なんとなく夏の暑さが緩んできた今日このごろ、
皆様いかがお過ごしでしょうか。うんこモリモリ丸です。

今回は前回から引き続いて『かっこ悪い退魔士』の紹介の後編と、
退魔巫女シリーズに必ず登場してきた『変態マスク』ついての考察となります。

新表情並べフォーマット蘇る









かっこ悪い退魔士は一体どこで、この『変態マスク』を手に入れたのでしょうか?? ・・・その謎がついに明らかに!!
その前に『かっこ悪い退魔士』の紹介からどうぞ。


○黄色のかっこ悪い退魔士 フンガ

hunnga










巨体が特徴の黄色ジャージの退魔士です。
基本的にぼーっとしていて、言葉は「フンガー」しか喋りません。

戦闘ではその巨体を生かして『壁』になったり、フルスイング系の特技を使って来ます。
(ただし命中率はいまいち)
P20190912_1105_8359




















体が大きく体力はありますが、敏捷性や回避率は低く、フルスイング系の特技に対して弱いという弱点があります。
また、ボーっとしているせいなのか非常に気絶しやすいので、
雷系巫術やフルスイング系で気絶させ続ければ、容易に完封できます。


○緑のかっこ悪い退魔士 ヤンス

yannsu









次に紹介するのは、語尾がいつも「やんす」のヤンスです。
緑色ジャージのスネ夫ヘアーの男性退魔士です。

なんと言っても目を引くのが、ピンクローター
戦闘ではこのピンクローターで殴ったり、投げつけたり、と多彩な攻撃をしてきますが、どれもまったく威力がありません。

serihu










そもそもヤンスは、魔物と直接戦闘する退魔士というより、
アイテムや食料、宿の確保と言った、チームのサポートを主に行っているようです。

P20190912_1820_8401




















ますかき島では宿の予約を忘れて大変なことに・・・

戦闘中はアイテムを使った回復役に回ります。
得意のピンクローターを使って攻撃もしてきますが、ダメージはお察しです。

しかし!

ピンクローターを本来の役割で使えば・・・
P20190912_1107_8376




















手足のように自由自在に操れるピンクロータを使って、
最強の退魔巫女のミコさんを、まさにローターのように震え上がれせるほどの実力を発揮します。
ピンクローターの本来を使い方をしてきたときには注意しましょう!

このキャラは体が小さく体力もありませんが、
他の退魔士を回復させたりするので、早いうちに倒してしまいましょう。
また、いつもエロいことを考えているのか、♥の吹き出しが出ていなくても、
蛇噛みなどの♥マーク特攻攻撃が効きます。試してみましょう。


○赤いかっこ悪い退魔士 アネゴ

anego










そしてかっこ悪い退魔士のリーダー、その名もアネゴ。
あの『変態マスク』を被った女性退魔士。
かっこ悪い退魔士3人組のリーダーとして二人に命令をしたり、
手に持ったムチを使って攻撃をしてきます。

ムチ攻撃は一見、痛そうに見えますが、そんなに威力は高くないです。
そもそもこのムチはアネゴの特別性で、相手を叩くよりも『とある目的』のため専用に作られています。
P20190912_1132_8396




















とある目的とは一体・・・!?(モザイクはテストプレイ版で確認してね。)

他にも戦闘中は二人に命令して能力を上昇させたり、
P20190912_1105_8361





















最強の退魔巫女のミコさんを、為すすべなく昇天させた、
恐ろしい『禁断の奥義』を使用したりします。

P20190912_1105_8366




















この奥義を破れぬかぎりミコさんに勝ち目はないでしょう・・・。

あと肌の露出が多いのは見せているのではなく、
単に暑がりなだけなので、実は炎系の巫術に弱かったりします。

そして、なんといっても気になるのは、あの仮面!
このブログをご覧の方なら何度も目にしたことがある『変態マスク』!!

変態道を学んだ者にだけ与えられる由緒正しき『変態マスク』を、
なぜ彼女は被っているのでしょう??

ますかき島でミコさんが封印されていた理由や、魔物が復活した理由よりも、みなさんが今、最も気になる謎ではないでしょうかっ!?
ここからはその『変態マスク』の謎について、考察していきたいと思います!!


○変態マスクの行方

その前に、まずは変態マスクの歴史を紐解いてみましょう。
最初にこのマスクが登場したのは『退魔巫女物語』からです。

退魔巫女物語では、主人公ふたりサツキカグラの変態としての多大な実績が認められ『変態の伝道師』から彼女たちへ、今後の期待も込めて『変態マスク』が贈られました

P20190912_0951_8330

















ミコさんが大昔に封印した『潰ノ大守』を打ち倒したほどの退魔士です。
次の世代の変態道を担う者として、期待されていたのも当然ですね。

その約1年後・・・
彼女たちが捨てたと思われる『変態マスク』を、退魔巫女遊戯の主人公セツナが拾います。
P20190912_0957_8334

















何故か捨てられていた『変態マスク』を拾ったセツナ。
(変態としてあれ程に期待されていた二人が、変態マスクを捨てた理由については変態界でも諸説あります。)

セツナは変態としてはまだまだ未熟でしたが、拾った『変態マスク』を身につけ、
『正義の 変態 退魔士』として魔物たちと戦います。

変態の伝道師も、未熟ながら変態としての努力を重ねる彼女の強い意志を信じ、あえてセツナからマスクを取り上げることはしませんでした。

しかし最後の戦いのあと、セツナは廃ビルから転落した際に
誤って『変態マスク』を落としてしまいます。
この戦いは、その後『正義の退魔士ナユタ事件』として全国に知れ渡りました。

P20190912_1125_8389



















しかし、世に知られたその事件とは逆に、セツナが落とした『変態マスク』の行方は、ここで完全に途絶えてしまいます。

あの事件の後『変態マスク』は、いったいどこに行ってしまったのでしょうか?

P20190912_1819_8399




















どうやらアネゴは変態マスクの効果を知っているようです。

もしかしたら・・・アネゴは
正義の退魔士ナユタ事件』の現場で『変態マスク』手に入れたのでしょうか?

あくまで推測ですが・・・
かっこ悪い退魔士のことですから、仕事もなくて、暇で、
たまたま・・・『正義の退魔士ナユタ事件』の野次馬に行った際に
『変態マスク』を拾ったのかも知れません!

今回の考察では推論のみで断定はできませんが、どちらにせよ・・・

『蘇る退魔巫女(仮)』の主人公であるミコさんは『かっこ悪い退魔士』から、
伝統ある『変態マスク』を取り返さねばなりません!

それこそ!
『蘇る退魔巫女(仮)』の 主人公の真の使命 なのですから!!


といった所で今回の記事は、以上となります。
次回は『変態マスク』の最初の持ち主、
先日更新された『蘇る退魔巫女(仮)ver0.190911』にもついに登場した『変態の伝道師と変態道』について書きたいと思います。

それでは皆様、失礼いたします。最後まで読んでいただいてありがとうございました。
うんこモリモリ丸