一鉄工房のブログにおこしいただき、ありがとうございます。
管理人のOIGUMO(老雲)です。

では本日は、先週に引き続き、
ボスについてのこぼれエピソードのご紹介です。
ゲームのネタバレを含みますので、ご注意ください。

関心のある方は、以下の「続きを読む」をクリックされてください。

(続き)
続きを開いてくださり、ありがとうございます。

ボスに関しては「寝起きの悪さ」が特徴の1つとしてありましたね。

180602a

毎朝、ヒロインが交代でボスを起こしに行く
ルールだったようで、ゲーム初日はマリカが赴き、
なぜかチュートリアルバトルになります。



2日目はレンが起こしに行って一騒動ありますが、ファムが起こしに行く
機会がありませんでした。ネタとしては次のような展開を考えていました。

時間的には勝利エンドを迎えた翌日。今朝の当番はファムという設定。
ファムは1人でボスの部屋に入ります。それを見たマリカとレンは不安になります。
マタタビミルクがない状態で、ボスの寝起きはいつも以上に悪い状態が
続いています。ファムが一人では対応しきれないんじゃないだろうかと。
というわけで、ボスの部屋のドアに片耳を当て、中の様子を窺うマリカとレン。

予想どおり(?)寝起きが悪く、「ママぁ、ミルクぅ!」と叫びながら
ファムのおっぱいにしゃぶりつくボス。ファムは呆れながらも受け入れます。
事件が無事解決し、みんな一緒の生活が戻ってきたことを心から喜ぶ
ファムは、こんな日常が戻ってきたことに安心していました。

「よく見るとかわいいな」と、ボスのことを眺めながら、しばらく
この状態に耐え続けます。でも、こそばゆさに耐えきれず、声が漏れます。
「あんっ・・・」。それを聞いて、ドアの外で赤面するマリカとレン。

さらにボスは、寝ぼけて満足そうに「うん、ごちそうさまぁ・・・」。
ドアの外で石化したように固まるマリカとレン。

ファムは辛抱強く、優しくボスに声を掛け続けると、
ボスもようやく目覚め、着替えを始めます。
それを見たファムは、微笑みながら部屋の外に出ようとします。
ドアを開けると、そこには固まったマリカとレンが。

「あれ、マリカさん、レンさん、どうしたんですか?」とファム。
機械仕掛けの人形のように、ぎこちなくファムの方を向いた2人は・・・、

マリカ&レン:「出たの?」
    ファム:「出てませんっ!!(怒)」

・・・というようなエピソードを入れられなくて残念でした(笑)。

というわけで、本日はボスのエピソード紹介でした。
では、この辺りで失礼します。