JCJKのエロ同人

タグ:ToLOVEる

 私は前に向き直り、気を付けの姿勢になりました。いや今までもなっていたのですが、それまで以上に意識して真っ直ぐになったのです。
 背後で安西先生がスリッパを掲げるのが、なんとなく気配で分かりました。そして、鋭い痛みがお尻を襲いました。もちろん、癇癪玉が弾けるような音も鳴りました。
 心なしか、西連寺春菜さんの時よりも音が大きかったような気がしましたけれど、深く考えている余裕はありません。
 ジッと立っているためには、気力を総動員する必要がありました。西連寺春菜さんが1回余計に叩かれたのを見ていなかったら、その場に崩れ落ちていたか、あるいは、お尻を押さえながらピョンピョン跳ね回っていたかもしれません。
 私は、唇を口の中に巻き込み、歯でギュッと押さえました。手は、西連寺春菜さんと同じように、握り拳を作っています。そうすることで、ぎりぎり耐えることができました。
 鋭い痛みが数秒で引いていくと、代わりに、熱くなってきました。ビンタの時よりもずっとヒリヒリします。お尻をさすりたい欲求をこらえるのも大変でした。
 安西先生は、スリッパを履くと、私たちの前に回って言いました。
「そんなところに居たら邪魔だ! 壁際で立ってろ!」
 私と西連寺春菜さんは、ブルマに手を掛けました。引き上げようとすると、またしても安西先生の怒声を浴びせられます。
「誰がブルマーを履いていいと言った!? そのままに決まってるだろ!」
「は、はい……」
 私は仕方なく返事をして、壁際まで歩きました。膝のところまでブルマを下ろしたままなので、普段よりも歩幅を小さくする必要がありました。
 西連寺春菜さんも、トボトボと小さな歩幅で私に付いてきます。

 結局、初めての体育は、私と西連寺春菜さんだけ、膝ブルマ姿で壁際に立たされたまま終わりました。
 膝ブルマ姿。誰が最初に言い出したのかは知りませんが、膝までブルマを下ろしてパンツ丸出しになることを、私たちはそう呼びました。
 先輩たちもそういう風に表現していたのを聞いたことがあるので、きっとその影響なんだと思います。上級生から下級生へ。これもまたひとつの伝統というやつでしょうか。
 それからの体育の授業でも、膝ブルマ姿にさせられる女子が、たびたび出てきました。

 このまま許されるはずはないので、私は覚悟を決めてブルマを下ろしました。足から抜き取るべきかどうか迷いましたが、結局、西連寺春菜さんと同じく、膝の辺りまでにしておきました。彼女はそのことについて何も言われなかったので、たぶん大丈夫だろうという計算でのことです。
「気を付け!」
 羞恥でもじもじしている私たちふたりに、安西先生は言いました。
 それを受けて、私も西連寺春菜さんも、手を身体の横に付けて、背筋をピンと伸ばしました。言うまでもなく、パンツは丸出しです。
 安西先生は、西連寺春菜さんの背後に立つと、自分のスリッパを脱いで、手に持ちました。
 一瞬の静寂の後、スパーンと乾いた音が鳴ります。安西先生が、西連寺春菜さんのお尻をスリッパで叩いたのです。
 スパンキングの痛みは強烈だったようで、西連寺春菜さんは、その場に崩れ落ちました。無理もありません。スリッパの衝撃音は、体育館の端から端まで確実に聞こえるであろう音量でした。痛いに決まっています。お尻を覆っているのはパンツだけなので、肌を直接打たれたのと大差はありません。
「なにやってんだ!? 立て!」
「うっ、ううっ……」
 西連寺春菜さんは、よろよろと立ち上がりましたが、肩を震わせながら、嗚咽を漏らしています。拭っても拭っても涙が止まらないようです。
 安西先生はそれに構わず、大声を上げます。
「やり直しだ! 気を付け!」
 あまりにも非情な宣告でした。
 恐怖に支配されている西園寺春菜さんは、おずおずとながらも手を身体の横に置き、伸ばします。しかし、背筋を伸ばすことはできません。肩が震えるばかりで、思い通りに動かすことはできないようでした。
 安西先生も、真っ直ぐに立たせるのは無理だと判断したのか、何も言わずにスリッパを高く掲げました。そして、勢い良く振り下ろします。
 再び鳴る衝撃音。
 私は身を竦ませました。なにしろ、次は私の番なのです。恐れずにはいられません。
 西連寺春菜さんは、今度は崩れ落ちたりしませんでした。泣きながらも、歯を食い縛り、手はギュッと拳を作り、なんとか耐え切ったようです。
 それで合格だったらしく、安西先生は、無言で移動して、私の背後に来ました。

 中学校の先生は、だいたいみんな優しいですけれど、私たちのクラスを担当する体育教師だけはとても厳しいです。そのことは、入学して最初の体育の授業で思い知りました。

 その日、私は、新しくできたばかりの友達とお喋りをしていたせいで、体育の授業に遅れてしまいました。
 体育館で待っていた安西先生はカンカンでした。他の女子生徒も、すでに整列をしています。遅刻したとはいえ、チャイムが鳴った直後だったので、みんなまだ体育館で適当にだらだらしているだけだと思っていたのですが、きっちりと縦二列に並んで、直立不動の姿勢を取っています。男子はグラウンドなので、体育館には女子生徒と体育教師しか居ませんでした。
 私が立っている体育館の入り口からは、最後尾の子のブルマが見えました。あれ、と私は思いました。教室を出て行く時は、みんな上下のジャージを着込んでいたのに、今は、半袖の体操服にブルマ姿です。未だジャージを着ているのは、私と、友達の西連寺春菜さんだけです。
 よく見ると、体育館の隅に、ジャージが積まれて山になっていました。たぶん、安西先生に言われて、ジャージを脱がされたんだろうな、と私は思いました。
 安西先生は、定年間近の太った男性教師です。髪は白髪ばかりですが、怒ると鬼のように迫力があって、生徒から白髪鬼として恐れられていました。
 この時の私はそれを知りませんでしたが、しかし怒らせてはいけない先生を怒らせてしまったことはすぐに悟りました。
「さっさと来い!」
 広い体育館に安西先生の怒号が響き渡りました。
 私と西連寺春菜さんは、慌てて走り出し、生徒の列を通り過ぎて、安西先生の前まで行き、謝りました。
「す、すみませんでした!」
 打ち合わせをしたかのように、西連寺春菜さんと声が合わさりました。
 しかし、安西先生の怒りは収まらず、私たちふたりはビンタを受けました。最初は何をされたのか分からず、ただ頬に衝撃を感じて、そこがすぐ熱くなってきました。ああ、ビンタされたんだ。実感が込み上げてくると、痛みも増してきます。
 初めてのビンタだったので、私はそれだけで泣きそうになりました。隣を見ると、西連寺春菜さんも涙で頬を押さえていました。あるいは彼女も初めての体罰だったかもしれません。
 安西先生は、私たちふたりを怒鳴り付けました。
「いつまでジャージを着てるつもりだ!? 見て分からんのか!? 中学生が色気付いてんじゃねえ! 脱げ!」
 私と西連寺春菜さんは、競うようにしてジャージを脱ぎ、体育館の隅にある山に積み増して、女子の列に加わろうとしました。
「勝手なことをするな! こっちだ!」
 安西先生に呼ばれ、私と西連寺春菜さんは、顔を見合わせてから、前の方へ行きました。
「初日から遅刻してくるとはいい度胸じゃねえか! 舐めてんのかぁ? ああ、おい!」
 まるでヤクザです。
 平凡な女子中学生である私は、心底から恐怖しました。真っ直ぐに立っていようと思っても、膝がガクガク震えてしまい、上手くいきません。
「舐めた真似をした時はどうなるか、思い知らせてやる。ふたりとも、ブルマを下ろして尻を突き出せ!」
 信じられないような言葉でした。
 つい最近までランドセルを背負っていたとはいえ、私たちはもう女子中学生です。女性としての羞恥心はとっくに備わっています。男性教師に下着を晒すなんて、簡単にできることではありません。
 けれど、私の隣に立っていた西園寺春菜さんは、ブルマに手を掛けて、少しの間を置いてから、一気に膝まで下ろしました。
 彼女の手は私以上に震えています。顔を見ると、瞳からボロボロと涙を流していました。恐くて恐くて、逆らうことなんて考えられないのでしょう。
「お前は何をボーッとしてんだ!?」
 安西先生はそう言って、私をまた平手打ちしました。さっきは左頬でしたが、今度は右頬です。バランスを考えて、叩く頬を変えたのでしょうか。だとしたら、安西先生は、怒り狂っているように見えても、意外に冷静なのかもしれません。だからといって、恐怖感が和らぐなんてことはありませんけれど。

このページのトップヘ