untitled - 開発ブログ

なんかブログが生産されていたから使うことにしました。 ぼんやりサークルあんたいとるの開発ブログです。

怪我ちゃん

死はハッピーエンドでありバッドエンドではないという話

うちには、4匹の、血のつながった兄妹猫がいます。ただ、この子達、本来は7匹兄妹でした。
兄妹のうち、3匹が、遠方にもらわれていっています。
先日、貰われて行った子が亡くなった、という知らせのメールを、里親さんから受けました。
亡くなったという知らせは悲しいけれど、それ以上に、あの子達が幸せな気持ちを抱いたまま、この世を去ったことが確信できるような、そんなメールで、悲しさよりも、暖かな気持ちがあります。

ここまでは前置きです。
前置きが長くなりましたが。


死は、悲しいものです。
遺されたものにとっては、つらくたまらないものです。

だけど、その最期が幸せなものであったのなら、死んでいく側にとって、死は悲しくつらいだけのものではなく、死は「自分自身が幸福であったということを決定づける瞬間」なんじゃないでしょうか?


私は死んでいく。
私の死を貴男は悲しむかもしれない。
だけど、私は幸せだった。

その命が、幸せな気持ちで終わるのならば、死は、優しく幸せなものなのではないか。


言語化がすごく難しいんで、うまく伝えられている自信はありませんが…。


あの子は死んだ。
死んだことは、遺された私は、悲しんでる。
だけど、あの子の死は、あの子が「幸せに生きた」ということが決定されたということでもある。
これからなにかあの子は悲しんだり辛くなったりしない。
死んでしまった以上、これ以上なにもない、「幸せだった」という事実はもはや揺らぐことはない。

それは、死んでいくものには幸福なことなんじゃないだろうか。


去年、私は娘同然の猫を亡くしました。
私には子供がいないから、猫は実の子供のような存在です。

その時にすごく感じたことでもあります。
悲しんでるのは遺された者だけで、死んでいったこの子は、ただただ、幸せを決定されたのだと思った。


繰り返しますが、うまく言語化出来てるとは思わないです…ほんと滅茶苦茶なこと言ってるとは思う。


なんでこれをこのブログに書いたのかというと、
私はそんな物語を描きたかったんだ、ってのを、再確認したからです。

怪我ちゃんを、ハッピーエンドの物語だと繰り返すのは、それが理由です。


そんなはなしをまた描いていきたいなぁ。
死は不幸なだけじゃないって伝えたいし…。


あっべつに私が死にそうなんでこーゆーこと言ってるわけじゃないですw
お薬の調整がうまく行って、病状が少し安定したので、死なないで済みそうではあります。
…いや一時ほんとに覚悟したんだけどね…、死は不幸ではなくとも、でももう何も作れなくなるのは心残りだから…生き続けられるなら、今後も何かを作り続けられるのかな、と思ったら、嬉しいです。


もらわれていった猫も、昨年亡くした猫も、幸せな生涯だったんだ。
それが嬉しいんだ。
もっと生きててくれたらそりゃ嬉しいし、もっと一緒にいたかったけど、でも、あの子達の生涯が、幸せに終わった、ということは、悲しまずに、すなおに喜ぶべきことなんだと思います。


だから怪我ちゃんもハッピーエンドなんだよ。
貰われて行ったあの子も、うちの娘も、死んだ。ハッピーエンドのまま死んだ。それは幸せなことなんだよ。


私は、人の心にトゲを残したい。
ずっと、誰かの心のどこかに残り続けるような、そんな話を書きたかった。

怪我ちゃんが誰かのトゲになったなら、それ以上に幸せなことはないんですがね。


ごめんまとまりがない記事だね。


そろそろ病状回復してきて、少し絵が描けるようになってきたので、また作業再開できたら更新しますね。
またね。

怪我をした妖精さんを拾ったよ。マスターアップ!+ティラノメモ

08
怪我をした妖精さんを拾ったよ。マスターアップしましたどんどんぱふぱふ!!

完成したよって言いつつCG追加したり、完成したよって言いつつバグ見つけたりして、結局イベントの前日に完成っていう修羅場。
これからパッケージング作業して、アップロードしたりディスクに焼いたりします。

すごいがんばりました。
自分こんなに頑張れるんや!?ってくらい頑張った。

24日(もう明日ですねw)開催のりょなけっと8で頒布します。
当日はディスク版のほかに、スマホから直接DLできるダウンロードURLとパスコードを記述したカードの形でも頒布しますので、数はたっぷりありますのでゆっくりお越しくださいませ!

13_1

DL販売は、BOOTHで先に販売して、DLsiteさんほかはその後になります。
…たぶん、グロテスクな描写の修正作業があるんでちょっと遅くなります。
イベント後は私の気力がなくなってると思うんで、修正作業など時間かかっちゃうと思うんで、10月上旬あたりで見ていただければ…
16_2
とりあえずあと必要な印刷物揃えて、ディスク焼く作業残ってます、もうちょっとがんばりますー!!

ちなみにDLsiteさんでは作品の予告登録もされているので、DL販売を待つよーという方は、早めにチェックしておいていただけたら嬉しい!

あとりょなけっとでは
妄想→現実←グロテスク
こちらの妄想→現実←グロテスクも持っていきますー!!
前回のりょなけで新刊として頒布するつもりの本だったのですが、前回、風邪で行き損ねたので、新刊じゃないけど新刊みたいなよくわかんない本になってます…
こちらもよろしければお手に取っていただけたら嬉しい!! 結構がんばってガチグロにしました!!


続きにちょっとティラノスクリプト(開発スクリプト)のメモを。続きを読む

頑張って製作中!!

Image1
怪我をした妖精さんを拾ったよ、めっちゃ頑張って作ってます。
とは言えまだ1/3作れたかどうか…あとは絵を描くだけなんですけど、凝った分だけ描かないといけない絵が増えてる…


のなさんは馬鹿なので、
ちょうどいい背景素材が見つからない→ヨッシャ自分で書いたろ!
とかするので、作業がはかどらないことはかどらないことw

背景って今まで全く書いたことなかったので、いちから勉強してます。
消失点1コならなんとなくわかるようになってきました。
でも2個とか3個とかは「はあ?なにをおっしゃってるのかまったくわかりまへんわあ」って感じです。
でも背景って、線画はともかく塗りが…統一感のある色に出来ない。難しい。
Image2
パースくるってるので何とかします。四角いものはいいんだけど、カーブついたものってどう書けばいいの?

Image3
背景なしの絵は天国。とはいえそればっかりなわけにもいかないw

9月のりょなけっとで頒布します。
あと一か月半! ぎりぎりまでくおりてぃあっぷのために頑張ろうと思います。
きあいいれていくぜー!!

怪我をした妖精さんを拾ったよ。完全版製作中

というわけで作ってます。
ネットで全部読めるんですが、ネットで無料公開しても、なんていうか、宣伝効果ってないんですよねえ。
僕は怪我ちゃんのかわいさを世界に知らしめたい!

というわけで有料版作ります。
販売っていう形で、今までとは別の層に手に取ってもらいたい!という考えです。

現在こんな感じ。
怪我ちゃんが主人公と出会うシーン
Image1
獣にでもやられたのだろうか。全身のあちこちに傷がついていた。
顔にも血が流れた跡がある。前髪が血で顔に貼りついていて、片目が隠れていた。
乾いて黒ずんだ血が、妖精さんの淡い色の服を汚している。
羽根も損傷していて、これでは飛べないんじゃないだろうか?
それだけじゃなく、まだ血が止まり切らない傷も見える。特に酷いのが腕の傷だろう。左腕を押さえた右手の指の隙間から、鮮やかな赤が今だ滲み出していた

このシーンのツイート小説版はこんな感じ
rc6f1yne
獣にでもやられたのだろうか。乾いて黒ずんだ血があちこちにこびりついている。
まだ真新しい傷もあって、鮮やかな血がいまだ滲み出していた。

文章も絵も大きく描きなおしになってます。まぁツイッター小説だと文字制限もあったしね…。
っていうか元の絵って10年とか前のですよ!! コワイ!!
今見ると怪我ちゃんの顔も髪も結構違いますね。


9月24日のりょなけっとにて頒布予定です。
誠意製作中!
よろしくおねがいしますー!!
作品一覧
サークルプロフィール
ギャラリー
  • 再開しつつ。
  • 再開しつつ。
  • 入院が出来ません…
  • ティラノビルダー/スクリプトでキーボード対応の3DRPGを作る。その1
  • 文字にアンチエイリアスがかかってないゲームをティラノで作る解決案
  • 文字にアンチエイリアスがかかってないゲームをティラノで作る解決案
記事検索
QRコード
QRコード
  • RSS
  • Dlsite blog