ゴブリンウォーカー販売開始

ゴブリンウォーカー

ついにるしまる堂さんの新作ACT、ゴブリンウォーカーが発売開始されました!
(深夜販売というヤツだったんですね、気が付きませんでしたw)

以前にも書きましたが、このゲームのシステム部分は当サークルが担当しています。
正直なところ、ここまで時間が掛かると思っていなかったので、発売に至って感無量です。

体験版もありますので、是非プレイしてみてください!

斜めのアレ

__snapshot_171122_122129_F25563













先日の記事でちょっと触れた、カメラを斜めにしてみた画像です。
元々一方向からの見栄えしか考えていないので色々変ですが……なんか斜め視点っぽいゲームの画面に見えますね!
正直もっと滅茶苦茶になっているかと思いましたw

上手く作ればもっと立体的な世界を表現出来そうですが、そこまで手間を掛けるなら最初からポリゴンで作った方がいいかなぁと…。
あと、液体表現みたいなのと違ってあんまりエロと関係無さそうな技術なので気が乗らず…。

我ながら駄目人間ですねw

製作近況

ちゃんと自分のところのゲームも作ってますという証拠画像です。
まぁ、ゴブリンウォーカーの製作で進歩したゲームエンジンに組み替えただけですがw

171121a

















部室のテーブルの上でバク宙決める主人公。
テーブルの上に着地しているというのがお行儀悪いですが、プログラム的にはすごく重要

171121b
















そしてテーブルの裏側にも回り込めるんです

……いえ、ごく当たり前のことなんですが、最初はこれが解決できず、ヘタすると障害物や段差一切無しになるところでした。(正直、かなり甘く見てました)

ちなみにヴィータ大脱出では一見3D風の背景(無限書庫とか)も全て2Dで画像を変形させて3Dっぽく表現していたのですが、今回のゲームエンジンは覚悟を決めて3Dで配置するように作り直し、逆に全て2Dに見えるようにしています。ちょっとカメラずらすと横から見た紙芝居みたいになりますw

ゴブリンウォーカーの説明に「仮想Z軸を起用した~」と書かれていますが、実は本物Z軸を使っているのは秘密です(笑)

作品一覧
サークルプロフィール
カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • RSS
  • Dlsite blog