サイドオフのBlog

アダルト同人作品を制作しております!Mシチュ専門ですのでマゾな方向けのサークルとなっております。

作品レビュー

作品レビュー 報酬の姫君 princess super slut 『補/after story』

報酬の姫君 princess super slut 『補/after story』

サークル「pinkjoe」さんの最新作【報酬の姫君 princess super slut 『補/after story』】のレビューです。これは【報酬の姫君】というシリーズの最終作になります。

このサークルさんの作品は今回初めて購入しました。かなりハードな作品ですね。

一見した感じだと自分には合わなそうだったし、そもそもシリーズ通してS向け作品だったみたいなので、今までこちらの作品もサークルさんのことも、知りませんでした(基本S向けを中心に作っているサークルさんのことは知らないことが多いです。作品を検索するときは「男性受け」のタグを入れるので検索結果に出てこないためです)。

しかしイラストを見る限り、絵のクオリティはかなり高いですよね。売れているんだろうなあと思ってDL数を見てみるとやはりかなり売れていますね。

しかし驚いたのは値段です。

このクオリティとボリュームでたったの756円。信じられない価格設定です。しかも他の作品もほとんどが756円なので、好きな人はまとめ買いしても良いのではないでしょうか。

自分もこれの他に小悪魔フェムドム去勢M男メス化トレーニング黒魔女の恍惚をまとめ買いしました(もちろん両方ともほぼ完全Mシチュです)。

で、まとめ買いした2作品はいいとして、なぜS向けシリーズの今作を購入したかというと、この作品だけ半分ほどMシチュになっているんです。

内容としては、かなりショタな男(マルコという名前)がお姉さん二人(オリヴィアとヒルダ)にすさまじい背徳的な責められ方をするというもの。自分はショタ要素には興味ないのですが、汚い男だと悪目立ちするのでMシチュの場合は表情が描かれない男かショタが見やすくはなるのかなと思いました。

ただ、作品購入時点ではこんなに背徳的な感じだとは思っていませんでした。パッと見だとMシチュに関してはそこまでハードでないように見えますが、最終的にはかなりハードになっていきます。この点はかなりのゾクゾク感があって良かったです。

しかし唯一残念な点は男×男の描写が最後の方に一部あること(このショタ男のマルコと黒幕らしき男(シリーズの主人公?)です)。自分はこういう趣味はないので、「これはないな」と思いました。しかも作品紹介ページでこの点に全く触れていない!足フェチとかの要素には触れているのに…まあ、サークルさんの自由なんだけど…

ちなみに上記のシチュに至る流れですが、城でお姉さんキャラ二人(オリヴィアとヒルダ)に責められまくって初めての快楽を覚えさせられたマルコは、翌日その二人を家に連れて帰っていいということになり、前夜の快楽から喜んで連れて帰ります。

しかしこれは向こうの策略で、マルコを完全なマゾ豚に堕とすためにオリヴィアとヒルダがマルコの家で付きっきりで調教するというもの。

そんなこととは露知らず、前夜の快楽を忘れられず、顔を恍惚とさせながら喜んでオリヴィアとヒルダを連れていくマルコ…。

そしてもう一度城に赴くころには、オリヴィアとヒルダの徹底的な責めで、かつての凛々しい姿からはかけ離れた、目も当てられないド変態マゾにまで堕とされ、変わり果ててしまいます…

これがあまりに背徳的でゾクゾクしました…

具体的にどんな風に変わってしまうのかというと→(文章のみでの説明ですが、一応ネタバレなので別ページに記載しております。ワクワクしながら読みたいという方はネタバレページは見ずに購入した方が絶対良いです)

で、ここまではいいのですが、この後に数ページではありますが、男×男(マルコと黒幕の男)が出てくるんですね。これがなければもっと良かったのに…と非常に残念ではありました。そこをもっと別のMシチュにしてくれれば…ととても惜しく思いました。

何せこの作品におけるこのサークルさんのMシチュの描き方はかなりゾクゾクするものがあるんです。なんかこう見ているだけでものすごい背徳感による興奮を覚えるんですね。

特にすごかったのがヒルダによる言葉責めと鼻フェラですね。かなりゾクゾクする言葉責めをされ、鼻に舌を入れられて唾の臭いを無理やり嗅がされるという所に興奮しました。


純粋なMシチュを求めている自分のような層にとっては、半分近くあるSシチュと、男×男の部分は使えないものの、それを除いても十分に買う価値のある作品です。

事実Mシチュ部分は十分おかずになりました。

Mの方にはおすすめの作品です。

↓作品紹介ページ↓
DLsite→報酬の姫君 princess super slut 『補/after story』
DMM→報酬の姫君 princess super slut 『補/after story』

