さゆり

天然淫母さゆり【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

はあん、美味しい! すっごく美味しいわあ! チュパチュパ、ジュルジュル、雄大君と流也君のオチン×ン……ああ、うちの息子より若いまだ○校生のオチン×ン! うふぅん、レロレロ、チュパチュパ……あーん、ふふ、またもうこんなに大きくなってきたぁ!」
 そしてお母さんはパソコン画面越しのボクの目の前で、まるで陶酔したようにその頬を桜色に染め、雄大と流也にねっとりとWフェラのご奉仕を施していた。
 そう、あれからすぐに興奮した二人から乱暴に下着を剥がされボクのベッドの上に押し倒されると、正に準備運動代わりといった感じで、お母さんは少年たちに代わる代わる連続して中出しで犯されていたのだ。
 それからお掃除フェラの代わりと言わんばかりに、雄大と流也は自分たちの若い精液の残滓とお母さんの愛液に塗れたそれぞれのペニスをお母さんの口元に乱暴に突き出して、お母さんもまたそれがいつもの約束事であるかのように、一心不乱に嬉々としてその汚れた若いペニスを舐め上げていたのだ

「へへ、だけどさゆりはほんとに悪いビッチママだよな! 日曜の昼間、自分の家の、しかも可愛い一人息子の部屋で、こんなスケベなことしちゃうなんてさ!」
 と、不遜にニヤついた雄大が眼下のお母さんの豊満すぎる熟乳をいやらしく揉みこんでいった。

「うふふ、はああん! レロレロ、チュパチュパ……ええ、そうよ、あたしはとっても悪い人妻で、エッチでイケないママなのよぉ! ふふ、君たちもよく知ってるくせにぃ、ああん、ジュルジュル、チュパチュパ!」

「へへ、でもさゆりの息子が知ったらマジ倒れるぜ! 自分の綺麗で優しいママが自分の部屋で素っ裸になって、息子よか若い男のチ×ポ舐め回してるなんて!」
 と、スケベそうにニヤついた流也もこれまたお母さんのもう一方の巨大な乳房を乱暴に揉みあげていった。
「いやあん! ふふ、またそんなエッチなこと言って、ピチャピチャ、ジュルジュル……あーん、だけど今日はうちの子も夜まで帰ってこないし、このお部屋でもたっぷりとママのあたしのこと可愛がって頂戴ねえ……はあん、うふぅ、チュパチュパ、ジュプジュプ!」
 そう言って、お母さんは甘く淫靡な吐息を落としながらまるで媚びるように色っぽくシナを作ると、益々情熱的に二人の若いペニスにしゃぶりついていった。

 そしてそんな自分たちの母親とも変わらない年齢の、いやらしくも愛らしい人妻で母親のお母さんの言動に、ヤリタイ盛りの生意気少年たちも益々調子づいてきて、
「へへ、だったらオレの金玉も舐め回せよ、さゆり!」

「へへ、オレのアナルも! ケツの穴にご奉仕しろ!」

 などと口々にもはやなんの遠慮もなく、大人のお母さんに自分たちへの性的快楽奉仕の命を下していった。

 同時に本来はそんな二人の保護者のような立場のお母さんも、性欲旺盛で生意気盛りの二人からのあまりに不遜で破廉恥すぎる命令をまるで喜ぶかのように、

「あーん、いいわよお! うふふ、エッチで生意気な坊やたちの感じるところ、今日もママがいっぱい舐め舐めペロペロしてあげるぅ! はあん、うちの子のお部屋でも、このエッチなママにたっぷりご奉仕させてぇ、ねっ!」

 と、すっかり若いペニスに魅入られたような嬉しそうな嬌声を上げ、そのまま偉そうに大きく股を広げた少年たちの股間の下に、まるで発情した牝犬のごとく四つん這いになって従順に潜り込んでいった。

 そしてたっぷりとそんなお母さんに快楽奉仕をさせた後、二人はまたぞろ鼻息を荒くして、お母さんを乱暴にボクのベッドへと押し倒していったのだった
 
~天然淫母さゆり【外伝】(DLsite版)
~天然淫母さゆり【外伝】(DMM版)

