ゲーム紹介

海外エロゲーのご紹介

うんこモリモリ丸です。早速ですが、私の元に海外のエロゲ制作者様から、
「私のエロゲ見て欲しい」とメールが届きました。


CypressZeta氏が制作された『Overwhored』です。
是非、皆さまも見て下さい。

Overwhoredのトレーラー動画

CypressZeta様のブログ ゲームはここから無料でダウンロード出来ます。

※ページの右上にある「CURRENT GAME LINKS」の下に書かれてあるURLを
ブラウザに貼り付けると、ダウンロードページに飛びます。クッリクしただけでは飛びません。
(もちろんゲームは18禁です。)
 
あらすじ
Overwhoredでは主人公のOvermindは不死の体をもって、
世界の女性をセックスのために洗脳していたのです。
しかし3年前、女勇者のパーティーによって、命を落としました。
3年後、Overmindは自分の下部の行動によって復活して、
女勇者たちに復讐するため、洗脳をしようとしているのです。
 
P201606254716P201606254720P201606254715








どうでしょう。すごいでしょう。
残念ながら、このゲームは英語版なので、
日本語しか話せない私には、ゲーム内の文章を読むことが出来ませんが、
それでも、制作者様の作りたいものが伝わってきます。

作りたいものがあっても、それを表現するのは非常に難しいことです。
作るのに時間もかかります。
せっかく作っても、誰も見向きもしてくれないかもしれません。

それでも、オレはエロが作りたいんだ!
チンポがもげるぐらいすごいエロが作りたいんだ! 

そんな情熱が言葉の壁を越えて、私には伝わりました。
皆様にも伝わるかもしれません。


というわけで、是非遊んでみてください。
私も自分のゲーム制作を忘れて遊んでいます。
もし退魔巫女遊戯の販売が遅れても、それはこのゲームのせいなので
私は悪くないです。冗談です。


さて、実は以前もこのブログで海外の方のゲームを紹介しました。

私の紹介した海外の方は二人とも、私に日本語でメールを送ってくれ、
youtubeなどに自分の作品の宣伝動画を上げています。

私にはまったく出来ていないことです。


ゲームの内容だけなら、私も負けてない! と、張り合うことは出来ますが、
『多くの方に楽しんでいただく姿勢』は、完全に負けています。

今後はこういう姿勢を見習わなければなれないのかもしれません。


それでは皆様、とくに英語が読める方は是非とも遊んで
CypressZeta様に感想を送ってあげてくださいね。とても喜んでくれるはずです。
―うんこモリモリ丸

試作体験版のお礼と海外サークルの紹介

ブログをご覧いただきありがとうございます。うんこモリモリ丸です。


先日公開しました、『退魔巫女遊戯 試作体験版』を多くの方にダウンロードしていただき、
さらに、たくさんのご感想やご意見を下さいまして、本当にありがとうございます。

ご感想を読ませていただいた限りでは、かねがねご好評をいただいているようで、
とてもホッとしております。

また皆様から送られたご意見には一人で作っていては気がつけない、多くの問題や新しいアイデアが散りばめられており、今後のゲーム制作に非常に役立つことばかりで感服しております。 


頂いきましたご意見やご提案は後日修正案をまとめてブログにて発表するように致します。
遊んでいただいた方、ご感想ご意見、不具合報告を送ってくださった方、本当にありがとうございます。


さて、本日は上記とは別に
H System







新年早々 私に海外のサークル『Eromancer』のHentaiwriter氏からメールが届きました。
内容は、うんこモリモリ丸のゲームはとてもすばらしいので、私とリンク交換をしませんかというものでした。

これを読んだ私は、うんこモリモリ丸の名前は海を超え、広く外国まで知れ渡っているのだと、
年明け早々天狗になって、とても気分のいい正月を過ごしておりましたが、
調べてみると私だけでなく他の制作者の方にも送っているようでした。

・・・考えてみれば当たり前ですね。浮かれていたことがお恥ずかしいです。


しかし、私の空喜びはともかく、Hentaiwriter氏の開発中のゲームはすごいクオリティーです。

PV
http://www.dailymotion.com/video/x2cxu94_malise-and-the-machine-adult-pc-rpg-preview-video_videogames

私と同じくRPGツクールを使用しているそうですが、画面がまるで違いますね。
やはり、ちゃんとした技術を有している方は違います。同じツールを使用しているとは思えません。

さらにすごいのはこのゲーム、完全に日本語で翻訳されているらしいです。
完全に日本語だけで、日本人にしか分からないネタを使っている私の作品とはまるで違います。


ただ、それ以上に私が驚いたのは制作者の意識の違いです。

私のように趣味の延長で作って、好きな人だけ楽しんでくれればいいという考えではなく、
しっかりと自分の作品を売り込んで、それに見合うクオリティを発揮し、
ゲーム制作だけでなく、PV制作や外国語への翻訳、
宣伝効果を見込んでのサークルへのリンクの申し出。

たかが同人エロゲームといった扱いではなく、商業ゲームと変わらぬその姿勢は、見習わなくてはならないことだと思いました。

外国の人からメールが来ただけでヒャッハーと浮かれているようではダメなのです。


それでは、本日は以上で失礼します。
読んでいただいてありがとうございました。
―うんこモリモリ丸 
記事検索
メッセージ

名前
メール
本文
  • RSS
  • Dlsite blog