みなさんこんにちは。

明日からはいよいよお盆休み
学生ではない方は、長くて9連休とれるのではないでしょうか。

そんな、長期お休みに合わせ、QRossは新作の体験版を現在公開しております。
それがっ!!
【俺は魔法少女~魔王(しんゆう)に連れさられて孕ませ宣言されました~

パッケージ画像
↑クリックするとサークルページに飛びます


物語は現代!!
主人公【有栖院_薫(ありすいん_かおる)】は男らしい青年です。
しかし、女の子のような名前を馬鹿にされ、喧嘩ばかりの毎日。
親からは見放され、学校でも問題児扱い。
彼の居場所は片手で数えるほど。
薫だって、喧嘩がしたくてしてるわけではない。薫が拳を振るうのはいつだって正義のため。だけど、世間がそれを許すかと言えばそうではない。
暴力は悪いこと。当たり前のことだが、薫にはまるで自分が悪役のように感じて胸が苦しくなる。
漫画やアニメ、ゲームの世界に生まれていればと現実逃避をする薫。
そんなある日、魔法少女協会からやってきた使い魔の【ラビッツ】が現れた。

【ラビッツ】
「君は協会の定めた条件の最後である、《現実逃避》を満たしました。
 よって、魔法少女になることができます。Yes?orはい?」

拒否権無しの選択肢!最初は薫も否定するが、ラビッツの言葉と自身の中にある【正義】、誰かと必要とされたいという気持ちが重なり、魔法少女になることに。
元々喧嘩が強かったり、数少ない友人から漫画を借りたりなどしていたおかげで、魔法少女としての活躍は素晴らしかった。その名ある日、親友の【伊吹山_静矢(いぶき_せいや)】が魔物に襲われており、それを救出。しかし不意に、薫はその場に倒れ、気が付けば見知らぬ天井と見覚えのある顔。
なんと!今まで薫が戦ってきた魔物主である魔王【ビエカルゴの正体は、親友の静矢だったのだ!
彼は薫のことが好き(性的な意味)で、男同士での結婚を認めさせるために世界征服をもくろんでいた。
いつもと違う静矢の姿に、薫は必死に抵抗する。そして、追い打ちをかけるような恐怖の言葉。

【静矢】
「だって、今の姿なら俺たちが愛し合っても何の問題はないだろ?
 それに、女の子なら子供だってできる……
 既成事実さえできれば、俺のモノになるだろ」

孕ませルートを回避するために、薫は魔王城からの脱出を目指す!



ふぅ……ながながと記載しましたが、OPはざっとこんなもんです。(*・ω・)ノ


184chr_金髪ロング_青目_巨乳_通常
こちらが、魔法少女アリスの時の薫の姿です。
胸も大きくて金髪碧眼。完全に元の姿の面影はないですね(・∀・)

今作のゲームの大きなポイントは2つ。

・ステルスシステム
・魔力量による立ち絵の変化とCGへの影響



今回のゲームシステムはステルスです。
とは言ってもそんなに難しいものではありません。
赤い色で魔物の視界が表示され、そこに入らないように進んで行くといった感じです。
もし視覚内に入ると、そのまま魔王とのHシーンに突入です。

そして立ち絵。メインはご紹介した魔法少女アリスの姿ですが、魔王城に設置されているギミックに触れて魔力量が減っていくと、立ち絵の姿が変わってきます。
立ち絵の姿は一部、イベントシーンに反映されたりします。


以上が、【俺は魔法少女】の中身の説明です。
難しいシステムではないので、まずは是非とも体験版をプレイしてみてください。

作品の感想やコメントはブログの方にお願いします。不具合報告もこちらへ!!('ω')ノ


それでは本日はこの辺で失礼したいと思います。
次回はおそらく今作の製品版発売のお知らせになると思いますのでよろしくお願いします。(*´∇`*)