天然淫母さゆり【完全版】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

 場所はいつものラブホテルの一室だった。

 もっとも部屋の照明はいつもよりも抑え目で薄暗く、大きなベッドの前方部分のサイドランプだけが、淫靡で幻想的な淡いピンク色の光を放っていた。

 そしてその隣に、胸元が大胆に開いた真っ赤ないやらしい透け透けシースルーのキャミソールを着たお母さんのしどけない姿があった。

 きっとまたずっと年下の○校生である本田たちを悦ばせるため、お母さん自ら持参してきてやったのだろう、もちろんそれは息子のボクなどが見たこともないような、ただひたすら血気盛んな年若い少年たちの性欲を刺激する卑猥で扇情的な代物だった。

お母さんはベッドの前方に独りで座らされ、既にその顔を羞恥の桜色に染めながら、両手でそれぞれ自分の豊満な乳房とムッチリとした太ももを弄っていた。

 視覚的には、正にそんないやらしい姿のお母さんが単独アップでフィーチャーされており、なるほど本田たちの言う通り、背徳的且つ官能的な成熟した人妻による浮気告白動画といった趣だった。

 またカメラも舐めるように移動とズームを繰り返し、そんなお母さんの熟れきった女体を捉えていた。

へへ、マジかよ、さゆりママ! これでもう浮気告白した人数八人目だぞ!」

へへ、しかもここまでみんな、さゆりママよかずっと年下の若い男ばっか!」

 先ほどからずっとこんな調子でお母さんの告白は続いていたのであろう、カメラ脇から本田と林のスケベそうな囃し声が聞こえてきた。

いやあん、もうまたそんなエッチに囃し立ててぇ……たまたまよぉ、たまたま、そのぉ、うふぅん、元気でエッチな若い男の子たちと縁があったって言うかぁ……はああん」

 そう言って、お母さんは鼻から甘い吐息を洩らしながら、その場で更に色っぽくシナを作って見せた。

「フフ、嘘つけ! 元々さゆりママが、元気でエッチで生意気な若いフレッシュチ×ポが大好きなんだろ?」

「フフ、そうだよな! まったく人妻で母親のくせにいやらしすぎるぜ! そんで、先月バイトの送別会の帰りに3Pしてやったっていう○校三年生たちがその次の浮気相手だったのかよ? ほら、正直に言えよ」

「あーん……そ、それは、うふぅ……さっき話したバイトリーダーの大学生の男の子がいるでしょ? その子のお友達で熟女好きっていうのぉ? ああん、自分のお母さんくらい年上の巨乳の人妻とヤリたがってる子がいるから、どうしてもってお願いされちゃってぇ……だ、だからぁ、はあぁ、そ、その子のお友達の男の子とも何回かラブホテルで……いやあぁ、ううぅ、あたしもう恥ずかしいわあ」

 そこまで言うと、お母さんは心底恥ずかしそうに、自分の熟れた女体を両手で弄りながら身悶えていった。

「それで浮気相手の友達にもヤラせてやったのかよ!」

「そんなお上品な顔してなんかすげえことしてんな!」

 まだ○校生の自分たちの前で人妻のお母さんにオナニーをさせながらの浮気告白をねだっておいて、本田たちはあらためて興奮したように感嘆の声を上げた。

「いやあぁん、そんなこと言わないでぇえ……ああっ、そ、そうよぉ、あたしぃ……この熟れた人妻の身体で、このエッチなお母さんの身体でぇ、若い男の子たちにいっぱいエッチなご奉仕して可愛がってもらってきたのよぉ……はああぁん、しゅ、主人には内緒でぇ、む、息子にも隠れてぇ……あーん! いやああ、ううっ!」

 それからお母さんはまるでその自分の告白に昂ってきたように、その豊満な乳房を強く揉みしだきながら、ついに太ももを弄っていた片手をキャミソールとセットの透け透けのパンティーの中にもどかしく挿し込んでいった。

「フフ、だけどさゆりママのいままでの浮気相手で一番若いのって、息子と同い年のオレたちなんだろ?」

「フフ、だったらまだヤッたことない、オレたちよか年下のガキどもはどうよ? もっと興奮すんじゃね?」

 それぞれそう言って、本田と林はそんないやらしく身悶えるお母さんに言い迫った。

「はあああん! そ、そうよぉ、む、息子と同い年の○校生の君たちが一番年下の浮気相手で、こんなにも興奮しちゃうのにぃ……あああん、う、うちの息子や君たちより年下の子たちとなんてぇ、いやあん、もうそんなこと想像するだけでエッチすぎるわああ~!」

