佳子ママが、自分からおっぱい揉んでってオレに頼んでみてよ!」

 雄太はそう言って千佳子の背後に回り込むと、母親ほど歳の離れたそんな美熟女の羞恥顔を覗き込んだ。

「え~っ、もう雄太君たらそんな恥ずかしいことまでおばさんに言わせたいのぉ? うふぅん、おばさんのこのおっぱい……あーん、○校生の雄太君がいっぱい揉み揉みして下さい……いやあん、恥ずかしいわぁ」

「エヘヘ、しょうがないなあ。そんじゃ遠慮なく!」

 雄太は調子よくそう叫ぶと、千佳子の大きく開いた胸元に豪快に両手を突っ込んで、その熟れきったメロンのような豊満な乳房を荒々しく揉みしだいていった。

「ああん! うふぅ、雄太君たらブラジャーの中にも手ぇ入れちゃってるぅ……あっ、おばさんの乳首……はあぁん、そんな指でコリコリしちゃダメよぉ……」

 と、千佳子は甘く切ない嬌声を上げながら、少年たちの前でいやらしく身悶えた。

「へへ、すげえ。上から見たら千佳子ママの乳首までもう丸見え! しかしほんとにこのいやらしいデカパイ、まだ中○生のガキにも揉ませまくったのかよ!」

 そう言って、雄太はまるでお仕置きのように乱暴に千佳子の生乳房を揉みしだき、その指をグイグイと千佳子の乳首に食い込ませていった。

「ああっ、いやぁ、ダメぇ……大人のおばさんを、そ、そんなに苛めないでぇ……ああん、雄太くぅん、はあぁん!」

「おいおい、もう三十秒経っただろ? 今度はオレ、オレ!」

 まるで年若い愛人からの乱暴な前戯愛撫に身悶えるような千佳子のはしたない姿を、目の前で興奮して眺めていた尚之がそう叫んで立ち上がった。

「チッ、しょうがねえなあ

 と、尚之の声に名残惜しそうに千佳子の胸元から両手を引きぬいた雄太がニヤけた顔で続けて叫んだ。

「そんじゃ今度は尚之が、四つん這いになった千佳子ママのエッチなお尻で三十秒間チ×ポ擦り放題!」

 その雄太からのエッチな命令の声に、少年たちはまた一斉に手を叩いてスケベな歓声を上げた。

「……あーん、もう君たちったら、次から次に君たちのママみたいな歳の大人のおばさんにエッチなことさせてぇ……」

 千佳子はその場でまたやるせないような切ない声を上げたが、その科白とは裏腹に、もはやすっかり若い性欲を剥き出している生意気な○校生たちのペースに乗せられている自分自身も自覚していた。

(ああ、もうこの子たちったら、大人の女を一体なんだと思ってるのかしら……でも仕方ないわよね。みんなヤリたい盛りだものぉ。自分よりずっと年上の大人の女をいろいろエッチに苛めたい年頃の、可愛くて生意気な坊やたちだものぉ……そしてあたしもそんな年下坊やたちにエッチに苛められちゃうと……ああん!)

 そんな淫らな思いに耽る千佳子に更に拍車を掛けるように、

「ホラ、さっさと四つん這いになって、こっちにその大っきなお尻向けてよ、千佳子ママ!」

 そう言って、既に床に膝をついた姿勢になっていた尚之がニヤニヤと笑いながら千佳子を促した。

「うふぅん、ああん……はあい、これでいいのぉ?」

 恥ずかしそうにそう呟きながらも、千佳子もまた従順に床に手をついて四つん這いの姿勢になり、後方に待機する尚之にその豊満で魅惑的なヒップを高々と掲げて見せた。

 まるでそのまま息子ほど歳の離れた少年に、セックスにおける後背位を待ち望むような恥ずかしいポーズを取らされ、千佳子はあらためて成熟した大人の女として興奮し赤面した。

「へへ、そんじゃオレにも千佳子ママからおねだりしてよ! ねえ、千佳子ママのいやらしいお尻、オレの若いチ×ポでいっぱいグリグリして下さいってさ!」

 そう叫んで、尚之は乱暴に千佳子のミニドレスの裾をずり上げてその卑猥な下着を露わにした。

「いやあん、もう尚之君までそんなぁ……ううぅ、お、おばさんのいやらしいお尻……尚之君の若いオチン×ンでぇ……はあん、いっぱいグリグリして下さぁい」

「エヘヘ、大人の千佳子ママから頼まれちゃしょうがないなあ。じゃあイクよ~! ウリ、ウリ、ウリ~!」

 と、尚之は既に興奮でパンパンに隆起した自身のジーンズの股間部分を、千佳子のスケスケのパンティのクロッチ部分にグリグリと押しつけていった。

「あはぁん、いやあ、ダメぇ……そ、そんなにおばさんのアソコ、若いオチン×ンでいやらしくグリグリしちゃダメぇ……ううっ、はああぁ!」

「な、なんかすげえ興奮する! ホラ、千佳子ママももう感じてんじゃないの? この大っきくていやらしいお尻使って、まだ中○生のガキにもこうやってバックからいっぱいヤラせてやったんじゃないの!」

 尚之は興奮して口走ると、まるでお仕置きのように千佳子の真っ白でボリューム満点の尻肉を掴んで、更に強く股間を押しつけていった。

~寝取られ派遣ママ・私は年下坊やの玩具妻(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ・私は年下坊やの玩具妻(DMM版)

寝取られ派遣ママ~童貞坊やに背徳性教育(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

ああん、はあい……これで真樹君のお望み通り、おばさん、全部脱いで裸になったわよ……うふぅん」

 千佳子は最後の一枚だったセクシーな黒のパンティを足元からゆっくり抜き取って甘ったるくそう呟くと、自分の息子と同い年の男子中○生の前で恥ずかしそうに、その熟れた女体の胸元と股間の部分を手で覆い隠して立ち尽くした。

「おおっ、やっぱすごいね! 大人の女の裸って!」

 そんな千佳子の前で、真樹はその目をランランと輝かせながら無邪気な歓声を上げた。

 そう、二人で部屋に入るなりまだ中○生の真樹は、早速千佳子に自分の前で洋服を全部脱いで大人の女のいやらしい裸を見せてくれとねだってきたのだった。

 すべては先ほどの千佳子からの可愛い童貞坊やへの甘い誘言が発端なのだが、お陰でいまや真樹もすっかり童貞喪失前の緊張もほぐれた様子で、本来の少年らしいやんちゃで小生意気な本領を発揮していた。

「ねっ、手もどけてよ! 千佳子ママの大人のおっぱいやアソコ、オレにもっとよく見せてよ!」

 真樹は興奮してそう叫ぶと、既に自らも服を脱いだ下着一枚のままの姿で千佳子に迫り寄ってきた。

「あっ、は~い……ああん、こ、これでいいかしら? いやん、うふぅ……おばさんも若い男の子の前でいきなり裸にさせられて、なんだかとっても恥ずかしいわあ……」

 千佳子は鼻から甘い吐息を洩らして、色っぽくその熟れた女体を捻りながら、まるでまだ中○生の少年に媚びるようにその場でシナを作って見せた。

(ああん、いくらあたしからなんでもしてあげるって言ったからって、いきなり大人のあたしに裸になれだなんてぇ……もう、若い男の子はほんとにせっかちなんだからぁ……ああ、でもこれで全部見せちゃったあ……あたしの、人妻のいやらしいおっぱいやアソコ、うちの亮ちゃんと同い年のまだ中○生のこの子に……)

 そんな千佳子の淫らな心の乱れを知ってか知らぬか、真樹はその鼻息を荒くして千佳子の目の前に立った。

 そして言うまでもなく、その下着の中のまだ青臭いペ×スは、既に自分の母親と同い年の成熟した人妻の迫力あるダイナマイトボディにいきり勃っていた。

「す、凄いよ、千佳子ママ! ねっ、このムチムチのデカパイや千佳子ママの大人の女の身体、今日はいっぱい触ってもいいんでしょ? ねっ、オレの好きにしていいんでしょ?」

 童貞らしく、真樹は千佳子の熟れた女体の隅々まで遠慮もなくいやらしい視線を這わせながら興奮気味に口走ると、もはや千佳子の返事も待たずにその両手で千佳子の豊満な乳房をむんずと鷲掴みにした。

「あん! そ、そうよ。今日はいつもお勉強頑張ってる真樹君のお好きなだけ、おばさんの身体でいっぱいエッチなお勉強して頂戴ね……うふぅん」

 唐突な童貞少年の乱暴な愛撫に少々戸惑いながらも、千佳子は大人の女として鷹揚に優しく答えてやった。

「だけどほんとエロいよね、千佳子ママのこのデカパイ! ねっ、沖田先生から聞いたけど、ほんとにオレと同い年の息子がいるの? ねえ、マジ?」

 千佳子の言葉に更に嬉しそうにその顔を輝かせながら、真樹は千佳子の熟れた豊乳を捏ね回して言った。

「ああん、うふ、ほんとよ。おばさん、真樹君と同い年の中○生の男の子のママなのよ……だから真樹君も、遠慮しないでおばさんにいっぱい甘えてね……」

「へへ、でもさあ、いくら成績上がったご褒美だからって、こんな綺麗でおっぱいの大きい、しかもオレと同い年の息子がいるおばさんが、なんで童貞のオレなんかとエッチしてくれるの? ねえ、どうして?」

 真樹は眼前で卑猥にタプタプと揺れる熟れ母の豊満な乳房弄りにすっかり夢中になりながら、少年らしい好奇心をそのままぶつけてきた。

「ううっ、あん、そ、それは、そのう……ほ、ほんとはイケないことなんだけど……おばさん、真樹君みたいな若い男の子が、エッチな若い男の子にいやらしいことされるのが大好きだからぁ……ああ、いやぁん、おばさんも恥ずかしいわあ」

 千佳子は頬を赤らめてそう言うと、甘い吐息を吐きながら少年に色っぽい潤んだ視線を投げかけた。

 実際、千佳子自身もずっとドキドキしていたのだ。

(ああん、あたしったら大人のくせに、母親のくせに……さっき会ったばかりのこの子に、自分の息子と同い年のまだ中○生のこの子に、なんていやらしいこと言ってるのぉ……ああ、なんてはしたない女なの!)

 そんな成熟した美貌の人妻からの淫欲を誘う破廉恥な科白に思わずゴクリと唾を飲み込んだ真樹は、もはや千佳子の熟れた女体は全部自分のものとばかりに、力いっぱいにしがみついてきた。

「ああん! ま、真樹君……?」

 そして真樹は同時にその発情した青臭い勃起ペ×スを、むっちりと脂の乗った千佳子の熟れた太ももに遠慮もなく押しつけてきて、

「じゃ、じゃあ、今日は千佳子ママはほんとにオレになんでもしてくれるんだね? 今日はオレ、大人の千佳子ママにどんなエッチな命令してもいいんだね!」

 真樹は興奮で顔を真っ赤にしながら、もう我慢できないとばかりに鼻息を最高潮に荒くして言った。

~寝取られ派遣ママ・童貞坊やに背徳性教育(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ・童貞坊やに背徳性教育(DMM版)

寝取られ派遣ママ~私は少年たちの性褒美(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

「ねえ、千佳子ママ、オレ、またすっごくいやらしいこと思いついちゃったんだけど」

 いつものように独り暮らしの沖田のアパートの部屋で、千佳子はまた昼間からあられもなく素っ裸にされ、その熟れきった身体を沖田に預けていた。

「うふふ、なあに? またあたしにエッチなことさせたいの?」

「うん。だって千佳子ママも年下のオレからいろいろエッチなことやらされて、すげえ興奮してるでしょ?」

 そう言いながら、沖田はベッドの上で後ろ抱きにしている千佳子の豊満に熟れた乳房を弄び始めた。

「ああん、ふふ……もう困った子ねえ。ほんとに沖田君はまだ学生のくせに、こんなおばさんにエッチなことばっかりさせたがるんだからぁ」

 そんな沖田に媚びるように、千佳子は身体を捩じって更に背後の沖田にその女体を密着させていった。

「フフ、なに言ってんの? 千佳子ママこそ、若い男からエッチな命令されて苛められるが大好きなくせに」

「もう、沖田君たら……うふふ、ああん」

「フフ、ホラ、ちゃんと言いなよ。千佳子は若いオチン×ンに苛められのが大好きな、とってもエッチな人妻で淫乱なママだってさ」

 沖田はそう言って両指に食い込ませた千佳子の乳首を悪戯っぽく掴んだ。

「あーん、ふふ、もう……千佳子は若い男の子のオチン×ンで苛められるのが大好きなぁ……ああん、とってもエッチな人妻で淫乱なママですぅ……うふぅん」

 千佳子は下唇を色っぽく湿らせて、まるで年下のご主人様のご機嫌をとるように甘い吐息を洩らした。

「ヘヘ、やっぱそうでしょ? だからそんなエッチで淫乱な千佳子ママを、もっと興奮させてあげようと思ってさ」

「いやあん……もう、うふふ、それでエッチな大学生のボクちゃんは、今度はママにどんないやらしいことさせたいのぉ?」

 年下の若い沖田相手にまるで母親のように甘ったるく囁きながらも、その声音にはどこか千佳子自身の淫らな期待と興奮も入り混じっていた。

「フフ、こないだ千佳子ママん家で亮太郎の友達たちにエッチなサービスしてやっただろ? あれでオレ、またまた思いついちゃったんだよね~」

 沖田は調子よくそう言って、片手をいやらしく千佳子の股間へと伸ばしてきた。

「あん! うふ、もう、あのときは大変だったのよぉ……まだ中○生の亮太郎のお友達たちがみんな、亮太郎のママのあたしのおっぱいやお尻、ニヤニヤいやらしい顔して覗いてくるんだものぉ」

「フフ、でも興奮してたんでしょ? それからすぐ隣の部屋で隠れてヤッてたときも、千佳子ママ濡れ濡れでもうイキっぱなしだったじゃん!」

 沖田は更に千佳子の女陰をその指先で弄りながら、千佳子の色っぽいうなじにキスをし始めた。

「いやぁん! ああ……意地悪言わないでぇ……だ、だってあんな若い男の子たちに、いっぱいいやらしい目で見られちゃったらあたしだってぇ……はああぁ~」

「フフ、エッチな千佳子ママは自分よかずっと年下の若い男が大好きだもんね。若い男にいやらしい目で見られると感じちゃうんでしょ? だからさ

 と、沖田は千佳子の耳たぶを噛みながら甘く囁いた。

「あーん! だからぁ? 今度はなあに?」

「へへ、オレが教えてるヤリたい盛りの小生意気な若いボーズどもに、千佳子ママのこのむっちりエロエロな人妻熟女ボディを貸し出してやろうと思ってさ」

「え~っ!? ま、まさかそんなあ……はあぁん、こ、こんなおばさんを若い男の子たちにぃ? ああぁん、そんないやらしいことぉ……!」

 沖田のあまりに破廉恥で背徳的なセックスプランに、千佳子は思わず身悶えて声を上げた。

 そんな千佳子の豊満な乳房と女陰を同時に弄りながら、沖田はさらに追い打ちをかけた。

「フフ、だって千佳子ママは年下の若い男大好きじゃん! 息子くらいの歳の小生意気な若いボーズどもにも、自慢のこのデカパイたっぷり吸わせてこいよ!」

「あ~ん! うちの亮太郎くらいの歳って……だ、だけどそんな若い男の子たちが……いやぁん、ほんとにこんなおばさんのこと抱きたがるのぉ……?」

 千佳子は沖田からの愛撫にすっかりその頬を上気させながら、思いがけない羞恥と興奮で声を上ずらせた。
「フフ、こないだの亮太郎の友達たちの反応見たろ? このいやらしいむっちりエロエロなママの身体見て、あいつらみんなスケベそうに涎垂らしてたじゃん!」
「そ、そうだけど……はあぁああん、あたし、ママなのよぉ? そんな若い男の子たちの、お母さんくらいの年上の人妻なのよぉ……? ああん!」
「へへ、そんなの十九も年下のオレに散々ヤラせといて今更だろ? それに余計興奮するじゃん! 人妻で母親の千佳子ママが、オレよかもっと若い小生意気なボーズどもにも好き放題寝取られちゃうんだよ!?」
 沖田も興奮気味に語りながら、ついに既にグッショリと湿った千佳子の蜜壺に指を入れて掻き回し始めた。

~寝取られ派遣ママ・私は少年たちの性褒美(DLsite版)
~寝取られ派遣ママ・私は少年たちの性褒美(DMM版)

サークルプロフィール
作品一覧
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
同人ダウンロード


記事検索
メッセージ
姉妹サークルプロフィール
  
Adult Novels Search
               正しいH小説の薦め

淫声

セクシーボイス
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog