人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


ああん、ねえ、ほんとにぃ? はあ、ほんとにおばさんが祐介君の前で、あん、そのぅ、大人の女性のアソコ、広げて見せてあげなきゃいけないのぉ?」

 既に色っぽい透け透けのキャミソール姿になっている麻由美が、リビングのソファーにM字の恰好で座らされた状態で、恥ずかしそうに目の前の祐介に呟いた。

 そう、今日もまた先程から散々祐介に甘え倒され、その熟れ頃のいやらしい人妻の女体をたっぷりと弄ばれていた麻由美は、とうとう逡巡の戸惑いと受け身の姿勢を装いながらも、内心ここ数週間の期待と興奮に胸を高鳴らせて、ついに息子の友人の祐介との背徳の本番セックスに同意してしまっていたのだ。

「フフ、だってボクのオチン×ン、これまでおばさんにいっぱい見せてきたんだから、今日はおばさんがボクに大人の女のアソコじっくり見せてくれなきゃ不公平でしょ? さあ、おばさんが自分の指でいやらしく大人のアソコ開いてボクによく見せてよ! ねえ!」

 と、鼻息を荒くしてそう嘯いた祐介も既にその下半身を剥きだしにして、自慢の青臭いペニスを麻由美の目の前でこれ見よがしにギンギンに勃起させていた。

「はあん、そ、そんないやらしいことぉ……ううん、はあ、じゃあ、こ、こお? これでいい? あーん、恥ずかしい! おばさん、もう恥ずかしいわあ!」

 と、ここまでくれば祐介の破廉恥すぎるリクエストに逆らえるはずもなく、麻由美は興奮にそのバッチリと色っぽいメイクを施した顔を紅潮させながら、従順にその両指を駆使して、ノーブラノーパンのキャミソール姿の自身の熟れた下半身をパックリと開帳した。

「うわあ、す、凄いよ、おばさん! おばさんのいやらしい大人のアソコもう丸見えだよ! ああ、これがおばさんの人妻オマ×コ! ボク、興奮しちゃうよ!」

 感動したようにそう叫んで、祐介はまるで齧り付くように麻由美の熟れた卑猥な女性器に顔を近づけると、そのまま自分の勃起ペニスを眼前でパックリと口を広げた麻由美のそれへと押し当てていった。

「ああん! ううっ、ゆ、祐介君! はあああっ!」

 そしていよいよついに息子の友人のまだ○学生の魅惑の勃起ペニスの挿入を待ち望むかのように、麻由美はその指で己の女陰の卑猥な肉襞をじっと押し広げたまま、その場でうっとりと目を閉じていった。

 が、しかし果たして麻由美の内心打ち震えるような大いなる期待と興奮を裏切って、祐介の勃起ペニスは何故だか麻由美の剥き出しの淫裂をまるでじらすように何度も往復するだけだった。

「フフ、凄いよ、おばさん! おばさんの大人のオマ×コ、もうこんな濡れ濡れ! はあ、ボク、こうして擦りつけてるだけで気持ち良くなっちゃいそうだよ!」

 そんな意地悪な祐介の科白と態度に、麻由美はすっかり火照ってきている女体を切なく悶えさせながら、

「ああん、ゆ、祐介君? そ、そんな……ねえ、ほら、ここよ? あーん、わ、判るでしょ? おばさんのアソコ、もう祐介君の自由にしていいのよぉ? ね?」

 と、麻由美は浅ましくも自ら腰まで浮かせて、まだ○学生の少年にその挿入を間接的にアピールした。

「フフ、だけどこのままほんとに挿れちゃったら、おばさんの旦那さんや弘志にも悪いし……ああ、ボク、どうしよう? ねえ、おばさん、ボク、どうしよう?」

 と、同時に祐介は、ますますその麻由美の熱く潤う淫裂を己の勃起ペニスで深く大胆に抉りながら、麻由美の牝の本能を覚醒させるべく追い込んでいった。

「はあん! そ、そんな今更祐介君! ああん、お、おばさんにこんな恥ずかしい恰好までさせといて! いやあん、もう、はあ、はあ、ああっ、ううぅ!」

「フフ、そりゃボクだってここまできたらおばさんとセックスしたいよ! ボクのオチン×ンは美幸先生も大人の女を狂わせるっていつも褒めてくれてたし、実際美幸先生もいつもイキまくってからね! だからおばさんはどう? おばさんはどうしたいの? ねえ!」

 そしてその祐介の最後の科白が引き金となり、麻由美自身もようやく祐介の挿入を焦らす意図を悟ったかのように、その場で長くも甘い切ない嘆息を洩らして、

ああっ、もう祐介君たら……はああ、い、挿れて! ねえ、早く挿れてぇ! うちの子のお友達の祐介君の、まだ○学生の祐介君の、ああ、可愛くて逞しい勃起オチン×ン! はあん、お、おばさんの大人のいやらしいアソコにぃ! おばさんのこのグチョグチョに濡れてる人妻オマ×コにぃ! お願い! ねえ!」

 と、美幸は自ら限界まで卑猥に広げた熟れた女陰の牝穴を祐介のペニスに押しつけながら、まるで泣き媚びるようにソファーの背凭れに崩れ落ちていった

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(DLsite版)

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】(DMM版)

天然淫母さゆり【外伝】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています

はあん、美味しい! すっごく美味しいわあ! チュパチュパ、ジュルジュル、雄大君と流也君のオチン×ン……ああ、うちの息子より若いまだ○校生のオチン×ン! うふぅん、レロレロ、チュパチュパ……あーん、ふふ、またもうこんなに大きくなってきたぁ!」
 そしてお母さんはパソコン画面越しのボクの目の前で、まるで陶酔したようにその頬を桜色に染め、雄大と流也にねっとりとWフェラのご奉仕を施していた。
 そう、あれからすぐに興奮した二人から乱暴に下着を剥がされボクのベッドの上に押し倒されると、正に準備運動代わりといった感じで、お母さんは少年たちに代わる代わる連続して中出しで犯されていたのだ。
 それからお掃除フェラの代わりと言わんばかりに、雄大と流也は自分たちの若い精液の残滓とお母さんの愛液に塗れたそれぞれのペニスをお母さんの口元に乱暴に突き出して、お母さんもまたそれがいつもの約束事であるかのように、一心不乱に嬉々としてその汚れた若いペニスを舐め上げていたのだ

「へへ、だけどさゆりはほんとに悪いビッチママだよな! 日曜の昼間、自分の家の、しかも可愛い一人息子の部屋で、こんなスケベなことしちゃうなんてさ!」
 と、不遜にニヤついた雄大が眼下のお母さんの豊満すぎる熟乳をいやらしく揉みこんでいった。

「うふふ、はああん! レロレロ、チュパチュパ……ええ、そうよ、あたしはとっても悪い人妻で、エッチでイケないママなのよぉ! ふふ、君たちもよく知ってるくせにぃ、ああん、ジュルジュル、チュパチュパ!」

「へへ、でもさゆりの息子が知ったらマジ倒れるぜ! 自分の綺麗で優しいママが自分の部屋で素っ裸になって、息子よか若い男のチ×ポ舐め回してるなんて!」
 と、スケベそうにニヤついた流也もこれまたお母さんのもう一方の巨大な乳房を乱暴に揉みあげていった。
「いやあん! ふふ、またそんなエッチなこと言って、ピチャピチャ、ジュルジュル……あーん、だけど今日はうちの子も夜まで帰ってこないし、このお部屋でもたっぷりとママのあたしのこと可愛がって頂戴ねえ……はあん、うふぅ、チュパチュパ、ジュプジュプ!」
 そう言って、お母さんは甘く淫靡な吐息を落としながらまるで媚びるように色っぽくシナを作ると、益々情熱的に二人の若いペニスにしゃぶりついていった。

 そしてそんな自分たちの母親とも変わらない年齢の、いやらしくも愛らしい人妻で母親のお母さんの言動に、ヤリタイ盛りの生意気少年たちも益々調子づいてきて、
「へへ、だったらオレの金玉も舐め回せよ、さゆり!」

「へへ、オレのアナルも! ケツの穴にご奉仕しろ!」

 などと口々にもはやなんの遠慮もなく、大人のお母さんに自分たちへの性的快楽奉仕の命を下していった。

 同時に本来はそんな二人の保護者のような立場のお母さんも、性欲旺盛で生意気盛りの二人からのあまりに不遜で破廉恥すぎる命令をまるで喜ぶかのように、

「あーん、いいわよお! うふふ、エッチで生意気な坊やたちの感じるところ、今日もママがいっぱい舐め舐めペロペロしてあげるぅ! はあん、うちの子のお部屋でも、このエッチなママにたっぷりご奉仕させてぇ、ねっ!」

 と、すっかり若いペニスに魅入られたような嬉しそうな嬌声を上げ、そのまま偉そうに大きく股を広げた少年たちの股間の下に、まるで発情した牝犬のごとく四つん這いになって従順に潜り込んでいった。

 そしてたっぷりとそんなお母さんに快楽奉仕をさせた後、二人はまたぞろ鼻息を荒くして、お母さんを乱暴にボクのベッドへと押し倒していったのだった
 
~天然淫母さゆり【外伝】(DLsite版)
~天然淫母さゆり【外伝】(DMM版)

[新作]人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】~ボクの友母寝取りマニュアル

人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【外伝】~ボクの友母寝取りマニュアル
259円/ポイント10%
「人妻家庭教師」+「人妻寝取られ参観日」シリーズの外伝です。シリーズ本編関係なく単体作品としてお楽しみ頂けます。
18禁ノベルPDFファイル

[新作]天然淫母さゆり【外伝】~再見・僕の淫らなお母さん

天然淫母さゆり【外伝】~再見・僕の淫らなお母さん
324円/ポイント10%
「天然淫母さゆり」シリーズの外伝です。シリーズ本編関係なく単体作品としてお楽しみ頂けます。
18禁ノベルPDFファイル

人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【完全版】(体験版

※本編よりランダムに一部を抜粋しています


 映画が始まると、早速祐介はピタリと隣に密着して座る美幸の熟れた女体にエッチな悪戯を仕掛けてきた。

 いつもはどちらかというと大人しい性格の祐介だったが、今日は勉強部屋を離れて開放的な気分になったのか、はたまた今日のために件の美幸からの自分への語りかけオナニー動画をずっと見続けていたせいか、まだ青臭い童貞少年とはいえより積極的で大胆だった。

「ねえ、美幸先生

 祐介は甘えたようにそう呟くと、まるで当然のように美幸のノースリーブのブラウスの胸元にその手を差し伸べ、たっぷりと肉の詰まった豊満な人妻の乳房をいつにも増していやらしく弄び始めた。

「うふふ、もう祐介君たら

 そして美幸もそれを当たり前のように受け入れ、隣に座る少年の頭を自分の胸元へと優しく抱き寄せた。

(ああん、今日の祐介君たらすっごく積極的なのね。ええ、いいわあ、先生のこのおっぱいもう好きなだけ揉み揉みして頂戴。先生は大人だけど、人妻だけど、今日は祐介君の彼女なんだから……はああん、祐介君のお好きなだけいっぱいエッチなことしていいのよ!)

 心の中でそう語りかけながらも、美幸は周りの観客の目を気にして一応前方のスクリーンに目を向けた。

 もっとも、そんな無防備で寛容な美幸の熟れた人妻の女体に対して、普段とはひと味もふた味も違う今日の祐介の飽くなき興味と悪戯は止まらなかった。

 祐介は美幸のブラジャーの中にも忍び込ませた手で、温かい美幸の柔らかな生乳房の感触を散々愉しんだ上、ついにはその乳首までもいやらしく弄び始めたのだ。

(うふぅん、はあ、祐介君……あーん、そ、そんなあ、あたしの乳首までそんなエッチに抓んだりしてぇ……いやあん、はあん、祐介くぅん!)

 美幸は相変わらずじっとスクリーンを見つめながらも思わずビクリと小さく身体を震わせ、艶っぽい口紅の載った唇をその舌で湿らせた。

 そんなずっと年上の人妻の色っぽい仕草に更に興奮してきたのか、祐介はもう一方の手を美幸のムッチリとした太ももに置いてねっとりと撫で回し始めた。

(うふぅ、ああ、祐介君……そ、そうよね、祐介君はずっとオナペットにしてきた先生のこの熟れた人妻の身体が大好きなんですものね……はあ、でも、今日はまた一段とエッチな触り方してるわよ!)

 そして美幸も心の中で語りかけながらも、相変わらずスクリーンをじっと見つめて、祐介の好きなようにその無防備でグラマラスな女体を預けていった。

 もっとも当然ながらそうなると、初体験を目の前にした童貞少年の逸る気持ちは場所柄も弁えず更に加速していくだけだった。

 祐介は美幸の太ももの上にじっと置いた手をしばらく逡巡したように彷徨わせた挙句、やがて思い切ったようにそれを一気に美幸の生足のスカートの奥にまで突っ込んできたのだ。

(あっ! うふぅん、ゆ、祐介君たら……そ、そうよね、やっぱりとうとう童貞捨てちゃう今日のデートでは、祐介君も先生のいやらしいアソコに一番興味あるのよね? ああん、で、でもそこはぁ

 美幸は再びビクリとその場で身体を震わせると、切なそうに濡れた両目を細めて隣の祐介を見遣った。

 一方そんな美幸の熟れ実った乳房と敏感な女の秘部を夢中になって弄んでいる当の祐介は、緊張しきった真剣な表情ですっかり鼻息も荒くなってきていた。

 咄嗟に美幸は周りの観客の目を気にして、そんな祐介を慌てて強く自分の胸元へと抱き寄せた。

 そのボリューム満点の柔らかな巨大な乳房に、ハアハアと荒い鼻息を洩らす祐介の横顔を自らムニュムニュと押しつけてやったのだ。

(ああん、可愛い、可愛いわあ! だ、だけどほんとはこんなところで、ま、まだ○学生の祐介君が大人の先生にそんなエッチなことまでしちゃダメなのよ……ああ、ほ、ほんとはダメなのよぉ……!)

 しかしながら尚も執拗に美幸のスカートの奥にまで侵入してきた祐介の我が侭な悪戯指は、美幸のパンティーの上からまるでその淫らな蜜壺の入口を必死に探すかのように、いまや縦横無尽に這いずり回っていた。

(ううぅ、あっ、祐介君たら、ダ、ダメなのにぃ……はあん、で、でも、これもこないだ先生が渡したあのエッチなオナニー動画で、しっかりと大人の女の身体のこと予習してきてくれたからなのよね……あーん!)

 そして美幸はついにそんな二回りも年下の童貞○学生の飽くなき性的好奇心に根負けしたかのように、淫らにゆっくりとその両の太ももを開いていった。

 瞬間、偶然にも今日のために穿いてきた美幸のスケスケのTバックのパンティーの隙間から、祐介の指が美幸のその熱く湿った女陰のクレパスの上にグチョリと差し込まれてきた。

(ああっ、とうとうあたしぃ! いやあ、ううぅ、ゆ、祐介くぅん……せ、先生、大人なのに、人妻なのに、まだ童貞の可愛い祐介君のせいで、はああん、こ、このいやらしいオマ×コ、もう、濡らしちゃうわあ……!)

 それから美幸は全身にスリルと快感の鳥肌を立てながらも、祐介の為すがままにその成熟した火照った女体を預け、両の大きな瞳を淫靡にしっとりと潤ませながら前方のスクーンを見つめ続けた。

 もっとも周りの観客たちは、そんな美幸たちの秘密の淫行情事には誰も気づいていない様子だった。

そう、親子ほど年の離れた人妻と男子○学生という驚愕の甘い恋人同士が、公共の暗がりの中で淫らにお互いの性器を濡らし合っていることさえも

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【完全版】(DLsite版)

~人妻家庭教師+人妻寝取られ参観日【完全版】(DMM版)

作品一覧
サークルプロフィール
同人誌、同人ゲーム、同人ソフトのダウンロードショップ - DLsite.com
同人ダウンロード


記事検索
メッセージ
          正しいH小説の薦め
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog