堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~体験版リリース開始

堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~ 体験版
公開を開始しました。

title560a






堕落戦記ベルフェゴール・サーガ~魔王の媚薬と発情奴隷たち~

4作目進捗状況その24 各ルートの戦闘システムの特徴(闇の宰相編)

闇ルートの戦力は調教によって強化されます。
まず倒したヒロインを『調教』することで自軍に加入。
さらに『再調教』することで、所持しているスキルが強化されます。

アナスタシア調教





例:アナスタシアのスキル『見敵必殺:技の確率で連続攻撃』が
  『見敵必殺Ⅱ:技×2の確率で連続攻撃』に強化。

また、物語が半分を過ぎるとヒロインたちは、
魔物を出産できるようになります。
魔物はどれも強力で、クラスの能力は上位クラスに匹敵します。
“スライム→ジェネラル、魔界樹→セイジ”など。

さらに魔物は強力なスキルを所持しています。
スライム『軟体の体:物理攻撃を全て50%半減』
ケイローン『魔弾の射手:全ての攻撃が必中になる』など。
魔物のスキル




※基礎能力は種付け時に変動するので空欄

しかし、魔物は強力なスキルを所持する代わりに、
人間にはないデメリットスキルも所持しています。
これは自分の弱体以外に周囲の味方も弱体するものがあるので、
部隊運用をする上で光ルート以上に気を使う必要がでてきます。

デメリットスキル





※範囲表示をするとデメリットスキルの範囲が紫で表示されます
 
つまり、闇ルートは光ルートに比べ固体が強い代わり、
協力や連携に向いてないスキル構成になっているわけです。

また親子間では、片方が倒されるともう片方に『怒り』のステートが付与されます。
怒りは“次の1戦のみ攻撃が必中クリティカル”になる効果です。

スライム怒り








今作は1マップ3回まで復活でき、マップクリア時にも全員復活するので、
“あえて母親を敗北させて子供に『怒り』を付与させる”
という外道な作戦をとることもできます。


※ご紹介させていただいたシステム、設定、イラストなどは
あくまで開発中のものですので、場合により変更する可能性があります。


4作目進捗状況その23 各ルートの戦闘システムの特徴(光の王女編)

今作では戦力強化するにあたって、各ルートでテーマを変えております。
具体的には、光の王女編では『連携による強化』、
闇の宰相変では『キャラ単体の強化』です。


光ルートに分岐後にヒロインたちとHをすると、
彼女たちは相手にバッドステータスを付与する『連携スキル』を覚えます。
付与するバッドステータスは3種類。
『恐怖』(次の戦闘時、命中 回避 会心-30)
『武器落し』(次の戦闘時、攻撃力-10)
『よろけ』(次の戦闘時、防御力-5)
付与確率は、ヒロインの得意パラメータ×2です。
このバッドステータスは強力な代わりに、1回の戦闘で消去されます。

光ルート1











※バッドステータスが付与されると、敵ユニットの右上にアイコンを表示。


さらに物語が半分を過ぎると、
ヒロインたちはイベントにより『連携会心スキル』を覚えます。
これは所持していると“特定のバッドステータスが付与している相手に対し、
必ず必中+クリティカルが発生する”というスキルです。

光ルート3











※例:バッドステータス『武器落し』が付与されている敵に、
  『武器落し会心スキル』を持つアナスタシアで攻撃すると必中クリティカルになる。


文字にする少々わかりづらいかもしれませんが、
顔ウィンドウ横に所持している連携会心スキルが表示されるので、
敵に付与しているバッドステータスのアイコンと
同じ絵柄アイコンのスキルを持つキャラで攻撃するだけで発動します。

光ルート2














※色分けもされているので、例えば赤のバッドステータスが付与している敵には、
 赤の連携会心スキルを持つキャラで攻撃すれば、スキルは発動します。


光ルートらしく、仲間と協力して闇の軍団を打ち破る、
という感じを味わっていただければと思います。

では、闇ルートは次回の更新で。

  • RSS
  • Dlsite blog