作品レビュー ヒーローの憂鬱外伝II

ヒーローの憂鬱外伝II

サークル「ワラビモチー」さんの【ヒーローの憂鬱外伝II】のレビューです。

今作は、個人的にドストライクだった前作「ヒーローの憂鬱外伝」に続く作品ですので、期待して購入しました。

特に、またミルバレンの激しい責めが見れるのか…!
?と。

しかし、今回はミルバレンの責めは前半のみで、その内容も正直味気ないものでした。

後ろから抱きかかえながら、焦らし責めするというものです。 前回のように「搾り取る」というよりも、「誘導する」という感じで、Sっぽさが足りなかったです。

かわりに、新キャラのヒロインの女の子が登場し、その子に責められる、という内容になっております。

買ったのがだいぶ前なので、責めの内容は忘れてしまいましたが、あまりこちらもグッとくるものがなかったと記憶しております。 

また、個人的にロリキャラはグッと来ないので、自分的には今回はあまり使えませんでした(おかずとして)。

とはいえ全体を通してMな内容となっていますし、いつも通りのクオリティはしっかり出ています。

そのため、これまでの作品でお世話になった方は購入する価値はあると思います。

今作が初めてという方も、ロリSキャラが好きな方にはおススメです。

↓作品ページは↓

作品レビュー パピヨンボンデージ

パピヨンボンデージ

サークル「しろいしのしの」パピヨンボンデージのレビューです。逆から読んでも…になりそうでならないサークル名ですねw

こちらのサークルも以前の作品でお世話(おかず的な意味で)になりました。

レズの緊縛ものがメインなのですが、その緊縛の仕方が特殊ですね。

前回は人形として扱うというもの。

今回もそれに近い形で、展示物として扱うというものです。

そのため、女の子が女の子を緊縛して、バイブなどを装着したまま放置する、というプレイがメインとなっています。

今回は自分のストライクゾーンにはややかするかなという感じの作品でした。

まあ基本的にレズ調教的な内容は好きなので良いのですが、あまり責めている感は出ていなかったかなと感じました。

そのため、女の子がレズ緊縛と快楽責めで放置されているのが好きという方におすすめ。

また、後半に異物挿入的なプレイもあります。こちらは自分は興味なしですが、好きな方には良いのではないでしょうか。

↓作品ページは↓

作品レビュー ずっと内緒にしてたけど、実はわたし、はえてるの。

ずっと内緒にしてたけど、実はわたし、はえてるの。




ふたなり専門サークル「ルート十二面体」さんの【ずっと内緒にしてたけど、実はわたし、はえてるの。】のレビューです。

以前もレビューしたサークルさんですね。

今回はタイトルとその雰囲気からして、ふたなりであることを打ち明けてそのままその友人を犯す、という流れなのかなと思い、責めている女の子の姿が見れるかなと思ったのですが、そういう作品ではありませんでした。

まあ特別ふたなりレズ調教的なことをうたっているわけでもないので、仕方ないと言えば仕方ないのですが、個人的にはちょっと残念でした。

とはいえそれは自分の場合の話で、この作品がはまる人もいるはず。普通のふたなりレズセックスものを好む人にはいいのではないかと思います。

ここのサークルは時々「おっ」と思う責めの女の子を見せてくれる時があるので結構注目しています。

そしていつかふたなりS女メインの作品を出してくれることを期待してます。

↓作品ページは↓

作品レビュー エルフ母娘はふたなりのおもちゃ

エルフ母娘はふたなりのおもちゃ


エルフ母娘はふたなりのおもちゃのレビューです。

初めて買うこちらのサークルの作品。普通に売れているサークルではありますが、恐らくMにはあまりなじみのないサークルなのではないかと思います。

他の作品もS向けの作品が多くなっておりますが、今回はふたなりレズ要素があったので購入してみました。

とはいえほとんどの要素はS向けで、ふたなり部分に関してもあまりMっぽくはなかったので、自分には合いませんでした。まあ買う前からある程度予想はついていたんだけど…

とはいえ、DL数や評価からもわかるように、ハマる人にはすごくはまる作品だとおもいます。

逆に自分のようなM属性の人には向かないかなと思いました。

↓作品ページは↓