 お母さんは身悶えるようにそう切なく喘いで、ますます淫乱に自分の熟れ火照った女体を弄っていった。

「へへ、嘘つけ! ほんとはもう想像して興奮してんだろ? その人妻オマ×コもう濡れ濡れなんだろ!」

「へへ、ほんとはヤリたいんだろ? 自分の息子よりもっと年下の生意気なガキどもにも、その熟れ熟れムチムチの人妻熟女ボディ、ヤラれまくりたいんだろ!」

 いまや二人もすっかり興奮してきた様子で、そんな不埒な想像に悶える人妻で母親のお母さんをますます追いつめていった。

「ううっ、はあぁ、そ、そんないやらしいことぉ……いやっ、そ、そうよぉお! あ、あたし、ヤ、ヤリたいっ、ヤラれたいわあ! 自分の息子よりも年下の生意気な坊やたちにも! こ、この熟れた人妻の身体ぁ、このエッチなお母さんの身体ぁ、もういっぱいヤラれまくりたいわああ! はああっ、ああぁ~ん!」

 お母さんはもう我慢できないという感じで身悶えてそう叫ぶと、その喉を淫靡に震わせながら天井を仰いでいった―。

~天然淫母さゆり【完全版】(DLsite版)
~天然淫母さゆり【完全版】(DMM版)

天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん3(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

「はあん、うふ……ええ、そう、いいわあ。ああぁ、お久しぶりの若い坊やたちぃ、うふぅん、今日はこのおばさんに一体どんなエッチなことしてほしいのぉ?」

 お母さんはわざといやらしい口ぶりで熱っぽくそう言うと、まるで自ら誘うように色っぽい眼差しを揃ってニヤつく少年たちに投げかけた。

 そしてそんなお母さんの両耳に、本田と林が更にニヤニヤと笑いながら何事かを吹き込んだ。

 するとその途端、

「ええっ!? そ、そんないやらしいこと……ほ、本気で○校生の息子もいる母親のあたしにさせたいの?」

 お母さんは一瞬でその顔を羞恥の桜色に染めながらも、既に両手で自身の熟れた女体を弄り始め、どこかでもう興奮してきているような様子だった。

「へへ、翔太も翼も喜べよ! いまからこのお上品なさゆりママが、息子みてえなオレたちの前でムチムチの人妻熟女ストリップショー見せてくれるんだと!」

「へへ、しかも今日は特別、PTAの口煩いおばさん連中みたく、大人としてエッチで生意気なクソガキのオレたちを叱りながら一枚一枚脱いでくれるんだと!」

 それから本田たちはいやらしくそう捲し立てると、まだ○学生の翔太たちをも巻き込んで、まるで恥ずかしがるお母さんを煽るかのように、「ほら、脱~げ! 脱~げ!」とその場で一斉に下卑たコールを始めた。

 クローゼットの扉越しに、そんないきなりの窮地に陥ったお母さんのあまりに破廉恥な状況を見つめながら、ボクは思わず興奮してゴクリと唾を飲み込んだ。

 そう、何故ならこのお母さんの大人の女性の矜持と母性を抉るような〝羞恥プレイ〟こそ、先日息子のボクが本田たちにリクエストしておいたものだったからだ。

ううん、もおぉ、はあ~、わ、判ったわあ……お、大人のおばさんが、ああ、みんなのエッチなお母さんがぁ、君たちみたいなほんとにエッチで生意気な悪い男の子たちを叱りながら……はあぁん、じ、自分でお洋服、ううっ、もう全部脱いじゃうわあ、ああん!」

 そしてお母さんはその身を色っぽく捩りながら切ない吐息を洩らすと、やはり既にどこか興奮してきているように、まずは肩に羽織っていた薄手のカーデガンをはらりと脱ぎ捨てた。

 同時にぴったりとした熟れた豊満な身体のラインも眩しい、肉感的なノースリーブの白いサマードレス姿になったお母さんに、その場を取り囲む○校生と○学生たちは一斉にいやらしくも下品な歓声を上げた。

ううぅ、ああぁ、ほ、ほんとに悪い坊やたちね……き、君たちはまだ○校生や○学生のくせに、はあ~、お、大人のおばさんにこんな、こんなエッチなことまでやらせてぇ……ほんとにいけない子たちよぉ!」

 とお母さんは声を上ずらせながらも、両手を回して背中のジッパーを下ろすと、しどけなくも悩ましげにその熟れきった女体をくねらせながら、着ていたサマードレスを足元にスルリと落としていった。

はあん、い、いくら若いからってもう調子に乗って、お、大人を大人とも思わずに、まるで自分たちのママくらいの熟れた人妻まで、ああ、そのヤリたい盛りの若い性欲の対象にするなんてぇ……こ、こんなこと、世間じゃ絶対に許されないことなのよぉ!」

 そしてお母さんは今日のこの日のために密かに用意していたのだろう、目の前の若い彼らの性欲と征服欲を直球で刺激するようなゴージャスで扇情的な透け透けシースルーの下着姿で、今度はひたすら恥ずかしそうに、その既に半分以上は露出している豊満な乳房を包んだブラジャーのホックを自らの指で外していった。

ああぁ、そ、それなのに、き、君たちは今日も、人妻で、ああ、○校生の息子までいる母親のあたしのこのいやしく熟れた身体を、わ、若いオチン×ンで苛めるまくるつもりなんでしょ? ひ、人妻が、あたしが若いオチン×ンに逆らえないの知ってて、エッチなお母さんのこの熟れた身体をぉ……あーん、ねえっ!?

 お母さんは顔を真っ赤にしてその瞳を潤ませながら、もはやすっかり興奮して声を震わせていた。

 同時に片手で押さえていたブラジャーをどこか媚びるように、そしてまるで見せつけるかのように、ハラリと足元に落として、相変わらずその重量感たっぷりの魅惑的に熟れた生の乳房をついに露呈させた。

 途端、お母さんを取り囲んでいた少年たちは好色などよめきと歓声を上げ、お母さんはそのまま崩れ落ちるように彼らの足元にその身を投げ出していった。

「へへ、どんなに偉そうなこと言っちゃっても、やっぱりもう我慢できねえんだろ、さゆりママ!」

「へへ、大人で人妻で母親のさゆりママは、もう自分の息子みてえな若いチ×ポたちの奴隷だもんな!」

 そう嘯きながら、四人の少年たちはそんな浅ましくも扇情的な人妻のお母さんの姿を、まるで値踏みするようにニヤニヤと揃って見下ろしていた。

「ああっ、そ、そうよ! あたし、ずっと主人と一緒でもう我慢できなかったのぉ! ねっ、なんでもするから早く犯してぇ、この熟れたいやらしいママの身体、君たちの若いオチン×ンでぇ! ねえ、早くぅうん!」

そしてお母さんは、本当に息子のボクの目の前で、若い彼らの足元に哀れに縋りついていった

~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん3(DLsite版)
~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん3(DMM版)

天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん2(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


 お母さんはベッドの前方に独りで座らされ、既にその顔を羞恥の桜色に染めながら、両手でそれぞれ自分の豊満な乳房とムッチリとした太ももを弄っていた。

 視覚的には、正にそんないやらしい姿のお母さんが単独アップでフィーチャーされており、なるほど本田たちの言う通り、背徳的且つ官能的な成熟した人妻による浮気告白動画といった趣だった。

 またカメラも舐めるように移動とズームを繰り返し、そんなお母さんの熟れきった女体を捉えていた。

へへ、マジかよ、さゆりママ! これでもう浮気告白した人数八人目だぞ!」

へへ、しかもここまでみんな、さゆりママよかずっと年下の若い男ばっか!」

 先ほどからずっとこんな調子でお母さんの告白は続いていたのであろう、カメラ脇から本田と林のスケベそうな囃し声が聞こえてきた。

いやあん、もうまたそんなエッチに囃し立ててぇ……たまたまよぉ、たまたま、そのぉ、うふぅん、元気でエッチな若い男の子たちと縁があったって言うかぁ……はああん」

 そう言って、お母さんは鼻から甘い吐息を洩らしながら、その場で更に色っぽくシナを作って見せた。

「フフ、嘘つけ! 元々さゆりママが、元気でエッチで生意気な若いフレッシュチ×ポが大好きなんだろ?」

「フフ、そうだよな! まったく人妻で母親のくせにいやらしすぎるぜ! そんで、先月バイトの送別会の帰りに3Pしてやったっていう○校三年生たちがその次の浮気相手だったのかよ? ほら、正直に言えよ」

「あーん……そ、それは、うふぅ……さっき話したバイトリーダーの大学生の男の子がいるでしょ? その子のお友達で熟女好きっていうのぉ? ああん、自分のお母さんくらい年上の巨乳の人妻とヤリたがってる子がいるから、どうしてもってお願いされちゃってぇ……だ、だからぁ、はあぁ、そ、その子のお友達の男の子とも何回かラブホテルで……いやあぁ、ううぅ、あたしもう恥ずかしいわあ」

 そこまで言うと、お母さんは心底恥ずかしそうに、自分の熟れた女体を両手で弄りながら身悶えていった。

「それで浮気相手の友達にもヤラせてやったのかよ!」

「そんなお上品な顔してなんかすげえことしてんな!」

 まだ○校生の自分たちの前で人妻のお母さんにオナニーをさせながらの浮気告白をねだっておいて、本田たちはあらためて興奮したように感嘆の声を上げた。

「いやあぁん、そんなこと言わないでぇえ……ああっ、そ、そうよぉ、あたしぃ……この熟れた人妻の身体で、このエッチなお母さんの身体でぇ、若い男の子たちにいっぱいエッチなご奉仕して可愛がってもらってきたのよぉ……はああぁん、しゅ、主人には内緒でぇ、む、息子にも隠れてぇ……あーん! いやああ、ううっ!」

 それからお母さんはまるでその自分の告白に昂ってきたように、その豊満な乳房を強く揉みしだきながら、ついに太ももを弄っていた片手をキャミソールとセットの透け透けのパンティーの中にもどかしく挿し込んでいった。

「フフ、だけどさゆりママのいままでの浮気相手で一番若いのって、息子と同い年のオレたちなんだろ?」

「フフ、だったらまだヤッたことない、オレたちよか年下のガキどもはどうよ? もっと興奮すんじゃね?」

 それぞれそう言って、本田と林はそんないやらしく身悶えるお母さんに言い迫った。

「はあああん! そ、そうよぉ、む、息子と同い年の○校生の君たちが一番年下の浮気相手で、こんなにも興奮しちゃうのにぃ……あああん、う、うちの息子や君たちより年下の子たちとなんてぇ、いやあん、もうそんなこと想像するだけでエッチすぎるわああ~!」

 お母さんは身悶えるようにそう切なく喘いで、ますます淫乱に自分の熟れ火照った女体を弄っていった。

「へへ、嘘つけ! ほんとはもう想像して興奮してんだろ? その人妻オマ×コもう濡れ濡れなんだろ!」

「へへ、ほんとはヤリたいんだろ? 自分の息子よりもっと年下の生意気なガキどもやまだ童貞のガキどもにも、その熟れ熟れムチムチの人妻熟女ボディ、ヤラれまくりたいんだろ!」

 いまや二人もすっかり興奮してきた様子で、そんな不埒な想像に悶える人妻で母親のお母さんをますます追いつめていった。

「ううっ、はあぁ、そ、そんないやらしいことぉ……いやっ、そ、そうよぉお! あ、あたし、ヤ、ヤリたいっ、ヤラれたいわあ! 自分の息子よりも年下の生意気な坊やたちにも! まだ童貞の可愛い坊やたちにも! こ、この熟れた人妻の身体ぁ、このエッチなお母さんの身体ぁ、もういっぱいヤラれまくりたいわああ! はああっ、ああぁ~ん!」

 お母さんはもう我慢できないという感じで身悶えてそう叫ぶと、その喉を淫靡に震わせながら天井を仰いでいった

~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん2(DLsite版)
~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん2(DMM版)

天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


 場所は昨日と同じ、ファミレスの手狭な倉庫だった。

 隠しカメラのアングルも昨日とほぼ同じ位置。

ああん、休憩時間にこんなとこ呼び出してぇ、もうまたなのぉ、君たちは……うふぅん、もうまだ○校生のくせにほんとにエッチな坊やたちねえ、ふふ」

 お母さんは店の倉庫という場所柄、控え目な声音でそう甘ったるく囁くと、その場で切なく身悶えていた。

 そして昨日と同じく、またもや本田と林はその顔を一段とスケベそうに輝かせ、制服の上からお母さんの無防備な熟れた女体を好き放題に弄っていた。

「へへ、だって昨日は超興奮したんだもん! ねっ、さゆりママ、今日の下着の色は? 今日はどんなブラジャーしてんのぉ~?」

 と、本田は大胆にもお母さんの制服の胸元をいやらしい手つきで大きく開いて覗き込んだ。

「おっ! 美味しそうなムチムチの巨乳発見! しかも紫のフリフリ透け透けのエッチブラじゃん! へへ、人妻のくせになんかイヤらしいぞ~、さゆりママ!」

 と、同じく大きく開かれたお母さんの胸元を覗き込んだ林も下品に囃し立てた。

「いやん、もう~!……うふふ、もうダメよ、バイト中にそんなエッチな悪戯ばっかりしちゃ……おばさんだって恥ずかしいわぁ、ふふ」

 お母さんは思わず胸元を抑えて身を捩って見せたが、その声音には二人の不埒なセクハラを責める感情など微塵もなく、むしろお母さん自身どこか悦んでいる風にも思えた。
「でもさあ、こんな熟れ熟れムチムチのエロエロボディしてて、いままで若い学生バイトたちにも散々口説かれまくったろ?」

「そうだよ! おまけに若い学生バイトたちにはニコニコセクハラもさせ放題で、絶対ヤラれまくってるって」

 二人はニヤニヤとそれぞれ言いながら、その手で馴れ馴れしくもいやらしくお母さんの豊満な胸やお尻を好き勝手に弄んでいた。

「あーん、ふふ、そ、そんなことぉ……あん、うちのバイトの大学生や○校生の若い男の子が、自分のママみたいなこんなおばさんとぉ? うふふ、いやあん、そんなことエッチすぎるわぁ

 お母さんは息子のボクと同い年の二人の○校生の大胆なセクハラをもはや咎める意思もなく、どこか愉しそうに、そしてどこか嬉しそうに甘ったるく囁いた。

「へへ、だってさゆりママの旦那って単身赴任中なんでしょ? 毎日若くて元気なスケベ学生バイトたちに囲まれて、もう絶対浮気してるよね? ねっ!」
「へへ、だよな。この熟れ熟れムチムチのいやらしい人妻熟女ボディ、性欲ギンギンでビンビンの若い学生バイトたち相手にもうバンバン使いまくりでしょ? ねっ!」
 二人はそう言って、更に大胆にお母さんの熟れた女体を両側から密着して挟み込むように言い迫った。
「ああん、ふふ、もう許してぇ~……うふぅん、あたしはこう見えてもれっきとした人妻で、おうちに帰れば君たちと同い年の一人息子の優しいお母さんなのよぉ……だからそんなこと言っちゃダ~メぇ。はあぁん、もうエッチな坊やたちなんだからぁ
 お母さんは赤面してくすぐったそうにその場でその身を捩じると、無意識のうちに二人の密着した身体を受け止めるようにその両手を広げていった。
「へへ、だから余計興奮するんじゃん! 大体いくら仕事の教育係とはいえ、自分の息子と同い年のまだ○校生の生意気なガキどもに、こんな好き勝手にエッチなことさせてくれる人妻なんていねえし!」
 と、本田は興奮した様子で制服の上からお母さんの巨乳を思いきり鷲掴みにしていった。
「へへ、そうだよ。それに仕事頑張ったら、オレたちもっとさゆりママにエッチに甘えてもいいんだろ? だったら明日で丁度バイトの研修も終わるし、明日はオレたちともっと付き合ってくれよ~!」
 と、林も興奮してついにお母さんのスカートを捲り上げ、剥き出しになったそのムッチリとした太ももに手を伸ばしていった。
「ああっ! ううぅ、そ、そんなこと言われたってぇ……はあぁん、いやぁ、こ、こんなおばさんに、き、君たちはまだ○校生のくせにぃ、ダ、ダメよぉ……」
 お母さんはそれぞれ自分の乳房と太ももを大胆に弄ってくる二人の手に自らの両手を重ね合わせ、切なそうに、それでいて色っぽく唇を濡らしながら呟いた。
「へへ、いいじゃん! 明日はオレらの研修の打ち上げってことで。それにオレたち、まださゆりママの口から肝心の浮気の告白聞いてねえもん!」
「へへ、さゆりママの息子には残業とか適当に言っときゃ良いだろ? なあ、さゆりママは若い学生バイトたちみんなのエッチで優しいママなんだろ~?」
 そう言って、二人はますますその手をいやらしくお母さんの熟れた女体に這わせながら迫っていった

~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん(DLsite版)
~天然淫母さゆり・僕の淫らなお母さん(DMM版)

サークルプロフィール
作品一覧
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite
同人ダウンロード


記事検索
メッセージ
姉妹サークルプロフィール
  
Adult Novels Search
               正しいH小説の薦め

淫声

セクシーボイス
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog